扁桃腺 手術 保険。 【扁桃腺切除手術体験談】やってみたらこんな感じでした①~経緯から手術前まで~|トントン拍子

扁桃腺の手術|手術費用|入院期間|後遺症|扁桃腺手術後の注意

扁桃腺 手術 保険

あなたは、子供が咽頭扁桃(いんとうへんとう、アデノイドとも呼ばれます)と口蓋扁桃(こうがいへんとう)の扁桃腺手術をする場合、保険適応できるのかどうか悩んでいることでしょう。 特に子供の手術なので、金額だけではなく麻酔や食事に関しても不安を感じていらっしゃると思います。 他にも勉強があるので、術後から退院までどれくらいの日数がかかるのかもざっと知りたいことでしょう。 実は、子供の扁桃腺手術の場合、特に 手術給付金がおりる保険とおりない保険がありますので、注意が必要です。 しかし、子供の回復力は高いので、それほど時間はかかりません。 そこで、この記事では、• 子供の扁桃腺手術の費用や保険について• 子供の扁桃腺手術について• 子供の扁桃腺手術の手術給付金について 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、子供の扁桃腺手術をする場合に役立つかと思います。 是非最後までご覧ください。 また、子供の医療費に対して『 乳幼児医療費助成』を施行している地方自治体もあり、自己負担がより緩和されている場合もあるので、自治体に問い合わせてみましょう。 扁桃腺手術後は、感染症を防ぐため抗生物質などの点滴を1~2日行いながら、止血薬が入ったうがい薬での口内洗浄が治療として行われます。 また、扁桃腺手術日翌日から3分粥などの柔らかい食事を取り始め、3~4日を目安に普通の食事に戻していきます。 ただし、扁桃腺手術後は食事をとる際などの痛みはどうしてもあります。 痛み止めなどで完全に痛みを取り除くことはできないため、子供さんには我慢をしてもらい徐々に食事をとっていかなければなりません。 その後、普通の食事ができるようになると 4~7日程度で退院が可能です。 子供の場合、治癒力が高いため、大人の扁桃腺手術より早く退院する場合がほとんどです。 退院後も傷跡は徐々にほっぺの細胞へと治癒していくため、刺激がある(辛い、酸っぱい)味付けや、揚げ物などの表面がカリカリしているもの、ポッキーなどの 先端がとがっているもの等はしばらく避けることが必要です。 医療保険によっては手術給付金対象の手術が『 88種目』と限定されているものがあります。 これは、公的医療保険保障が対象となる手術約1000種程度の中で、一般的に手術適用が多い88種目を抽出して手術給付金の対象としている医療保険です。 6~7年前に加入した医療保険に多く、保険会社によっては現在も医療保険の対象は88種目としているところもあります。 そのため、医療保険が少し古いものに入っている場合や、88種目を対象としている保険会社の保険に加入している人は、扁桃腺手術の手術給付金は給付されませんので手術前に見直しをすることをお勧めします。 子供の扁桃腺手術をする場合について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 子供の扁桃腺手術の費用は 高額療養費の払い戻し制度で一部返金される• 子供の扁桃腺手術はよく行われ、術後4~7日で退院できる• 子供の扁桃腺手術は、 手術給付金の対象になっていない保険もある です。 子供の扁桃腺手術費用は10~16万円程度ですが、一般的な世帯の場合、 高額療養費の払い戻し制度で90,000円ほど返ってきます。 しかし、 食費やベッド代、付き添い費用や交通費は出ませんので、注意が必要です。 また、子供の場合退院は比較的早く、術後4~7日で退院できますが、 全身麻酔のリスクも知っておくべきでしょう。 そして、入院給付金は全ての保険で適用されますが、手術給付金に関しては、 扁桃腺手術が対象外となっている保険もあります。 この機会に保険を見直しておきましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

扁桃腺炎(扁桃腺肥大)の方の保険加入と正しい告知ポイント(手術実施有無)の審査基準について

扁桃腺 手術 保険

扁桃腺炎は扁桃腺肥大が悪化した状態で、40度近い高熱と喉の痛みにうなされ、非常につらい病気です。 特に免疫力の弱い小さな子供はかかりやすい上、経口摂取がつらくなるので十分な水分も取れず、重症化して脱水症状になることも少なくありません。 通常は抗生物質や鎮痛消炎剤などの投薬で治療をしますが、扁桃腺炎はくせになりやすく、頻繁に高熱を出す慢性の状態になると本人も大変ですので、手術で扁桃腺を切除します。 扁桃腺切除術の後は感染症に気をつけましょう 扁桃腺切除術の後は細菌やウイルスに感染しやすい上、出血や高熱などの症状が出やすくなっており危険ですので、検査も含めて全体で9~10日程度入院しなければなりません。 その間は激痛に悩まされて十分な栄養を取ることも難しく、薬はおろか唾を飲み込むことも困難ですので点滴で栄養補給や投薬を行うケースもあります。 また、 高熱が酷かったり多量の出血をするなど術後の経過が思わしくない場合には再手術をすることもありますので、さらに入院日数が延びてしまいます。 治療費は入院日数によりますが、10~20万円以上かかることも珍しくありません。 のどの炎症・感染予防の重要性 術後は病院のお薬の他に 市販のサプリメントやスプレーで感染予防する方法が有効です。 手術を受けてない方も、このような方法を取ることで慢性的な扁桃腺トラブルを予防することができます。 ただし、入院給付金の対象にはなりますので、保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。 なお、入院給付金が入院何日目から出るかは保険会社によって差がありますので、短期の入院では保険金がおりないケースもあります。 扁桃腺炎を繰り返し、慢性的になった結果手術をするケースは非常に多いため、医療保険に加入する際には過去に扁桃腺炎をわずらったことがあるか、再発の経験があるか、重症化して入院したり手術したことがあるのかなどを告知しなければなりません。 これを怠ると、加入後に保険金の申請をしても保険金がおりないばかりか、医療保険自体を失効する可能性があります。 契約時には過去の病歴をきちんと伝えておくようにしましょう。 扁桃腺摘出手術体験と切らない治療法 以下の体験談では、扁桃炎を繰り返し摘出手術を行った親子のお話と、手術せずに慢性扁桃炎する方法を紹介しています。 実際に手術にかかった費用などをご覧になりたい方は「」を御覧ください。 あなたの症状と照らしあわせて、参考になさってください。 扁桃腺の手術で医療保険はおりるか関連ページ 扁桃腺の手術におけるメリットについてご案内します。 扁桃腺の手術におけるデメリットと後遺症についてご案内します。 扁桃腺の手術と費用についてご案内します。 扁桃腺手術と高額治療費払い戻し制度についてご案内します。 扁桃腺除去術の再手術についてご案内します。 扁桃腺の手術とその後の経過についてご案内します。 扁桃腺手術で退院後の食事に関する注意についてご案内します。 扁桃腺手術に必要な入院グッズについてご案内します。 扁桃腺の症状と全身麻酔の手術についてご案内します。 扁桃腺除去術の方法と全身麻酔の準備についてご案内します。 扁桃腺除去手術の入院給付金についてご案内します。 扁桃腺に関する無料の保険相談についてご案内します。 扁桃腺での手術給付金についてご案内します。 扁桃腺の手術はどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?詳しくご紹介したいと思います。 扁桃腺の手術を行うメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

次の

扁桃腺炎による摘出手術のメリットとデメリットを術後1年経過の筆者がまとめる

扁桃腺 手術 保険

高額療養費制度:医療費の支払いが一定の上限額まで• 勤め先の健康保険組合からの付加給付金: 27,600円• 民間の医療保険からの給付金: 100,000 円 それぞれについて詳しく説明します。 高額療養費制度(限度額適用認定証) 扁桃腺の手術&入院のように医療費が高額となる場合、その負担が軽減されるように一定の上限額( 自己負担限度額)を超えた際に、その超えた分の金額が戻ってくるという制度があります。 自己負担限度額は所得水準等によって異なり、私の場合は 標準報酬月額が26万円以下だったので 57,600円でした。 この制度の利用にあたって、いくつか気をつけておきたい点があったのでまとめておきます。 窓口での支払いが高額にならず助かりました! できるだけ月をまたいで入院しない 高額療養費は 1ヶ月(暦の1日から末日まで)にかかった医療費で計算されるため、 月をまたいで入院した場合は損をすることがあるので注意が必要です! このことを知らず、私は10日間の入院なのに月をまたいで入院したため余計に医療費がかかりました。 私の場合、手術料・入院料 76,300 円のうち、6月分が 57,600円、7月分が 18,700円で計上されています。 月をまたいでいなければ手術料・入院料は 57,600円で済んだので、 18,700円分もったいなかったことに…! 金銭面で考えると、入院のスケジュール調整が可能な場合は、 できるだけ月をまたいで入院しないようにされることをおすすめします。 従って、入院準備の費用や入院前後の診察料を加味すると、個人的にはトントンという結果でした…。 私が扁桃腺の手術&入院をした感想(金銭面) 最後に、 金銭面から私が扁桃腺の手術&入院をした感想と反省点をまとめておきます。 個人的に、 思っていたよりも金銭面での負担は少なかった(むしろ収支がプラスだった)ので良かったです。 漠然と経済的に手術ができないと感じていた方は、一度ご自身の加入保険や適用される社会制度を確認してみてください。 案外と扁桃炎になる度に医療費を支払い続けるよりもコスト面ではお得になるかもしれません。 手術することにした方は、 高額療養費制度や健康保険組合、民間の医療保険などを上手く利用することが経済的に大切なので、 早め早めに準備しましょう!お勤めの方は会社に相談したり、加入している保険などにも 自分から連絡する必要があります。 今回の扁桃腺の手術に限らず、万一の場合に備えて 医療保険には入っておく重要性がわかりました。 病気になった時にまでお金の心配はしたくないので保険に加入し、そして保証の内容が自分にマッチしているかを今後も定期的に見直していきたいものです。

次の