姫野佳。 NHK姫野美南アナがかわいい!気になるカップや身長は?

姫野かのん (ひめのかのん)とは【ピクシブ百科事典】

姫野佳

つい最近まで体重42kgだった。 それが、なんだかお腹が出ているなと思って体重を測ってみるとなんと49. 5kgという数字が表示されているではないか。 見間違いではない。 消えたくなった。 (身長は156cm) 私は摂食障害を抱えている。 拒食期〜嘔吐期〜通常期をくり返していたが、突然の自粛期間によりサイクルが乱れて15年ぶりに過食に走った。 夕飯を食べた後もポテチを1袋毎日食べていた。 そうしたらこのざまである。 太っていることは醜い。 高校時代も過食で太っていたので同級生にデブとからかわれた。 私は醜い。 必死でダイエット開始。 タンパク質と野菜中心の食生活に、毎日踏み台昇降運動を20〜30分、2日に1度の3分間の腹筋。 ちなみに今日は腹筋、3分間ノンストップで頑張れた。 お酒は大好きなビールを辞めて糖質ゼロの発泡酒と蒸留酒に変えた。 これを1ヶ月続け、ようやく2kg落とせた。 現在47kg。 でも本当は42kgまで戻したい。 42kgの頃は体力もなく、重いリュックを担ぐと重みで後ろにひっくり返りそうになることもあった。 栄養不足による口内炎と口角炎も常にできていた。 健康診断では痩せすぎの診断を受けた。 だけど、口角炎や口内炎が痛くたって私は42kgに戻りたい。 その体型の自分しか愛せないから。 踏み台昇降運動は毎日続いている。 もう日課になっており、夕方になると自然と踏み台を準備していて「あれ? 私病気?」と一瞬思い、ああそうだ、摂食障害という食に依存している病気だったとふと病識が蘇る。 人に「7kgも太った」と言うと皆「分からない」と言う。 それは顔に肉がついていないからだ。 リモート会議だと上半身しか映らないので。 増えた醜い贅肉たちは胸と腹についた。 胸には谷間ができた。 けれどその谷間を私は憎いと思う。 女性らしい体に抵抗感があるのだ。 胸なんていらない。 ぺらっとした体がいい。 斉藤さんも元摂食障害当事者だ。 斉藤さんはもともとプロのサッカー選手を目指していたのに故障により続けられなくなり、生きがいを失ったことでチューイング(食べ物を咀嚼して飲み込まず吐き出すこと)に走った。 男性の摂食障害と女性の摂食障害は根底が異なる部分が出てくると思う。 それに、男性で摂食障害は少ない。 私は12年前、就職で心折れ、一ヶ月で10kg痩せて43kgになったとき、明らかに男性からの眼差しが変わった。 ファッションも楽しめるようになった。 体重計に乗るのが楽しかった。 そして、毎日ほんの少しのお菓子と大量の発泡酒を飲み続けた。 そんなアンバランスな食生活でも太ることはなかった。 けれど、栄養失調で太ももにプツプツと水疱ができていた。 痩せている自分は価値がある。 そう思っていた。 それは今も変わらない。 けれど苦しい。 うまく食べることができない。 そんなお話をしようと思うので、花金だけど個人的な自粛で外に遊びに行けない皆さま、ぜひおうちから観にいらしてください。

次の

「生きづらさは自分の努力不足だと思ってた」彼女が優先順位を変えた理由|ウートピ

姫野佳

つい最近まで体重42kgだった。 それが、なんだかお腹が出ているなと思って体重を測ってみるとなんと49. 5kgという数字が表示されているではないか。 見間違いではない。 消えたくなった。 (身長は156cm) 私は摂食障害を抱えている。 拒食期〜嘔吐期〜通常期をくり返していたが、突然の自粛期間によりサイクルが乱れて15年ぶりに過食に走った。 夕飯を食べた後もポテチを1袋毎日食べていた。 そうしたらこのざまである。 太っていることは醜い。 高校時代も過食で太っていたので同級生にデブとからかわれた。 私は醜い。 必死でダイエット開始。 タンパク質と野菜中心の食生活に、毎日踏み台昇降運動を20〜30分、2日に1度の3分間の腹筋。 ちなみに今日は腹筋、3分間ノンストップで頑張れた。 お酒は大好きなビールを辞めて糖質ゼロの発泡酒と蒸留酒に変えた。 これを1ヶ月続け、ようやく2kg落とせた。 現在47kg。 でも本当は42kgまで戻したい。 42kgの頃は体力もなく、重いリュックを担ぐと重みで後ろにひっくり返りそうになることもあった。 栄養不足による口内炎と口角炎も常にできていた。 健康診断では痩せすぎの診断を受けた。 だけど、口角炎や口内炎が痛くたって私は42kgに戻りたい。 その体型の自分しか愛せないから。 踏み台昇降運動は毎日続いている。 もう日課になっており、夕方になると自然と踏み台を準備していて「あれ? 私病気?」と一瞬思い、ああそうだ、摂食障害という食に依存している病気だったとふと病識が蘇る。 人に「7kgも太った」と言うと皆「分からない」と言う。 それは顔に肉がついていないからだ。 リモート会議だと上半身しか映らないので。 増えた醜い贅肉たちは胸と腹についた。 胸には谷間ができた。 けれどその谷間を私は憎いと思う。 女性らしい体に抵抗感があるのだ。 胸なんていらない。 ぺらっとした体がいい。 斉藤さんも元摂食障害当事者だ。 斉藤さんはもともとプロのサッカー選手を目指していたのに故障により続けられなくなり、生きがいを失ったことでチューイング(食べ物を咀嚼して飲み込まず吐き出すこと)に走った。 男性の摂食障害と女性の摂食障害は根底が異なる部分が出てくると思う。 それに、男性で摂食障害は少ない。 私は12年前、就職で心折れ、一ヶ月で10kg痩せて43kgになったとき、明らかに男性からの眼差しが変わった。 ファッションも楽しめるようになった。 体重計に乗るのが楽しかった。 そして、毎日ほんの少しのお菓子と大量の発泡酒を飲み続けた。 そんなアンバランスな食生活でも太ることはなかった。 けれど、栄養失調で太ももにプツプツと水疱ができていた。 痩せている自分は価値がある。 そう思っていた。 それは今も変わらない。 けれど苦しい。 うまく食べることができない。 そんなお話をしようと思うので、花金だけど個人的な自粛で外に遊びに行けない皆さま、ぜひおうちから観にいらしてください。

次の

わずか1ヶ月半で7kgも太ったこと〜摂食障害〜|姫野桂|note

姫野佳

このほど、『発達障害グレーゾーン』 扶桑社 が12月27日に刊行されることに伴い、出版記念イベントが書泉グランデ 東京都千代田区 にて開催された。 当日は、著者の姫野桂氏らが登壇。 「ADHD」 不注意が多い、多動・衝動性が強い 、「ASD」 コミュニケーション方法が独特、特定分野へのこだわりが強い 、「LD」 知的発達に遅れがないにもかかわらず、読み書きや計算が困難 といった症状が挙げられ、テレビなどのメディアでも特集が組まれるなど耳目を集めている発達障害。 イベントの模様とともに、その実態をお伝えしよう。 「グレーゾーンを可視化する」という試みに挑む姫野桂氏は、同著の中で当事者インタビューや当事者会への参加、精神科医、就労支援団体などへも取材を行っている グレーゾーンの人が抱える生きづらさとは? 「病院で検査を受けた結果、傾向があると言われるだけで診断がおりないというグレーゾーンの存在は、発達障害の取材をしている中で知りました。 障害者手帳がもらえるわけでも、障害者雇用で働けるわけでもなく、ある意味、一番支援が行き届いていない層がそこなんです」と、発達障害グレーゾーンに注目した背景を述べる姫野氏。 同イベントには、発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」などを運営するLITALICOの鈴木悠平氏、軽度の発達障害特性に悩む人の当事者会の支援団体「OMgray事務局」代表のオム氏の2人も登壇した。 左から、フリーライター・姫野桂氏、LITALICO研究所事務局長・鈴木悠平氏、OMgray事務局代表・オム氏 自身も発達障害グレーゾーンであるというオム氏は、「発達障害の傾向や抑うつなど二次障害が原因で仕事のミスや失敗を繰り返しがちで、理由も説明できないため職場で孤立しやすい」、「診断がないので薬も処方されず行政の支援にアクセスしにくい」といったグレーゾーン特有の問題を指摘。 「例えば10分とか、限られた診療時間の中で、どれだけ自分の困りごとをお医者さんに正確に伝えられるかって、けっこう勝負なんですよ。 なんせこっちはコミュニケーションが苦手じゃないですか 笑。 グレーの人は一見普通の人に見えるんで、絶対『 診断 いらないでしょ』って言われます」と、嘆息まじりに語った。 鈴木氏によれば、「お医者さんによっても診断の塩梅には個人差がありますし、発達障害の困りごとも個人と環境の相互作用なわけです。 なので、同じお医者さんに診てもらった場合でも、いろんな環境の作用で困りごとが大きくなって不適応を起こしていると判断されれば、後からクロになるということはありますね」とのことで、その診断基準には少なからず曖昧な部分もあるようだ。 また、イベント中は、発達障害の特性を持つ人からの質問やあるあるがツイッターなどでリアルタイムに投稿され、登壇者の3名が共感のコメントを寄せる場面も。 ツイッター上では「発達障害をカミングアウトしたら退職勧告されました」というつぶやきも 「発達障害の傾向にある方は人間関係をオールorナッシングで分けたがるので疎遠になりやすい」、「聴覚からの情報の処理が苦手。 聞いた内容が右から左に抜けて、『AとBとCをしなさい』って言われたらCしか覚えてないことも多いですね。 私も電話よりもメールの方がありがたい」など、実体験をもとにそれぞれの投稿内容が掘り下げられた。 症状の現れ方もさまざまで、一緒くたに考えることが難しい発達障害。 しかし、今回特に目立ったのは、「聴覚情報の処理障害」に関するものや、「曖昧な指示を理解すること、察することが苦手で、職場でのトラブルにつながりやすい」といった声だ。 鈴木氏が、「わかりにくい指示については、なるべく書面で伝えてもらうとか、自分の聴覚処理能力に頼らない対策をした方がいいですね」とアドバイスした上で、「でも、発達障害とか関係なく、仕事の場では指示とかは具体的にわかりやすくしようよ、と僕は思いますけど 笑。 結果的にそれってみんなにとって働きやすい職場になるので。 マニュアルや働く時のルールも明文化してストックするとか、普通に考えてそのほうがいいんじゃないかと思います」と語ったのも印象的だ。 同書では上記のように、発達障害グレーゾーンの方が世の中を生き抜くための実践的な「ライフハック」も多く提案されている。 そのような悩みを抱えている人は、ぜひとも同書を参考にしてみてほしい。 著者は、発達障害の認知が広まる中であまりフォーカスされてこなかった「グレーゾーン」を可視化する試みを始める。 当事者インタビューや当事者会への参加、精神科医、就労支援団体などへの取材を通じて、グレーゾーンとは何か? なぜこれほどまでに生きづらさを抱えるのか? が解き明かされていく。 予めご了承ください。 関連記事•

次の