け つげ ば ー が じ けん。 秋葉原 みけーけん

ケンナーアンドケンナー(Kenner&Kenner)|ホットペッパービューティー

け つげ ば ー が じ けん

(株)MFS<旧:(株)エムグラント・フードサービス、TDB企業コード:989429669、資本金5000万円、東京都渋谷区道玄坂2-10-10、代表井戸実氏>は、2月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。 申請の準備に入った。 当社は2006年(平成18年)9月に設立。 郊外の居抜き物件を活用し「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を主体としたレストランの直営・FC事業を展開。 2007年(14店)、2008年(11店)、2009年(34店)と推移していた新規オープン店舗数(直営およびFC)は、2010年(111店)、2011年(88店)に急増。 またこの間、2010年4月から(株)フードデザインが展開していたステーキ・ハンバーグ・カレー専門店「ふらんす亭」(約80店)の運営を受託(その後、2012年9月に井戸実氏個人でフードデザインの全株式を取得)し、同年5月からは新ブランドの「とんかつ&サラダバー よしかつ」を出店。 ピーク時の店舗数は約260店を超え、2012年3月期には年売上高約225億9600万円を計上していた。 しかし、その後は大手同業他社による郊外型ステーキハウス展開などから集客力は低迷。 不採算店の閉鎖やフランチャイズ加盟店の脱退が相次いだことで2018年3月期の年売上高は約24億3000万円にまでダウン。 直近の店舗数は、東北から沖縄まで1都18県に「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を計36店(直営5店、FC31店)のほか、「ふらんす亭」を計21店(直営8店、FC13店)、「ステーキ&ハンバーグ いわたき」を計3店展開していた。 この間、「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」のフランチャイズや店舗運営受託を手がける会社(当社代表の井戸氏が取締役を務めていた会社や当社元取締役が代表を務めていた会社など)が相次いで破産手続き開始決定を受ける動きを見せていたほか、近時では「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」事業を2019年7月1日に名古屋市に本社を置く別会社に譲渡。 今年1月10日に商号を(株)エムグラント・フードサービスから(株)MFSに変更していた。 負債は債権者約90名に対し約4億5000万円。

次の

会場「アイーン」、志村けんさん東村山市の名誉市民

け つげ ば ー が じ けん

顕彰式のあと、兄の志村知之さん(73)は記者会見を開き、今の思いや志村けんさんについて語りました。 この中でまず、「市議会で満場一致の同意で名誉市民の称号をいただき、うれしくて涙が出ました。 弟が参加する飲み会の場などでは、『アイーン』をするのが恒例だったので、議会という場でどうかと思いましたが、記念になると思って無理をいってサプライズでみなさんにやってもらいました。 必死にやってくれて、うれしかったです。 本人は生前に名誉市民になることを打診されたときは固辞していました。 弟は三鷹市に住んでいましたが、先祖代々の墓に入ることになって永遠に東村山で眠ることになったので名誉市民を受けてもいいのかなと判断しました。 シャイな人間なので、照れると思いますが、喜んでいると思います。 きょう墓参りして報告しようと思っています」と語りました。 また、なぜ志村さんの芸やコントがこれほど広まったと思うか、という報道陣からの質問に対し、「小さいときからシャイでしたが、テレビやラジオで笑いのすごさを知り、中学でも仲間とバンドを組んだり、高校で応援団に入ったりして幅を広げていきました。 18歳でいかりやさんの弟子になり、昭和49年に『ドリフターズ』の正式メンバーになってからもいろんな勉強をしたのが基礎になりました。 人間性や人の動きをしっかり観察してコントなどに取り入れたところがすごい。 『ひとみばあさん』というキャラクターも新宿の飲み屋さんの様子や酔っ払いの様子を観察してコントに取り入れていました。 子どもからお年寄りまで幅広い世代に親しまれ、笑いを生み出せた原動力になったんだろうと、感心しています」と振り返っていました。

次の

志村けんさん、東村山名誉市民に 全員で「アイーン」も(朝日新聞)

け つげ ば ー が じ けん

(株)MFS<旧:(株)エムグラント・フードサービス、TDB企業コード:989429669、資本金5000万円、東京都渋谷区道玄坂2-10-10、代表井戸実氏>は、2月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。 申請の準備に入った。 当社は2006年(平成18年)9月に設立。 郊外の居抜き物件を活用し「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を主体としたレストランの直営・FC事業を展開。 2007年(14店)、2008年(11店)、2009年(34店)と推移していた新規オープン店舗数(直営およびFC)は、2010年(111店)、2011年(88店)に急増。 またこの間、2010年4月から(株)フードデザインが展開していたステーキ・ハンバーグ・カレー専門店「ふらんす亭」(約80店)の運営を受託(その後、2012年9月に井戸実氏個人でフードデザインの全株式を取得)し、同年5月からは新ブランドの「とんかつ&サラダバー よしかつ」を出店。 ピーク時の店舗数は約260店を超え、2012年3月期には年売上高約225億9600万円を計上していた。 しかし、その後は大手同業他社による郊外型ステーキハウス展開などから集客力は低迷。 不採算店の閉鎖やフランチャイズ加盟店の脱退が相次いだことで2018年3月期の年売上高は約24億3000万円にまでダウン。 直近の店舗数は、東北から沖縄まで1都18県に「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を計36店(直営5店、FC31店)のほか、「ふらんす亭」を計21店(直営8店、FC13店)、「ステーキ&ハンバーグ いわたき」を計3店展開していた。 この間、「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」のフランチャイズや店舗運営受託を手がける会社(当社代表の井戸氏が取締役を務めていた会社や当社元取締役が代表を務めていた会社など)が相次いで破産手続き開始決定を受ける動きを見せていたほか、近時では「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」事業を2019年7月1日に名古屋市に本社を置く別会社に譲渡。 今年1月10日に商号を(株)エムグラント・フードサービスから(株)MFSに変更していた。 負債は債権者約90名に対し約4億5000万円。

次の