グラン エース トヨタ。 この巨体! グランエースは20インチ&ローダウン、フェイスメイクで十分すぎるインパクト!

TOYOTA、新型車“グランエース”を初披露

グラン エース トヨタ

トヨタ車体ブースで初披露されるフルサイズワゴンの新型車「グランエース」 トヨタ自動車とトヨタ車体は、10月23日に開幕する「第46回 東京モーターショー 2019」(一般公開日:10月25日~11月4日)において、新型車「グランエース」を初披露する。 2019年内に発売予定としており、展示エリアは、設計&製造を担当するトヨタ車体ブース。 トヨタ車体は、「ハイエース」や「ランドクルーザー」「コースター」などの開発・生産を手がけるメーカーで、2018年11月にはトヨタ自動車のバン事業をトヨタ車体へ移管することを発表。 バン系車種の企画・開発・生産をトヨタ車体で一気通貫で行なう枠組みになり、新型車であるグランエースはその枠組みで誕生した。 全長5. 3m、全幅1. 97mというフルサイズボディのワゴンとなっており、ラダー状にデザインされたベースシャシーと環状骨格構造のモノコックボディを採用。 重さは約2. 8t程度で、3列シートで6人乗り、4列シートで8人乗りの2タイプを用意。 フル乗車時には3tを超え、トヨタで最も重いモノコックボディになり、新規開発を行なっているという。 グランエースのコクピット 新型車グランエースの特徴は、「圧倒的な存在感と高級感」のスタイリング、「上質」で「華やかな」コクピット空間、広さを活かした上質なおもてなし空間などにあるといい、エクステリアでは金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドライトと融合させたデザインを採用。 上下、左右方向に貼り出させることで、華やかかつ押し出しの強いフロントフェイスを実現したという。 広さを活かしたおもてなし空間については、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りのセカンドシート、サードシートの4席に専用本革キャプテンシートを採用。 6人乗りでは、この本革キャプテンシートにすべて電動オットマンを備えるなど、とくに豪華な室内空間を構築している。 重量級ワゴンのため、基本に忠実なサスペンション設定 このグランエースは、2. 8リッタークリーンディーゼルエンジンと6速ATのリア駆動を採用。 詳細なスペックは未発表ながら、これにより滑らかさに加え、低回転からのトルクフルな走行を実現したという。 また、リア駆動のためステアリング切れ角は45度を実現。 これにより最小回転半径も、フロント駆動の大型ワゴンよりも200mmほど小さくできているとする。 上質な乗り心地を実現するサスペンションとしては、フロントにマクファーソンストラット、リアに新開発のトレーリングリンク車軸式を採用。 環状骨格構造のモノコックボディでは、徹底的な振動・遮音対策を施し、高級ワゴンらしい心地よい静粛性を追求している。 また、重量級であることから、サスペンションの動作にも配慮。 基本に忠実に、動作軸のずれなどがないように設計することで、スムーズなサスペンション動作を実現した。 この新型車グランエースは、トヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)で全数製造される。

次の

トヨタ・グランエース

グラン エース トヨタ

パワー・操作性・静粛性・環境性能など、あらゆる機能を高次元でバランスさせた直列4気筒2. 8Lディーゼルターボエンジン。 低燃費と、発進時から力強い加速をもたらす動力性能、ならびに高い静粛性を実現。 DPR *1 (排出ガス浄化装置)や尿素SCR *2 システムなどにより排出ガスのクリーン化を果たし、さらにフリクションの低減などにより、優れた燃費性能を実現しています。 DPR:Diesel Particulate active Reduction *2. お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 利便性を考え、尿素水の給水口位置を給油口と同じ箇所に配置。 これにより、尿素水を給水する際、エンジンフードを開けるなどの手間を省き、燃料給油と同じ感覚で給水することができます。 1Lです。 なお、尿素水溶液の残量がなくなるとエンジンの再始動ができなくなります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。 警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。 ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 単眼カメラにより道路上の白線(黄線)だけではなく、走路(アスファルトと草・土・縁石との境界)を認識することで、車線逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、ブザーもしくはステアリング振動とディスプレイ表示による警報でお知らせ。 さらに逸脱しようとする方向と反対側の車輪に制動力を加えることでヨー(クルマを回転させる力)を発生させ、車線・走路逸脱の回避をサポートします。 車線逸脱警報。 また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。 運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。 対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。 アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。 車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。 ドアミラーでは確認しにくい、後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。 車両を検知すると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯。 その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。 一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。 ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。 衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減を支援します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。 車両後方カメラの映像をインナーミラー内に表示。 切り替えレバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルミラーモードに切り替えることができます。 ヘッドレストや荷物などで視界をさえぎられずに後方を確認することが可能です。 走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。 また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、鏡面ミラーモードに切り替えてください。 また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。 その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてください。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります *1. DCM:Data Communication Module *2. 初度登録日から5年間無料になります。 ワイドFM(FM補完放送)は、AMラジオの放送対象地域において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策を目的に整備されたAMの補完放送です。 ワイドFM対応局に限りFM周波数帯(90. 1~95MHz)でAM番組の受信が可能です。 対応する携帯電話は限られます。 html)にてご確認ください。 接続機器および記録されたデータファイルの状態によっては再生できない場合があります。 また、再生可能なデータ形式、規格は限られます。 スマートフォンやタブレットなど機器の接続には機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 スマートフォンの画面表示をWi-Fi接続で他のディスプレイに映し出すことができる機能です。 ディスプレイからの操作はできません。 *10. *11. オプション購入(契約)にはT-Connect契約(エントリープランまたはスタンダードプラン)が必要となります。 *12. apple. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *13. android. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *14. ナビアプリは機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 24時間365日、専任のオペレーターが丁寧に応対。 ご希望に沿った目的地を検索し、ナビに送信します。 さらに、オペレーターサービス Plusなら目的地をご案内した後、ホテル、レストラン、国内航空券 *2 などの予約 *5 が必要な場合もそのまま依頼できます。 「トヨタつながるクルマの保険プラン」加入者のみのサービスです。 マイレージカードが必要になります。 また、マイレージカードはJAL、ANAのみとなります。 別途利用料が必要です。 オペレーターサービスとオペレーターサービス Plusはどちらか一方のみお選びいただけます。 ご希望に沿えない場合があります。 あらかじめご了承ください。 ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」 *5 にすみやかにお知らせします。 さらにお客様のご要望により、車両の位置追跡や警備員の派遣も行います。 事前にサポートアドレス(電話番号・メールアドレス)の登録が必要です。 警備員は、車両の確保はいたしません。 車両追跡のみ行います。 (車両の追跡や警備員の派遣を依頼する場合は、警察に被害届の提出が必要です)。 別途利用料が必要です。 専用通信機(DCM)が通信できる状態・環境の場合、ご利用いただけます。 スマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」のインストールが必要です。 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続。 さらに、あおり運転などのトラブルのときにも、警察へ状況に応じて通報します。 ご利用にはサービス開始操作が必要です。 ドクターヘリは、必ずしも出動するものではありません。 場所、時間帯、天候などによって出動できない場合があります。 hemnet. 警告灯点灯時、クルマの状態をeケアコールセンター(または販売店 *3*4 )で確認し、専門オペレーターを通じて走行を継続できるかの判断など適切なアドバイスを行います。 *5 eケアコールセンターは24時間365日、販売店の営業時間外でも対応します。 運転中の場合は、安全な場所にクルマを停止してから、販売店またはeケアコールセンターへ通話、接続いただくようお願いいたします。 事前に担当する販売店(リモートメンテナンス店)の登録が必要になります。 お客様が走行中に、販売店からお電話をさせていただく場合がございます。 安全のため携帯電話のハンズフリー通話の設定をお願いいたします。 販売店からのご連絡はすべての警告灯点灯時に実施するものではありません。 「走る」「曲がる」「止まる」の走行に支障が出る可能性が高いものに限ります。 ウォッシャー液量などのメンテナンスや半ドア表示などのインジケーターに関する警告灯についてはご連絡いたしません。 の商標です。 の商標です。 また、テレビ放送などの映像、静止画は、安全のため走行中はディスプレイの画面が消え、音声だけになります。 また、電波状況によりサービスがご利用いただけない場合があります。 運転中は、運転手以外の方がご利用ください。 予告なく変更・中止される場合があります。 さらには、予約ロック機能を全車に採用。 パワースライドドアの自動クローズ中にスマートキーのロックボタンまたはフロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで、クローズ後の施錠を予約できます。 7~1. 5m以内となります。 電波発信を停止することもできます。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 の商標です。 の商標です。 また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。 実際の走行状態を示すものではありません。 実際の走行状態を示すものではありません。

次の

グランエース(トヨタ)の中古車

グラン エース トヨタ

ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"185. 233. 187. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqmagazine. socialNetworks. socialNetworks. facebook. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. youtube. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. gqjapan. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners. locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. secondary. secondary. secondary. secondary. gqjapan. commercial. commercial. social. social. facebook. social. social. instagram. com. com. globo. globo. gq-magazine. gq-magazine. com. com. revistagq. revistagq. gqmagazine. gqmagazine. gq-magazin. gq-magazin. gqindia. gqindia. gqitalia. gqitalia. gqjapan. gqjapan. gqkorea. gqkorea. gqmiddleeast. gqmiddleeast. com. com. com. com. gqthailand. gqthailand. com. com. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqjapan. gqjapan. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. ads. article. ads. グランエースは、日本未導入の新型「ハイエース」(中東、オセアニアなどで販売中)をもとにしたトヨタ最大サイズの乗用ミニバンである。 どれほど巨大かというとトヨタのフラグシップ・ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」以上に大きなボディを持つ。 エクステリアは、メッキパーツをたっぷり使った押し出しの強いフロント・マスクが特徴だ。 2眼タイプのヘッドランプやデイタイムランニングライトはLEDを採用。 もとになるハイエースとは明らかに異なる雰囲気である。 ボディカラーはブラック、パールホワイト、グレー、シルバーの4色から選べる。 インテリアは豪華だ。 「高級ホテルの送迎用など、メインは法人向けの移動車両として使用されるケースを想定している。 もちろん個人ユーザーもターゲットに含みます」と、開発を手がけたトヨタ車体の担当者が述べるだけあって、もとになるハイエースとは大きく異なる。 インパネはメッキパーツや木目調パネルを随所にたっぷり使う。 インフォテインメント・システムは最新のディスプレイ・オーディオを搭載。 スマートフォンとの連携を強化し、内蔵する地図アプリケーションなどを表示出来るという。 インテリアの目玉はシートだ。 アルファードおよびヴェルファイアと骨格をともにするシートは、本革表皮のみの設定。 フロント・シートは電動調整式だ。 シートはふたつの配列パターンから選べる。 ひとつは3列・6人乗り(グレードはプレミアム)。 この配列パターンの場合、4脚あるリアシートはすべて電動リクライニング&オットマン機構付きになる。 もうひとつは4列・8人乗り(グレードはG)。 リアシートのうち、最前列は電動リクライニング&オットマン機構付きで、のこりの2列はリクライニング・スライドともに手動調整になる。 エンジンは、現行「ランドクルーザー プラド」なども搭載する2. 8リッター直列4気筒ディーゼルターボ(詳細なスペックは不明)。 組み合わされるトランスミッションは6AT。 駆動方式はFR(後輪駆動)のみ。 静粛性を高めるべくもとになるハイエースより、防音材&遮音材を大幅に追加、「静粛性はアルファード/ヴェルファイア並み」とうたう。 先進安全機能も充実している。 衝突軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、クリアランス・ソナー、バックカメラ、デジタル・ルームミラーなどを標準装備し、大きなボディでも運転がしやすくなるよう工夫されている。 グランエースの価格は未定。 トヨタの担当者に訊くと「アルファード、ヴェルファイアに比べそれほど高価な価格設定にはなりません」とのこと。 文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. 主にアジア、中東、アフリカ、オセアニア、メキシコ、中南米地域で販売されている。 gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. 中央のマルチインフォメーションディスプレイはカラー表示。

次の