五 光 牧場 オート キャンプ 場。 星空がすごい「五光牧場オートキャンプ場」で冬キャンプ!

五光牧場オートキャンプ場

五 光 牧場 オート キャンプ 場

五光牧場オートキャンプ場 五光牧場オートキャンプ場は長野県南部にあります。 朝6時に出発しましたが、三連休で中央自動車道の渋滞が予想より早く始まっていたため、急遽、上信越自動車道から南下するルートに切り替えました。 埼玉から約3時間の道のりです。 標高1300mにあるため、都心と比べると気温は低めです。 初日は最高気温20度、最低気温12度。 日中は半袖で大丈夫ですが、夜は上着が必要ですね。 毎年7〜8月は暑さを避けるために高地のキャンプ場を選んでいるんですが、むしろ寒いぐらいでした。 場内の設備 まずは場内設備の紹介から。 今回は二泊三日の滞在中ほぼ雨であまり散策はできなかったので、主要な設備のみを。 入場するとまず管理棟があります。 管理棟の前に車を停めて、受付で用紙に記入し、料金を支払います。 サッカーの合宿所としても営業しているようでコートがありました。 キャンプ場の利用者は宿舎にあるお風呂に無料で入れます。 森の中にぽつんとあるトイレ。 管理棟にもトイレはありますが、サイトの奥からはこちらの方が近いです。 真っ赤なコンテナなので、遠くからでもよくわかります。 外観とは裏腹に中はまだ新しく綺麗でした。 トイレの近くにある第2炊事場です。 給湯設備は無く、山の天然水なので夏でも水はすごく冷たいっ! ちなみに最近キャンプでお湯が出ない時や雨の時、ソロの時はもっぱらこれ「 エコキッチンクリーナー」で炊事場を使わずに凌いでいます。 肉の脂も綺麗に落ちてヒバのいい香りがします。 — 2019年 7月月10日午前3時00分PDT 広〜いフリーサイト 管理棟で受付を済ませたら、駐車スペースの脇にある入場口からサイトに入っていきます。 ここから先は全てフリーサイトです。 入ってすぐのところはトイレやお風呂が近いということもあり、少し混み合っていました。 木が多いので林間サイトのような雰囲気です。 ハンモックでくつろいだりするのに良さそうですね。 奥の方に行くと、木が少なくなり開放感があります。 下の方から見上げた感じ。 上の方からの眺め。 晴れていれば上からは景色を楽しめそうです。 サイト内の芝は綺麗に整備されていて、子供たちはとても快適そうでした。 雨でもテントが汚れないので助かります。 フィールドのここに気をつけよう 五光牧場オートキャンプ場の気になった点をいくつか挙げます。 ほぼ全面傾斜している 場内は自然の地形のままのところが多く、平坦なところはほぼありません。 隆起していたり、くぼんでいたり、傾斜していたり。 今回設営した開放的な芝エリアの奥の上の方は、車の角度を計測するメーターによると約10度。 けっこうな角度ですね。 傾斜に対して後ろ向きにチェアを置くとひっくり返りそうになります。 横向きも傾いてしまってちょっと座りにくい感じです。 もちろんテーブルも傾いてしまうため、置いたものが滑り落ちたりしました。 バーナーや熱い鍋などを置く時は注意が必要です。 テーブルの脚の低い方に石を置いて高くするなど工夫しましょう。 子供たちは寝ているうちに下の方にズルズルと下がっていってしまいました。 ごく一部ですが平坦になっているところもありますが、平坦なところはあまり景色を楽しめなさそうでした。 平坦を取るか、景色を取るか。 雨だと通路がぬかるむ 雨が降り続いた通路を車が何度も往復したため、ドロドロにぬかるんでいました。 そもそも凸凹の激しいオフロードですが、雨が降るとより一層大変なことになってしまいます。 スタックして立ち往生してしまった車が3〜4台はいました。 雨の日は車高が低い車や2WDの車は入らない方がいいかもしれません。 子供たちにとっては最高の遊び場だったようですけどね。 長靴と多めの着替えは必須です。 近場のスポット キャンプ場にも浴場はありますが、車で20分ほどのところにある温泉「パノラマの湯」というところに行きました。 露天風呂から富士山や南アルプスの山々が見えるようなんですが、曇天のため全く見えず、、。 お座敷の食事処もあるのでゆっくりくつろげます。 帰りは清泉寮ジャージーハットでソフトクリームを堪能し、車中で食べるパンを購入。 こちらもあいにくの景色の悪さ、、。 晴れの日にまた行ってみたい五光牧場オートキャンプ場 初の五光牧場オートキャンプ場は滞在中ほぼ雨だったため、期待していた景色や星空を楽しむことはできませんでした。 ただそれでも、イメージしていた綺麗な芝のサイトは充分に満喫することができ、親の心配をヨソに雨の中でも子供たちはしっかり楽しんでいました。 また天気の良い時に気持ちよく過ごしてみたいです。 ではまた。 Have a good camp.

次の

五光牧場オートキャンプ場・ブログ

五 光 牧場 オート キャンプ 場

目次 []• ありのままの自然が魅力の五光牧場オートキャンプ場 五光牧場オートキャンプ場は 中央道長坂インターから車で約30分。 日本で一番高い場所にある駅「野辺山駅」で有名な、 標高1300メートル地点にあるキャンプ場です。 野辺山周辺まで車を走らせると、ゆったりとした壮大な景色が広がります。 まるで北海道にいるかのような錯覚に陥りますよ。 最低限の設備だけ。 自然と調和したキャンプ場 殆ど手を加えていないキャンプ場内は、 天然の芝生と木々が美しく調和した美しいロケーションです。 そのため、設備がしっかりと整った高規格キャンプ場とは違い、 ワイルドな環境です。 広大な敷地には 水場は2か所。 トイレも2か所しかありません。 道路も整地されていない、ありのままの状態です。 広大な敷地はまるでアドベンチャー 五光牧場オートキャンプ場は 予約が必要なキャンプ場ですが、 フリーサイトの為、好きな場所に設営することができます。 敷地内は広大なため、どこにテントを張るか迷ってしまう程です。 道からちょっと外れたところに穴場なサイトがぽつんとあったりするので、付近に車を停めて周りを探索するのも楽しいですよ。 最奥地は穴場?八ヶ岳と星空の見える特別サイト 今回設営した場所は、 八ヶ岳と星空の見える特別サイトという、広大な芝生が広がる開けたサイトです。 この先にもキャンプ場があるのか?と、不安になる位奥まで車を進めていくと、突然開けた場所に出ます。 木々に囲まれたサイトとは全く違った顔をみせるこのサイトは五光牧場オートキャンプ場の新しい一面をみせてくれます。 八ヶ岳と星空の見える特別サイトというだけあって、周りに遮蔽物がありません。 八ヶ岳も、こんなにくっきりと見えます。 この日は残念ながら星をみることができませんでしたが、 星がみえたら絶対感動しますね。 美しすぎる天然芝 まるで ゴルフ場のように美しい芝生。 ここまで見事な芝生のキャンプ場は、なかなかお目にかかれません。 ペグの刺さり具合も良好でした。 キャンプギアを直置きしても汚れが気になりません。 芝生に寝っ転がると、気持ちよかったですよ。 長野県では貴重な車乗り入れ可能なフリーサイト 長野県のフリーサイトのキャンプ場で、車の乗り入れができるところは意外と少ない印象ですが、 五光牧場オートキャンプ場は車の乗り入れが可能です。 これは大変ありがたいです。 これだけ広大なキャンプ場をリアカーにキャンプギアを載せての移動は、流石に過酷ですからね。 不便を楽しもう!ワイルドな環境でキャンプを楽しむ 最低限の設備で自然の地形を生かしたキャンプ場。 とても魅力的な響きですが、逆に 不便な点も多々あるということです。 高規格キャンプ場とは一味違った、ワイルドな環境をご紹介します。 平地は皆無!場所選びがすべて 自然の地形を生かしたキャンプ場だけあって、 完全な平地は存在しないと断言できます。 多少の傾斜地なら、全然許容範囲です。 殆どの場所が結構な傾斜なのですから。 傾斜が強い場所でのキャンプは中々不便です。 テーブルに置いたドリンクやお皿は滑り落ちていきますし、快適な睡眠も望めません。 傾斜の少ない場所はすぐに埋まります。 良い場所を押さえる為にも、 なるべく早くチェックインして場所選びに時間を割きたいところです。 五光牧場オートキャンプ場のチェックインは朝9時からです。 トイレは2つ。 場所選びを間違えるとトイレが大変 これだけ 広大な敷地にも関わらずトイレは2つしかありません。 つい最近まではトイレが1つしか無かったそうです。 この赤いコンテナのトイレがキャンプ場内にできたことで、大分快適になったそうですよ。 場所によってはトイレまで片道5分以上はかかるため、トイレ付近は人気スポットです。 すぐに埋まります。 今回設営した 八ヶ岳と星空の見える特別サイトは、 トイレまで片道5分以上と不便でしたが、傾斜が少なく、 プライベート感満載の絶景エリアでした。 多少トイレから遠くてもプライベート感のある傾斜の少ない場所を選ぶのか、景観と傾斜のことは無視してなるべくトイレに近い場所を選ぶのか。 キャンパーさんの考え次第ですよね。 整備されてない道がワイルドすぎる件 道路もありのままの自然です。 道は起伏が激しく、 車高の低い車だと確実に車の下を擦ります。 しかも、土が丸出しでぬかるんでいるため、 雨の日はスタックする率があがります。 今回は晴れた日にキャンプに行きましたが、車がちょっと低いため沢山擦りましたし、スタックもしました。 低い車やスポーツカーの方は、気を付けてくださいね。 炊事場は2か所。 お湯はでません 炊事場は2か所あります。 トイレ同様、炊事場の近くも人気のスポットとなりますので、早い段階で埋まります。 水は天然水を引いているので そのまま飲めます。 とても冷たい水が気持ちいいです。 お湯はでませんが、それは贅沢というものです。 ちゃんとした炊事場があるだけでも大変ありがたく感じました。 外灯はありません。 夜は真っ暗です キャンプ場内には外灯がありません。 周りは真っ暗なので トイレや炊事場に行くときは懐中電灯が必須です。 真っ暗だと星も綺麗にみえますし、ランタンの光や焚火の炎が美しくみえます。 自然の中でキャンプをしてるんだなという実感が持てますよ。 ゴミ捨てに関しての注意事項 ゴミは捨てることができます。 但し 有料です。 生ゴミが220円です。 それ以外の分別は特に指定はありませんでした。 袋の大きさのよって金額が変わります。 30リットル袋が330円、45リットル袋が440円、70リットル袋が550円です。 ゴミが捨てられるだけでもありがたいですよね。 最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ 五光牧場オートキャンプ場から車で10分ほどのところにある清里には、行列のできるお店や、おいしい食材を取り扱ったお店が沢山あります。 今回のキャンプの目的が 「最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ」です。 五光牧場オートキャンプ場の付近にある美味しいお店を何店かご紹介します。 親子丼で有名な「中村農場」の絶品鶏ガラスープ 中村農場は、数十種類の鶏肉と卵を生産販売しています。 特に 親子丼は有名で、 2時間待ちは当たり前です。 その隣にある 直売所で親子丼を購入することができます。 直売所では行列することなく購入することができます。 冷凍食品ですので調理は必要ですよ。 キャンプで特におすすめなのが、 鶏ガラスープとセットで購入できるラーメンです。 キャンプ場で〆のラーメン。 酒飲みにはたまりません。 レシピ付きですよ。 鶏がらスープを解凍して、麺を茹でるだけです。 アッサリとしたスープと、専用の麺が絡んで美味です。 鶏ガラスープは大量に入っています。 ラーメンだけだとスープが余るので、翌日朝、スープとして頂いています。 2度も楽しめてしまう汎用性の高さ。 二日酔いの胃腸に沁みわたります。 幸せです。 別の建物にある、 中村農場菓子店のスイーツも絶品です。 生ものなのでお早目にお召し上がりください。 設営後のスイーツはほっこりとしますよ。 行列のできる人気店「萌木の村ROCK」のレトルトカレー 萌木の村ROCKのカレーは一度食べたら病みつきになります。 こちらも 2時間待ちは当たり前です。 その味を一言で表現すると「ROCKのカレー」としか例えようがありません。 そんな大人気のカレーが、レトルトで販売されています。 キャンプといえばカレーは定番ですよね。 設営後の腹ごしらえに、ROCKのカレーを食します。 レトルトだからといって侮ることなかれです。 お店で食べる味そのままなのです。 温めるだけですぐ食べられるのは魅力ですよね。 キャンプにはもってこいですね。 こだわりの品揃えが只者ではないスーパーひまわり市場 山梨県では有名なスーパーです。 こだわりの食材を調達し、見たこともないような珍しい食材をいっぱい取り揃えてます。 お寿司はなんと職人さんがその場で握っています。 とても スーパーとは思えないこだわり。 人気なわけです。 一番の売りはなんといっても 店長さんのマイクパフォーマンス。 心に染みるMCは、思わず聞き入ってしまいます。 気が付くと紹介された食材を手に取ってしまっている圧倒的な説得力。 今回思わず手に取ってしまったのがこちら。 産地直送の山口県産太刀魚の刺身と、 国内産の馬刺し。 どちらもスーパー見かけたことが無い珍しい食材ですね。 日本酒がすすむアテですね。 日本酒は山梨県北杜市白州町の地酒 「七賢」を購入。 キャンプで飲むお酒は地酒をチョイスして楽しんでいます。 一度入ると買わずにはいられない人気のスーパー「ひまわり市場」。 キャンプ飯の幅が広がること間違い無しですよ。 五光牧場オートキャンプ場で時間いっぱい食と絶景を楽しもう 朝早くにキャンプ場にチェックインして、理想の場所を確保したら、ささっと設営を済ませ、 清里で美味しい食材を購入する。 お昼過ぎにはキャンプ場に戻って、 贅沢な食事を最高のロケーションで楽しむことができますよ。 一見、バタバタとしたスケジュールに見えますが、 お昼以降はスローライフが待っています。 現地でしか楽しめないロケーションと一緒に、現地でしか調達できない美味しい食材も楽しみたいですよね。

次の

こっちゃん’s ファミキャンpage2♪:五光牧場オートキャンプ場 レポ♪

五 光 牧場 オート キャンプ 場

スポンサーリンク 五光牧場オートキャンプ場は坂が多い 五光牧場オートキャンプ場は、元牧場という広大な敷地を生かした フリーサイトのキャンプ場です。 実際に行ってみたら、本当に坂が多かったです。 平坦な場所は先客が占めていて、その中でなるべく坂ではないような場所を探さないといけませんでした。 平らな場所に行けば先客がいて、さらに車でグルグル回る。。。 それを何周か繰り返して、やっといい場所を見つけることが出来ました。 出典: 人気のある平坦な場所なら、こんなにいい感じなんです。 しかし、僕が見つけた場所は、奥まったところにある平坦な場所でした。 五光牧場オートキャンプ場には、トイレが全部で3ヶ所あります。 場内に簡易トイレが2ヶ所、後はお風呂場の横のトイレの計3つです。 撤収している人を待って僕が確保した平坦な場所は、お風呂場の横のトイレから遠く離れていて徒歩で10~15分くらいの所でした。 もちろん簡易トイレも離れた場所にあります。 良い運動になると割り切るしかなかったんです。。。 でもそこは、周りが木々囲まれているプライベート空間でした。 管理棟やトイレから離れた遠い坂の下側が、誰もいない広いスペースだったんです。 写真で見た五光牧場オートキャンプ場のイメージとはだいぶ離れていましたが、仕方ありません。 しかしそこは、友達と友達家族とで、いくつかのテントとタープを張るのには十分な広さがありました。 五光牧場オートキャンプ場の設備 トイレは、場内に簡易トイレが2か所あります。 これは使用をためらう感じかも知れません(笑) あと1つは、お風呂場の隣にあります。 お風呂場の隣のトイレは、かなり古くて電気もつきませんでした。 しかも。 男性の大トイレは、女性用トイレと同じ場所なんです。 微妙です。。。 女性も恥ずかしいけど、男性も大なので。。。 恥ずかしいですよね。 大浴場は、キャンプ場に泊まっている人なら無料で入れます。 炊事場は場内2か所にあり、広々とした感じで両側にシンクが並んでいました。 キレイかどうかは置いておいて、みなさんそこを使うことになりますね。 五光牧場オートキャンプ場は標高が高い? 夏の五光牧場は、すごい暑いわけでもなく、とても過ごしやすい環境でした。 夜の冷え込みも、それほど感じず朝を迎えました。。。 なんて、実は気温の事なんて考えてもいませんでした。 実は、高山病なのか、いつもの偏頭痛なのか分かりませんが、頭が痛くて寝てしまったんです。 五光牧場オートキャンプ場の標高は、1300mあります。 僕の他にも、友達の奥さんも頭痛でダウンしていたようです。 2人も頭痛になったということは、やっぱり高山病なのかなと思います。 それにしても、この標高で高山病になるのかな。。。 そんなことで、夜は頭痛がひどく早めに寝てしまいました。 夜の楽しい時間が過ごせず、残念でした。。。 五光牧場オートキャンプ場受付横にある喫茶店 次の日は、撤収してから管理棟の横にある「Naturally Cafe 」という名前の喫茶店へいきました。 頭痛はすっかり良くなって、朝から元気一杯です(笑) 「Naturally Cafe 」という喫茶店では、天然水のかき氷が有名みたいです。 ソースも練乳も手作りらしく、メニューの写真を見ただけでよだれが出ちゃいそうでした。 かき氷は、1つ1つ出てくるのにすごく時間がかかりました。 みんなの分が出揃うのを少し待っていたら、どんどん溶け始めちゃったんです。 本当はもっと美味しそうだったのに・・・(上の写真のかき氷は1口も食べていませんよ、溶けちゃったんです) でも、食べてみたら本当に美味しかったです。 出てくる時間はすごくかかりましたが、1度は食べたほうが良い絶品の天然かき氷だと思います。 五光牧場オートキャンプ場に行ったなら、必ず食べてください。 おすすめです。 そのかき氷が美味しい喫茶店の横にある池の景色が、かなり素敵でした。 ブログ用に写真は撮り忘れてしまいましたが、この池の写真はしっかりと撮りました(笑) 全くキャンプに関係のないような写真ばかり撮ってしまい、大事なキャンプ場の写真はほとんどありません。 その為、今回は日記のようなブログになってしまいました。 五光牧場オートキャンプ場は、リベンジにまた行きたいですね。 今度は頭が痛くならないように、早めに薬を飲むなど対策をしておきたいと思います。 そして、ちゃんとトイレや炊事場などの色々な写真を撮ってくるというのを忘れないようにしなきゃと思います。 しかし、いつ行けるのかな。。。 空いているときに来たかったと思います。 テントを家に持ち帰ると、家じゅうの壁にハサミムシの姿があったんです。 1週間ほど、を見つけては退治するのが続きました。 この経験をしてしまうと、次に行こうという気が少し無くなってしまいます。 ハサミムシは、動きが速いわけでもなく、攻撃的でもありません。 しかし、あの量のハサミムシをお持ち帰りしてしまったというのは、いい思い出にはなりませんよね。 もしかしたら、テントを張った奥まった場所に、ハサミムシが多かったのかもしれません。 他の場所では、どうだったか。。。 確認しようがないですよね。

次の