リオデジャネイロ ホテル。 元在住者が教える!リオデジャネイロ観光スポット15選!

お知らせ

リオデジャネイロ ホテル

この項目では、リオデジャネイロ市について説明しています。 州については「」を、その他の用法については「」をご覧ください。 リオ・デ・ジャネイロ Rio de Janeiro 左上から時計回りに: 、、をから臨むパノラマ、ビーチ、、の路面電車 市旗 市章 : Cidade Maravilhosa(素晴らしい街)、Rio(リオ) 位置 リオ・デ・ジャネイロの位置(リオ・デ・ジャネイロ州) : 歴史 建設 行政 地域 州 市 リオ・デ・ジャネイロ 市長 マルセロ・クリベラ () 地理 市域 1,260 都市圏 4,557. 名称 [ ] " Rio de Janeiro"とはで「の」という意味。 発音では、 (リウ・ヂ・ジャネイル)や (ヒウ・ヂ・ジャネイル)となる。 一般的にポルトガル語で都市名を読み書きする場合は男性形・女性形の区別をつけないが、一般名詞と区別するためにリオ・デ・ジャネイロは必ず男性定冠詞"o"を付けた" o Rio de Janeiro"という男性形で呼ばれる。 ただし、長距離バスや航空機の行先表示などでは単純に「Rio」と略記されることもある。 概要 [ ] で有名。 、 ()などの世界的に有名な海岸を有し世界3大美港の一つに数えられる美しい都市である。 は2010億ドルであり世界第30位、南米では、に次ぎ第3位である。 ににするまではブラジルのであった。 また、にに本国領土を奪われた王室が遷都してからブラジルが独立するまではポルトガルの首都であった。 また、有数の貿易港でもあるためにブラジルの経済的な中心地でもあった。 近年は経済の中心地はサンパウロに移り、その地位が低下しているものの、依然として中南米有数の経済都市である。 また、ブラジルのみならず世界でも有数の観光地としても、、を生んだ音楽の都としても名高い。 地域 [ ] からのリオデジャネイロのパノラマ 左にやや傾いた平行四辺形の形状を呈した大陸部と内に分布する島嶼部の2つからなり、東西の長さは約70km、南北は37kmにおよぶ。 公式的には全部で7つの大行政区と33の小地域、160のBairroから構成されているが、街区の上位にあるDistritoが存在しないのが特徴である。 慣用的には、セントロ、南部地域、北部地域、バラ・ダ・チジューカ地域、西部地域という区分がなされることが多い。 セントロ セントロはリオの歴史的中心部であり、また現在でも経済的中心でもある。 セントロの中心であるリオ・ブランコ通りはビジネス街で、多くのオフィスビルが立ち並ぶ。 東西にはプレジデンチ・ヴァルガス大通りが走っており、リオの中央駅であるドン・ペドロ2世駅もこの通り沿いにある。 東端にはグアナバラ湾に面してがあり、国内線が多く発着する。 また西部には、カーニバルのメイン会場となるがある。 南部地域 南部は高級住宅街が多く、またグアナバラ湾や大西洋に面したビーチも多い。 セントロのすぐ南に広がるやボタフォゴにもビーチがあるが、リオのビーチで最も著名かつ人の多いところはその南に広がるや、そのさらに西に広がるである。 この二つはリオ有数の観光地であると同時に、リオ有数の高級住宅街でもある。 イパネマ海岸はリオで生まれた音楽の曲『』の舞台としても有名である。 イパネマのさらに西にあるレブロン地区は南アメリカ大陸で最も地価が高い地点のある高級住宅街である。 また、ボタフォゴの東のウルカ地区にはリオのシンボルの一つであると呼ばれる岩山があり、で頂上まで登ることができる。 また、リオデジャネイロのシンボルであるはこの南部地区にあるの上に立っており、登山電車で登ることができる。 北部地域 北部地域は工業地区や住宅地区から構成され、観光の目玉となる場所はそれほど多くはない。 しかしながら、やや南よりには、1950年のワールドカップのために建設され、かつては20万人の収容人員を誇った世界一のサッカースタジアム(現在の収容人員は95000人)があることで知られる。 同スタジアムは、2014年ワールドカップおよび2016年リオデジャネイロオリンピックのメイン会場である。 なお、北部地域には、グアナバラ湾に浮かぶいくつかの島も含まれており、主なものとしては、が位置するゴベルナドル島のほか、静寂さが観光客に人気のなどをあげることができる。 一般的に、北部地域は経済的にみて比較的貧しい階層が住んでおり、内陸の丘陵地帯にはが、沿岸部ではに代表されるがある。 一方、グアナバラ湾対岸のニテロイ市との間までを結ぶリオ・ニテロイ大橋の起点にあたるほか、州西部および北部に向かう幹線道路の通過点にあたるなど交通の要衝的な地位を確保しているのも事実である。 バラ・ダ・チジュカ地域 南部地域の西に隣接し、近年開発が進んでいるエリアである。 主に、街区と街区から構成される。 片側4車線の幅広い道路が東西に伸び、中央では南北方向を結ぶもう一つの幹線道路と交差している。 計画的な開発が進められ、高層アパート、大規模ショッピングセンターが立ち並んでいる。 2016年オリンピックにおいては、この地区に選手村や会場の多くが建設される予定である。 小型機の発着が可能な空港もある。 西部地域 セントロ市域のほぼ西半分を占め、最西端にある、そこから少し東に行ったところにあるなどが代表的であり、セントロにあるリオデジャネイロ中央駅からサンタクルス駅までは都市近郊鉄道で結ばれている。 サンタクルスは日系人が入植した地として知られ、リオデジャネイロ市でも日系人が比較的多いところとして知られる。 ファヴェラ 地域の名前ではなく、不法に立てられた貧民街を「」と呼ぶ。 主なスラムとしては、街区の西、の山塊(533m)の北西斜面に広がり居住人口がラテンアメリカ最大規模を誇る、バラ・ダ・チジュカ地区の北に隣接し映画『』()の舞台となった、北部地区の内陸のやや標高の高い丘にあり2011年にはスラムの上空をゴンドラリフトが貫通るようになった、北部の沿いの湿地帯に広がる、街区の丘に広がるなどがある。 歴史 [ ] 1565年のリオデジャネイロの創設を描いた画 1月に探検家たちがの湾口であるこの地に到達。 グアナバラ湾は湾口が狭まっているため大きな川であると誤認し、発見した月に因みポルトガル語で「一月の川」と命名した。 ポルトガル人たちは海岸に壁を白く塗った家を建てて住んだ。 先住民の ()は彼ら白人を「カリ・オカ」(で白い家の意味)と呼んだ。 それが現代語の の起源である。 にの植民地開拓者が ()居留地をつくったがにこれをポルトガル人は追い出し、までここに小さなコミュニティをつくっていた。 町の名は川(実は湾)の名の転用である。 17世紀までのリオは、砂糖の栽培と製糖工場がある小さな港町にすぎなかった。 しかし前半に内陸の周辺で金鉱が発見された。 この金の集散地は、当初は金鉱発見者であるバンデイランテスたちの基地であるサンパウロであったが、にリオとミナスジェライスを結ぶ新道が開通すると、距離的に近いリオがサンパウロに代わってミナスのやの積出港となり、 ()の交通と富の中心となった。 このためそれまで栄えていた北東部から南東部への重心の移動が生じ、にはブラジル総督がからリオに移され ()の首府となった。 リオデジャネイロの風景 (1825年頃) 帝国の首都として行政機能の集中したリオの街は順調に発展していった。 にはブラジル初の鉄道14kmがリオに建設され、ガス燈や電信、上下水道といったも整備され始めた。 にが廃止されに移行するものの、リオは引き続きの首都となった。 当時の市街はグアナバラ湾の入口にほど近い現在のセントロ地区のみであったが、19世紀末には人口は50万、には81万に達し、市街は拡大していった。 に就任した第5代大統領のは首都であるリオの改善に熱心に取り組み、を起用して都市計画を実施し、には東西南北の幹線道路が整備された。 が撲滅され、衛生状況が大きく改善したのもこの時期である。 南のボタフォゴ地区やさらに南のコパカバーナへと市街地が延びていった。 コパカバーナやイパネマへと通じる直通トンネルも建設された。 時代の開発政策により、後に商工業が発展すると内陸部や北東部から職をもとめて大量の人々が流入した。 しかし、経済の重心は徐々に内陸部のサンパウロ市に移っていき、にはリオの人口はサンパウロに抜かれ、現在に至るまでリオはブラジル第2の都市となっている。 また、大統領によって首都はに移され、リオは行政の中心地としての機能を失った。 遷都後もそれまでの連邦直轄区の領域、すなわち今日のリオデジャネイロ市域はとしてリオデジャネイロ州と併存していたが、にグアナバラ州とリオデジャネイロ州が合併し、市にかわって新の州都になった。 にはこの地で地球サミット()が開催され、「」(リオ宣言)とその行動計画であるが合意された。 、、、との投票に勝利して、第31回のリオ開催が決定した。 これは南米大陸初、全体でも開催のに次ぐ48年ぶり2回目のオリンピック開催となる。 人口動態 [ ] リオデジャネイロ都心部の眺め (53. 19世紀末から20世紀初頭の大量の移民によって人種構成は多様化し、ポルトガル人のほか、イタリア系、スペイン系、ドイツ系、日系(15000人)、ユダヤ系、レバノン系など、多種多様な人種が混在し、混交している。 1872年に27万人だった人口は、1890年に52万人、1900年に81万人、1950年に237万人、2000年には585万人に達した。 この人口増加の多くは国内移動、とくに貧しい北東部からの大量流入によるもので、これによりリオ市内各所に(スラム)ができ、貧富の差や治安の悪化が問題となっている。 経済 [ ] サンパウロについでブラジル第2の経済規模を持ち、ブラジルGDPの5. 首都移転により行政機能は失われたが、社などの公企業や半官半民の企業はブラジリアへは移転せず、リオに本社を置き続けた。 工業面でもブラジル第2の都市であり、石油精製や造船、鉄鋼、冶金、石油化学、薬品、セメント、印刷、ゴム、食品などの産業が立地している。 しかしながら、経済構成でみた工業の割合は1割程度で、残りの9割は商業・サービス業からなる。 昨今では、バラ・ダ・チジューカ地区(バラ・ダ・チジューカ街区およびレクレイオ・ドス・バンデイランテス街区)における大規模ショッピングセンターでの商業・サービス業の伸展、同地域における高層マンション、住宅の建設などが新たな経済活動の主軸となっている。 リオデジャネイロ港は貨物取扱量でブラジルで3番目の港であり、埠頭の総延長は7kmに及ぶ。 リオデジャネイロ州、、、そしての貨物を主に取り扱っている。 交通 [ ] 郊外電車 市内 [ ] リオ市内やその近郊にはと2路線、そして長い間便利な足として郊外電車()8路線が張り巡らされており、比較的安価な価格で利用できるもポピュラーな移動手段である。 地下鉄にはも設置されている。 かつて多くの路線を有したも一路線残っている。 特に市内のサントス・ドゥモン空港とブラジル最大の都市である市内のとの間には「ポンチ・アエレア」(空の架け橋)と呼ばれるが就航しており、世界でも有数の搭乗者数を誇る路線となっている。 所要時間はサンパウロまで車・バスで6時間、航空機で1時間弱かかる。 長距離バスの便数も多い。 特に・チエテバスターミナルとの便はバス会社3社(Itapemirim, Cometa, Expresso Brasileiro)が同区間を別々に運行しており、日中は数十分に1本の頻度で運行されている。 サンパウロだけでなく、接続のサンパウロ行きや行きの便も多い。 またリオデジャネイロ港は世界3大美港の一つでもあり、ブラジルでも最大級の港湾設備を有している。 そのため近隣の港湾都市、島嶼とのの運航も頻繁に行われている。 気候 [ ]• では(Aw)に属する。 12月から3月にかけては雨が多く、また気温も最も高くなる。 一方7月と8月は冬であり、降水量が少なく気温もやや低くなるが、全般的にいえば年間通じて温暖な気候を保っているといえる。 49 104 4. 09 104 4. 09 137 5. 39 86 3. 39 81 3. 19 56 2. 2 51 2. 01 86 3. 39 89 3. 5 97 3. 82 170 6. 69 1,175 46. 26 平均月間 195. 3 214. 6 195. 3 165. 0 170. 5 156. 0 182. 9 179. 8 138. 0 158. 1 168. 0 161. 2 2,084. 7 出典: The Weather Channel, Hong Kong Observatory for data of sunshine hours 文化 [ ] ブラジルの文化の中心地であり、流行の発信地でもある。 「サンパウロ人は仕事で忙しく、リオ人は遊びで忙しい」 ともいわれる明るく享楽的な気質を持つ。 カーニバル [ ] カルナヴァルのパレード でカルナヴァル( Carnaval)。 ののことで、カーニバル自体は世界各国のカトリック文化圏で行われている他、ブラジル各地でも行われている。 もともとはポルトガルの謝肉祭・エントルードがブラジルに渡ったものであるといわれる。 リオのカーニバルは派手で規模が大きいので特に有名で、開催時期は世界各国からの観光客を集める。 (イースター)を基準に太陰暦で日程を決めるため毎年開催日程は変動するが、だいたい2月の中旬から下旬になることが多い。 なおカーニバルといえば真っ先にが連想されるが、サンバ以外にもマルシャ(ブラジル版マーチ)やポルカなどもある。 サンバの場合、ファンタジアと呼ばれる華やかな衣装を身に付けサンバを踊り打楽器隊などによる演奏や歌で行進する。 4日間行われ、開催中は世界各国から見物客が集まる。 いわゆるリオのカーニバルとして知られているのは、マルケス・ヂ・サプカイ通りにあるサンボードロモ(サンバ会場)で行われるコンテスト形式のパレードである。 ここで行進するサンバチームは(: 、直訳:サンバの)と呼ばれる。 なお「学校」はジョークで名付けられたもの [ ]で実際はリクリエーション団体の傾向が強い。 そのため多くの団体はグレーミオ・ヘクヘアーチヴォ・エスコーラ・ヂ・サンバ、略称: G. (〜チーム名)と冠がつけられ一般的にはチーム名で呼ばれることが多い。 なお日本ではこれらを総称してエスコーラと呼ばれる。 これらはリオ市や隣接する他の市に点在する地域を代表するサンバのコミュニティーである。 パレードは賞金付きコンテスト形式になっており審査が行われる。 有名なサンバ団体を挙げるとベイジャ・フロール、ポルテーラ、マンゲイラ、インペリオ・セハーノ、サウゲイロ、ヴィラ・イザベウ、ウニードス・ダ・チジュッカ、ウニアォン・ダ・イーリャなどでどれも歴史的なサンバの名手( Sambista、)や曲を生んだエスコーラである。 他にも沢山のエスコーラが存在し順位や優勝を競っている。 今日、世界に誇るリオ各地域の市民による手作り文化の結晶として光り輝いている。 リオのカーニバルは公開のブラジル・合作『』の背景舞台にもなっており開催前の人々の準備ぶりや浮かれ具合、当時のカーニバルの様子などうかがい知ることができる。 オルフェウ率いる架空のエスコーラもあれば本物のカルトーラ夫妻やポルテーラ、マンゲイラ、インペリオ・セハーノもチラリと登場する。 1999年公開の『オルフェ』は現代のリオを窺い知ることが出来る作品。 リオのカーニバルのトップリーグ、 Grupo Especialに出場するエスコーラのパレードテーマ曲集は毎年日本の輸入盤扱いのある大型CDストアなどでも手に入れることが出来る。 カーニバル後にはその年の模様を収めたビデオテープ(近年ではDVD)も発売されている。 なおリオのカーニバルが観光化・商業化が進むとそれに嫌気をさしたりエスコーラの内紛などによりやカルトーラ、などの著名サンビスタがエスコーラを去ったケースも多い。 またいくつかのサンバコミュニティーがと呼ばれるスラム街に拠点があることなどから、賭博や麻薬取引との関係も指摘される。 またカーニバル期間中はリオ・ブランコ通りなどをはじめ、各所でエスコーラより小規模であるブロコやコルダゥンと呼ばれる各チームがパレードを行う光景も見られる。 2011年2月7日、リオデジャネイロのカーニバル用の用具を制作する施設が集中する地区で大規模な火災が発生し、同年のカーニバルに使用予定の山車及び衣装多数が焼失するという事態が発生した。 リオのみならずブラジルを代表するクラブとして知られているをはじめとして、、などのサッカークラブの本拠地として知られ、これらのクラブは多くの「クラッキ(名選手)」、「ジョガドール(サッカー選手)」を輩出してきた。 では、などがリオ出身のクラッキとして知られる。 また、世界最大のサッカースタジアムでのの主会場となったがある。 同スタジアムはに行われたの主会場の一つとなった。 オリンピック [ ]• 2016年が開催された。 なおこれはブラジルのみならず、南アメリカ大陸で開催される初のオリンピックとなる。 その他 [ ]• まで選手権が郊外ので行われていた他、各種や、などが盛んに行われている。 〜にが開催された。 観光 [ ] とリオデジャネイロ リオデジャネイロは年間282万人の観光客の訪れる、ブラジル有数の観光都市である。 主な名所は以下の通り。 (括弧内はポルトガル語による表記。 ( Praia Copacabana)• ( Praia Ipanema)• ( Cristo Redentor)• リオデジャネイロ大聖堂• ( Igreja de Nossa Senhora do Monte do Carmo)• ( Theatro Municipal do Rio de Janeiro)• ( Quinta da Boa Vista)• キンタ・ダ・ボア・ヴィスタ 治安 [ ] リオの犯罪率は高く、とくになどで麻薬組織や麻薬販売人による犯罪や殺人が多い。 には2273人が殺され、10万人あたりの殺人率は37. 7だった。 しかしこれに反発した麻薬組織と警察の対立が激化している。 2016年のオリンピックの際に報じられた情報によると、2015年にリオ市で起きた事件数は殺人1205件、強盗81740件であり、同年の日本全国の事件数 殺人933件、強盗事件2426件 と比べても多く、人口10万人あたりの発生率で見ると殺人発生率は日本の25倍、強盗発生率は660倍とのことである。 オリンピック・パラリンピック期間中は85,000人の警察官・警備隊を投入し、観客やメディア関係者が死亡するような事故や事件は発生しなかった。 リオデジャネイロ市出身の著名人 [ ] リオデジャネイロ出身の人を「 (: Carioca) 」という。 (サッカー選手、元サッカー日本代表チーム)• (サッカー選手)• (F1ドライバー)• (音楽家)• (音楽家)• (音楽家)• (音楽家)• (音楽家)• (音楽家)• (建築家)• (元FIFA会長)• (女子バレーボールブラジル代表選手)• (リオデジャネイロオリンピック組織委員会会長)• (サッカー選手) 姉妹都市 [ ] リオデジャネイロは以下の都市と姉妹都市となっている。 アメリカ ヨーロッパ アジア・アフリカ , , , , , , , , , (), 、 ()、 , , , 、 , , , 、 , , , , , , 、 (), , , , , , , , , , , , , , , , , 脚注 [ ] []• の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 2014年4月公表• 2011年5月13日, at the. 「ラテンアメリカを知る事典」p454 平凡社 1999年12月10日新訂増補版第1刷• 「概説ブラジル史」p221 山田睦男 有斐閣 昭和61年2月15日 初版第1刷• パトリック・トール著、平山廉監修、南條郁子、藤丘樹実訳 『ダーウィン』 《「知の再発見」双書99》 創元社 2001年 36ページ• The Weather Channel 2011年. 2011年3月20日閲覧。 — Hong Kong Observatory• 「ブラジルを知るための56章」p21 アンジェロ・イシ著 2010年2月10日第2版第1刷• 2011年2月8日の朝日新聞朝刊6面• Dom Phillips 2018年9月3日. The Gursdisn. 2018年9月3日閲覧。 カリオカ( Carioca)は、ポルトガル語の形容詞・名詞で「リオデジャネイロ市出身の」あるいは「リオデジャネイロ市出身の人」をさす言葉。 この語はトゥピ・グアラニー族)の方言で、「白人の家」(家 oca、白人 cari)に由来する。 Radikal. com. 2010年4月17日閲覧。 Managua. gob. 2010年4月17日閲覧。 Eng. gov. spb. 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 Atlantaga. gov. 2009年4月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月17日閲覧。 2013年6月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 [ ]• 2006—2009. 2009年2月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月13日閲覧。 Ayuntamiento de Madrid. 2012年5月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月2日閲覧。 2009年3月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月17日閲覧。 2010年4月17日閲覧。 Paris. fr 2010年3月17日. 2010年6月14日閲覧。 warszawa. pl official website. Biuro Promocji Miasta 2005年5月4日. 2007年10月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年8月29日閲覧。 wikisource. org. 2010年6月14日閲覧。 Rio 2016. 2010年6月14日閲覧。 wikisource. org. 2010年6月14日閲覧。 wikisource. org. 2010年6月14日閲覧。 Leis sancionadas e vetos 21 de janeiro de 2008. Lei n. Cologne City Business News. 2012年11月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年4月28日閲覧。 関連項目 [ ] で 「 リオデジャネイロ」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキボヤージュの ウィキデータの オープンストリートマップに があります。 には、 に関する旅行情報があります。 (リオデジャネイロを舞台にしたのショー作品) 外部リンク [ ] 公式• (ポルトガル語) 日本政府• (日本語) 観光• (ポルトガル語) (英語)• (英語)• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語).

次の

お知らせ

リオデジャネイロ ホテル

リオデジャネイロってどんな街? 筆者が訪れた数々の街の中で一番好きな街がリオデジャネイロ。 たくさんの岩山が作りだすユニークな地形に美しいビーチ。 サンバやボサノバに代表される音楽も溢れている。 オシャレなお店、レストランやバーもたくさんあり人々は陽気でとてもフレンドリー。 とにかく全てがバランスよく揃っていると言っても過言ではないとても魅力あふれる街だ。 そんなリオデジャネイロを愛してやまない筆者が2週間滞在して分かった感想や見どころ、注意点をご紹介。 行ってよかった場所 コルコバードのキリスト像(Corcovado) ブラジルのシンボル的な存在。 コルコバードのキリスト像。 高さは38メートルのキリスト像は中は小さな礼拝堂になっている。 ブラジル独立100年を記念して1931年に建てらたもので万里の長城やタージマハルと一緒に「新・世界七不思議」に選出された。 またここから眺める風景が絶景で、たくさんの岩山が作り出す地形の間に作られたリオデジャネイロの街が一望できる。 リオデジャネイロに来たら必ず訪れたい場所だ。 麓から歩いて登ることもできるか、その道には観光客を狙った盗賊が出る場合はあるらしいので、麓から出ているケーブルカーで上まで登るようにしよう。 麓から出てるロープウェイで、途中一回乗り継ぎ地点を挟み岩山の上まで登ることができ、コルコバードとは違った眺めをみることができる。 上にはカフェなども併設されていてくつろぐ観光客もたくさん。 また岩山の裏側にはたくさんの小さい猿が住んでいて人に慣れているせいかとても近くまできてくれる。 このポン・ヂ・アスーカルはロッククライミングの名所しても知られていてロープウェイから岩山を登るクライマーの姿も。 こんな猿がたくさん。 セントロ地区(Centro) リオデジャネイロ市立劇場(Teatro Municipal do Rio de Janeiro) 100年以上の歴史がある劇場でパリのオペラ座がモデルとされている。 ほとんどの材料をヨーロッパから取り寄せて作ったという徹底ぶり。 現在でもコンサートやバレエ、演劇などが行われている。 また公演を見れなくても館内見学だけをするガイドツアーも行っていて、その場合はポルトガル語、スペイン語、英語のみだが一見の価値あり。 内装もとても豪華で重厚でヨーロッパの劇場に決して負けていない。 公演までは無理でも見学はしておこう。 当時は一般公開はしていなかったが1900年に公立となり一般にも公開。 35万冊以上のポルトガル語の古書が蔵書されている。 この図書館が変わっているのが、図書館でありながら特別な許可がないと貸出どころか本に触れることもできない。 ただし館内にはいると「幻想図書館」と呼ばれているだけあり、静粛で幻想的な雰囲気が漂いとても美しく、まるで映画の世界に入り込んだよう。 まだあまり観光客知れ渡っていないらしく、静かに見ることができる。 館内はあまり大きくないので、セントロ地区に行った際には是非寄ってみよう。 名前や国籍を記帳すれば入場は無料。 その他 セントロ地区には上記2つ以外にも国立美術館や国立図書館、幾つかの教会を初めとするたくさんの歴史的建造物があるので散歩していて楽しい。 ふらっと入ってみた教会がとても美しかったりする。 リオデジャネイロの2大ビーチ リオデジャネイロの2大ビーチがコパカバーナビーチとイパネマビーチだ。 どちらもとても美しくそれぞれ特色があるので是非両方行ってみることをオススメする。 コパカバーナビーチ(Copacabana) 世界的にも有名で観光客に一番人気の全長4キロの巨大なビーチ。 世界中から観光客が訪れ、家族連れなども多く落ち着いた雰囲気のビーチ。 子供によるスリなどもあるので注意が必要。 イパネマビーチ(Ipanema) 地元の人が多いと言われているビーチ。 ボサノヴァの名曲「Girl from Ipanema(イパネマの娘)」が生まれた場所。 コパカバーナと比べて男女ともに体を鍛えていている若者が多い。 ボール遊びをする若者の技術の高さにも驚く。 奥に見える二子山がとても印象に残っている。 ラパ地区(Lapa) アルコス・ダ・ラパ(Arcos da Lapa ) ラパ地区のシンボルでカリオカ水路(Carioca Aqueduct)とも呼ばれている。 全長270メートル、高さ17. 6メートルの大きさを誇り、この上には観光客に人気のレトロなトラムが走っている。 このアルコス・ダ・ラパ周辺に以下で紹介する「セラロン階段」や「カテドラル・メトロポリターナ」がある。 この周辺はあまり治安が良さそうではなかったので注意して歩こう。 ホルヘ・セラロンさんと言うチリ人のアーティストが自宅の前の階段をタイルを張り出したが始まりで、次第に近所の人たちの理解を得、現在のようなカラフルな階段になった。 使われているタイルの数は2000枚以上。 この階段アートに魅了された海外からの観光客からのプレゼントされたタイルもたくさん貼ってあり、筆者は見つけられなかったが、阪神タイガースと招き猫のタイルもあるらしい。 ただタイルはたまに張り替えられるということなので現在も日本からのタイルがあるかどうかは不明。 建設に12年を要したというので1960年台に大聖堂としてデザインされたというから驚きだ。 外観はコンクリで作ったピラミッドといった具合だが、中に入ると天井から床までの60メートルに渡って伸びる4本のステントグラスは圧巻。 季節や時間帯によって色が変わりとても神秘的。 できれば晴れの日を狙っていこう。 また地下には宗教博物館も併設。 エドゥアルド・コブラ(Eduardo Kobra)の巨大壁画 Ethnicities Mural(民族と文化の壁画)と名付けられた巨大壁画は2016年に行われたリオデジャネイロ・オリンピックの際に作られた。 高さ15メートル、幅170メートルの壁、2550平方メートルの巨大キャンパスに描かれた絵は見るものを圧倒する。 カラフルで独特な色使いとタッチでオリンピック五輪にちなんで五大陸の民族が描かれている。 エドゥアルド・コブラは世界的に有名なアーティストで日本でもブラジル大使館の壁や西武百貨店の壁にも作品を描いたことも。 サン・ベント修道院(Sao Bento Monastery) 1671年に建てられたバロック・ロココ様式の修道院。 外観は特に特徴のない建物だが中に入ってびっくり、黄金の装飾が散りばめられ豪華絢爛で歴史あるパイプオルガンも美しい。 また日時によっては修道士たちの聖歌を聞くことができるそうだ。 金ピカのとても美しい修道院だが入り口を見つけるのが少々大変。 下の地図で言うと修道院の右にあるロドリーゲス・アウヴェス通り(Av. Rodrigues Alves)沿いにある普通のビルに入りそこからエレベーターで上の修道院まであがる。 筆者たちは付近を歩いてる人に「Sao Bento」と連呼して行き方を教えてもらった。 これが入り口。 ここから入りエレベーターで2階へ行くと修道院。 リオデジャネイロ近代美術館(Museu de Arte Moderna do Rio de Janeiro) 通称MAM。 ブラジル内で最も権威のある美術館の一つで15,000点を超えるアートを所蔵している。 リオの有名建築家、アフォンソ・エドゥアドルド・レイディ(Affonso Eduardo Reidy)がデザインした建物はとてもモダンで館内にある階段はとても美しく建築好きも必見。 南米のアーティスト中心の作品たちはユニークな作品が多く見ていて飽きない。 筆者は軽く見て変える予定が3時間は優に過ぎていた。 アート好きには是非訪れて欲しい美術館だ。 ブラジリアン・ミュージックを聞きに行こう。 サンバやボサノヴァ発祥の国だけあって、そこら中でブラジリアン・ミュージックが楽しめるので是非ホテルの人などに聞いて一度は生のブラジリアン・ミュージックを聞きに行こう。 筆者たちの滞在中は大きなものは無かったが、滞在しているホテルからそう遠くないバーでショーロ(Choro)というブラジルのジャズと言われてるものが見れるということで行ってみた。 即興でいろんなミュージシャンが楽器を持ち寄り演奏し、新しくミュージシャンがくると今まで演奏してた人と入れ替わったりと、とても楽しく素晴らしい時間だった。 小さいバーで、拍手をすると近所迷惑(音楽は迷惑にならないというのもブラジルらしい。 )だと言うことで演奏が一段落すると皆で指を鳴らすというルールがまたオシャレだった。 気になる治安は? 治安は正直言って良くない。 筆者もひったくりや強盗には遭っていないが、クレジットカードをスキミングされた。 付帯する保険のおかげで金銭的な被害はなかったが、そのおかげでクレジットカードが使用できないという自体に陥った。 ファベーラなどのスラムもあるし、ヤバそうな人たちも見かけたりもした。 しかしたくさんの人達が普通に暮らしてるので注意をしていればほとんどの犯罪は防げるとはずだ。 まずホテルの人に近寄らないような場所や気をつけるべき事を確認する。 夜は極力出歩かない。 出歩く時は近い場所でもタクシーで移動する。 昼間でも人気のない場所にはいかないなどを徹底していれば大丈夫だろう。 最後に 治安があまり良くないので、行くのを躊躇する人がたくさんいるのは分かるが、それを補って余りあるほどの魅力がリオデジャネイロにはある。 筆者は世界50ヵ国以上回ったが、一番魅力的な街だと思ったのがリオデジャネイロだ。 音楽、アート、自然と全てが揃っていて、人々は背伸びをしていなく自然体で大半の人はとてもフレンドリー。 いい意味で外人扱いもされず凄く居心地が良いと感じた。 正直いろいろな人からリオの危険な話は沢山聞いたが、細心の注意を払えばほとんどの危険は回避できると思う。 南米は他にもたくさん危険な町はある。 もし南米旅行を考えている人がいるなら是非訪れて欲しい。

次の

お知らせ

リオデジャネイロ ホテル

リオデジャネイロ - リゾート [宿泊目安]54686円〜 ホテル ファザーノ リオ デ ジャネイロはブラジルのリオデジャネイロに位置し、GIG国際空港より車で23分、地下鉄 イパネマ - ジェネラウ オゾーリオ駅より徒歩6分の場所にあります。 イパネマビーチ沿いに位置するワンランク上のゴージャスな5つ星ホテルで、広々とした客室はスタイリッシュな内装が施されています。 全89室の客室は禁煙ルームで、7つの部屋タイプから選択可能。 リオデジャネイロ - 高級ホテル [宿泊目安]12707円〜 ブラジル最大の観光都市 リオデジャネイロ中心部にある5つ星のラグジュアリーホテル。 バーハ・ダ・チジュカ地区に位置していて、ジャカレパグァー湖のほとり、アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港までも車で約26分で行くことができます。 徒歩圏内にはショッピング メトロポリターノ バーハやシティバンク ホール リオデジャネイロ、ジュネス アリーナなどもあり、ショッピングや観光にも便利。 ホテルには、美しい湖の景色を望む屋上プールやフィットネスセンター、地元ブラジル料理や各国の料理を楽しめる高級レストランやおしゃれなバーラウンジも完備されています。 客室は都会的でモダンな雰囲気となっていて、贅沢なひと時を過ごすことができます。 一部のお部屋には、レイクビューのバルコニーが付いていて美しい眺望を堪能できます。 エアコンや薄型テレビなどの基本の設備はもちろん、コーヒーメーカーや24時間のルームサービス、無料のバスアメニティ、高級寝具も備えられています。 スイートにはネスプレッソのコーヒーメーカーやロクシタンの無料バスアメニティも付いています。 リオデジャネイロ - ホテル [宿泊目安]26885円〜118879円 JW マリオット ホテル リオデジャネイロはブラジルのリオデジャネイロに位置するビーチフロントのホテルで、高級感のあるインテリアでまとめられた客室はエレガントな雰囲気に仕上がっています。 GIG国際空港より車で22分、リオ デ ジャネイロ中央駅より車で9分の場所に位置し、コパカバーナ ビーチとアトランティカ通りへは徒歩1分と便利な立地。 全245室の客室は禁煙ルームで、9つの部屋タイプから選択可能。 客室にはケーブル放送付テレビ・ミニバー・コーヒー メーカー・バスローブ・ミニバーを完備し、レストラン・屋外プール・ルーフトップテラス・フィットネスセンター・ビジネスセンターを備えています。 ホテルでは毎朝ビッフェ式の朝食を提供し、ホテルのスタッフは英語・スペイン語・ポルトガル語に対応。 コンシェルジュサービス・ルームサービス・荷物預かりなどのサービスを提供しています。 リオデジャネイロ - 高級ホテル リオデジャネイロは、ブラジル南東部に位置するメガシティで、世界有数の観光都市です。 白い砂浜が弧を描くように伸びるコパカバーナやイパネマはリオの代表的なビーチで、コパカバーナはリオ・オリンピックのビーチバレー競技会場にもなっています。 ボサノバの名曲「イパネマの娘」を作曲したアントニオ・カルロス・ジョビンのブロンズ像も完成し、新たな観光名所となっています。 毎年2月にはリオのカーニバルが行われ、世界各国から30万人の観光客でにぎわいます。 ほかにも、コルコバードのキリスト像のある丘からは、リオの街や美しい海岸線を一望できるので、ぜひ訪れたい場所です。 そんな見どころ満載のリオデジャネイロで、おすすめの高級ホテル10選を紹介します。 リオデジャネイロ - 格安ホテル リオデジャネイロは世界有数のメガシティで、その美しい景観から世界三大美港の1つにも数えられるブラジル最大の観光都市です。 サンバの祭典カーニバルで有名な市内には、イパネマやコパカバーナといった素晴らしいビーチ、コルコバードのキリスト像、世界最大規模のサッカースタジアム・エスタジオドマラカナンなど、見どころもいっぱい。 市内にはリオデジャネイロ国際空港と国内線向けのサントスドゥモン空港の2つの空港があり、国内主要都市と結ぶ長距離バスもたくさん運行されています。 そんなリオデジャネイロで、一泊3000円以下のおすすめな格安ホテルをご紹介します。 なお、料金は時期や人数によって異なるのでご注意ください• リオデジャネイロ - ホテル ブラジル南東部に位置し、国内最大の観光都市として知られるリオデジャネイロ。 世界三大美港にも数えられている美しい自然の景色や、市街地にある歴史的な建造物など見どころが多く、世界中から年間を通して多くの観光客が訪れています。 そんなリオデジャネイロには、たくさんの宿泊施設があり、私たちを出迎えてくれています。 その中には、格安で宿泊することができるホテルなどもあり、評判をよんでいます。 格安と言っても、快適に過ごすことができる設備やサービスが整っているところが多いので、お得にリオデジャネイロ滞在を楽しんでみて下さい。 今回は、リオデジャネイロでおすすめの格安ホテル・宿泊施設を紹介します。 なお、値段は時期や人数によって異なるのでご確認ください。 リオデジャネイロ - ホテル リオデジャネイロはブラジルの首都で、ブラジル南東部に位置する、サンパウロに次いでブラジル第2の都市として知られています。 毎年100万人近くの観光客が世界中から訪れる「リオのカーニバル」は特に有名。 また、2016年にオリンピックが開催され、さらに注目が集まっているブラジル国内最大の観光都市になっています。 リオデジャネイロのシンボルであると同時に、ブラジルのシンボルにもなっており、「新・世界の七不思議」の一つにも選ばれている「コルコバードの丘のキリスト像」をはじめ、美しいビーチや熱帯雨林など見どころが多く、都市周辺の景観は、ユネスコの世界遺産に登録されているなど魅力たっぷり!また、ブラジルを代表するお肉料理「シェラスコ」や、若鳥の丸焼き「ガレット」などを楽しめるレストランもたくさんそろっており、グルメを楽しむのにも最適です。 今回は、そんなリオデジャネイロでおすすめのホテルを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

次の