職場 いじめ 退職。 職場のいじめ、有効な解決策は「辞めること」…会社脱出の3ステップ

職場の上司からのいじめ対策は? 退職する以外の方法はある?

職場 いじめ 退職

職場のいじめが辛くて「退職したい!」と思っても、 「これは逃げなんじゃないか。 」 「我慢できない自分の負けなんじゃないか。 」 と思ってしまいますよね。 それにイジメてくる人に「あなたができていないからでしょ!?」なんて言われると、いじめられるのは自分に問題があるからだと思ってしまい、「自分が悪いんだから仕方ないな。 」なんていじめを受け入れてしまうこともよくあります。 しかし、きっぱりと断言しますが、職場でいじめにあうのはあなたに問題があるからではありません。 相手の言い分は、あなたをいじめるための口実に過ぎないのです。 また、いじめは我慢すべきものではありませんし、退職は逃げではありません。 いじめは<人権侵害>なので、どんな理由があろうと許されるものではありませんし、いじめによる退職は問題解決のための行動の一つに過ぎないのです。 なので、もしあなたが「いじめは辛いけど、辞めるなんてできるわけない」と思っているのなら、それはただの思い込みです。 ここではいじめに苦しむあなたが、もっと前向きに生きていけるようになるための方法を紹介しています。 今までの自分の考え方を少し変えることで、開ける未来があります。 退職ば逃げではない!【我慢することを美学】と思わないで! 退職という選択は決して<逃げ>ではありません。 多くの日本人が<我慢することが美学>と思っていますが、そのような固定概念は今すぐ壊していきましょう。 日本人は<我慢することで成長できる><途中で逃げ出すなんてダメな人間だ>というような考え方の人が多いですよね。 これは日本が、昔からそのような教育をしてきたからにほかなりません。 しかし、決して辞めることが「負け」ではありませんし、我慢することが正しいわけでもありません。 あなたは人間が生きていくために一番必要な能力って何かご存知ですか? 人間が生きていくために一番必要な能力というのは、決して我慢する力ではありません。 壁にぶつかった時、問題が起きた時、どのように対処したらいいか考え行動する力です。 この問題解決能力こそが人間が生きていく上で必要な力なのです。 そのため何か問題が生じた時、その解決策として<退職>が挙げられるなら、それは<逃げ>ではなく問題解決のための一つの対処法に過ぎないのです。 しかし多くの日本人が問題解決能力という視点すら持てません。 単に<我慢することこそ美学>と考えてしまっています。 これは、子どものころから「途中で投げ出してはダメ」「頑張って続けなさい」という言葉を散々言われ続けてきたことが原因としてあげられます。 だから問題にぶつかった時「どうすれば解決できるか」という思考になれず、「ここで耐えることが成長につながるんだ」と盲信してしまうのです。 でも、もうそんなかたよった考え方は捨ててしまいましょう。 【困難に直面した時に上手に対処したものだけが生き残る】 この世にいる生物たちは、環境の変化に合わせて進化できたものが生き残り、進化できなかったものが絶滅していきました。 問題を解決する力こそ、本当に生きていくために必要な力。 <退職>という選択も問題を解決するための一つの対処法に過ぎません。 我慢することに固執すると、あなたの心が壊れてしまうだけなのです。 関連記事 【スポンサーリンク】 相手は一生変わらない。 どんなに相手が悪くても、相手に変わることを求めてはいけません。 色々知恵を使って相手に働きかけたり、逆に仕返しをして反省させようとしたりしてもあなたのエネルギーを無駄に消費してしまうだけです。 自分はいじめの被害者で明らかに相手に非があるという場合、「相手に態度を改めてほしい。 」「反省してほしい。 」という気持ちでいっぱいになりますよね。 しかし、 人間の性格というのは本人が「変わりたい」という気持ちにならない限り、そう簡単に変わるものではないのです。 とくにいじめをしている人というのは、人知れないコンプレックスを抱えています。 そのため他人に責められない自分を装うことに精一杯なのです。 そのような人に対して「こういうのをやめて欲しい」「これはちょっとひどいんじゃない?」という指摘をすると、自分の弱さを隠すためにさらに周囲への攻撃性は増してしまうのです。 またいじめをしている人でも、本人自体は一種の正義感をもっていたり、自分を正当化していたります。 「この人にはガツンといわないと伝わらない。 」 「私が新人の時はもっとひどい扱いをされたいた。 」 「誰も言わないから、私が嫌われ役をかってでている」 という具合に、適切かどうかはおいておいて「自分は間違っていない」という気持ちをもっているのです。 そのような人に「あなたが悪い!」という言葉を突き付けて、問題が解決するでしょうか? どう考えても火に油をそそいでしまうだけですよね。 「私が悪者ってこと!?」と逆上しだすのが目にみえています。 性格というのは本人自身が自覚し、そして「改めないといけない」と実感しない限り変わる事はありません。 なので、あの人をどう変えるかという議論に何の意味もないのです。 職場にどうしても嫌な人がいるなら、自分がその人への関わり方を変えるか、自分からその環境を離れるかしか解決方法はないのです。 【他人は変えられない。 だけど自分と未来は変えられる】 このような言葉がありますが、現状を変えたいのなら相手に変わってもらうことを望むより、自分が変わったほうが簡単に未来を変えることができるのです。 関連記事 退職しても案外、普通に生きていける 退職を考えた場合、退職後の生活のことを考えると一気に不安になりますよね。 「このまま再就職できなかったらどうしよう」 「転職したら今より給料が下がるかもしれない」 そのような不安から退職に踏み出せないという人も多いのではないでしょうか? しかし、退職しても案外普通に生きていけるものなのです。 私は社会人になって10年以上たっていますが、私の友人の中には入社後すぐに退職した人が数名います。 当時は退職した友人を見て、周囲の人たちは「退職してこの先どうするの?」という言葉を投げかけていました。 しかし10年たった今、みんな普通に再就職して働いていますし、幸せな家庭を築いている人もいます。 今となったら退職のエピソードなんて「あんなこともあったね」という程度の話になっています。 ブラック企業に勤めていた友人に至っては「本当にあの時退職してよかった」という言葉さえ聞かれます。 もちろんみんな退職後も大変なこと、辛いこと、色んなことがあったでしょう。 でもその度にどうすればいいのかを考えて、対処して自分の人生を歩んできました。 人生生きていたら、どのような方面に進んだって大変なこと、辛いことは出現します。 きっと退職せいずに続けていたとしても、何かしらの壁にぶつかっていたでしょう。 でもその度に自分が幸せになるためにどうしたらいいのかを基準に考えて行動していけば、必ず事態は好転していくのです。 今のあなたにとって<退職>というのはとてつもなく大きな壁のように見えているかもしれませんが、実際に超えてみると意外と低かったことに気づくでしょう。 そして10年もたてば「あんなこともあったよね」「あの時辞めて正解だったね」なんて会話をしていることと思います。 「退職したら人生が終わる」そんな思い込みは捨てて「自分が幸せになるにはどうしたらいいだろう」と思考で考えてみてください。 そしてその方法が<退職>だと感じたなら、勇気を出して壁を越えてみましょう。 大丈夫!案外普通に生きていけますから。 関連記事 退職を申し出た時の周りの反応が怖いなら 「退職を申し出た後、周りからの風当たりがきつくなったらどうしよう。 」 そのように考えると、なかなか退職への一歩が踏み出せないですよね。 もちろん退職を申し出ると急に態度が冷たくなる人、文句を言いだす人、陰口を言い出す人など色んな人が出てくる場合があります。 しかし、このことを気にしていてはいけません。 なぜなら、悪口を言う人はあなたがどのような対応をしても悪口をいうからです。 仕事を続けていても悪口をいうでしょうし、辞めると言っても悪口をいうでしょう。 悪口をいう人間というのはそのようなものです。 単に悪口を言う対象や、いじめる対象を作り自分が優位に立ちたいだけ。 だからあなた自身に問題があるわけではないのです。 そう考えると、そのような人間の顔色を気にして転職に踏み出せないなんてばかみたいじゃないですか? 転職したら一瞬で、いじめをするような最低な人たちを縁を切ることができるのです。 職場にいじめをする人、悪口を言う人がいるなら、そのような人の顔色見て続けるか辞めるか迷うより、退職してそのような人たちを離れるほうが、あなた自身が楽しく生きられますよ! こちらの記事では円満退社するための方法を解説しています。 関連記事 こちらの記事では、 ・退職について、上司にはいつ頃申し出るべきか ・円満退社するための7つのステップ ・退職願い、退職届けの書き方 ・退職を申し出た時に会社とトラブルになった際の対処法 について解説しています。 退職日まで平和に過ごすためにも合わせてお読みください。 病気になる前に問題解決のための行動を! 真面目な人ほどいじめにあっても我慢して頑張ってしまうのですが、病気になる前に退職してしまいましょう。 これまでも沢山の人達がパワハラの末、うつ病になったり最悪のケースでは自殺してしまったりしていますよね。 絶対にあなたはそのような状況におちいらないでください。 心身を壊す前に問題解決のための行動を起こしていきましょう。 それでも退職が難しいというのなら、退職ではなく他の方法でいじめ問題を解決することもできます。 たとえば、 ・いじめをする人の心理状態を知り、コミュニケーションの取り方を変えてみる。 ・上司や同僚の力を借りてイジメてくる人と接触しなくて済むようにしてもらう。 などの対処法があります。 他にも色々な対処法をこちらの記事でまとめているので、参考にしてみてくださいね。 関連記事 いじめが起きるということは会社が腐っている証拠。 見切りをつけることで未来が開けます。 いじめが原因での退職は逃げではない。 という話をしても、きっと真面目なあなたは「でも、会社に迷惑をかけてしまう」と考えていることでしょう。 しかし、いじめが起きるような職場というのは、会社自体が腐っている証拠なので「早く転職してしまった方がいい」というのが私の本音です。 基本的に「いじめ」が生じるの職場というのは、給料も休みも少なくて上司に統率力のない職場です。 要は、社員の不満が「いじめ」という形として生まれてしまうんです。 なので、仮に今のいじめ問題を解決できたとしても、社員の不満が解決されなければ、また違う形で人間関係トラブルが発生するのが目にみえています。 そのため「いじめ」が生じている、そしてそれを解決できていない会社というのは、さっさと辞めてしまった方があなたの今後のためにもいいんです。 逆に社員の不満がでにくい会社というのは、いじめなどの人間関係トラブルは生じにくい傾向にあります。 給料が高くて休みも多いといった、社員の待遇がいい会社というのは、社員たちの満足度も高まるので、「いじめ」なんてくだらないことをする人がいないんですよ。 そのため、あなたの今後を長い目でみた場合、転職していじめとは無縁の職場に転職した方が、より快適な毎日を送れると思います。 ちなみに、転職サイト「」なら業界最大手なだけあって、正社員の非公開求人が多数揃っています。 また、あなたの希望やこれまでの経歴、性格診断などから、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。 は求人数が業界トップクラスなので、あなたにマッチする求人を見つけやすいんです。 もちろん退職する前に登録して、今の会社で働きながら転職活動をしてかまいません。 そうすることで、退職する前に転職先を決めておくことができるので、安心して転職活動することができますよね。 私の友人も、働きながら で転職活動し、前の会社よりも給料も休みも人間関係もいい会社への内定が決まりました。 そして今、イキイキと新しい会社で働いています。 また、登録したからといって、絶対に転職しないといけないなんて決まりもありません。 そのため、とりあえず登録しておいて、他のいじめ対策を取り入れながら、保険として他の求人もみておくという方法もとれます。 今のいじめ問題を解決できれば無理に今すぐ転職しなくてもいいですが、 いじめ問題が余計にひどくなったという場合、転職サイトに登録していると、すぐに他の会社に乗り換えることができますよね。 このように自分の逃げ道を確保しておくためにも、に今すぐ登録しておきましょう。 もっと自分の人生をいきてください。 <我慢している人が偉い>とか<辞める人は根性がない>なんて昔の考え方にしばられてはいけません。 本当に人間に生きていく上で必要な能力とは【問題が起きた時に考え行動できる問題解決能力】です。 だからあなたは、今自分のおかれている状況を好転させるためにはどうしたらいいのかを基準に考えましょう。 そしてその答えが退職なら、退職を選ぶことこそ成長であり、明るい未来への第一歩です。 だから自信を持って、自分がどうしたいか。 どうなりたいか。 を基準に考えてみてくださいね。

次の

職場いじめをして、退職に追い込むメリットとは?

職場 いじめ 退職

職場でのいじめが長期化すると毎日が地獄のような日々で、 気がついたら退職を考えているという人も多いようです。 しかし、実際にいざ会社を辞めるとなると、ほど自分の意思を会社側に伝えることがなかなかできず、タイミングを逃して結局は職場で繰り返されるいじめに耐えるしかないという結論に行き着くのではないでしょうか? とくに上司からパワハラを受けている場合は、 上司が怖くて退職を切り出せない気持ちもよくわかります。 何を言われるかわかりませんからね… 人間というのは、恐怖を想像するだけで行動できなくなるものです。 結果的に「そのうち限界が来たら辞める」という結論に至って、結局、職場いじめに耐える毎日から抜け出せないまま何年もの月日が流れていたという人もいたりするのではないでしょうか? 職場にいる数時間だけいじめに耐えれば、たしかにその場をしのぐことはできると思います。 しかし、そんな毎日を繰り返しているとストレスが精神を圧迫して、原因不明の体調不良や精神を患ったりする人も決して少なくはありません。 一度、精神を患ってしまうと、回復するまでが大変です。 そうなる前に地獄のような職場から脱出しなければ、未来の自分の可能性を潰してしまうことにもなりかねないということです。 上司が怖くて自分から退職を切り出せない人でも、 安心して職場いじめに耐える日々から開放される方法はあります。 職場いじめが理由で今すぐにでも会社を辞めたいのであれば、この記事を最後までお読みいただいて参考にしてみてください。 自己重要感・自己肯定感および自尊心が奪われる• 過度なストレスによる体調不良• 仕事にやりがいが持てなくなる• 人とのコミュニケーションがうまく取れなくなる• 仕事に集中できない環境では十分なスキルが身に付きにくくなる• うつ病を発症するリスクが高まる• パニック障害、適応障害、自律神経失調症を発症する危険• 能力があっても本来のパフォーマンスが発揮できない• やりたい仕事があっても回してもらえない• 将来性や可能性を潰されてしまう• 自分に自信が持てなくなる 職場いじめが長期化すればするほど、上記のような危険に晒されることになります。 とくに上司や職場の人たちに無視されたりしていると、自分にとって必要な仕事が与えられず、重要な指示や情報を得ることが困難な状態になるため、 キャリア形成に悪影響を及ぼします。 つまり、このままいじめに耐えながら職場に居座ることによって、 未来の可能性が潰されていくということです。 また、職場でいじめられたら退職したほうがいい理由についてもうひとつ挙げると、 職場の人間関係を改善することは難しいという点です。 いじめのない職場を実現するには、自分以外の人たちの意識を変える必要がありますが、他人の意識をコントロールして行動を変えさせることはできません。 いじめ自体がこの世からなくならない理由について考えてみれば、わかると思います。 職場でのいじめに耐え続けることで明るい未来が開けるのであれば、それはそれで良いと思いますが、他にやりたいことがあったり、自分の可能性を潰したくない場合は、思い切って退職するという選択も時には必要です。 スポンサーリンク あくまで退職は最終手段!決して逃げではない! 職場でいじめられたら退職したほうがいい理由について書きましたが、誤解してほしくないのは無闇に退職を勧めているわけではないということです。 事情によっては今すぐに会社を辞めるわけにはいかないという人も当然いるでしょう。 あくまで精神的に追い詰められて危険な状態に陥るのであれば、できるだけ早く退職して職場いじめから開放されたほうがいいという話です。 退職を決断する前に会社の窓口や公的機関に相談してみることをお勧めします。 職場いじめの相談先については以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。 また、職場いじめのような深刻でデリケートな悩みは、相談相手をきちんと見極めないと痛い目に遭う危険もあるので気をつけましょう。 とくにやさしそうな上司に相談する場合は注意したほうがいいかも知れません。 いきなり退職を決断するのはちょっと…という場合は、相談できるところに足を運ぶのも良い選択です。 今まで自分ひとりで我慢していたことを人に打ち明けるだけでも、気持ちがスッキリしますからね。 客観的な判断ができる人の意見を聞いてから退職を考えても遅くはありません。 ただし、何も進展せずに時間だけが過ぎていくことのないように気をつけてください。 スポンサーリンク 退職前に社会保険給付金の申請! 退職後の生活費を支えるうえで大きな役割を果たすのが失業保険です。 通常、失業保険は3ヶ月しか受給できません。 おそらくほとんどの退職者は、失業保険受給期間の3ヶ月以内に新しい仕事を見つけなければ生活が困窮してしまうので、経済的にも時間的にも余裕がない状態での求職活動を強いられるのではないでしょうか? しかし、一定の条件を満たしていれば、退職後も給付金を最大28ヶ月もの間、受給できます。 もちろん条件にもよりますが、この給付金制度を知らないだけで、 本来もらえるはずのお金を数十万円~数百万円損している人もたくさんいるというわけです。 また、社会保険給付金の申請は個人での申請が難しいので、面倒臭くなってあきらめてしまう人も多いかも知れませんね? とはいえ、給付金支援サポートを利用すれば、金銭的リスクもなく、 給付金の申請から受給まで専門家がフォローしてくれるのであきらめる必要はありません。 ちなみに社会保険に1年以上加入していれば、派遣社員やパート勤務でも給付金は申請できます。 もし退職を考えているのであれば、退職2週間前に給付金サポートを通じて、 退職後の生活費を捻出することをオススメします。 退職は2ヶ月前に告げる• たとえ理由が職場いじめであっても表向きの退職理由を考えておく• 事業引き継ぎ• 社内での挨拶まわり• 有給休暇の消化• 退職届の提出などの必要な手続き いじめられている人にとっては、 嫌いな上司や苦手な人たちとも関わらなければならない場面も多々あって、気が重くなるかも知れません。 しかし、もう少しの辛抱です。 職場から開放されれば、新しい生活が待っています。 とはいえ、実はこういった面倒な作業を一切せずにかんたんに退職する方法もあるんですけどね。 リンク 退職は2ヶ月前に告げる? 法律上では、会社を辞める2ヶ月前に退職の意思を告げることになっていますが、 各企業の就業規則に従って退職手続きを進めるというのが原則です。 会社によっては、退職届も規定されたフォーマットが用意されていたりします。 一応、法律的には会社を辞める2ヶ月前までに退職の意思を告げることになってはいても、企業によって独自のルールが定められているのであれば、就業規則に従うのが望ましいといった感じですね。 念のために勤務先の会社の就業規則を確認しておくことをお勧めします。 退職理由を用意して円満退職 たとえ本当は職場でのいじめや嫌がらせが原因で会社を辞める場合でも、 会社に報告する退職理由は別のものを用意しておいたほうが良いでしょう。 なぜ本当の退職理由を報告したらいけないのか? その理由は、円満退職するためです。 一般的には以下のような退職理由を用意しておくと無難だったりします。 仕事がうまくいかなくて悩んでいる• 将来やキャリアの不安を解消したい・・・• 周囲に相談できる人がいない• 先ほども少し触れましたが、職場でいじめられている人にとっては嫌な思いをしたり、面倒な工程が結構あったと思います。 上司に退職の相談を切り出す• 表向きの退職理由を考える• 事業引き継ぎ• 社内の挨拶まわり• 有給休暇の消化• 退職届の提出 職場いじめに苦しんできた被害者としては、まず上司に退職の意思を切り出すところで緊張しますよね? 相手がパワハラ上司だったら、怖くてうまく話せない人も当然いるでしょう。 また、あきらかにいじめが原因で会社を辞めるのに円満退職のために表向きの退職理由を用意するのも納得いかないし、事業引き継ぎや挨拶まわりも本当は顔を合わせるのも嫌な人と話さないといけない場面があったりします。 想像しただけで暗い気持ちになる人もいたりするのではないでしょうか? しかし、職場でいじめられている人でも、 嫌な思いをせずにかんたんに会社を辞めることができる方法があります。 それは退職代行サービスを利用することです。 退職代行サービスを利用すると、こんなことが可能になります。 辞めると決めたその日から出勤しなくてもOK!• 自分から会社に連絡する必要なし• 会社からの連絡は無視してOK!• 嫌いな上司や同僚と一切顔を合わす必要なし• その日のうちに即日退職も可能• 基本的に退職代行サービスの指示に従っていれば丸投げでOK! もちろん離職票ももらえます。 最近では、テレビや雑誌などでも紹介されて話題の退職代行サービスですが、弁護士が業務を監修していたり、違法業者はほとんどありません。 たしかに職場でのいじめ加害者である人たちにとっては、ターゲットが退職代行サービスを使って会社を辞めたら「逃げられた!」と感じ、憤慨したくもなるでしょう。 しかし、いじめに苦しんでいる被害者にしてみれば、何も悪いことはしていませんし、 退職代行サービスは唯一の味方だったりしますからね。 退職代行サービスは、 弱者が職場いじめや理不尽な仕打ちから身を護るための手段です。

次の

職場のいじめが原因の退職は逃げではなく攻めです!自分を責めないで

職場 いじめ 退職

保育士の職場ではどんないじめがあるか いじめにも相手によってさまざまなパターンがあります。 職場のいじめは、保育や業務にも直接影響し、周囲から孤立してしまうこともあります 保育士のいじめで多いパターンを3つ挙げてみました。 複数で1人の保育士をいじめる 複数の保育士がいじめをしている職場は、ひとりひとりの心が冷たいので、全体の雰囲気が非常に悪いのが特徴です。 いじめの中心となっているボス的存在の保育士と、イエスマンの保育士、なんとなく従っている保育士が、次のようないじめをしています。 無視をする• 嫌味を言う• わざと連絡しない• 共同作業の仲間に入れない• 本人だけに仕事を押しつける• 本人が困っていても協力しない このような職場は、ターゲットが退職していなくなると、次にいじめる相手を探します。 いじめの中心人物が在職している限り、職場の「いじめ体質」は変わりません。 特定の保育士による1対1のいじめ 1人の保育士が、自分の気に入らない保育士をいじめるケースも多くあります。 何かをきっかけに、相手に対して敵意や恨みを抱き、次のような「いじめ行為」が始まります。 口をきかない• 感情的な物言いをする• 悪口を言いふらす• 告げ口をする• 嫌がらせをする• 卑怯な手口で相手を陥れる 特定の相手をいじめる保育士は、職場ではそのような素振りを見せないことも多く、他の職員が知らないところでいじめをするので、陰湿でずる賢いのが特徴です。 上司(園長、主任)が特定の保育士をいじめる 保育園では、園長や主任によるいじめも存在します。 特定の保育士だけに厳しい態度をとり、きつくあたります。 時には、園児や他の職員の前で叱責することや、1人ではこなせないような業務をわざと命じることもあります。 なぜ保育士同士のいじめが起こるのか いじめのある保育園には、次のいずれかの問題点があります。 いじめられている保育士には特に落ち度がないというケースも多く、 いじめる側に大きな問題があります。 人間性に問題のある保育士がいる いじめをするような保育士は、人間性に大きな問題があります。 攻撃的で排他的な傾向があり、ターゲットを一方的に嫌って「自分の敵」とみなします。 このような悪質なタイプの人間が職員の中に1人でもいると、他の保育士をまきこんでいじめをするようになります。 人間性に問題のある保育士に気づかない、または、気づいていても野放しにしている主任や園長にも大きな責任があるといえます。 いじめのある園の多くが「事なかれ主義」で、職員のマネジメントができていません。 保育園への強い不満や怒りを持つ保育士がいる 雇用形態や待遇に不満があり、いつも文句ばかり言っている保育士は、自分に同調しない保育士に腹を立てます。 園長や主任に対して怒りがあるので、直接ぶつけることができない感情を相手にぶつけていじめます。 保育士の人手が足りずストレスがたまっている 人手不足でオーバーワークになっている保育士は、常にイライラをかかえています。 自分より立場の弱い保育士や気が弱そうな保育士をいじめることで、ストレスを発散させようとします。 人手不足が慢性化すると、いじめも長引き深刻化します。 保育士の雇用形態の格差がある 多くの保育園では、正職員と非正規職員の保育士が働いています。 ベテランの正職員が非正規職員を軽視して厳しくあたるケースや、逆に、複数の非正規職員が「やっかみ」から若い正職員をいじめるケースなどがあります。 保育士がいじめで退職を考え始めたらするべきこと いじめで悩んでいる保育士は、上司や同僚に相談することもできず、1人で思いつめてしまうことが多くなります。 苦しんで体調を崩してしまう前に、自分の今後についてじっくり考えてみることが必要です。 上司は相談できそうか考える 職場に信頼できる上司(園長または主任)がいれば、いじめの悩みを聴いてもらうだけで心が軽くなります。 ただ、すぐにいじめ問題がなくなるわけではないので、根本的な解決は難しいかもしれません。 上司に注意されれば、相手もいじめをやめる可能性はありますが、逆恨みされることも考えられるので、何がベストな解決策なのか判断しづらいところです。 職場の「今後」を見極める 今後いじめはなくなりそうか、少し先の職場を想像してみましょう。 現在の悪い雰囲気は、良い方向に変わるでしょうか。 ボス的存在の保育士が退職する可能性はありますか。 いじめがなくなる気配があるかどうか「改善する可能性」を見極めた上で、このまま職場に居続けるかどうかを判断しましょう。 保育士専門の転職コンサルタントにキャリア相談をしてみる 自分の今後について考えることも必要です。 第三者の意見を聞くため、保育士専門の紹介会社に登録し、コンサルタントにいじめで悩んでいることを含めて仕事の相談をしてみましょう。 急いで退職を決めてしまうのではなく、まず今の自分の状況を整理して、これから自分がどうしたいのかしっかり認識することが大切です。 転職活動を始める 退職後すぐに新しい職場で働きたい保育士は、 在職中に転職活動を始めましょう。 専任のコンサルタントがいる転職サービスなら、いじめの有無に大きく関わる「職場の雰囲気の良さ」などの情報を集めてもらうこともできます。 転職を考えているのなら、早めに相談してみることをおすすめします。 保育士のいじめ問題についてのまとめ 保育士の職場いじめ問題について実態をお伝えしましたが、心に留めておきたいのは「どの職場でもいじめがあるわけではない」ということです。 いじめが横行している保育園も存在しますが、多くの保育園では職員同士が協力し合い、和やかに仕事をしています。 今いじめで悩んでいたとしても、保育園といえば「どこの職場でもいじめがあるもの」とあきらめず、上司への相談や転職活動などを行い、前向きに進んでいきましょう。 転職活動では「職場の雰囲気」をしっかりと見極めることが課題になりますね。 情報をたくさん集めて熟慮を重ねればきっと、いじめのない、日々楽しく働ける保育園との出会いに恵まれますよ。 【Check】いじめ以外の人間関係にお悩みの方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。 保育士の転職ならキララサポート! は保育士の人材紹介・派遣を行っています。 現役保育士で現在の職場からの転職をお考えの方、保育士として復職したい方をサポートいたします。

次の