新型 タント 売れ行き。 軽・戦国時代をどう戦う? ダイハツ「タント」発売から1年 販売台数はどうだったのか(くるまのニュース)

欠点はここ!ダイハツタントの口コミ評価・評判|くるまぱぱ

新型 タント 売れ行き

軽スーパーハイトワゴンのパイオニアであるタントが、4世代目にフルモデルチェンジを行った。 新型タントの最大の見どころは、DNGAと呼ばれる新開発のプラットフォームを採用したことによる走行性能の進化だ。 今までの軽スーパーハイトワゴンは重心が高く、カーブを曲がる際に車体の傾きが大きくなりがちだったが、新型タントは重心が低く抑えられており、ロールも少ないので旋回時の安心感が高いのだ。 サスペンションは先代に比べると多少引き締まってはいるが、乗り心地が悪くなっていないのも美点。 エンジンやCVTにも大幅な改良が施されており、自然吸気エンジンでもアクセル開度の少ない市街地走行なら、車重を感じさせることなくスムーズに走ってくれる。 ターボエンジンも常用域のトルクがアップしたことで力強さが増し、静粛性も高められている。 オプションのスマートアシストプラスを選択すれば、全車速域対応のアダプティブクルーズコントロールや車線中央を維持して走行するレーンキープコントロールが装備されるので、高速道路で長距離を走っても疲れにくい。 乗降性に優れたミラクルオープンドアに加えて、運転席のロングスライド機能や助手席ドアのイージークローザーなどを新たに採用して、子育てファミリーの使い勝手を大幅に向上。 ほかにも電動ステップをオプションで用意するなど、新型タントは高齢者にも優しいクルマ作りが行われている。 DNGAプラットフォームを採用したことにより、着座位置と視線に加え、重心も低くすることに成功。 前席はグレードによりベンチとキャプテンがある。 死角となるAピラー形状のほか、視線移動が多かったメーターをドライバー寄りに変更するなど、細かい部分を改善。 収納箇所は大小多数あり。 運転席が540㎜、助手席380㎜スライドにより車内移動&乗降性が向上と、ますます実用的に。 反面、座席背面の収納など、残すべき機能が廃止に。 後席は240mm 前方にスライドさせれば荷室拡大ができるうえ、背もたれ上部にあるレバーにより荷室側からも後席格納ができるようになったのは朗報だ。 後席は240mm 前方にスライドさせれば荷室拡大ができるうえ、背もたれ上部にあるレバーにより荷室側からも後席格納ができるようになったのは朗報だ。 グレード差はあるが、全車速対応のクルコンや駐車アシスト、踏み間違い抑制などの先進機能も搭載。 USBやシートヒーターなどの快適装備も多彩だ。 daihatsu. jp スタイルワゴン2019年10月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

ダイハツ新型タントついに王座奪還!! 賢い買い方はこれだ!!!

新型 タント 売れ行き

今の国内販売の1位は、暦年や年度で見ると一貫してN-BOXだ。 2013年/2015年/2016年は軽自動車の販売1位で、2017~2019年には、小型&普通車も含めた国内販売の総合1位になった。 そして2017年9月以降は、月別販売ランキングでも、2年以上にわたり一貫して1位を取り続けている。 年間や年度だけでなく、月別の1位も譲らない販売実績は凄い。 ところが2019年11月は、この安定した販売ランキングに変動があった。 国内販売の総合1位がタントになり、N-BOXは2位に下がったからだ。 今わかっている範囲では、タントのトップは2019年11月のみだ。 これでN-BOXの優位が揺らぐわけではないが、タントが注目を集めることは間違いない。 タントはニーズに合わせていろいろなグレードを用意しているが、最も買い得感が高いのはどれなのか? コストパフォーマンから考察していく。 文:渡辺陽一郎/写真:DAIHATSU、HONDA、平野学、奥隅圭之 11月にN-BOXを抜いて軽販売トップに躍進!! スーパーハイトワゴン軽自動車のパイオニアであるタントは2019年7月にフルモデルチェンジで新型に切り替わった。 2003年に初代が登場して現行が4代目 ダイハツの販売店に人気の理由を問い合わせると、「タントは最近になって生産と納車が軌道に乗ってきた」という。 現行タントは2019年7月に発売され、届け出台数は8月が1万6838台、9月は2万1858台、10月は台風の影響で1万1071台に減り、11月に2万1096台で総合1位となった。 11月の2位はN-BOXで1万8806台だ。 この推移を見ると、10月が9月に比べて約半減した反動で、11月が増えた可能性もある。 「タントが好調に売れて、N-BOXはユーザーを奪われた」と判断するのは早計だが、タントが好調に売れる資質を備えていることは確かだろう。 軽自動車の売れ方はスポーツカーとは正反対 また軽自動車やコンパクトカーなど、実用性の高い車種は、人気車でもフルモデルチェンジを行った直後に売れ行きが急増することはない。 ユーザーの買い方が冷静で、現在使っているクルマの車検期間が満了するなど、購入に最適なタイミングを見計らって乗り替えるからだ。 従って販売台数が急増しない代わりに、商品力の高い車種は、発売から時間を経過しても安定的に売れ続ける。 今の販売ランキングの上位車種は、すべて実用指向だから、時間を経過しても順位の入れ替わりは少ない。 ホンダ車の食い合いが激化しているから素直に喜べない N-BOXはその代表だ。 現行型の発売は2017年だから、2016年や2017年の前半はモデル末期だったが、売れ行きを下げていない。 2019年7月に発売されたタントも同様で、買い得な特別仕様車のVSシリーズを設定したこともあり、2019年1~6月の国内販売ランキング順位は、モデル末期なのにN-BOXとスペーシアに次ぐ総合3位だった。 ちなみにかつて人気の高かった時代のスポーツカーは、発売直後にユーザーが購買意欲を刺激されて売れ行きを伸ばし、需要が一巡すると急速に下降した。 軽自動車の売れ方は、クルマの性格と同様、スポーツカーとは正反対だ。 コンフォータブルパックが無料!? 標準(写真左)は歴代タントのイメージを踏襲するが、カスタム(写真右)は大胆にフロントマスクを変更してきた そこで改めて、好調な売れ行きが注目されるタントの買い得グレードを考えてみたい。 2019年12月23日には、新グレードのセレクションシリーズも加わり、選ぶべきグレードが変化した可能性もある。 タントには標準ボディとエアロパーツを装着したカスタムという2つのタイプがあり、エンジンはこの両タイプに、自然吸気のノーマルタイプとターボを設定している。 機能や装備に対して価格の割安な買い得グレードを選ぶなら、12月に追加されたXセレクションを推奨する。 セレクションシリーズは、NA、ターボともにラインナップされているが、価格が変わらないNAのXセレクションの買い得感が光る Xセレクションは、標準ボディにノーマルエンジンを搭載しており、装備は従来のXをベースに、コンフォータブルパックを加えた。 その内容は、運転席の上下調節機能、チルトステアリング、運転席と助手席のシートヒーター、360度スーパーUVカットガラス、格納式シートバックテーブルなど多岐にわたる。 コンフォータブルパックの価格は3万8500円だが、Xセレクションは149万500円だから、ベースグレードのXと同額だ。 つまりコンフォータブルパックが無料で装着されている。 軽自動車の価格設定は特殊 軽自動車は価格競争が激しく、ライバル車を横目で見ながら開発を進め、価格も決める。 従って後から発売された車種ほど、価格が割安になっていく。 タントも同様で、価格をほとんど高めずに安全装備などを充実させた。 この影響で現行タントは、先代タントが標準装着していた運転席の上下調節機能とチルトステアリングを前述のセットオプションに変更した。 苦渋の決断で運転席の上下調節機能とチルトステアリングをオプションとしたが、Xセレクションは標準装備となっていてしかも価格アップゼロ!! 開発者に理由を尋ねると、「標準装着することを繰り返し検討したが、どうしてもコストが合わずオプションにした」と述べている。 軽自動車の場合、機能や装備の結果として価格が決まるのではない。 最初から逸脱できない価格が決められていて、そこに機能と装備を合わせるのだ。 ただし今は安全装備の水準が急速に高まり、ライバル車に見劣りすれば販売競争に負ける。 装備が充実したことで価格を高めても、販売競争に負けてしまう。 その結果、苦渋の選択として、現行タントは運転席の上下調節機能とチルトステアリングをオプションに変更した。 通常であれば不自然なこの装備変更は、軽自動車が高コストな機能や装備を採用しながら価格を下げられない買い得感を突き詰めた裏返しなのだ。 より快適性を追求するオーナーに向けて、ウェルカムオープン機能などが盛り込まれたミラクルウォークスルーパッケージなども用意されている Xセレクションはこの苦渋の選択を飲み込み、コンフォータブルパックを無料装着した。 これは発売後数か月を経過しながら、届け出台数がN-BOXを超えられない結果、買い得グレードとして計画された。 従って推奨度が最も高い。 Xセレクションで従来の不利を払拭 タントXセレクションをライバルのN-BOX G・Lホンダセンシング(154万3300円)と比べると、タントXセレクションには車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能は装着されないが、サイド&カーテンエアバッグやシートバックテーブルを備えて価格は5万2800円安い。 N-BOX G・Lホンダセンシングも相当に買い得だから、装備と価格の勝負にタントXセレクションが勝ったとはいえないが、従来の不利は払拭されている。 前述のようにN-BOXは安定的に売れるだけあって、高機能で価格も割安だ。 そこに対抗するのは容易ではない。 タントカスタムRSのターボモデルは価格設定は高いが、安全装備なども充実しているため満足感は高い。 セレクションシリーズも買い得感がある いっぽう、上級シリーズのタントカスタムを買うのであれば、ターボエンジンを搭載したカスタムRSセレクションを選ぶ。 これも新グレードのセレクションシリーズだ。 Xセレクションのコンフォータブルパックに加えて、カスタムRSにオプション設定される車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能、LEDフォグランプなどを加えた。 カスタムRSセレクションの価格は185万3500円で、カスタムRSに比べると7万1500円高いが、セットオプション価格にして総額11万9900円の装備が加わるから、カスタムRSよりは4万8400円割安だ。 最上級の軽自動車を求めるユーザーにはメリットがある。 今の軽自動車は安全装備、快適装備をケチると販売に大きく影響するため、各社とも精力的にH外発を進めている。 ユーザーにとっては歓迎すべきことだ セレクションシリーズはタントをたくさん売るダイハツの意思表示 以上のようにタントの買い得グレードは標準ボディのXセレクション(149万500円)、高い満足度を求める個性派グレードはカスタムRSセレクション(185万3500円)になる。 販売店に納期を尋ねると「セレクションシリーズは、メーカーも売れ筋になると考えているから生産台数も増やしている。 従って契約から1カ月で納車できる。 逆に以前から設定されているセレクションシリーズ以外のグレードに、メーカーオプションをたくさん装着すると、納期が2カ月に延びることも考えられる」という。 スーパーハイトワゴン軽自動車の広い室内はハイトワゴン軽自動車を凌駕。 このゆったりした余裕が今のユーザーのニーズに合致して大ヒットしている つまりセレクションシリーズは、予めメーカーオプション装備を標準装着しているから、ユーザーがオプションを注文することに伴う受発注や生産の面倒を避けられる。 効率が高いから、価格も割安にできた。 セレクションシリーズは、今後タントをたくさん売る意気込みの表現でもあるわけだ。 果たしてタントは、年間販売ランキングのトップをN-BOXから奪えるだろうか。

次の

新型タント&タントカスタムの走りはどう?使い勝手は?【新型車インプレッション】

新型 タント 売れ行き

そんな時代を象徴するのが、2019年7月に発売された新型タントだろう。 当記事では、試乗記とともになぜタントが2位にランクインされるほどの人気を得ているのかについても考えてみたい。 先代から人気のBピラーのない「ミラクルオープンドア」は、新型タントでも健在だ。 1,490mmという開口幅によって、抜群の乗降性を誇る まず、新型タントが販売ランキングの2位に入った理由は、軽自動車に求められる高い商品力を備えているからだ。 先代型と同様、全高が1,700mmを超える水平基調のボディによって、前後席とも車内が広い。 後席をたためば、自転車も積める広い荷室になる。 左側のピラー(柱)はドアに埋め込まれ、前後のドアを開けば開口幅が1,490mmに広がるから、ベビーカーを持ったまま車内に入ることもできる。 さらに、新型タントでは先代型の欠点を徹底的に改善してきている。 先代型の後席は座面の柔軟性に乏しく、床と座面の間隔も不足気味で、座面の角度は水平に近いために足を前方へ投げ出す座り方になっていた。 だが、新型タントではシートの造りと着座位置を改良することで、座り心地にボリューム感が与えられて着座姿勢も快適になった。 先代タントであった動力不足などのネガティブな部分は、新型では見事に解消されている 走りに関しては、先代型では動力性能が不足していて、操舵に対する反応が鈍いといった欠点があった。 そこで、新型タントではノーマルエンジンの実用回転域における駆動力を向上させている。 通常走行の加速力を左右する最大トルクは先代、新型ともに6. 1kg-mだが、発生回転数は先代型は5,200rpmであったのに対し、新型は3,600rpmとなっている。 最大トルクの数値こそ同じだが、発生回転数が実用域に下がって運転しやすくなったのだ。 新型タントでは、CVTにも変更が加えられており、ギヤ比がワイド化されている。 売れ筋グレードの車両重量は900kgに達するため、動力性能は十分とまではいえないが、登坂路でパワー不足を感じる機会は明らかに減った。 新型タントのターボモデルは、当然ながら動力性能が高い。 最大トルクは10. 2kg-m(3,600rpm)と、1Lノーマルエンジンを搭載しているような感覚で運転できる 実際に試乗してみると、プラットフォームやサスペンションが変更されていることで、先代型で気になった操舵感覚の鈍さと、走行安定性の不満が解消されている。 操舵に対する反応の仕方が自然になり、峠道などを走っても先代型に比べて旋回軌跡を拡大させにくく、カーブが曲がりやすくなっている。 操舵感の鈍さは無くなり、走行安定性も先代と比べて大きく高められている また、以前は車線を変更したときなど、ボディがフラッと唐突に傾いて不安を感じたが、新型ではこの挙動についても改善されている。 乗り心地は、今でも低速域で硬さを感じるが、先代型に比べると粗さが抑えられている。 さまざまな部分に、プラットフォームとサスペンションの刷新が効いていると感じる。 「運転席ロングスライドシート」を使って運転席を後端に寄せれば、たとえばチャイルドシートに座っている子供にすぐにアクセスすることができる 新型タントでは、先代型の欠点を解消しつつ、さらに新しい機能も追加されている。 車内では、運転席を前後に540mm調節できる「運転席ロングスライドシート」を新たに装備。 助手席を前に寄せて、かつ運転席を後ろまでスライドさせれば運転席から後席へすぐに移動ができるようになっている。 新型タントでは、新たな運転支援機能も採用されている。 緊急自動ブレーキを作動させる2つのカメラセンサーを活用して、車間距離を自動で制御する「アダプティブクルーズコントロール」を搭載。 先行車に追従走行してくれることで、ドライバーはアクセルやブレーキペダルの操作から解放される。 アダプティブクルーズコントロールの作動中は、車線の中央を走るように操舵も支援される。 この機能が搭載されたことによって、高速道路を使った長距離移動などは快適になるだろう。 なお、このアダプティブクルーズコントロールは、ターボエンジン搭載車のみにメーカーオプションで設定されている。 N-BOXの「HondaSENSING」や、デイズの「プロパイロット」と違って、ノーマルエンジン車には装着できないのが残念な点だ。 新型タントは、後席の居住性、動力性能、走行安定性の欠点を改善させて、車内の居住性や使い勝手も高められた。 安全装備も充実させている。 先代型に比べると、商品力は相当に高くなっていると言える。 ダイハツ 新型「タント」は、標準ボディの「X」が割安でおすすめだ 新型タントのグレード選びにも触れておこう。 機能と価格のバランスを考えると、最も買い得なのは標準ボディの「X」だ(146万3,400円/消費税率8%時。 以下同)。 ベーシックな「L」との価格差は15万6,600円だが、左側スライドドアの電動機能、キーフリーシステム、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、運転席と後席のロングスライド機能など、20万円相当の装備を加えた。 全高が1,700mmを超える軽自動車は、140〜150万円の価格帯で激しい販売競争を展開しているため、タントもXの価格を割安にした。 ダイハツ 新型「タントカスタム」では、ターボモデルの「カスタムRS」が買い得だ いっぽう、エアロパーツなどを備えた上級シリーズのカスタムが欲しいときには、ターボエンジン搭載車のカスタムRS(174万9,600円)を検討したい。 カスタムRSの価格は、ノーマルエンジンのカスタムXに比べて8万1,000円高いが、アルミホイールのサイズが14インチから15インチに拡大され、本革巻きのステアリングホイールなども装着される。 そうなると、ターボは実質6万円の上乗せで搭載されることになり、カスタムRSが買い得と判断される。 グレードは自分のニーズだけでなく、機能と価格のバランスもチェックして決めるといいだろう。 新型タントが人気を得た理由のひとつとして、先代からの好調な売れ行きがあげられる。 フルモデルチェンジを受ける直前の末期モデルであっても、2019年1〜6月の販売ランキングを見るとN-BOXとスズキ「スペーシア」に続いて3位にランクインされている。 タントは安定的に売れる人気車だから、先代型から新型への乗り替えも活発に行われている。 半面、少なくとも2019年8月までの販売データを見る限り、N-BOXには勝てていない。 この理由についても考えたい。 まず、N-BOXの強みとして車内の質感の見せ方が上手なことがあげられる。 タントも新型では内装はていねいに造り込まれているが、インパネのデザイン、シートの座り心地といった即座に分かるところは、N-BOXが依然として上質に感じる。 N-BOXのシートは座り心地にボリューム感を持たせたので、ボディに伝わる振動を吸収する効果も高い。 そのために乗り心地にも良い影響を与えている。 装備も、N-BOXはHondaSENSINGを全車に標準装備しており、緊急自動ブレーキと併せて車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも含まれる。 新型タントはターボのみにオプションで用意されるが、N-BOXは全車に標準装備されている。 機能が全般的に充実して、商品開発も周到だ。 ここに、N-BOXが好調に売れる理由がある。 右がダイハツ 新型「タント」、左が新型「タントカスタム」 いっぽう、タントは前後のドアを開いたときに得られる左側面のワイドな開口幅、チャイルドシートを装着したときの使い勝手など、子育て世代に焦点を合わせて開発されている。 タントとN-BOXは一見似通った軽自動車に見えるが、ターゲットにしている顧客が明確に異なる。 もし読者のみなさんが軽自動車を選ぶときは、ライバル車のスペーシアも含めてご自身のニーズとクルマの持つ性格をじっくりと見極めてほしい。

次の