練馬 区 とんかつ 火災。 東京オリンピック聖火ランナー・若山太郎さんが焼身自殺!?老舗とんかつ店「まるとし」の店主が一体なぜ?東京都練馬区で火災発生!

東京消防庁<練馬消防署><トップページ>

練馬 区 とんかつ 火災

練馬区のとんかつ店「まるとし」で火災発生か まずは事件の概要をご覧ください。 4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。 男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。 新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。 遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。 30日午後10時ごろ、同区の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。 煙に気づいた近所の住民の119番で消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。 搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。 同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。 4月30日夜に東京都練馬区のとんかつ店で火災• 店主の若山太郎さん(54)が全身火傷で死亡• 男性の遺体には、とんかつ油がかかっていた• 若山さんは東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた• 遺書などはみつかっていない• 若山太郎(わかやまたろう)さんについて 生前、練馬人大図鑑の98回に若山太郎さんが出演していました。 2019年7月15日にユーチューブにアップされていたものです。 若山太郎さんはとんかつまるとしの三代目オーナーでマラソンと学ぶことが大好きと語っていました。 お店で提供しているとんかつも、かなりのこだわりがあったようで、地元の人と見られるツイッターでも「若山さんはすごく優しくて、とんかつも凄く美味しかった」という感想も多々みられました。 また若山さん自身、非常に努力家の高学歴で大学の学費も全て自分で払ったそうです。 実のお兄さんも非常に頭が良かったそうで、店を持つ前も持ってからも非常に、苦労されてきたのではないでしょうか。 事件がある数日前に「また振りだしに戻った…」と元気なく語っていた言葉から今までの苦労が見えてきます。 きたまちの恒例行事の阿波踊りをイメージしているそう。 真ん中のエビは提灯(ちょうちん)を表していてクリームコロッケは太鼓をイメージ。 6切れに切られたロースとんかつは周囲の観客を表現しているそうです。 もう食べられなくなってしまったのは非常に残念です。 若山さんには奥さんと娘さんが3人いるとのことです。 彼女たちが犯人であるとは思いませんが、親戚による犯行もあるかもしれません。 生前、若山さんは「もうだめだ」と周囲に弱音を吐いていました。 コロナの影響で東京オリンピックがなくなり決まっていた聖火ランナーの夢も叶わなくなってしまった…店の経営もまくいかず「店をやめたい」と漏らしていた。 そのように絶望している男性が亡くなってしまうと、誰もが自殺と思うものです。 生前もとても人柄がよさそうにみえますし、身内以外の第三者による犯行の可能性もあるかもしれません。 下に続きます。。 自殺であった場合の動機 また焼身自殺であった場合の若山さんの動機について推測してみます。 若山さんには奥さんと3人の娘さんがいます。 コロナの影響で店の営業もうまくいかず、消毒薬などが手に入らないこともあって衛生面も営業するための基準を満たしていなかったのでしょう。 店を閉めていても、家賃は払わないといけない。 家族も養わないといけない。 そんな絶望のなかで唯一家族にできることは自分の命をかけて家族を守るという選択だったのかもしれません。 自分が犠牲になれば家族に保険金が入る。 しかしそのようなことを遺書に書いてしまえば、きっと残された家族が苦しむだろう、それならば生きているのが辛いから自分で自殺を選んだんだ。 というように見せかけたのかもしれません。 どれだけ苦しい状況のなかでも可愛い娘のことを思わない父親などいません。 残された若山さんの家族もとても可哀想におもいます。 コロナでの自粛は確実に自殺者を増やしているのです。 「自分が自殺に追い込んでしまった」と奥さんが語る 残された奥さんは「自分のせいで自殺に追い込んでしまったのでは…」と嘆いていらっしゃいます。 この状況では、そう思ってしまっても仕方がないことだと思います。 身内にこのような不幸が起きた場合、誰でも自分のことを責めてしまうでしょう。 下に続きます。。

次の

練馬区早宮住宅5棟焼き2人死亡火事どこ?消火中動画、現場特定画像!

練馬 区 とんかつ 火災

東京都練馬区の、とんかつ店で4月30日の夜に火災が起きました。 店主の男性は、全身やけどしており死亡し、警視庁によると、現場の状況から 「体に油をかぶった」とみられています。 火災が起きた練馬区のとんかつ店の名前は、50年続く老舗「まるとし」です。 まるとしについてや、 店主の若山太郎さんの経歴や画像そしてFacebookで語られた決意などをご紹介していきます。 そして、若山太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 【火災事件の概要】練馬区とんかつ店で火災発生 以前、新型コロナで経営難に陥った群馬のラーメン店主が、放火容疑で逮捕された記事を紹介した。 練馬では、とんかつ店が火事になり、先行きを悲観していた店主が焼死体で発見された。 遺体にとんかつ油を浴びた形跡があった。 …すでに限界。 男性は、周囲に対して 「店を閉じる。 もうダメかもしれない」と 将来を悲観する言葉を周囲に漏らしていました。 火災の3日前、 近くの居酒屋店主で10年以上の付き合いのある男性(60歳)を訪ね、 廃業する考えを伝えました。 男性が店の経営にかんして弱音をはくのは初めてだったといいます。 火災当日の夕方、居酒屋の店主は、支給されたアルコール消毒液をとんかつ店に渡しに行きます。 すると、店主は再び、 「もう店をやめる」と話したといいます。 居酒屋店主は 「数日前から鬱々(うつうつ)と思い悩んでいる感じはあった。 つらい時だが、できれば頑張ったらと励ましたんですが…」と悔やんでいたということです。 () 練馬とんかつ火災店名は「まるとし」 練馬にあるとんかつ店「まるとし」で火災は発生しました。 東武練馬駅から徒歩5分程度のところに立地しており、 まるとしは3代続く人気店で、とんかつ専門店という訳ではなく、定食を中心に提供していたようです。 店主はマラソンが趣味で、東京マラソンの聖火ランナーにも選ばれていました。 店主の名前は、若山太郎さんで画像も。 myjcom. jpg 練馬区とんかつ店の店主若山太郎さんは、マラソンが趣味で昨年、12月に 東京五輪の聖火ランナーに選ばれ、普段は自慢話をしないタイプだったそうですが、走れる喜びを周囲に語っていたといいます。 なお、3月下旬に東京五輪の延期が決定すると、落胆した様子だったといいます。 ad by google 若山太郎さんの経歴 若山太郎さんは2003年に奥さんのお父様が約30年間守ってきたお店ののれんを引継ぎ、奥さんと2人で切り盛りをはじめました。 とんかつ店は創業50年の老舗ということです。 地元では、 商店街振興組合の役員を務めるなどしており、買い物客らが「打ち水」を行う催しなどを企画し、積極的に地域経済の活性化に邁進していました。 ケーブルテレビのインタビュー番組にも出演。 若山太郎さんは、 埼玉県戸田市に生まれ、中学生の時に板橋区に引っ越しました。 法政大経済学部の夜間学部に通い、 慶応大経済学部の通信教育学部でも学び 11年半以上かけて卒業した努力家です。 その後、お店で働きながら日本大大学院で修士課程を修めました。 ( ) 真面目で頑張り屋な性格だったからこそ、新型コロナウイルスの影響を深刻に受け止めていたのかもしれません。 Facebookに思いを語る 若山太郎さんはFacebookに、 「働くのが大好きで、定休日も設けず家族旅行に行くのも数年に1度で、30年弱働いてきた。 自問自答しているが、感染予防に徹したい」と、臨時休業に踏み切ったのち、その思いを語っていたようです。 () 若山太郎さん及び、お店のFacebookを調査しましたが、現在は削除されているようです。 tokyo-np. html 警視庁の発表では、店主は若山太郎さん自身が油をかぶった形跡があるとみています。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、思い詰めて自殺をしてしまったのでしょうか。 現在、調査が勧められていますが、このような事件が起きてしまい本当に残念です。 このような事態を少しでも防ぐためにも、 「ホットライン電話相談」がはじまっています。 ホットラインの開設で、少しでも多くの人が救われることを願っています。 そして、若山太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

練馬区早宮住宅5棟焼き2人死亡火事どこ?消火中動画、現場特定画像!

練馬 区 とんかつ 火災

東京都練馬区のとんかつ店で4月30日夜、火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡したことが2日、分かった。 男性は東京五輪の聖火ランナーに選ばれており、7月18日に同区を走る予定だった。 店は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、4月13日から休業していた。 火災は30日午後10時頃、練馬区北町の鉄筋3階建てビルの1階に入るとんかつ店から発生。 床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。 搬送先の病院で約1時間半後に死亡が確認された。 体にとんかつ油を浴びた可能性があり、警視庁光が丘署が出火原因などを調べている。 遺書は発見されていない。 出火当日、男性を乗せたと思われるストレッチャーが運び出されるところを目撃した近所の人は「いたたまれず、言葉が出なかった」とうつむいた。 男性は法政大の定時制を卒業後、慶応大に入学し、日本大大学院にも進んだ。 大学院在学中に妻の実家である創業50年のとんかつ店に入り、大学院卒業時から3代目店主を名乗った。 夫婦2人と娘3人の5人家族だったといい、店は夫婦で切り盛りしていた。 近所で飲食店を営む知人男性は男性について「商店会や町内会の取り組みに積極的に参加し、近隣の3商店会合同での夏の打ち水を実現させるなど目配り、気配りの人で、皆から尊敬されていた」と明かす。 昨年10月に台風19号が関東を直撃した際には、商店街の全店舗が休業したが「(なじみ客の)おばあちゃんが来るかもしれないからと、1店舗だけ開けていた」と語る。 05年からマラソンを始め、昨年12月に聖火ランナーに決まった頃には喜んでいたそうで、走る当日に履く予定のシューズをフェイスブック(FB)に上げていた。 だが、新型コロナによって東京五輪は延期になり、政府の営業自粛要請で店の経営を不安視していたという声も近所では聞かれた。 約1週間前にメールでやり取りした知人は「区に支援の相談をしている。 何とか助けてもらえないだろうか」という内容がつづられていたことを悲痛な表情で明かした。

次の