自動車 ナンバー 検索。 ナンバー分類番号一覧

住所コード検索システム|自動車登録用

自動車 ナンバー 検索

探偵に依頼する費用はどうしても高く、そこまでの予算は無いので自分で尾行したといった方や、ある程度、浮気の事実は掴んでおり、浮気相手の目星もついているというケースでは自分で対象者の身辺を調べるといった方もいらっしゃいます。 そうした中で、配偶者の浮気相手が運転してきた車のナンバーまではわかった、または身辺をいろいろ調べてみたところ、車のナンバーはわかったが、相手の住所がどうしてもわからないということもよくあることです。 また、自分の土地にいつも無断駐車している車や放置車両があって、その自動車の所有者の氏名や住所を調べて、話し合いをしたいといった場合もあるでしょう。 その他、さまざまなトラブルにおいて、相手の車のナンバーだけしか情報が無いといった時に、車のナンバーから持ち主の住所を調べるという必要性も出てくるのではないでしょうか。 この「登録事項等証明書」は、本来、車の売買に伴う名義人の確認や抵当や差押えになっているかどうかの確認などのため、第三者でも要件さえ満たしていれば開示される制度です。 以前でしたら、車のナンバープレート上の地名、3ケタの分類番号、ひらがな、そして、1~4ケタの番号さえわかっていれば、3号シートと呼ばれる用紙に、請求者の氏名と住所、請求事由等を記入し、請求者の身分証明書を提示すれば、数百円程度の費用で比較的容易に実質誰でも取得することができました。 しかし、犯罪抑止や個人情報保護の観点から、2007年11月16日からは請求方法が変わり、ナンバー情報だけではなく、その車の車台番号の下7ケタを記入しなければならなくなりました。 車台番号とは、車検証に記載されていますが、その他には車のボンネットを開けたエンジンルームの奥の金属箇所に打刻されているその車固有の識別番号です。 このことにより、その車の所有者とまったく接触のない、つまり車検証を見たりボンネットを開けることができない第三者が「登録事項等証明書」を請求することは実質困難になってしまいました。 ただし、私有地の放置車両等の所有者を確認したいというようなケースでは、放置状況を示した図面、車両の写真、放置日数を記載した書面を添付すれば、ナンバープレートの登録番号だけで請求することができます。 軽自動車の場合 軽自動車においても、普通車のような「登録事項等証明書」のようなものはあります。 しかし、管轄は陸運支局ではなく、軽自動車検査協会になり、登録書面の名称は「検査記録事項等証明書」というものになります。 「検査記録事項等証明書」を請求するには、ナンバープレートのすべての登録番号、車体番号、所有者の氏名・住所及び交付を受ける理由の記入が必要になります。 対象車両所有者の氏名・住所を記入しなければならないのは以前からで、軽自動車については、所有者の氏名と住所を記入できる人物、つまり本人か正式に委任を受けたものしか取得することはできません。 従って、第三者が対象となる軽自動車の登録情報を確認するということは困難です。 ただし、普通車と同様に、私有地の放置車両等の登録情報については、ナンバープレートの登録番号だけで取得することができるようですが、別の手続きが必要になるようなので、最寄りの軽自動車検査協会に確認する必要があるでしょう。 ちなみに、ナンバープレートが緑地で文字色が白の事業用車両やナンバーのひらがな部分が「れ」もしくは「わ」のレンタカーは調べても事業者の所在地、あるいはレンタカー会社の所在地しか判明しない場合がありますので、注意が必要です。 では、探偵なら車のナンバーから住所を調べてくれるのでしょうか? 残念ながら、探偵と言えども、一般には入手困難な個人情報を取得するということは違法になりますので、「車のナンバーから住所を調べてほしい」と依頼しても、引き受けてくれるところはまずないでしょう。 しかし、探偵ではさまざまなノウハウを持っていますので、車のナンバー以外にその車の所有者に対する情報、手がかりなどがあれば、そうした総合的な情報を元にが可能な場合があります。 もちろん、探偵の方でも違法な目的や常識的な使用目的以外の目的の場合には依頼を請けることはできませんが、正当な理由があれば相談に乗ってくれるケースもあります。 その際のですが、こちらの情報量やケースによって異なりますが、最低でも15万円以上はみておいた方がいいかと思います。 車のナンバーはわかっているのに、住所がわからなくてトラブルがなかなか解決しないという場合には、探偵に依頼してみるというのもひとつの手段ではないでしょうか。

次の

軽自動車の白ナンバーはダサい?ダサくない?【アンケート結果発表】

自動車 ナンバー 検索

tags: , 自動車のいわゆる「希望ナンバー」で、「358」という数字の人気が高まっています。 「エンジェルナンバー」と呼ばれることもあるようですが、郷土料理に由来する例もあるそうです。 軽自動車で全国総合6位 しかし由来不明 2019年10月24日(木)から11月4日(月)まで開催中の「東京モーターショー2019」では、自動車ナンバープレートの業界団体である全国自動車標板協議会が恒例の「ナンバープレート展」を実施。 各地域における最新の「希望ナンバー」人気ランキングを発表しています。 「東京モーターショー2019」における「ナンバープレート展」の様子(2019年10月、乗りものニュース編集部撮影)。 「希望ナンバー」とは、ナンバープレートの大きな4ケタの数字(一連指定番号)を任意に選べる制度です。 3ナンバー車(普通自動車)では「1」や「8」といった1ケタ数字が人気だったり、5ナンバー車(小型自動車)や軽自動車では「2525(ニコニコ)」「1122(いい夫婦)」といった語呂合わせの数字が人気だったりする傾向は変わりませんが、ランキングのなかには、由来がよくわからない数字もみられます。 そのような「謎めいた数字」のひとつに、「358」が挙げられるでしょう。 「358」は、たとえば盛岡ナンバーと前橋ナンバーにおいて、5ナンバー車および軽自動車で2019年版1位。 2017年版ランキングでもいくつかの地域で見られたものの、1位になっている地域はありませんでした。 さらに2019年版では、軽自動車ナンバーで全国総合6位にランクインするなどしており、全国自動車標板協議会も近年、交付が増えているといいます。 ただ、やはり「358」の由来や意味については、全国自動車標板協議会もよくわからないそうで、一過性のブームとも考えられるとのこと。 この番号、インターネット上では、幸運をもたらす「エンジェルナンバー」などと呼ばれることもあるようです。 一方、東北地方では郷土料理の「三五八(さごはち)漬け」にちなんで選んだ、という声も実際に窓口で聞かれたといいます。 漬床に塩、米麹、米をそれぞれ3:5:8の割合で使う漬物のことです。 【了】.

次の

自動車のナンバーからの個人特定は可能?

自動車 ナンバー 検索

車のナンバープレートの番号から個人情報を引き出すことができるのか 公道を走行できる車には必ず ナンバープレートが付いています。 ナンバープレートに書かれている番号は同じ組み合わせが存在しない唯一のものです。 事故や事件など、何かあったときにはナンバーを基にその車の 所有者や 使用者を割り出すことができます。 しかし 無断駐車や 浮気相手の特定などで、 ナンバープレートから 所有者や 使用者を 調べることはできるのでしょうか。 車のナンバーから個人的に所有者や使用者を調べる方法 車のナンバーなどの登録情報の管理は 普通車と 軽自動車では管轄が異なります。 普通車のナンバーから所有者や使用者を調べるには 普通車の登録情報の管理は陸運支局または自動車検査登録事務所で行われています。 そのため最寄りの陸運支局または自動車検査登録事務所の窓口に行き、『 登録事項等証明書』の手続きをして、発行してもらえば現在の所有者や使用者の住所や氏名を確認することができます。 登録事項等証明書は車を売ったり買ったりするときに、名義人が誰かを確認したり車が抵当権や差押えの対象になっていないのか確認するためのものですが、条件を満たしていれば第三者にも開示されます。 2007年11月15日まではナンバーの内容(地名・3ケタの分類番号・ひらがな・番号)が分かれば、請求書と請求者の身分証明書、発行手数料を用意すれば登録事項等証明書は比較的容易に入手できました。 ところが個人情報保護や犯罪に使われることを抑制するために、2007年11月16日からはナンバーの内容にプラスしてその車の車台番号(下7桁)の記入が必要になりました。 車台番号は車検証やエンジンルーム内などに書かれている数字なので、基本的にその車の所有者や使用者でないと見ることができません。 そのため第三者が登録事項等証明書を請求することは非常に困難になってしまいました。 軽自動車のナンバーから所有者や使用者を調べるには 軽自動車の登録情報の管理は普通車と違い、軽自動車検査協会で行われており、登録内容を証明する書類は『 検査記録事項等証明書』となります。 検査記録事項等証明書の請求はナンバーの内容(地名・3ケタの分類番号・ひらがな・番号)、車台番号、現在の所有者や使用者の住所・氏名、請求をする理由の全てを記入する必要があります。 そのため普通車と同様に、第三者が登録事項等証明書を請求することは非常に困難です。 例外的に車のナンバーから所有者や使用者を知る方法がある 第三者(他人)が車の所有者や使用者の住所、氏名を調べることが基本的にできないことが分かって頂けたと思います。 しかし自宅の駐車場など、私有地に放置された車の所有者や使用者を調べることは条件さえ満たせば可能です。 私有地などに放置された車がどのように放置されているのかという状況が分かる図面、放置車両の写真、放置されている日数を記載した書類を用意すれば、車台番号が不明でもナンバーの番号だけで登録事項等証明書の請求が可能です。 軽自動車の場合も私有地などに放置された車の所有者や使用者を調べることは可能です。 ただし手続きが異なる可能性があるので、最寄りの軽自動車検査協会に確認しましょう。 無断駐車や放置車両で警察に動いてもらう方法とは 警察では公道上の違法駐車なら駐車違反でレッカー移動なり対処してくれます。 しかし私有地における個人間の問題は民事不介入を理由に動いてもらうことは期待できず、基本的に警察の力を借りることはできません。 しかし理由によっては刑事事件ということで警察が動かざるを得ない状況にすることが可能です。 ひとつの方法は 車庫証明を偽っている可能性があることに対しての捜査依頼です。 車は保管場所が定められており、申請をしていない別の場所で保管している場合には取締の対象になるからです。 もうひとつの方法は『 不法占拠』や『 住居不法侵入』による捜査依頼です。 これは賃貸契約駐車場の契約者が行うことはできません。 その土地の所有者が警察に連絡する必要がありますが効果は抜群です。 『自分の土地に不法侵入した放置車両があるため、業務(もしくは生活)に支障が出ているので捜査してもらいたい』と警察に電話すればすぐに調べてくれます。 この方法は私自身が月極駐車場の所有者であり、私が経営している契約駐車場に無断駐車の報告が入ったときには、全て警察に『 不法占拠』の電話を入れて調査してもらっているからです。 不法占拠捜査依頼をすることで所有者や使用者が判明し、連絡が取れ次第、車を移動してもらっています。 もし賃貸契約駐車場の契約者の方で、無断駐車や放置車両に悩まされた場合には、駐車場の経営者(不動産や管理会社でななくその土地のオーナー)に連絡して、警察に不法占拠捜査依頼をしてもらうように頼んでみましょう。 もちろんナンバーを外された放置車両でも有効な手段です。 参考記事:.

次の