ポケカ 反逆 クラッシュ。 「反逆クラッシュ」情報まとめ!収録カードリストや通販予約最安値価格情報など:SR/HR/URが全種公開! | ポケカミンV

【反逆クラッシュ】のSR・HR・UR全カード一挙紹介!!《ポケカ》

ポケカ 反逆 クラッシュ

タイトルにもある通り、ストリンダーVMAXは強いなって感じました。 毒については同弾の彼とも相性が良いです 場にスタジアムが出てるだけで毒にさせるという優秀さ。 1進化ポケモンではありますがサポート権残して使えますので 普通に強いかと。 タイプ一致しませんが進化ラインを1ずつ採用してもいいかなと。 スタジアムなんてトキワの森、混沌のうねり、サンダーマウンテンとありますし そもそも 毒を主軸するならこのカードがやばいっていう。 バトルポケモンをトレーナーズで変えようものなら 毒を引き継がせます。 普通に逃げる行動には無力ですがアブソルで足止めさせれば 相手はたまったもんじゃない。 サポート権使いますがこのカードならお手軽に240ダメージ叩き出せるのと こんらん状態にさせますね。 進化前でもこの優秀さ。 1エネで 攻撃+毒 へできますし エレキライオットで180ダメージと前述のカードを使えば容易。 いかがでしょうか! こんな感じにサクッと紹介していきました まだまだ雷の時代ですね! 皆さんはどのストリンダーVが好きですか? 海外だともうひとつのすがたのストリンダーが出ています。

次の

【反逆クラッシュ】新デッキ!モルペコV/ガラルマタドガスデッキレシピ 【ポケカ】

ポケカ 反逆 クラッシュ

ハイクラスパック パックは時間が経つにつれて、徐々に価値を落としていきます。 カードが再録されたり、より強力なカードが収録されるためです。 また、1年に1度の頻度で発売される「ハイクラスパック」によって、過去一年間に収録された強力カードが(厳選されているとはいえ)まとめて収録されます。 よって、発売から期間の経っていないパックを中心に順位を考慮していきます。 最新パックの評価 2020年6月5日発売:拡張パック「ムゲンゾーン」 「ムゲンダイマックス」の姿の「ムゲンダイナ」が描かれています。 《ムゲンダイナVMAX》を始め、収録されているポケモンが全体的に強力です。 また、新たな汎用ポケモンである《クロバットV》の人気が非常に高く、シングル価格が1枚2000円以上となっております。 普通にカードを集めたい方も、アドバンテージを狙いたい方もオススメできる内容です。 詳細は後ほど。 《ボーマンダVMAX》も無色4つで「240」ダメージのワザ『ダイウイング』が強力で、扱いやすさと高い攻撃力を兼ね備えた、優秀な「ポケモンVMAX」となっています。 「非ポケモンV・GX」が強力である点もこのパックの特徴です。 《フーパ》はワザ『アサルトゲート』が簡単な条件で「90」ダメージを出すことが出来、《ムゲンダイナVMAX》のお供としての活躍が見込まれます。 《ジュナイパー》は特性『みつりんめいさい』によって、「ポケモンV・GX」からの攻撃をシャットアウトしてしまいます。 《ムゲンダイナVMAX》と一緒に使うことはもちろん、他のデッキにも積極的に入れることが出来る汎用的な「ポケモンV」です。 HP「180」である点も地味に優秀で、ベンチ攻撃に対してもある程度の耐性を持っています。 その汎用性の高さや、環境デッキに多数投入することが必要であることから 1枚2000円以上、SRに至っては1枚4000円以上で取引されている高額カードとなっています。 封入率の低さ(およそ2分の1程度)も相まって、《ボスの指令》を越える値段となっているので、アドを取っていきたい方は「ムゲンゾーン」を購入してみるのもいいでしょう。 「トレーナーズ」に関しては、入れるデッキを選ぶものの強力な効果を持っているカードが多く収録されています。 《ターボパッチ》はコイントスでオモテが出せれば、どの色のエネルギーでもトラッシュから付けられるカードです。 エネルギーを多く付けることが必要なデッキを使用しているなら採用してみたい1枚です。 《ネズ》は悪タイプデッキを組むなら是非とも投入したいサポートです。 悪タイプポケモンとエネルギーを1枚ずつサーチします。 《クロバットV》もサーチできるので、事実上のドローカードとしての役割も担える点が嬉しいですね。 《ローズ》は「ポケモンVMAX」との相性が良い効果となっており、「ポケモンVMAX」1体に基本エネルギーをトラッシュから2枚付けることが出来ます。 デメリットとして自分の手札をすべてトラッシュしてしまいますが、《シルヴァディGX》の特性『ディスクリロード』でカバーすることが可能です。 2位:拡張パック「反逆クラッシュ」 2020年3月6日発売の最新パック「反逆クラッシュ」をオススメします。 特に《ボスの指令》は頭一つ抜けて強力で、レアリティが「R」で微妙に入手しづらいということもあり、 1枚で1500円以上の値段が付いていることも珍しくありません。 それではお勧めする理由を 3点紹介します。 「どく」によるダメージや《エレキパワー》を併用すれば「300」を越えるダメージを狙うことも可能で、相手のポケモンをひたすら倒しに行くことが出来ます。 《ドラパルトVMAX》はワザのダメージは低いものの、少ないエネルギーでワザを使える点と、ワザの効果が強力です。 『ダイファントム』は2つのエネルギーで合計180ダメージ分を与えることが出来、 コストパフォーマンスが優れたポケモンとなっています。 《カラマネロ》による安定したエネルギー供給や、同じ「反逆クラッシュ」に収録されている《ホラー超エネルギー》を組み合わせて攻撃性能を高めていきましょう。 「ポケモンVMAX」に進化しない「ポケモンV」も総じて強力です。 《ワタシラガV》は特性『ハッピーマッチ』によって、トラッシュのサポートを回収することが出来ます。 回収したサポートをそのまま使える即効性が魅力で、同じパックに収録されている《ボスの指令》を回収してトドメを指す動きが出来るので、フィニッシャーとして活躍することが可能です。 序盤こそ力を発揮できませんが、中盤~終盤にかけては強みを活かせる汎用性の高い「ポケモンV」です。 《キュウコンV》は炎タイプデッキの隠し味として採用すると良いでしょう。 ワザ『きゅうびへんげ』が相手のバトルポケモンのワザをコピーして使用することが出来ます。 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の『アルティメットレイ』や《ザシアンV》の『ブレイブキャリバー』といった強力なワザをコピーして、戦いを有利に進めていきましょう。 残りサイドが2枚の時に、《デデンネGX》や《ワタシラガV》などの低HPかつサイドを複数枚取れるポケモンを呼び出してから倒すことで、勝負を一気に決めに行くことが出来ます。 トドメに使うだけでなく《カラマネロ》や《ジラーチ》、《アブソル》といった厄介なポケモンを狩りに行ったり、にげるエネルギーが多いポケモンをバトル場に出して時間稼ぎをしたりと、とにかく使える幅が広いのも特徴。 レアリティが「R」である為、1BOXに1枚あるかないかでの封入率であることと、圧倒的な汎用性から 1枚1300~1500円以上で取引されています。 「SR」「HR」も高額なカードなので、SRの《ボスの指令》を狙って買ってみるのもアリですね。 他のカードも強力なカードが多数収録されているのが「反逆クラッシュ」の強みです。 《ツールスクラッパー》は「ポケモンのどうぐ」を破壊できる貴重なカードで、《大きなおまもり》や《エスケープボード》といった残しておくと厄介な「ポケモンのどうぐ」をトラッシュ出来ます。 デッキに1枚は入れておきたい強力な汎用カードです。 更に、 「反逆クラッシュ」では雷タイプと超タイプ、それぞれに専用の特殊エネルギーが収録されています。 どちらもタイプの特徴をグっと伸ばしてくれる効果を持っています。 雷タイプや超タイプデッキを持っている、組みたいといった方は入手しておきたいですね。 拡張パック「シールド」に収録されているか「トレーナーズ」は、拡張パック「ソード」に収録されているものよりも汎用性が高いカードが多いです。 《クイックボール》は手札を1枚トラッシュして、「たねポケモン」を1枚手札に加えます。 「たねポケモン」はバトルをするにも進化をするにも必要なカードなので、ほとんどのデッキに投入されるカードです。 「スターターセットVMAX」発売後も高値は維持しており、現在は1枚250~400円程度の価格で販売されています。 《マリィ》は自分と相手の手札を入れ替える「サポート」です。 お手軽に相手の手札を乱しつつ、自分は5枚カードを引けるので、《マリィ》を使った後の動きにも幅が出来るのがポイントです。 こちらも複数持っておきたいカードですね。 《オーロラエネルギー》は、《レインボーエネルギー》に変わる「すべてのタイプのエネルギー1個ぶん」になれる「特殊エネルギー」です。 「ドラゴンタイプ」のように複数の色のエネルギーを要求するカードや、《オーロラエネルギー》1つで攻撃可能なポケモンと一緒に投入することが出来ます。 このように、 デッキに入れやすいカードが多数収録されており、カード資産を増やすにはぴったりのパックと言えます。 《モルペコV》はワザ『エレキホイール』の効果でベンチにいる《リーリエのピッピ人形》を送り出す、 攻守優れたデッキ【モルペコ人形】のエースとして活躍しています。 (最近は《ボスの指令》の登場によって苦しくなってきましたが) 《ヤミラミV》は後攻1ターン目から使える『こうみゃくさがし』も優秀ですが、 ダメカンの数だけダメージが上がる『マッドネイル』が強力で、相手のポケモンに大ダメージを与えることが出来るため、悪タイプデッキには投入されている場合が多いです。 「非ポケモンGX・V」の中では《ヤレユータン(さるぢえ)》が特筆モノで優秀です。 特性『さるぢえ』は手札1枚と山札の上を交換する効果ですが、この特性によって、《博士の研究》を使う前に手札の《カスタムキャッチャー》を置いてトラッシュを防いだり、番を終わる前に手札を1枚入れ替えることで《マリィ》の対策をすることも出来ます。 手札に複数のキーカードを抱えておきたいコンボ系のデッキに採用されていることが多いです。 4位:ハイクラスパック「タッグオールスターズ」 ハイクラスパック「タッグオールスターズ」は、2019年10月4日に発売されたパックです。 およそ 1年に1回発売されるお祭りパックみたいなもので、とにかく再録カードが強力かつ豪華なのが特徴です。 「どのポケモンを切り札にすればいいかわからない!」という方にオススメできるのが、この「タッグオールスターズ」というパックのポイントです。 「TAGTEAM」のポケモンは分かりやすく強力なポケモンが多数存在しており、人気のポケモン同士がTAGを組んでいることも多いため、使ってみたい・切り札にしたいポケモンに出会いやすいです。 「タッグオールスターズ」は「TAGTEAM」を含む「ポケモンGX」が1パックに1枚、確定で収録されているので、まずは買ってみて当たったポケモンから組んでみるのもいいと思います。 筆者はこのパックに出会ったことはありませんが、Twitterを見るとその報告が上がっています。 1パックの値段が高いため、気軽にとはいきませんが1回試してみるのもありかもしれないですね! このパックには 「TAGTEAM」のサポートが初登場。 手札を追加でトラッシュすることで、より強力な効果を発揮するようになります。 ポケモンの「TAGTEAM」も収録されており、 ・2体目の「ウルトラビースト TAGTEAM」となる《アーゴヨン&アクジキングGX》 ・メガシンカ入りの「TAGTEAM」《メガミミロップ&プリンGX》 ・パックの目玉、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》 が収録されています。 上記の 「TAGTEAM」をデメリットなしで2枚もサーチする《タッグコール》という強力なカードまで新たに収録されました。 「非ポケモンGX・V」では、《ソルガレオ》《ルナアーラ》や《ウルトラネクロズマ》、「サン&ムーン」の600族《ジャラランガ》等が収録されており、まさに 「サン&ムーン」「TAGTEAM」両方の最後を飾るのに相応しいパックになっています。 撤回します。 強いです。 《ケルディオGX》と組んで攻守優れたデッキから、《ミカルゲ》と共に環境を食い尽くし、現在の《ザシアンV》と組むまで様々なポケモンと組んでは環境上位に居続けています。 とりわけ強力なのが『オルタージェネシスGX』。 「スタンダードレギュレーション」にこの効果を完全に打ち消すカードがないのもヤバいです。 (語彙力の崩壊) ヤバイ わよ!!.

次の

【反逆クラッシュ23デッキ】収録カードとデッキレシピ一覧まとめ!【ポケカ】

ポケカ 反逆 クラッシュ

デッキレシピ モルペコV 3 「エレキホイール」で相手に150ダメージを与えつつ、ベンチに引っ込むことで返しにダメージを喰らうことを防ぐことができます。 この際に代わりにバトル場に置くポケモンとして、 「リーリエのピッピ人形」が最適なのですが、今回はさらに 「ガラルマタドガス」も採用してみました。 ガラルマタドガス 4-4 特性 「かがくへんかガス」によって、バトル場にいれば相手の場の特性が無くなるので、 「モルペコV」がワザでベンチに引っ込むと同時に 「ガラルマタドガス」をバトル場に出しておくことで、次の相手の番、相手は特性を使えなくなります。 今の環境は特性持ちのポケモンが非常に多く、それに頼って対戦を進める傾向があるので、それらを一切使えなくすることで、相手の動きを鈍らせる狙いがあります。 デッキを分析した感想 相手の特性を消すという非常に強力な特性を持った「ガラルマタドガス」ですが、逃げエネが3個なので逃げにくいというネックな部分があります。 「ネクロズマあかつきのつばさGX」の特性と 「ふうせん」のコンボで逃げられるようにしようとも思ったのですが、 ・『反逆クラッシュ』で 「ツールスクラッパー」が登場するので、ポケモンのどうぐが壊されやすくなる。 ・同じく 「ガラル鉱山」で逃げエネが増えるので、特性を使ってもそのあと 「ネクロズマあかつきのつばさGX」自身が逃げられなくなる。 ・ 「ミミッキュ」の特性 「シャドーボックス」で特性を封じられてしまう。 これらの不安要素があったので、このデッキでは 「ポケモンいれかえ」「フウとラン」という入れ替えパーツの多い構築にしました。 関連デッキレシピ一覧.

次の