草刈 機 チョーク。 説明書には載っていない、刈払機(草刈機)のエンジンをさくっと始動させるコツ

草刈機の使い方・刈払機の使用方法を現役プロ農家が徹底解説

草刈 機 チョーク

レビュー: 12 【特長】4. 0kg以下の軽量ボディを実現! テンションレバーを放すと、スロットルレバーが アイドリング状態に戻ります。 【付属品】チップソー、ブレードカバー、肩掛けバンド、工具セット、保護メガネ【質量 kg 】3. ウレタン製腰当て付。 オイル量の確認がカンタン!。 操作しやすいストップスイッチ!。 楽らくスタート仕様!。 マキタミニ4ストローク無鉛ガソリン使用。 国内排出ガス自主規制 2次 適合【仕様】緊急離脱装置付、電子エンジン、プライマポンプ【付属品】ブレードカバー、肩掛けバンド、工具セット、保護メガネ【質量 kg 】5. 3【排気量 mL 】25. 全体を焼入れし、さらに刃先のみ衝撃焼入することにより、表面は非常に高い硬度になり、耐久性抜群で、中は割れを生じない高い靭性により安全性抜群です。 従来品に比べ、圧倒的なワイド2段刃と衝撃焼入れにより、耐久性がUPしています。 外周部をC型にカットすることにより刃先が摩耗しても丸く山型になりにくいため切削抵抗が少なく切れ味が持続します。 刃先をワイド刃にすることにより回転時に遠心力が加わり、低速でも切れ味抜群で、草がからみつきにくく、燃費もUPします。 刈残しを減らすWの刃付。 土砂磨耗や荒地に強い逆刃付。 石飛び少なく、刈草が寄る。 ねばりあるバネ鋼使用。 【下刃】切れ味シャープな先端幅広刃形。 刈残しを減らすWの刃付。 軽快な切れ味の切削刃付。 ねばりあるバネ鋼使用。 【用途】乗用草刈機用。 環境にやさしい低燃費モデルです。 安全、安心のスロットルレバー標準装備しています。 シンプル機能でメンテナンス簡単な低燃費背負い式モデルです。

次の

草刈機の修理(エンジン不調編&整備編)DIYで修理!

草刈 機 チョーク

どんなキャブレターなのかわからないのですが、キャブレターのインテークを塞ぐ方式(文字通りのチョーク)ですか? バイクなどでよく見かけるスターター回路を持つタイプだとレバーオンでオープン状態でオフではクローズになります、でも一般的にそういうタイプもチョークと呼んでいる場合も多いので操作そのものが逆になることを理解しておかなければなりません(後者の場合操作時ほ基本的にスロットルバルブは閉じて始動します。 もし、ごく普通にインテークを閉じるタイプでおっしゃる現象ならば、スロットルに状態はどうでしょうか? コンディションの良いエンジンならばアイドリングは維持できますが、そうでない場合はスロットルを若干開き気味にするといいかもしれません。 また、暖まってしまうとアイドリング維持するのであれば混合気が薄過ぎかもしれません、スロージェットのつまりやメインジェットのつまりなどの可能性もあります(いわゆるキャブ掃除が必要)。 この回答への補足 アドバイスありがとうございます。 このキャブレターのチョーク弁はBOX型エアークリーナー外して吸気口の手前にバタフライ型で取り付けてあり、手動レバーにて全閉 ・半開・全開と3段階に操作するタイプです。 キャブのフロートカバーを外して清掃(汚れていました)その他キャブクリーナーにて本体清掃してみたのですが、やはり始動後チョークレバーを開く方向にするとしばらくしてエンストしてしまいます。 チョーク閉めた状態でもスロットルレバー引くと高回転まで回るんです。 ボボボボと息つき音もしないで。 もしかしてこのキャブレターはチョーク扉閉めた状態が通常なのかなと思ったりしましたが、そんなことはありえないですよね。 ジェット類の調整及び混合気濃度調整は素人では難しそうですので、農機具屋さんに持ち込んだ方がいいでしょうか。 nifty. html 中程にダイヤフラム式のキャブがでています(草刈り期でも他のタイプも有ります)一般的なフロート室を持ったキャブは草刈り期などに使っているのは見たことがないのでこのダイヤフラム式の物で構造的には理解できると思います。 そのダイヤフラムの辺りに小さいバルブ(ダイヤフラムの振動によって作動する)が有りその辺りにゴミが詰まっているか詰まり掛け、またはダイヤフラム自体が列か強いるなどの原因が考えれます。 私も元々は車の方でしたから草刈り機やチェンソー等のキャブには悩みましたが解れば非常に合理的だと思いました(すべてが解ったわけではないが) 小さな部品ですし、ダイヤフラムも耐油性の非常に薄い物ですから分解時には要注意、組み立ても最新の注意で(私は現場でCRCだけで掃除しました)他にエヤーなど無いのでそうしましたが、本体側にも小さい通路が有るのでそこも確実にチェックして下さい。 Q またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。 自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。 エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なものを外しましたその部品には、かなり細い穴が空いている様な感じでした洗浄後そのネジをしっかり締めてキャブを組みなおして掛けてみたのですが、掛からなかったので、もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが、チョークをもどすと止まります、何かそれに関係があるのでしょうか?状況は簡単に言ってチョーク引けば掛かるけど、戻した時点でまったく駄目なんです、チョークを引いていなければプラグも濡れている気配は無いと思います、ばいく屋に持っていけば早いのですが、金銭の余裕が無いものですから、お願いします教えて下さい、これが頼りです。 お願いします。 またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。 自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。 エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒... A ベストアンサー >スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの メインジェットと言います。 >もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので交換しかありません。 メインとスロージェットは交換する事をお勧めします。 店によっては部品のみの発注を断る所もあるりますが、車体番号と部品名称、ジェットの番号などを書き留めて行くと間違いが起きにくいですよ。 値段的には1000円もあれば十分足りる筈ですが、事前に調べてもらうのもいいですね。 礼儀としてトップページもこちらに貼っておきます。 ctb. htm この手のページはgoogleのイメージ検索で「モンキー キャブ」と指定すれば直ぐ見つかりますよ。 ctb. htm >スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの メインジェットと言います。 >もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので... Q エンジンの不調に悩んでおります。 スロットルを開き、回転を上げていくとグゥーン、グゥーン、グゥーンと息継ぎをしたような感じで不調になり、2分位するとエンジンが停止してしまいます。 またアイドリング状態で放置していると、1分位経った頃からだんだん不調になり3分位でエンストしてしまいます。 エンジンが停止した際は再始動しようとしてもかかりません。 その際プラグを外してみても燃料で濡れておらず白く焼けている状態になっています。 その後5分位でしょうか暫くしてから始動を試みるとかかります。 そしてまた同じ状態でエンストします。 キャブをオーバーホールしても特に詰まっているジェットはありませんでした。 また、キャブとフローとチャンバーとの合わせ部から滲みがありました。 考えられる原因やその他点検してみるべき個所がありましたら教えてください。 A ベストアンサー 燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。 もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。 もちろん燃料ラインのゴミ詰まりが無くても同じ症状ならタンクのキャップを外すなどしてタンク内が負圧に成っていることが原因か確認もしましょう、農機具などでは埃などが原因でエヤーベントの詰まりは結構経験してますよ(大抵タンクキャップに有るはず) 後はメーカーにも夜かも知れませんがキャブ自体にフロート室内の空気が自由に出入りできるようにキャプに大気解放の為に下向きなどにゴムやビニールのホースが取り付けている場合がありここが詰まるとスムースにキャブに燃料が来ません(有るメーカーのゴルフカートも同じような構造でした)耕耘機などでも見ています。 従って上記の様な事が無いか今一度確認しましょう・・・ 燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。 もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。 Q 実は車のエンジンではなく、農機具(管理機・・・ガソリンエンジン)ですが、中古品を1年半ほど前に購入しました。 購入後一年ほど経ってから、エンジンが掛からなくなりました。 その後キャブレターをクリーニング、エアーエレメントを交換しましたが、たまにはエンジンが掛かりますが、しばらくするとスロットルが自動的にブルーン・ブルーンと動いて、やがてエンジンが止まります。 ちょうどフューエルコックを止めてしばらくするとエンジンが止まりますが、その前に起きる現象と同じです(アナログ人間でそのような表現しか出来ませんが)。 変な話ですが、プラグを抜いて、はめなおしてエンジンをかけるとすぐ掛かります、しかしそのエンジンも長くは動かず上に述べたようにして、やがて止まります。 どこに原因があるかどなたか教えて下さい。 畑の管理に使うため時期的な問題もあり回答を急いでおりますので、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 農機具屋です。 その症状からすると燃料供給の問題かと思われます。 キャブにつながる燃料ホースを外し、コックを開けると勢い良く燃料が出ますか? チョロチョロ程度だとタンク~コック経路の詰まりが考えられます。 他に考えられるのは、キャブ内のフロート、フロートバルブの組み付け不良。 金属製フロートの場合だと、バルブとの接点が簡単に曲がってしまいますので、油面が変わってしまったとか。 燃料タンクキャップの空気穴が詰まっていてガソリンが流れていかない場合もありますので、キャップを緩めて様子を見るのも良いと思います。 他に電気系統の不良も考えられますが、まずは燃料系から見ていきましょう。 A ベストアンサー チョークを戻すと止まり、しかもキャブクリーニングまで 実施されてる様なので、あと疑うべきはキャブまでの配管とか その系統の詰まりだとは思います。 燃料フィルターとか。 いずれにしても「良い混合気」「良い圧縮」「良い点火」の3拍子 のいずれかがマズイとだけは言えます。 (当たり前か...) あと、発電機は詳しくもないのですが、複数台の発電機で発生した ご経験があるとのことで思うのは、キャブ式のエンジンの場合、 冬季はキャブアイシングという現象があるということです。 例えばキャブ式エンジンの自動車では、エンジン暖機が終わって いても、アクセルを開閉したときこのアイシングを起こすと止まって しまいます。 (極寒だと逆に湿気がなく起こらない) これを回避するために排気管周りから空気を持ってくるキャブヒート があります。 車ではエアクリーナのところに、航空機では混合気レバー と共にキャビン内にキャブヒートレバーがあり、吸入空気経路を切り 替えています。 運転環境や発生時期や発電機種類は解りませんが、その発電機の吸気系 に同様の装備はないでしょうか。 通年起こるという場合は違っています が...。 チョークを戻すと止まり、しかもキャブクリーニングまで 実施されてる様なので、あと疑うべきはキャブまでの配管とか その系統の詰まりだとは思います。 燃料フィルターとか。 いずれにしても「良い混合気」「良い圧縮」「良い点火」の3拍子 のいずれかがマズイとだけは言えます。 (当たり前か...) あと、発電機は詳しくもないのですが、複数台の発電機で発生した ご経験があるとのことで思うのは、キャブ式のエンジンの場合、 冬季はキャブアイシングという現象があるということです。 例えばキャ... A ベストアンサー 他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。 問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。 この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。 燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないので、この問題は解決される場合もありますが、パイプ内、気化器内の燃料が矢張りエンジン内に流れ込むので、解決できない場合もあります。 特に刈った草等がエンジンのシリンダ・フィン、冷却フアン入り口、出口等に詰まっていると多分この現象は起こるでしょう。 きれいに掃除して草等の塵は取り除く事が必要です。 また熱間再始動の場合は、エンジンを止めるときにしばらくアイドリングで回し、エンジンを冷却してから止めると解決される時もあります。 逆に、燃料系のオーバーヒートがあれば、燃料系のパイプ内でガソリンが気化し、気体となり燃料が流れなくなりエンジンンがかからない場合もあります。 これも熱間再始動時のトラブルになります。 この問題は今回の場合の原因でないかもしれませんがーーーーーー。 他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。 問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。 この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。 燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないの...

次の

草刈機の使い方とメンテナンス

草刈 機 チョーク

しかし、草刈りのシーズンが終了して倉庫などに保管しておくと、その間にオイルが劣化して、翌シーズンにそのままの状態で エンジンをスタートさせるとオイルが焼き付いて止まってしまう場合があります。 そのため長期にわたって使用を停止する場合には燃料を使い切ったりタンクを空にするなどして、常に新しい燃料を使用することが大切です。 長期にわたって使い続けていると不純物や汚れが溜まってしまい燃料の流れを阻害してしまうケースがあります。 そしてプライマリーポンプが劣化してひびが入って燃料がエンジンに達する前に漏洩してしまうケースもあります。 そのような事態に陥ってしまう前に新しいプライマリーポンプに早めに交換するのがおすすめです。 いざ草刈りをしようと考えると途中で燃料補給が発生して作業が止まってしまうことを恐れて、ついつい燃料を入れ過ぎてしまうケースも少なくありません。 それが原因でプラグに触れて先端が濡れてしまうことがあれば、スパークを発することができなくなり、エンジンが止まる原因となります。 多くのタンクにはメーターまたは上限を定めたラインが引いてあることがあるため、それらを確認して適切な量の燃料に留めるのはもちろんのこと、万が一プラグが濡れてしまった場合には一旦取り外して綺麗な布で拭き取るなどして完全に乾燥させてからエンジンを再スタートさせます。 草刈り機のエンジンが止まる原因は?まとめ いかがでしたでしょうか。 ぜひ、草刈機のエンジンが急に止まっても慌てず、上記の3つの原因をまずはチェックしてください。 きっと復旧できると思います。 この情報があなたのお役に立てれば幸いです。 気になる、プロが選ぶメーカー草刈り機はコレ!2018年版・ゼノア・カーツ・共立?記事はこちら カテゴリー• 257• 114• 163•

次の