推考 類語。 「推察」の類義語や言い換え

「考える」の類語を52個紹介!「考える」を使わない表現も解説

推考 類語

日本語は微妙なニュアンスを伝える言葉であったりする場合もあるので、日本語を正しく理解して使用することは、ビジネスにおいても重要な点と言えます。 この記事では、そんな日本語の「推察(すいさつ)」の意味や使い方、よく似た言葉と捉えられている「推測(すいそく)」との違いなどを中心にご紹介していきます。 「推察(すいさつ)」の意味は? 「推察(すいさつ)」は、人の気持ちを推し量ったり配慮したりすることです。 こうしてみると、「推察(すいさつ)」とは、相手を思いやる気持ちの意味が含まれていることが分かります。 「推察(すいさつ)」の使い方とは? みなさんは、普段のお仕事や生活の中で「推察(すいさつ)」という言葉をどのくらい使用しますか。 また、あまり使わないという方は、「どうつかうのが良いの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 では、「推察(すいさつ)」をどのように使うと良いでしょうか。 デジタル大辞泉では、「おおよその推察がつく。 」「複雑な事情と推察する。 」などの表現がなされており、このような使い方の例を挙げています。 それでは、話し言葉としての「推察(すいさつ)」の例文をご紹介してきます。 そこで、これより「推察される」、「推察いたします」という表現を例にしてご紹介します。 される 「推察される」は、基本的な意味として「~と思われる。 」といったもので、レポートなどの表現で使うことが多いと考えられます。 例文としましては、「困難が伴うと推察される。 」や「被害は、学校の東側にも広がっていると推察される。 」などのように使用するといいでしょう。 いたします 「推察いたします」は謙譲語と考えられ、自分がへりくだって相手を立てる場合に使用します。 しかし、日本語とは難しいもので、「ご推察いたします」とすると、さらに丁寧にする働きがあります。 例文をあげてみると、以下のような文になります。 「あなた様のご様子から推察いたしますと、」や「そろそろお忙しい毎日をお送りはじめていらっしゃる頃と推察いたします。 」などの使い方が好ましいです。 また、「ご推察いたします」の場合は、「ご家族の皆様もさぞお喜ぴのこととご推察申し上げます」というような使い方が好ましいといえます。 「ご推察」は正しい使い方です。 しかし、使い方によって微妙に違いがあります。 敬語を使うときによく「お」や「ご」を使いますが、その使い方によっては尊敬語(そんけいご)であったり、謙譲語(けんじょうご)であったりと変化します。 上記の「いたします」の中で使用した「ご推察いたします」は、自分がへりくだって相手を立てるときに使用する謙譲語を表しています。 しかし、「ご推察のとおりです。 」という使い方をすると、尊敬語、つまり相手を上にあげて尊敬の意味を表す形となります。 「ご推察」を使うときは、相手が推察をしたと考えられるときに使用すると「尊敬語」、自分が推察して相手のことを推しはかっているという表現をする場合に発する「ご推察」は、「謙譲語」となりますので、注意して使用しましょう。 「推量(すいりょう)」も同じでは? 「推察(すいさつ)」を調べてみると、その説明の中には「推量(すいりょう)」されているものも存在しています。 このように考えると「推察も推量も同じ意味なのでは?」と方も少なくないでしょう。 しかし、「推察(すいさつ)」の類語として「推量(すいりょう)」を説明しているものもあり、一体、何が正しいのか迷ってしまうこともあります。 ですが、「推察(すいさつ)」と「推量(すいりょう)」には明確な違いがあります。 では次に、「推察(すいさつ)」の類語をご説明していきますが、「推察(すいさつ)」と「推量(すいりょう)」の違いについてもご説明していきますので、こちらもご参考にしてください。 「推察(すいさつ)」の類語とは 類語とは、「似ている言葉」のことです。 先の記事でも説明してきました「推量(すいりょう)」は、類語として分類することができます。 「推察」の類語には、推量 すいりょう /推測 すいそく /推定 すいてい などがあげられます。 これより、それぞれの類語の意味をご紹介しましょう。 類語:「推量(すいりょう)」とは? 「推察(すいさつ)」は、特に相手の気持ちや、相手のおかれた立場をもろもろの状況から推しはかることを指しています。 一方、「推量(すいりょう)」は、広く推しはかることをいい、相手のこと(人)というよりも、広範囲の物や事を指していると考えられます。 類語:「推測(すいそく)」とは? 「推測(すいそく)」を調べてみると、「ある事柄や情報に基づいて、おしはかって考えること。 」と解釈されており、「おしはかる」という点では同じように思えますが、ニュアンスが違います。 簡単にそのニュアンスの違いはといいますと、「推測(すいそく)」は、「デジタルで客観的」なのであり、既知の事実や現在の状況という広い範囲から推しはかることを指しています。 よって、「推測(すいそく)」はあくまでも目に見えるものを根拠にしていることで違いがあることに気が付きます。 「推定(すいてい)」は、「客観的事実や資料に基づいて考慮し、推しはかること。 さらに、「推測(すいそく)」と「推定(すいてい)」を比べてみますと、簡単には、「推測」は広い範囲で、「推定」は狭い範囲でという違いがあります。 なお、「推察 すいさつ 」の類語をさらに詳しくご覧になる場合は、goo辞書を参考にしてみてください。 良く似ているような「推察(すいさつ)」と「推測(すいそく)」ですが、比較して見るとこんな違いがあることがわかります。 簡単には、「推察(すいさつ)」は主観的といえ、こちらが勝手に想像して「こうなんだろうな」と相手のことを思いやるのですが、「推測(すいそく)」は客観的で、あくまでも今までのデータや事実をもとに考えることです。 こうして比べてみると、対極的である言葉とも言えます。 推測の使用例 では、「推測(すいそく)」はどのように使用したらよいか、少しだけ例文をご紹介しましょう。 「推測(すいそく)」の意味から考えると、客観的なデータや事実を基にすることがわかりました。 その意味から例文を考えると、以下のような例文になります。 「事件の経緯を推測する」や「科学的データから事故の原因を推測する」、「外見から推測して七十代後半くらいでは」というような使い方となります。 「推察(すいさつ)」を敬語で使うときは? では、「推察(すいさつ)」するを敬語で使うときは、どのような使い方がよいでしょうか。 そもそも、敬語とは、話の聞き手や話題にのぼっている物事に対して使用するもので、敬意や自分をへりくだっての気持を表す言葉づかいです。 ですから、自分に対してではなく、相手に対して使うものとして考えると、以下のような例文があげられます。 例としては、「ご推察のとおりで~」というような使い方が好ましいといえます。 「推察(すいさつ)」の表現を言い換えるには? ビジネスのシーンにおいては「推察します」という表現でも良いですが、普段に使う言葉としては少々堅いイメージもあります。 そんな場合は、同じような言葉で言い回しをしたい場合はどのような言葉がよいでしょうか。 そこで同じような意味の言い回しとして「お察しします」という表現が使えます。 「察する」とは、「人の心中や物事の事情を推しはかる、推測する、また、思いやる、同情する」という意味です。 ですから「お察しします」と使うと、「明示されるまでもなく、推測して了解すること」という意味になります。 ただし、シュチュエーションによっては、「何が分かっているんだ」とちょっと上から目線であると伝わってしまう場合もあるので、使用の仕方に注意が必要です。 きちんとその状況や事情が分かっている場合のみ使用するように心がけましょう。 そもそも「推(すい)(おす)」の意味とは? これまで何度も「推」という言葉がでてきましたが、そもそも「推」という言葉について、立ち戻ってご紹介しておきます。 「推」そのものの意味としては、「前の方におし出す。 」「前に動かし進める。 」、「おし上げる。 」「 用いてもらうように人を後おしする。 」「 考えをおし進める。 」「おしはかる。 」などの意味があります。 「推」だけでも、これだけの意味があると考えると、日本語の奥深さを感じられます。 ちなみに「察(さつ)」の意味は? せっかく「推」の意味を見てきましたので、「察(さつ)」の意味も知っておきましょう。 「察」の意味は、「物事にくわしく通じて、あきらかになる。 」、「くわしく知る。 」、「よく見て、しらべる。 」、「おしはかる。 」、「思いやる。 」などの意味があります。 つまり、熟語となる言葉によって、「察」の意味もさまざまな解釈があることがわかります。 「忖度(そんたく)」「推察(すいさつ)」の関係? 2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞」で「忖度(そんたく)」という言葉が選ばれたのが記憶に新しいのではでしょうか。 この「忖度(そんたく」は、そもそもの語源は中国古書に遡ります。 西暦210年に中国で書かれた『述志令』に記されたのが初とされ、「人の考えを推し量り自分が不利益を被らないようにする」といった意味とされています。 しかし、現代の中国では、あまり使用されていないのが現実といえます。 では、日本語の「忖度(そんたく)」の言葉の意味を見ていきましょう。 日本語の「忖度」の意味も、「他人の心を推し量ること。 」とされています。 しかし、日本における「忖度」は、自分より上位の者の心情や立場などを考慮しその者に良いように振る舞うといったことが慣例や文化としてとらえられています。 つまり、中国語としては「自分の保身的な意味」と考えられ、日本においては「相手に良いように振る舞う」という解釈といえるでしょう。 「推察」は「忖度」ではないというポイントは? ここまで「推察(すいさつ)」を中心に、「推測」や「忖度」まで広げてその意味を掘り下げてきました。 こうして見てみると、日本語は「人をおもいやる」文化であることが見えてきます。 特に、日本人は、言葉で説明しなくても、相手の心情を理解しよう・されようとする文化とも言え、相手の気持ちを「慮る(おもんばかる)」、「察する」という言葉の意味でもその様子がうかがえます。 これが、日本の良さともいえる部分とも捉えられます。 しかし、外国では言葉は「伝えるためにあるもの」であり、「言わなければ伝わらない」のが当然と言えます。 よって、外国の方とのコミュニケーションは、そこの違いを心得て接する必要があるといえるでしょう。 観光地でも、外国の方を多く見かけるようになった現代ですが、より外国の方にも「日本らしさ」や「日本の奥ゆかしさ」、「日本の素晴らしさ」を理解いただくためにもより日本語を理解するとよいです。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

【例文あり】熟考の意味とは?読み方と類語・熟慮との違いを解説!

推考 類語

こんばんは。 3、4です。 手もとの辞書をいくつか調べてみました。 『旺文社国語辞典』には、四つの「もと」の本来の意味と転じた意味を述べた上で、最後に次のように書かれていました。 |使い分け「元・本・基・下」 | |~前略~ | |ただし、「元」と「本」、「基」と「下」との区別は、必ずしも厳密なものではなく、「もと」とひらがなで表記する方がよい場合も多い。 実際に以下のような書き方をしている辞書も多いことから、ご質問にあった(根本の意味での)「大元」としてもあながち間違いとはいえないのではないかと思います。 5様も、辞書の解釈に照らし合わせた、こういうことをおっしゃっているのだと思います。 (さきほどは『学研』の使い分け(根本=本)を書いておきながらこんなことを言い出してすみません^^; 別の辞書の解釈から判断すればということで、あくまでも参考意見としてください^^;) |もと【本・元】 |(1)物事の起こり。 |(2)それが生じるところ。 またそれを生じさせるところ。 |(3)ものの付け根。 ねもと。 |(4)物事の根本となるところ。 |(5)原因 |(6)もとで。 また、原価。 |(7)原料。 「根本」という意味で「大本」という言葉が辞書に載っていますが、そのことをもって「元」の使い方を否定する理由にはならないような気がいたします。 上記(4)の意味で「大元」としても、辞書によっては「元=根本」とされている(これが使い方の混乱を招く一つの要因でしょうね^^;)以上は完全に間違った使い方ではないわけです。 その言葉が辞書には載っていないというだけで。 しかしそうはいっても、辞書に掲載され人口に膾炙している言葉を使った方が無難だということは間違いないところですが。 上記旺文社に書かれているように、厳密に区別されているわけではなく「もと」単体で使う場合でも表記の「ゆれ」が存在するのでしょうね。 実際に辞書によって若干解釈が違っています。 使用に際してその混乱を防ぐ意味でも「ひらがな表記」となるのでしょうか。 改めて感じますが、日本語は奥が深くて難しいですね^^; 今回のご質問をご提示くださった質問者様に感謝いたします。 ありがとうござました。 2 の投稿をしたものです。 lyrics さんの回答を見ると、「大元」という表記もありなのかなと思えてきました。 異論があるかもしれませんが、とりあえず私の考えを書いておくと、私はこの場合は「根源」であろうと思います。 従って「おおもと」と表記するのでなければ「大本」では? しかし、自らの回答に反論を試みれば、「エネルギーの元」という意味では「大元」という表記もあり得るのでは? とも言えるわけで、う~む。 書く人が、どちらの意味を込めて書いているかにもよるかもしれません。 (ちなみに、うるさいことをいえば、その文は、科学的には正しい文ではないと思います。 「太陽に発するエネルギー」に限れば成り立つにせよ、たとえば電気エネルギーもエネルギーの一種ですが、これは太陽とは無関係に発生させることができますから)。 #2 『用字用語ブック 時事通信社』の使い分けと用例になりますが、 ・「物事の始め」などは「元」と表記。 ・「根本/本来」などは「本」と表記。 ・「原因」などは「もと」とひらがな表記。 と国語辞典などよりも明確に分けられています。 『朝日新聞の用語の手引き』『記者ハンドブック 共同通信社』なども基本的なところは同じですが、『用字用語ブック』の用例が一番多いのでそれを引用いたします。 物事の根本をなすもの。 学研には「火の元(因)」と原因の意味になっていましたが、上記では「物事の始め」の所に分類されていますね^^; このように参照する辞書によっては記述が違うので困る。 と思ったのですが、調べてみたら「因…物事の(直接の)原因。 起こり」「起こり…始まり。 または、原因」となっていました。 よく考えてみればそうですね。 何とも日本語は奥が深いです^^; それから、ここには「おおもと」はどれになるのか示されていませんが、現状では取りあえずは「大本」としてくださいますか^^ 辞書によって記述が少し違ったりして、こういった使い分けは本当に悩ましいし難しいところですね。 私は迷ったときには、取りあえずひらがな表記にすることにしています^^; こんにちは。 ニ分割になります。 ------------------ 【元】(許・因・旧) [物事のはじめ。 以前の]身元(許)・国元(許)・火の元(因)・蔵元・元も子もない・元を掛ける・元(旧)のさやに収まる・元(旧)の住所・元(旧)大臣・風邪は万病の元(因)。 【本】[物事の根本・根源]本を正す・農は国の本・正直をもって本となす・本をたずねる・本立って道生ず 『学研現代新国語辞典 使い分け欄』 ------------------ 二つ目の例文の場合は、『学研』の「根本/根源」といった意味になるでしょうか。 したがって、これはすんなりと「大本」となりそうです。 一つ目の例文の場合も、「最初」という意味で考えると重複しているような気もしますので、「諸悪の根源」という言葉もあることから、これも「根源」という意味にとらえるのが妥当なところだと思います。 「根源」の意味に「おおもと」というのもありますし。 |こんげん【根源】[ある物事を成り立たせる]いちばんもとになっているもの。 おおもと。 こう考えると「大本」で解決しそうに思うのですが、 しかし、「元」に「原因」という意味があることから「大きな原因」という意味で「大元」ともいえそうに思えてしまいますね(造語になるのかもしれませんが)。 実際に「火の元」などもあるわけですし。 |おお【大】 |(1)「広い」「大きい」「多い」などの意。 |(2)物事の程度が激しい意。 |(3)「極限の」「一番の」の意。 |(4)「序列が上位である」意。 辞書によっては以下のようになっていたりして、よく分からないところがありますね。 |もと【本・元】(5)原因。 そこで、質問者様が今後使い分けで悩まれたときには、もしよかったら以下を拠り所にしてください。 新聞表記などはこの使い分けになっています。 #1 「元」は「ものごとの初め」で、「本」は「ものごとの大切な部分」。 「政治のおおもと」の場合は後者ですね。 従って「大本」を用います。 「発端」が「始め」という意味ですから、改めて「おおもと」という語を入れる必要はないように思います。 「大本」からの連想で、「始まり」を「元まり」としてとらえ、「大元」と書いてしまうのは、いかにもやってしまいそうな気がします。 現在は辞書に採用されない表現であるにせよ、これが普通に用いられるようになれば、あるいは100年後の国語辞典には採用されていないとも限らないかも。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた) A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。

次の

推考の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

推考 類語

特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意• 決込む• 推し計る• 思為す• 測り知る• 思做す• 測知る• 思い当てる• 思い為す• 測りしる• 正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 推し計る• 推しあてる• 本当であるか、真実であるか、可能性があるか、想像する の意• 推し計る• 推しあてる• 証拠により結論を下す の意• 測り知る• 不完全な証拠から結論される構造に関する推論 の意• 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意• 推しあて• 押推量• 押し推量• あて推量 期待する、信じるまたは 看做す の意• 推し計る• 測り知る• 思做す• 測知る• 推しあてる• 思い為す• 測りしる• 特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意• 決込む• 推し計る• 思為す• 測り知る• 思做す• 測知る• 思い当てる• 思い為す• 測りしる• 正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 推し計る• 推しあてる• 本当であるか、真実であるか、可能性があるか、想像する の意• 推し計る• 推しあてる• 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意• 壁越推量• 推しあて• あて推量 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意• 推しあて• 押推量• 押し推量• あて推量 期待する、信じるまたは 看做す の意• 推し計る• 測り知る• 思做す• 測知る• 推しあてる• 思い為す• 測りしる• 真実であるあるいは事実であると取る; 確認または証明なしで受け入れる の意• 決込む• 思為す• 測り知る• 思做す• 思い為す• 極込む• 測りしる• 特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意• 決込む• 推し計る• 思為す• 測り知る• 思做す• 測知る• 思い当てる• 思い為す• 測りしる• 正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 推し計る• 推しあてる• 推理により論じる; 推論によって立証する の意• 測り知る• 割りだす• 本当であるか、真実であるか、可能性があるか、想像する の意• 推し計る• 推しあてる• 証拠により結論を下す の意• 測り知る• 不完全な証拠から結論される構造に関する推論 の意• 直接的な観察に基づくというよりも、状況的な証拠や前例に基づく理論的判断を含む推論 の意• 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意• 壁越推量• 推しあて• あて推量 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意• 推しあて• 押推量• 押し推量• あて推量 真実であるあるいは事実であると取る; 確認または証明なしで受け入れる の意• 決込む• 思為す• 測り知る• 思做す• 思い為す• 極込む• 測りしる• 特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意• 決込む• 推し計る• 思為す• 測り知る• 思做す• 測知る• 思い当てる• 思い為す• 測りしる• 正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 推し計る• 推しあてる• 推理により論じる; 推論によって立証する の意• 測り知る• 割りだす• 起こりえる判断 の意• 見つもる• 見こむ• 推論で結論づける; 論理学における の意• 割りだす• 想定の認知過程 の意• 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意• 推しあて• 押推量• 押し推量• あて推量 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の