年賀状 辞退。 年賀状辞退の案内が届いたらこちらからの年賀状はどうする?

年賀状をやめるタイミングや失礼にならない挨拶文と文例をご紹介

年賀状 辞退

終活での年賀状の書き方 終活年賀状とは、 高齢になり年賀状のやり取りを終わりにしようと考えている人が行なうものでした。 しかし、最近では、人間関係を整理するためなどの理由で、 若い年代の人でも終活年賀状を送って終わらせる人がいるのだそうです。 でも、年賀状のやり取りをやめる方法って 「送らない」だけでいいんじゃないの?!と思う人も多いと思います。 しかし、長年続けてきたやり取りが突然途絶えたら… 受け取る側の立場で考えてみるとやはり、何かあったのかな?と 心配をかけてしまうような気がしますよね。 また、相手からはあなたに届くのに、 あなたから相手に年賀状が届かないと失礼になる場合もあります。 そのため、「今年で年賀状を最後にします」「今年で年賀状をやめます」 という内容で年賀状を送ることで、来年からの年賀状をやめようということなのです。 では、年賀状に、 どのような書き方をすれば年賀状を終わらせることになるのでしょうか。 高齢であれば、年賀状の準備が大変になったという内容で良いですが、 40代や50代となるとそうもいきませんよね。 年賀状は、年始のあいさつ状。 新年早々の目にする文章が、絶縁状のような印象ではいけないので、 一言文には気を配る必要がありそうですよね。 何よりも受け取った相手が、 「縁を切られた」と不快にならないように 配慮が必要だけど、それをどう書いたらいいのか。。。 そういった配慮を踏まえて書くなら、 年賀状を終えたい理由を正直に書くのが一番良いのではないかと思います。 例えば、 ・病気やけがによって手元がおぼつかなくなってしまった。 ・離婚によって身の回りの整理を始めた ・メールやSNSでのあいさつに切り替えたい などですね。 また、受け取った相手が、「自分だけなのでは?」と思ってしまわないよう、 すべての年賀状を辞退しているということが伝わるようにすると、 どんな理由であれ不快にならないと思いますよ。 いや、そういった 明確な理由があるわけじゃないけど、めんどくさいからやめたいんだって! という人も、たぶん…いや若い人はそういった人の方が多いんだろうな。 ただし、年賀状が届いた人にだけ、 ・年賀状を書いて送る ・LINEやメールで年賀状をやめたことを伝える のどちらかの方法で『終わらせた』ことを伝えるといいと思います。 相手が、『年賀状を送ったのに、届かなかった』と嫌な気持ちにならないためですね。 この方法なら、 年賀状が届かなかった人にまで、敢えてこちらからやめたことを伝える必要はないと思うので、楽に終わらせられそうですね。 スパっとやめたいわけじゃない人は、 この方法を数年続けると徐々に枚数が減っていきそうですね。 今年で年賀状のやりとりを終わりにしようと思います。 といった感じでしょうか。 年賀状をやめる年齢は何歳くらい? 高齢を理由に年賀状を辞退する場合でも、年齢以外の理由で年賀状を辞退する場合でも、 年賀状をやめる年齢に決まりはありません。 義務でも何でもないので、やめたいと思った時にやめればいいと思います。 高齢でもお元気であれば、続ける方もいらっしゃいますし、 若くてもさまざまな理由で年賀状を書くのをやめる方もいますからね。 年賀状を送るのをやめようと考えた時が、恐らく やめるタイミングなのだと思いますよ。 ただ、まだ若いと言われる年齢での年賀状を終わらせるのには、 賛否両論があるようです。 《賛成意見》 ・年賀状なんてめんどくさいやり取りをなくせるなら嬉しい ・メールやSNSで繋がってるから別になんとも思わない ・自分があまり幸せじゃない状況で、幸せ満載の年賀状が届くのが嫌だから など 《反対意見》 ・どんな事情であれ、絶縁宣言みたいで不快に思う ・年賀状を楽しみにしていたのに残念に思う など 確かにどちらの意見も、ふむふむ…と思いますよね。 やはり、「絶縁するわけじゃないですよ」という思いがちゃんと伝わるかどうかが カギになってきそうですね。 年賀状の終わらせ方 年賀状を終わらせるために最後に送る「終活年賀状」ですが、 果たして、「年賀状」にする必要はあるのか?私にはちょっと疑問だったんですよね。 年賀状は、 新年を祝うあいさつ状ですよね。 新年を迎えた慶びの言葉とともに、 「これが最後の年賀状です」と記すのはなんだかマナー違反な気がするのは私だけ? 個人的には、年賀状で終活するより、 寒中見舞いの方がいいのではないかと思っています。 年賀状は例年通りに送り、 1月中旬頃に 寒中見舞いで来年からの年賀状を辞退することを伝える というのが一番良い方法のではないかと。 二度手間だな~、めんどくさいな~と思うかも知れませんが、 新年早々、辞退の文章を読み寂しい思いをさせてしまわないためにも、 このような方法が、 美しい終わらせ方ではないかと思いますよ。 これが最後と割り切れば、この方法もめんどくさく感じないかもしれないですよ。 終活年賀状の書き方まとめ 来年からの年賀状を辞退するという終活。 受け取る相手の気持ちを考え、不快にさせないように配慮が必要だなと思います。 年に一度の年賀状しかやり取りがないような相手には、 メールアドレスなどを伝えて、 今後はメールで近況報告し合いましょう という内容でも良いですね。 高齢ではなく、正直に伝えることのできる理由がない場合は、 「年賀状を送らない」という終わらせ方が、シンプルで一番良い方法だと思いますよ。

次の

年賀状をやめたい…。もう出さないから辞退したい時の文例とは?

年賀状 辞退

年賀状のアンケート結果• 今後出さない旨が書かれた年賀状を貰ったことがある:57. (終活年賀状を)出したことはないが興味がある:62. そのような背景の中で終活の一環として年賀状のやり取りも整理しようとするのは当然の流れでしょう。 早い人では40代、50代から「年賀状を辞める」旨を伝える方もいらっしゃいます。 ここでは終活年賀状を出す場合の文面例や、縁切り状となってしまわないような注意点などについてまとめます。 終活年賀状で年賀状の付き合いを辞退する理由 年賀状を辞める理由は人それぞれでありますが、「なんとなく辞めます」とは言いづらいです。 年賀状そのものが下火 ネットの普及や価値観の多様化により、年賀状を送るという文化が衰退しています。 消費税増税に伴い、年賀状も1円値上がりし1枚63円となりました。 年賀はがきの発行枚数は平成31年分は約25億5900万枚とピーク時の3分の2以下だそう。 日頃、直接顔を合わせない間柄であってもお互いのSNSなどを見ることで近況がわかります。 また、現代では携帯電話・スマートフォンを持っていない人はいませんので、いつでもどこでも繋がることができます。 そんな環境において、わざわざ年賀状を出す必要性が薄れているのは確実です。 高齢化により負担が増える 日本はいまでも平均寿命が伸び続けており、国民全体の高齢化が進んでいます。 日本人の平均寿命• 男性:81. 女性:87. 手足が不自由だったり、目が見えづらいとなると年賀状の作成も一苦労です。 「高齢になったため」「年齢を考えて身辺整理のため」に終活年賀状を送るのは重要な理由の一つです。 単純に年賀状は面倒くさい 正直なところ、単純に「年賀状の風習が面倒で辞めたい」と感じている人は少なくないでしょう。 内心は面倒ごとから開放される目的でも全然ありです。 終活年賀状の書き方・文例 お健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます 平成から令和へと時代も移り変わり私(私共)も高齢となりました そのため誠に非礼ながら毎年の年賀状は控えさせていただきたく存じます これまであたたかい賀状を賜りありがとうございました 今後とも変わらぬお付き合いを申し上げるとともに 向寒のみぎりくれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます 大まかな構成• 新年の挨拶• 近況報告 (ここで年賀状の辞退理由を匂わせ)• 年賀状じまいをする旨を伝える• 年賀状以外のお付き合いは継続したい旨を伝える (縁切り状にならない用に)• 締めの挨拶 40代や50代などで高齢を理由にできない場合は「多忙のため」など忙しさを表す場合もあるようです。 もっと文例を見たい方は、年賀状印刷のさんが公開されているものが参考になると思います。 終活年賀状のはがきデザインは通常の年賀はがきで良い 終活年賀状で使用するデザインや通常の年賀はがきと変わりません。 かしこまった内容や相手方との関係性においては、ややフォーマルなデザインを用いても良いかもしれません。 年賀状でなく寒中見舞いで年賀状じまいをするケースも 年賀状じまいを伝える旨を「年賀状」ではなく「寒中見舞い」で行うのを良しと考える方もいらっしゃいます。 寒中見舞いで年賀状を辞退• 年賀状は通常どおり送る• その後、寒中見舞いで年賀状を辞退する旨を伝える 特に決まりはありませんが、新年早々「縁切り状」をもらいたくないと考える人もいる様子。 相手との関係性や、自身が年賀状・寒中見舞いに込めている意味合いを考慮して最適なタイミングを伝えると良いでしょう。 終活年賀状を送るタイミング 終活年賀状を送るタイミングは人それぞれ。 基本的には思い立ったタイミングや、終活を考えるタイミングで行うと良いでしょう。 「喜寿 77歳 」「米寿 88歳 」などのきっかけで行う 長寿を祝う区切りの年齢をきっかけとして年賀状じまいをするのも一つ。 「いつでもいい」と言われても、何かしらきっかけがないと行動しづらいのが人間です。 節目となる年齢に差し掛かったタイミングで終活を始めると、本人としても動きやすいですし、相手にも変化を伝え易いですよね。 長寿祝いの年齢• 60歳:還暦• 70歳:古希• 77歳:喜寿• 80歳:傘寿• 88歳:米寿 40代・50代で終活年賀状を送る人もいる 終活年賀状という名称のため、高齢者の行為のようなイメージがありますが、40代や50代で年賀状じまいを考える人もいます。 この場合は、高齢を理由にすることはできませんので別の理由を考える必要がありそうです。 本音としても「単純に面倒くさいから辞めたい」が大部分です。 とはいえ、面倒なので辞めますとは言えませんので「多忙」を理由に使う場合が多いでしょう。 60代以上と違ってスマートフォンやSNSの使用率は絶対に高いはずなので「今後はLINEにてご挨拶させていただきます」という代替案の提示ができます。 終活年賀状をもらったら? 終活年賀状をもらった側は、来年から年賀状を送るのを控えるだけです。 かしこまった関係性であれば、終活という理由の裏に本音として別の理由もあるかもしれませんので、相手の気持ちをくんで受け入れましょう。 仲の良い間柄であれば、了解した旨を普通にメールや電話でやり取りするので問題ありませんね。 そもそも、普段からよく会話する仲であれば、口頭で「年賀状を辞めようと思う」と相談すれば済むので、わざわざ終活年賀状を送ることはないかもしれません。 終活年賀状の注意点 縁切り状と捉えられる可能性 あくまでも年賀状じまいであり、人間関係を断つわけではありません。 しかしながら、それをどう受け取るかは年賀状をもらった側の判断。 年賀状のやり取りを重要視する人であれば不快に感じたり、寂しく思う可能性はあります。 年賀状を辞める代わりに終活ノートを活用する 本人が亡くなった場合に「生前に付き合いのあった人リスト」として年賀状が活用されます。 年賀状を見て、葬儀の知らせなどを送る場合はギリギリまで年賀状のやり取りがあった方が遺族としては助かる場合もあります。 終活年賀状で年賀状じまいをしよう 印刷屋さんでも終活年賀状用のデザイン・文面を用意してくれているところもあります。 終活の身辺整理の一つとして是非検討してください。

次の

年賀状の上手な辞退の仕方−高齢の方、高齢の親御さんの代筆をされている方に

年賀状 辞退

【文例】 私も高齢になり、最近では手足の衰えを感じるようになりました。 毎年書いていた年賀状ですが、年齢のこともあり今年で出すのは最後とさせて頂きます。 こちらの勝手な都合により失礼致します。 今後も、変わらずお付き合いをさせて頂けたら嬉しくおもいます。 高齢の方であれば、喜寿77歳、米寿88歳といった年齢の節目を機に終活年賀状を出す、出そうと思う方も多いとおもいます。 もともと、年賀状は、新年をお祝いするもので、無理にしてまで出す必要はありません。 親しい仲であれば、そこまで堅苦しい表現で書く必要はなく、フランクに書いても問題ありません。 高齢になり、年賀状を書くのが負担になってきた場合は、そこまで相手も気にしないと思います。 ですが、40代、50代の場合に終活年賀状を出すのは、受け取る側としてはあまりいい気はしないのではないでしょうか。 人間関係の整理のため年賀状を出すのを辞めたい。 SNSの発達により、LINEやメールなどで済ませばいい。 と思っているのであれぱ、何も言わずにとりあえず出すのを辞めて、 来た人のみ返すのがおすすめです。 そうすれば、だんだんと相手の方も出さなくなってくるはずです。 逆に、わざわざ出さないことを宣言されると、人によっては嫌な気分になる方もいるかもしれませんので。 スポンサーリンク 年賀状辞退ハガキを出す時期はいつ頃からいつ頃まで? 終活年賀状は、特に特別な年賀状でもなく、通常の年賀と同じように 12月15日~25日の間に出すようにしましょう。 25日を過ぎても元旦に届くこともありますが、遠方の場合は間に合わない可能性もあるので、期日は守るようにしてください。 もし、来た年賀状のみ返事を返すのであれば、1月7日までに返してください。 8日以降にだすハガキの場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとして出します。 まとめ 終活年賀状を出してしまうと、なんだか縁切りのよう気持ちになりますよね。 全部やめるというのが勇気がない場合は、今後関わりがない人には出すのは辞めるなど、少しずつ年賀状を減らしていく感じでもいいですね。 一番気楽にできる方法としましては、来た人にだけ返事を出すというのからでもいいと思います。 本来は、新年をお祝いするハガキですが、近年そのような考えが薄れてきてなんとなく義務のような雰囲気になってきてしまいました。 連絡を取り合う方法は何も「年賀状」に頼る必要もありません。 年末にイライラしながら年賀状を書くよりも、ご自身がお手紙やハガキを書きたい時に気持ちを込めて書くのが一番いいのではないでしょうか。

次の