グリコール 酸 ピーリング。 ピーリングQ&A

グリコール酸ピーリングの効果とは?自宅で行う時の副作用・注意点とは?

グリコール 酸 ピーリング

先に使ったスキンケアアイテムに程よく阻まれて、効果がマイルドになることを期待して。 とはいえ、かなりピリピリするので驚く とはいえ、塗った瞬間、かなりピリピリ感がある。 思っていたより強力だ!という印象。 翌朝、ほど良いツルツル感 翌朝、顔を見ると、見た目には何も変化は起こっておらず、洗顔してみると、手触りが程よくツルツルになっている。 良いかもしれない。 その後、厚めに塗って1時間置いて洗い流してみる またその翌日に、今度は「 洗顔直後の肌に、気持ち厚めに塗って、1時間後に洗い流してみる」という方法で試してみた。 タイミングは、出掛ける予定のない朝。 塗ってみると、強いピリピリ感は感じるものの、20分くらいでそれが収束する。 そのまま放置しても問題なさそうな雰囲気だったけれど、1時間後に洗い流してみる。 特に厚く塗った鼻周りが赤くなって皮剥けし出す 洗い流して見てみたら、特に厚めに塗っていた鼻周りが赤くなって、皮剥けしだしていた。 薄めに塗っていた頬やおでこは無害なので、 塗り方によって、肌への影響がまったく違うクリームであることを、ここで学ぶ。 この感じはディフェリンゲルのときの同じ… この鼻が皮剥けしていく感じは、以前にも体験したことがある。 それは、ディフェリンゲル。 ディフェリンゲルは4日目くらいで皮剥けしだした。 一方、わずか1時間で皮剥け祭りなグリコール酸クリーム、恐るべし。 というか、 普通は手を出すべきじゃない気がする。 私は実験が好きなのでやっているけれど、いろいろ危険が大きすぎるブツという印象。 は、は、鼻から血がにじんでいる〜 その日は、終日自宅にいたので、鏡を見るタイミングもなく、夜に。 夜、お風呂に入るときに鏡で顔を見て、びっくり。 ありゃりゃ。 鼻の頭付近から、ほんのちょこっとだけれど、出血している。 なんというか、鼻をかんでかんでかみまくって、すり切れてしまったみたいな状態。 さらに、グリコール酸クリームを厚めに塗った小鼻のわきとか、口元が、真っ赤になっている。 ところどころ、茶色の薄いかさぶた状になっている。 洗顔してふやけた状態だと、その部分から薄皮がむける(日焼けのあとみたいに)。 ちなみに、口元に厚めに塗ったのは、小さなほくろがあるので、実験だった。 レビューに、「ほくろが薄くなった」という人がいたので、試してみたのだ。 (結果、ほくろはまったく薄くなっていない。 そりゃそうよね、という結果に) とりあえず、アルガンオイルをたっぷり塗り込んで寝る 想定よりも激しく肌がピーリングされてしまったので、とにかく最短で回復を図ることにした。 余計なモノはつけず、手元にあったアルガンオイルだけをたっぷり塗り込んで、保湿だけきちんとして、そのまま寝る。 翌朝、かなり赤みは引いてきたが、皮むけしてヒリヒリする さらに赤みがひどくなってきたら困るな、と思っていたものの、翌朝になると、随分と赤みは引いてきていた。 時間の経過とともに、確実に快方に向かっているのがわかり、ホッとする。 ただ、洗顔したときに、口元の皮が結構むけてしまい、ヒリヒリしてきた(軽い傷跡みたいになっている)。 それで、傷跡に直接塗ってもOKで、保湿力が高いものとして、ほくろ除去後にクリニックで処方され、傷跡に塗っていた「 ゲンタシン軟膏」を、ちょちょっと塗ってみた。 ヒリヒリ感も落ち着き、かなり良い感じ。 さらに翌日、ポロポロと皮がむけ始める さらに翌日(厚めに塗った日を1日目とすると3日目)、茶色くなった部分の皮が、ポロポロとむけだした。 この〈 皮膚が茶色くなる感じ〉は、やけどした跡が茶色くなるのに似ている。 人に見られたら、「どうしたの?」と心配されるだろう(実際、「やけどしたような跡になって、家族に心配された」というレビューを見掛けた)。 ファンデーションを塗ると、顔全体が粉ふき状態に この日は外出予定があったので、メイクした。 ファンデーションを塗ると、見た目には異変がわからなかった部分も含めて、顔全体が粉ふき状態に。 ファンデーションを塗る前は気付いていなかったけれど、実はおでこもほっぺたも全部、ピーリング効果でうっすら皮むけが始まっていたらしい。 その上からファンデーションを塗ったもので、ファンデがムラになりまくってしまった。 なんとか、ファンデーションの上からオイルを塗ったりして、目立たないように細工をして出掛けた。 皮がむけると結構いい感じの肌が出現 それからもう一日経つと、全体的に皮むけが完了。 ざらついていた肌触りもツルツルに変化して、結構いい感じの新しい肌が出現。 内心、「皮むけが長引いたら面倒だな……」と心配していたので、ホッとした。 反省点:厚く塗ったのは余計だった おそらく、〈うす〜くうす〜く塗るのを1週間〉のような感じで穏やかに続けたら、もっときれいに害なくピーリングできたはず。 なのに、安易に厚く塗ったのは余計だったな、と思う。 ほんのちょっとずつ、そろりそろりと使ってちょうど良い代物だった。

次の

グリコール酸ピーリングで肌全体が若々しく

グリコール 酸 ピーリング

しかし年をとったりストレスなどを持っていると、その周期が遅れいつまでもはがれずに何十層にもなってしまいます。 ニキビや吹き出物はこの角質が厚くなって毛穴をふさぎ、菌が繁殖してしまっているケースがとても多いのです。 なので角質を落としてあげると肌本来の回復機能が働き、ニキビが自然と治ってくれます。 シミの場合も同じで、メラニンがたまった古い角質をはがしてあげると薄くなり、さらに肌が正常な状態に戻るのでシミを消そうとする修復機能が働きます。 ケミカルピーリングはこのように古い角質を落とすという意味でとても効果的な手段です。 Q具体的にはどうやって角質をはがすのですか? Aピーリング剤を顔に塗って、軽い火傷をさせて表面の角質をはがします。 当クリニックではアメリカで7割のシェアを占めているバイオメディック社(日本ではバイオシューティカルズ社)のピーリング剤を使用しています。 酸の種類はフルーツ酸の一種で、グリコール酸というもの。 これは天然の果物からとれる成分で、化粧品などにも使われている肌にやさしいものです。 Q角質をはがすなんて大丈夫ですか? A角質を全てはがすわけではありません。 フルーツ酸はだいたい角質の基本層までに浸透し、刺激することにより厚くなった部分のみを剥離するので心配はありません。 Qなぜフルーツ酸のピーリングが人気なんですか? Aフルーツ酸によるピーリングは、実はアメリカで爆発的な人気を集めたものなのです。 それまでのピーリング剤は肌を強く刺激してしまって日本人には副作用が起こって合わなかったのですが、フルーツ酸がでてきたことで革新的に変わりました。 例えば今まではピーリングをすると赤味や色素沈着が何ヶ月も残りお化粧ができなかったりしましたが、フルーツ酸ならピーリングをしたその日からお化粧ができます。 それだけ肌にかかる負担が少なくなったということです。 Q肌の負担が少ない分、効果も少なくなったのですか? A日本人の体質から考えると、強いピーリング剤を使用して一度に治してしまうよりも、弱いものを何回か続けたほうがよいと思います。 フルーツ酸のなかにもさまざまな種類があって濃度も20%〜70%くらいまでランクがあります。 濃度が低すぎると効果は少なくなりますし、反対に高すぎると肌にすごく負担をかえることになります。 また、ピーリング剤の塗布時間も重要です。 個人個人の肌は違います。 個人の肌もその時の状態によって違います。 個人のその時の肌に合ったピーリングをすることが大切です。 Qどのようなところでピーリングを受けたらいいですか? Aやはり医師の管理下で行うのが一番安全だと思います。 Q実際にピーリングをしている方の効果はどうですか? Aニキビに関しては、グリコール酸ピーリングを2週間に1回のペースで約5回以上行えばかなり改善されます。 ある程度改善されれば、1ヶ月に1回のペースにするなどして、ホームケア製品でケアして頂いています。 患者様によってはハードサリチル酸ピーリングをおすすめすることもあります。 これはグリコール酸に比べかなり皮がむけますのでお化粧をするまでに約1週間はかかりますし、色素沈着をおこす方もいらっしゃいますが、効果はかなり期待できます。 Qピーリングのアフターケアを教えてください。 Aピーリングを行った後は、2〜3時間、長い人で1日、赤味やほてりが続きます。 肌が乾燥しやすい方には塗り薬をお出ししています。 通常、1週間もすれば肌がツルツルしてきますが、油断しているとまたニキビが出ますから、ホームケア製品をおすすめしています。 Qピーリングを何度か続けて完治した後、しばらくしてニキビが再発することはないのですか? A悪化はしなくなります。 先ほどにもお話しましたように、ピーリングをすると古い角質がはがれ肌が本来の機能を取り戻します。 ニキビが出にくくなりますので気をつけて生活していれば再発を最小限に抑えれることができます。 もちろん、ストレスなどで肌の調子が悪くなって久しぶりに来院されるかたもいらっしゃいますが、数ヶ月に1度ピーリングを行ったり、ホームケア製品で事足りています。 Qピーリングは痛みはないのですか? Aグリコール酸ピーリングの場合、塗ったときに少しピリピリ痛かゆい感じがします。 サリチル酸ピーリングの場合は、ピリピリ痛みを感じます。 ただ我慢できない痛みではありません。 Q治療時間や通院ペース、治療費を教えてください。 A治療時間は、診察時間も含めて約30〜40分です。 通院ペースは、2週間に1回。 治療費は、お顔全体でグリコール酸ピーリングが6,300円、サリチル酸ピーリングが21,000円。 その他に診察料が若干かかります。 Qピーリングを受けた際、後遺症などはありませんか? A 信頼できる経験豊富な施設で受ければまず後遺症はありません。 ただ、ピーリング後、肌が乾燥するので無意識にかいてしまい、一時的に傷や色素沈着が残ることがあります。 しかし、それも時間が経てば治るので問題はないはずです。

次の

グリコール酸10%クリームで自宅ケミカルピーリングしてみた体験談

グリコール 酸 ピーリング

ケミカルピーリングとは酸などの皮膚に障害を与える液体を使用し、角質や表皮を化学的に溶かすことをいいます。 ケミカルピーリングで、新しい皮膚の再生を促すことにより、日本皮膚科学会でもエビデンスをみとめられた、ニキビ、しみ、小じわの改善はもちろんのこと、• メラニンの産生を抑えることで美白効果を発揮。 コラーゲン産性を誘導し、シワ・たるみといった肌の張りの回復。 より健康で美しい皮膚が戻る若返り効果(skin rejuvenation)。 にきび・にきび跡の治療(にきび肌やにきび跡もピーリングを繰り返すことによってかなり改善されます)• 毛穴の開きの改善(毛穴の中の確実なピーリング作用が可能な事・真皮にコラーゲン産生が起こる事により、角栓(つまり)毛穴やたるみの毛穴の改善が効果的です) 等様々な効果が指摘されています。 当院では、日本皮膚科学会のガイドラインでニキビ、日光黒子(しみ)、小じわで最もエビデンスレベルが高く推奨されているサリチル酸マクロゴールピーリング及び、グリコール酸ピーリングを行っております。 また当院では一人でも多くの患者様にお気軽にピーリングを利用していただきたいとの願いをこめて、顔面のサリチル酸マクロゴールピーリングを最初から最後までご自身で行うセルフピーリングを都内唯一の格安料金で行っております 月1回のピーリングを、低価格でお気軽に行えるため、仕事帰りや学校帰り、休み時間に是非セルフピーリングをご活用し、健康な肌の維持に役立てていただければ幸いです。 (セルフピーリングご希望の方は受付でおっしゃって頂ければクリニック受診からピーリングを落とすまで15分から20分ほどで終了いたします) ケミカルピーリングの効果• ニキビ、ニキビ痕• 薄い色素沈着• 肌のくすみ• 毛穴の開き• 肌荒れ、乾燥した皮膚• 薬剤の浸透力を高める効果• 老化した皮膚、小じわ(皮膚の若返り)• 皮脂や毛穴の角栓もとれるため、ニキビの新生も抑制 グリコール酸ピーリングとサリチル酸マクロゴールピーリングの比較 最も大きな違いは、その簡便さです。 グリコール酸ピーリングは2週間に1回の施術が必要ですが、サリチル酸マクロゴールピーリングは月に1度が基本です。 施術時間もサリチル酸マクロゴールピーリングはグリコール酸ピーリングよりも大幅に短縮されています。 またサリチル酸マクロゴールピーリングはグリコール酸ピーリング特有の、術後の不快感が一切なく直後からお肌のつるつる感を実感していただけます。 またグリコール酸ピーリングにみられるような赤みが出る頻度も低く、ニキビに対する治療成績もグリコール酸ピーリングよりも良いという報告が多いようです。 ニキビ菌に対する殺菌作用に関してはグリコール酸が優位にたっています。 またグリコール酸ピーリングの一番のメリットは細かく患者様の皮膚状態にあわせて濃度設定を行えることがメリットです。 症状やライフスタイルに合わせてどちらを選ぶのが良いか患者様と相談して決めていきます。 治療の流れ• 皮膚科専門医による診察• クレンジング・洗顔後にピール剤を顔全体に(ピール剤によっては目の周囲、口の周囲を避けます)塗布します。 全体になじませ、角質とピーリング剤を接触させます。 数分放置します。 (ピーリング中にポワ~っと暖かい感じや、軽くチカチカ(ピリピリ)する感じがあります。 痛み等で症状がつらいときはおっしゃってください)• ピール剤によっては)中和剤を塗布します。 その後、全体を拭き取り、荒い流しをします。 5分ほど氷水に浸したタオルで冷却していただきます。 ローションを塗布して終了になります。 当院では、ピーリング後にエレクトロポレーションやイオン導入、高濃度ビタミンCやトラネキサム酸を効率よく導入をすることもオプションで行っておりますのでお気軽にご相談ください。 ピーリング後は角質が取れているので、より浸透しやすくなります。 多くのかたが3~5回後に満足していただけることが多いです。 Q お肌が弱くてもできますか? A アトピーの方や重度のニキビの方でも施術できますので、ご安心下さい。 ただし肌が弱い方は真皮にまで浸透しないサリチル酸マクロゴールピーリングをおすすめいたします。 Q 痛みはありますか? A ごくまれに、チクチクしたような刺激を感じる方もいらっしゃいますが、サリチル酸マクロゴールピーリングでは特に強い痛みはありません。 グリコール酸ピーリングでは、灼熱痛、紅斑、まれにびらんもみられることもあります。 サリチル酸マクロゴールピーリングは洗いおとすときにやや痛みがでることもありますが、洗顔後は99%痛みがとれます。 Q お化粧はすぐにできますか? A 可能です。 ただしグリコール酸ピーリングで紅斑が強く出現した場合は12時間は避けていただいたほうがよいです。 Q 注意点はありますか? A 角質が薄くなっている状態ですので、日焼け止めは必ず塗って頂き、紫外線防御をして下さい。 Q 市販されているピーリング剤との差を教えてください。 A サリチル酸を用いた化粧品や、ピーリング石鹸、ジェルなどが市販で売られていると思いますが、化粧品としてのサリチル酸の許可基準濃度は2%までです。 それ以上のサリチル酸製剤を使用するピーリング剤は医師の調合となります。

次の