セコ バルビタール。 生きようと死のうと本人の勝手

薬物代謝(シトクロムP450など)

セコ バルビタール

アルコール 抗不安薬 抗精神病薬 催眠鎮静薬 抗うつ薬 抗ヒスタミン薬 抗パーキンソン薬 解熱鎮痛薬 相互に作用が増強されることがあるので,減量するなど慎重に投与すること。 相加的に中枢神経抑制作用が増強される。 チアジド系薬物 起立性低血圧が増強されることがあるので,減量するなど慎重に投与すること。 相互に作用が増強される。 クラーレ様物質 相加的な筋弛緩作用が起こることがあるので,減量するなど慎重に投与すること。 相互に作用が増強される。 ジスルフィラム 中枢神経抑制作用が増強されることがあるので,減量するなど慎重に投与すること。 ジスルフィラムは肝ミクロゾームの薬物代謝酵素系を抑制するため,バルビツール酸系薬剤の代謝が阻害される。 クマリン系抗凝血薬 クマリン系抗凝血薬の作用に影響を与えるので,通常より頻回にプロトロンビン値の測定を行い,クマリン系抗凝血薬の用量を調節すること。 バルビツール酸系薬剤は肝の代謝酵素を誘導し,クマリン系抗凝血薬の代謝を促進させる。 ドキシサイクリン ドキシサイクリンの血中濃度半減期が短縮することがある。 バルビツール酸系薬剤は肝の代謝酵素を誘導し,ドキシサイクリンの代謝を促進させる。 副作用.

次の

ベンゾジアゼピン系薬、バルビツール酸系薬

セコ バルビタール

ベンゾジアゼピン系薬、バルビツール酸系薬 ベンゾジアゼンピン系薬とバルビツール酸系薬 ベンゾジアゼンピン系薬と バルビツール酸系薬であるが、それぞれ似たような作用をし、下のような目的で使用される。 ベンゾジアゼピン系薬:催眠、抗不安、抗けいれん、筋弛緩作用 バルビツール酸系薬:催眠、鎮静、抗てんかん、全身麻酔作用 これらの薬はGABA A受容体に作用する。 GABA A受容体はCl -を放出し、細胞内にCl -が流入する。 これによって催眠作用などを示すようになる。 Na +が細胞内に流入することで脱分極を起こし、神経に電気信号が伝わる。 Cl -は見てのとおり、Na +と逆の電荷をもっている。 そのため、Cl -が細胞内に流入することで電気信号が伝わりにくくなる 過分極。 これにより、催眠作用などを起こさせるのである。 ベンゾジアゼピン系薬とバルビツール酸系薬はそれぞれ以下のような構造をしている。 バルビツール酸系薬はレム睡眠を抑制するが、ベンゾジアゼピン系薬はその抑制が少ないことが特徴である。 なお、ベンゾジアゼピン系薬は視床下部、大脳皮質に作用し、バルビツール酸系薬は脳幹網様体に作用する。 ベンゾジアゼピン系薬 BZ には トリアゾラム(商品名:ハルシオン)、ブロチゾラム(商品名:レンドルミン)、フルニトラゼパム(商品名:サイレー、ロヒプノール)、クアゼパム(商品名:ドラール)などがある。 「~ゼパム」「~ゾラム」という名前がくればベンゾジアゼピン系薬である。 なお、 トリアゾラムは超短時間型薬物であるが、副作用として前向性健忘が有名である。 それに対し、バルビツール酸系薬には フェノバルビタール(商品名:フェノバール)、ペントバルビタール(商品名:ラボナ)などがある。 「~ビタール」とつけばバルビツール酸系薬である。 睡眠と脳波 ベンゾジアゼピン系薬、バルビツール酸系薬には催眠作用があり、不眠症などに使用される。 脳波は睡眠時と覚醒時で形が異なっている。 下に睡眠時と覚醒時の脳波の様子を示す。 睡眠時には振幅の高い波が観測される。 この脳波が 高振幅徐波である。 それに対し、覚醒時には振幅の低い波が観測される。 これが、 低振幅速波である。 抗不安薬 ベンゾジアゼピン系薬やバルビツール酸系薬とは無関係であるが、 タンドスピロン(商品名:セディール)は抗不安作用を示す薬物であり、 5-HT 1受容体アゴニストである。

次の

2

セコ バルビタール

英 化 商 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. latent phase of labor• pharmacologic management of pain during labor and delivery• testing for drugs of abuse doa Japanese Journal• 医薬品分析における反応機構 第2報 : セコバルビタールの定量法• 気賀沢 和雄 [他],清水 弘明,岩田 武彦,田中 尚純,中黒 秀長• 藥學雜誌 90 3 , 257-261, 1970-03-25• Colorimetric determination of barbituric acid derivatives is made by hydrolysis with sodium hydroxide to cleave the ring and coloration with a mixed solution of dimethylglyoxime and thiosemicarbazide …• 前投薬としてのジアゼパム・セコバルビタール剤混合投与の価値• 森 新太郎• 臨床婦人科産科 20 4 , 319-321, 1966-04-00• セコバルビタール剤による無痛分娩• 長内 国臣 [他]• 産科と婦人科 29 10 ,???? , 1962-10-00• Related Links• 企業系リソース 薬価情報含む セコバルビタール - QLifeお薬検索 - QLife. Inc. セコバルビタール - 医薬品情報・検索 イ-ファ-マ - Allied Medical Associates Co. , Ltd. 管理系リソース secobarbital - 規制物質法 CSA - DEA, アメリカ合衆国• ChemicalBook あなたのためにセコバルビタール 76-73-3 の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にセコ... Related Pictures Japan Pharmaceutical Reference 薬効分類名• 催眠鎮静剤 販売名 注射用アイオナール・ナトリウム(0. 2) 組成 注射用アイオナール・ナトリウム(0. 1バイアル中にセコバルビタールナトリウム200mgを含有する。 バルビツール酸系化合物に対し過敏症の患者 効能または効果• 不眠症,麻酔前投薬,全身麻酔の導入,不安緊張状態の鎮静• 幼児,小児,虚弱者 [呼吸抑制を起こすことがある。 高齢者(「高齢者への投与」の項参照) [呼吸抑制を起こすことがある。 頭部外傷後遺症又は進行した動脈硬化症等の脳の器質障害のある患者 [中枢作用が増強されるおそれがある。 ] 重大な副作用 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)• 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(発熱,皮膚・粘膜の発疹又は紅斑,壊死性結膜炎等の症候群)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には,投与を中止すること。 チアノーゼ,呼吸抑制(0. 1〜5%未満)• チアノーゼ,呼吸抑制があらわれることがあるので,観察を十分に行い注意すること。 薬物依存(頻度不明)• 連用により,薬物依存傾向を生じることがあるので,観察を十分に行い,慎重に投与すること。 特にアルコール中毒,薬物依存の傾向又は既往歴のある患者,重篤な神経症患者に対しては注意すること。 禁断症状(頻度不明)• 連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により,不安,不眠,痙攣,悪心,幻覚,妄想,興奮,錯乱又は抑うつ状態があらわれることがあるので,投与を中止する場合には徐々に減量するなど,慎重に行うこと。 なお,高齢者,虚弱者の場合は特に注意すること。 薬効薬理• セコバルビタールナトリウムは鎮静催眠作用を示すバルビタール系薬剤であり,作用持続時間からみるとチアミラール等の超短時間作用性バルビツレートとアモバルビタール等の中等時間作用性バルビツレートとの間に位する。 有効成分に関する理化学的知見 一般名• セコバルビタールナトリウム(Secobarbital Sodium) 化学名• Sodium 5-allyl-5- 1-methylbutyl barbiturate 分子式• C 12H 17N 2NaO 3 分子量• 260. 26 性状• 白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはない。 水に極めて溶けやすく,エタノール(95)に溶けやすく,ジエチルエーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない。 本品は吸湿性である。 7〜11. 0である。

次の