ミルダム それは。 ミルダムでお金を稼ぐのは辞めたほうがいい理由 底辺になるぞ?|ゲマコミpl.metrostav.cz

時給500円稼げると噂のゲーム配信サイト「Mildom」の今後を予想する

ミルダム それは

どうも、NathVieです。 前回のGameWithの件に続き、またまたスカウト案件が届きました。 送り主の名は「Mildom(ミルダム)」といい、YoutubeやTwitchのようなゲーム配信の新たなプラットフォームとして台頭したようです。 今回はそのMildomについて色々とまとめてみます。 「Mildom(ミルダム)」とは 公式ページの会社概要にはこのように書かれており、設立は僅か2か月前。 ちなみに「DouYu」は中国でのNo1ゲーム実況配信サイトで、いわば「中国版Twitch」といったところ。 今回はそれが日本向けに上陸してきたわけである。 ちなみに中国はYouTubeやFaceBookなどといった世界規模のツールやサイトを国内でアクセス禁止にしており、DouYuが中国No1のプラットフォームになったのもその影響が非常に大きい。 海外ブランドを排除する理由は「国内市場の独占」や「情報の統制」である。 簡単に言えば「輸入はしないが輸出はする」という感じで、今回の「Mildom」も自国で成功を収めた勢いで日本も侵略せんとする試みかもしれない。 時給500円のインパクト Mildomの応募ページにはこう書かれている 報酬に関して要点をまとめるとこんな感じ• 配信1時間毎に500円(最大1500円まで昇給あり)• 1日最大4時間分まで支払い可能(2000~6000円)• 最低でも90分以上は配信しないと報酬カウントなし• 無言配信はNG この要件を満たしてさえいれば、 たとえ視聴者が0人だろうと報酬が発生する。 ビジネスとして破綻しそうなのは言うまでもないが、それを可能にするのがチャイナマネーの怖いところ。 そして「公認配信者」制度も存在し、その実力に応じて固定給が支払われる。 YoutubeやTwitch同様に投げ銭機能も存在するため、固定給も合わせればかなりの額を稼ぐことが可能なのかもしれない。 配信者の応募がおかげさまで5,000人に到達しそうです!皆様のご応募ありがとうございます!審査結果に関しては通過された方からご連絡差し上げております。 しかしこれは配信者の人数であって「視聴者層」が増えたとは言い難い。 私から言わせてもらえば、時給目当てで登録する層が他者の配信をわざわざ見るとは思えないのだ。 言ってしまえばゲーム動画をただ垂れ流して小銭を得たいだけの怠け者が大半である。 この5000人の中で「本気で配信を頑張る」のは本当に一握りだろう。 そして当然ながら何の知名度もやる気もない彼らに広告効果は一切なく、視聴者層増加に貢献することはまずない。 まさに金ドブである。 ちなみに私のところに来たスカウト内容だと、 30代会社員の平均月収をダブルスコアで上回るほどの月額固定給を提示されて正直ドン引きである。 当時アイスボーン特需で一番勢いのある時期だったとはいえ、どう見ても過大評価である。 私程度でその額を提示されるのならば、登録者が100万人クラスの配信者ならプロアスリート並の年俸を提示されているかもしれない。 チャイナマネーは恐ろしい。 金で囲われる配信者 世界クラスのストリーマー(配信者)だとFORTNITEで有名な「Ninja(ニンジャ)」や、各種FPSタイトルのプロゲーマーで有名な「shroud(シュラウド)」がいる。 彼らはTwitchのスター的存在でその影響力は計り知れないが、2人とも現在はTwitchから離脱してしまった。 ではどこにいるのかと言うと、Microsoftが運営する新たな配信プラットフォーム「Mixer」だ。 移籍に至った経緯についてはこのページで詳細が綴られている。 Twitch側との交渉が上手くいかなかったことや配信環境への不満など理由は様々ある。 しかしその中でも目を引くのはやはり数億と言われる契約金であり、フォロワー数が1000万人を超える彼を引き抜ければプラットフォームを牽引する存在になり得るのだ。 活動の場を移すのは配信者にとってリスクが大きいが、多額の契約金はその決断を後押しさせる。 Mildomが引き抜いた広告塔 恐らく多くのYoutuberが多額の報酬でスカウトされたと思われるが、Mildom運営が広告塔として宣伝しているのはプロゲーマーチーム「父ノ背中」である。 つまりは独占契約に近いものだと思われ、規模も考えると私の時とは比較にならないほどの額が提示されたと予想される。 しかし現実はそう甘くはない。 個人で10万のツイッターフォロワーを抱える彼らでも、既に地盤が固まっているYoutubeから視聴者を誘導するのは難しい。 これは広告塔となった父ノ背中メンバーの一人「ダステル」氏のMildomトップページ画像。 ちなみに彼のYoutube登録者数は31万人でツイッターフォロワーは12万人である。 これほど多くのファンを抱える彼でも、他所から移動してきたファンの数は4000人程度。 告知も行いMildomでの配信もそれなりの頻度で行っているようだが、現状での視聴者数は100~300人程度しかいない。 Youtubeでの配信なら1000人は余裕で超えてくるはずなので、比較するとやはり見劣りするのは言うまでもない。 キャンペーン開始📣 今日13:00から「父ノ背中」 けんき 、あびつん 、ダステル の三名が配信開始!! 更に、視聴者限定!! こんなその場限りの集客を行っても乞食が寄ってくるだけで、おそらく長期的な視聴者増加にはつながらない。 更に気になるのはこの配信が10月23日(平日の水曜)の13時という大多数の人が視聴できない時間帯に行われ、告知自体も当日であまりに遅いという点。 初の運営主催イベントがこの有様では、担当者が配信事業に関して素人なのではないかと思わざるを得ない。 視聴者が求めるもの MixerやMildomのように新規に立ち上げた配信プラットフォームに一番必要なものはズバリ 「視聴者」だ。 しかしYoutubeやTwitchなどといった強力なライバルが既にシェアを独占しているため、視聴者を増やすには奪い取るしかない。 そのために他所から有名人を引き抜き、そのファン層を自分のフィールドに誘導するのである。 しかし、これは完全に運営側の都合であって視聴者側の都合は完全に無視されている。 配信者が自分の活動場所を選ぶ際は 「利便性」と「収益性」の2つが柱になるが、視聴者は当然ながら収益などないので「利便性」さえ優れていればそれでいい。 この時点で配信者と視聴者の間には溝があるといっても過言ではない。 現状でYoutubeやTwichがシェアを独占しているのはその利便性の高さからくるもであり、それに伴い利用者も増えて収益率(広告収入や投げ銭など)も上がる。 つまり収益率は 「ユーザー視点での利便性」が高くないと期待できない部分なのである。 Mildomのように「時給制+固定給」の場合は利用者の数が収益率に影響しにくいが、プラットフォームとして盛り上がるためにはやはり利便性は必須項目。 どんなに好きな配信者でも、現状より環境の悪いプラットフォームに移籍されれば 「金に目がくらんでファンを切り捨てた」と失望する者もきっと出てくる。 そして規約によるとMildomは 「他配信サイトでの同時配信禁止(リアルタイムでの同時配信)」で「配信アーカイブの著作権もMildom側に帰属」する。 これだけの制限が加わるデメリットを考えれば、よほど高額な固定報酬が約束されない限り公認配信者として契約するメリットはほぼ無いと言える。 Mildomの現状と今後の予想 まずは上の画像を見てほしい。 これは10月半ばのゴールデンタイム(21時頃)に撮影したMildomトップページのスクショなのだが、トップに表示される人気ライブカテゴリですら10人前後の視聴者しかいない。 まだサービスインから1か月ほどしか経ってないとはいえ、あまりの過疎っぷりに泣けてくるレベルである。 この状況でも彼ら彼女らには時給500円が支払われるのだから、現時点ではビジネスとして間違いなく崩壊している。 ではなぜここまで人がいないのか?それは単純に 「利便性の問題」からだろう。 特に致命的なのが 「検索機能が実質存在しない」という点。 検索できるのはユーザー名とIDのみで、配信タイトルやゲーム名などは検索できない。 これでは好きな配信など探せるはずもない。 カテゴリーのページは用意されているものの、個別で設定されたタイトルはたったこれだけ。 スマホゲームのカテゴリに至っては数本しか用意されていない。 ちなみに私に来たスカウト文章には 「MHWIの配信を見て非常に魅力を感じた」と書かれていたが、モンハンのカテゴリーなど用意されていなかった。 こんなFPSやバトロワがメインのところでモンハン配信しても間違いなく誰も見に来ない。 場違い感が半端じゃない。 どうみても 「うちでモンハン配信してくれ」というスカウト内容だったのにカテゴリすら用意してないのは流石に酷いのではないか。 現状から言わせてもらえば、Mildomは完全に 「コケるコンテンツ」と見て間違いない。 YoutubeやTwitchの視聴者がここに移住するメリットがまるで存在せず、配信者も広告塔のチームを除けば無名の小銭稼ぎしかいない。 Mildomはサイト構造からみても未来のスターが生まれる作りになっておらず、トップページからして広告塔の有名人にしか注目が行かないデザインにされている。 そして基本的に動画投稿ではなく配信のサイトなので、Youtubeのように投稿した過去動画からファンが増えていくことも基本的にない。 配信アーカイブは一応残せるようだが、1時間超えが当たり前な上に無編集で見づらいライブアーカイブを動画としてフル視聴する者などほぼいない。 つまり、新人がファンを増やすには最悪の環境なのである。 利用者が少ないので新参でも人目に付きやすいのは間違いないが、視聴者10人でチャットが一切ない配信をトップ表示するのはもはや晒し者も同然である。 ここから芽が出る新人がいるとは正直思えない。 まとめ Mildomは500円の配信者報酬をこの業界を大きくするきっかけと考えています。 日本に根付き始めたe-Sports・ゲーム配信の文化を大きくするために力を注いでいます。 好きなゲームで生きていく時代のために、皆様のご参加をお待ち致しております。 しかし、結局は金で配信者を囲い他サービスからユーザーを奪おうとしているだけである。 利便性で見れば他サービスに大きく劣るのは明らかで、業界の成長に貢献する意思があるとも思えない。 そして金の匂いが濃すぎて、ただでさえ世間的に理解されにくいゲーム配信のイメージが余計に悪化するのではないだろうか。 Mildomが大金で大物を囲えば囲うほど、配信者からファンが離れて逆に業界が衰退していくのではないかと私は思う。 nathnath.

次の

【ミルダム】ゲーム配信サイトMildomを語るスレ Part3

ミルダム それは

こんにちは!pitarobotです! 今回は、Mildom(ミルダム)のイベント参加についてです! 先日10月31日にMildom(ミルダム)内で、ハロウィンイベントが開催されました! それに参加したときのことを書いていきたいと思います。 Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントについて• 参加した結果• おわりに 1. Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントについて おそらくMildom(ミルダム)初の 配信者参加型イベントが10月31日に開催されました。 10月31日といえばなんでしょう?そうです! ハロウィン!!! です! 世間ではハロウィンといえば渋谷ですが、ゲーム配信者のハロウィンはMildom(ミルダム)にあった!!! といっても、僕はハロウィン当日友人と予定があったので、このイベントには参加できない予定でした。 しかしなんと!友人との予定が急遽変更になったため、Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントに参加できるようになったのです! そうとわかってから、僕はMildom(ミルダム)ハロウィンイベントに参加すべく、仮装のための衣装を探しまくりました・・・。 そして購入した仮装がこちら! そうですw この右の白いお面でございますw ドン・キホーテで1000円以下で買えました! そしてハロウィンイベントに臨むのであった・・・ 2. 参加した結果 まず、参加方法についてです。 公式HP内に、「ハロウィン配信フェスタ」と題して、特設ページが作られていました。 当日いきなり参加も可能でしたが、事前に公式からハロウィン推薦タグを得られる審査に応募ができます。 ハロウィンイベントでは、人気を集めた配信者や、工夫をしている配信者をMildom(ミルダム)側で審査し、イベントに貢献した配信者にはプレゼントが贈られるということになっていました。 プレゼントの一部として、サイト内で使える通貨のプレゼントや、今後〇〇日間の推薦タグのプレゼントなどです。 本日11月3日ですが、ハロウィンイベントでのランキング等は集計が終わっており、プレゼント受賞者なども発表されておりました! 残念ながら僕は特になにも実績がなかったので、どのプレゼントも貰えませんでしたが(泣) これだけ見ると、「イベント参加しても微妙じゃね?」とみなさん思われるかと思いますが、 ところがどっこい!これからお得情報をお届けします! それはイベントの配信中に起こりました! なんと!Mildom(ミルダム)公式さんが配信を見に来てくれて、アイテムをたくさん投げてくれたのです! つまり、ハロウィンタグで配信をしてイベントに参加していた配信者のところに巡回してくれて、アイテム(ギフト)を投げてくれたということです。 Moldom(ミルダム)さんからのささやかなハロウィンプレゼントですね。 僕はイベントまで300コイン程度ギフトでいただいていたのですが、 Mildom(ミルダム)公式さんはなんと 2518コイン も投げてくれたのです! たしかに、イベントの告知で「ささやかなプレゼントがあるかも?」とうたっていたので これのことか!と思いました。 初のイベントでしたが、参加してとてもよかったです! 3. おわりに ということで、Mildom(ミルダム)の公式イベントには是非参加すべきだと思います! 今後のイベントもおそらくMildom(ミルダム)公式からなにかしらの特典があると思われます。 配信者が減らないよう、Mildom(ミルダム)側も色々と企画を考えてそうですね。 Mildom(ミルダム)が浸透するかしないかは、スタートダッシュの今が大事ですので、資金等も多額に投資してくると思います。 僕も引き続きMildom(ミルダム)で配信していきますので、 よかったらフォローよろしくお願いいたします! 配信に興味のある方は、ぜひ登録してみはいかがでしょうか。 カテゴリー タグ, , , , , ,.

次の

【ミルダム】ゲーム配信サイトMildomを語るスレ Part3

ミルダム それは

こんばんは。 takaです。 先日の記事、たくさんの方々に読んでいただき嬉しく思います。 ありがとうございました。 今回の記事はただ言いたい事を書きなぐっただけなので、内容はあまり無いです。 まずは目にした意見の返信を。 私が単にライバルズプレイヤーで主にライバルズ配信を視聴しているので、限定的な文章になってしまいました。 申し訳ございませんでした。 ドラクエシリーズを含め、権利関係をクリアしていないゲーム実況全てにあてはまります。 それに現時点で違反しているのが問題です。 少し厳しい意見として、問題ないと言ってる人達は契約や法律を甘く見過ぎだと思うので、意識変えるべきだと思います。 仮免の人が公道走ってたらどうなるか。 まぁ正直言って、私もがっちがちにこうするべきだ!なんて言うつもりは毛頭ございません。 それに私の発言は業界人でもなく、ただの1ファンなので、なんの強制力も法的効力も持ちません。 やるならやればいいし、深く考えずに今まで通り見る方も見るで良いと思います。 ただし自己責任ですよって事だけです。 1視聴者の意見として皆様方の考えるきっかけになって貰えればいいな。 くらいの感覚です。 レナスさん、それはさん、きょんこさんも私は好きです。 レナスさんは過去に問題発言をしたり、マナーが悪かったりして正直印象は良くなかったですが、しっかり反省をして意識が変わり、ラダーでも連続で1桁順位でトッププレイヤーになる資格を持った存在だと思います。 悪いレナスさん出てきちゃダメだよ! それはさんは視聴者さんがちょっと特殊でコメント欄が動物園なのが面白くて好きです。 プレイも相手の嫌がる事が得意で、良い印象を持ってる人は多くないと思いますが、カードゲームって相手の嫌がる事をするのが良手なので、また勇者杯で観れる日を楽しみにしてます。 きょんこさんは正直言ってライバルズの宝です。 どの業界でも新規さんは宝って言われてますが、ご本人が真摯にカードゲームを上手くなろうとしている姿は応援したくなります。 それに少し嫌に聞こえるかもしれませんが、女性はエンタメ業界が発展するには必要なピースです。 女性のいる場所には人が集まります。 人が集まるところにはお金が集まります。 きょんこさんが頑張ればライバルズが発展します。 これからも引き続き頑張って欲しいです。 トシさん。 あなたは上の3人とは違います。 あなたが違法行為するのは絶対ダメです。 私はライバルズが大好きです。 あなたはそのライバルズ界のトッププレイヤーであり、いわゆるスタープレイヤーです。 ライバルズの発展、延いてはDTCG業界、eスポーツ業界がちゃんと市民権を持ち、民官関係なくお金が回り、我々が益々良い環境で楽しむ為には、 足を引っ張る人間に隙を見せてはいけません。 目先のお金に負けないで、あなたが模範となり、健全で豊かなゲーム業界を作っていく。 そういうワンランク上の意識を持っていただきたい。 メディア露出する人間が、実は違法行為をしていました。 では業界を盛り上げようとする人達の足をひっぱる事になります。 あなたの存在はライバルズに必要です。 今後のご活躍を期待しています。 重ねて申し上げますが、私は業界人でもなんでもないただの1ユーザーです。 今これを書いてて、なんで俺はこんな事言ってるんだろ?って正直なってます。 でもそれは多分、ゲームが大好きで本気でeスポーツを応援してるからです。 どうか世のスタープレイヤーにこの声が届きますように。 そしてゲーム業界が少しでも良い方向に発展しますように。 taka.

次の