革命家ドラゴン。 ワンピース考察!サボとコアラの伏線?ドラゴン&タイガー

モンキー・D・ドラゴン (もんきーでぃーどらごん)とは【ピクシブ百科事典】

革命家ドラゴン

世界の著名な革命家 [ ] ヨーロッパ [ ]• ロシア・旧ソ連 [ ]• (ロープシン)• アメリカ [ ]• アジア [ ]• 中東 [ ]• アフリカ [ ]• オセアニア [ ]• 日本の著名な革命家 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

モンキー・D・ドラゴン (もんきーでぃーどらごん)とは【ピクシブ百科事典】

革命家ドラゴン

ワンピース「第432話」より引用 ルフィ『おれに父ちゃんなんかいるのか?』 ガープ『何じゃい、名乗り出やせんかったのか…。 』 『ローグタウンで見送ったと言うとったぞ!』 第432話より 世界政府直属の 「海軍」に所属しているガープと 世界政府を倒そうとしている 「革命軍」のドラゴン…。 本来は敵対する立場にあるはずの二人ですが、どうやら仲が悪いわけではなさそうですね。 さらに、ガープはルフィが海賊になることに否定的でしたが、ドラゴンの活動に対しては否定的な発言をしていませんでした。 彼の性格的に 『あのバカ息子が…!!』とでも言いそうな気がするのですが…。 ルフィの楽しそうな顔。 』 スラップ『海賊は海賊じゃ!!』 マキノ『でもあの子の夢だもの。 村人達がルフィのことを 『東一番の出世頭』と話していることからも、彼らはドラゴンの存在を知らないように感じます…。 なので、ドラゴンはやはりガープの実の子だと思ってます。 ルフィの実の母は、まだ「これ!」って思える予想はできませんが。 「ルフィの親族に海賊がいた」というのももしかしたら、ルフィの母方の祖父母が海賊だったか、ガープの妻というかドラゴンの母が何らかの理由で海賊になってしまったのかも。 なんて思ったのですが。 それとガープの妻、ルフィの祖母はスラップの姉か妹でもあるのかも、とも考えてます。 仮にドラゴンの母でもあるガープの妻が海賊に「成り下がった」のだったら、スラップが海賊を嫌うのも無理からぬことなのかも…。 書き込んでて思ったのですが、ガープと結婚した女性は彼と上手くやってたのでしょうか…? 彼もルフィに似てわがままで気まま、天衣無縫な言動だから、よっぽど神経の図太い人でないとガープの妻なんて務まらないと思うのですが…。 そこで、ガープは、ルージュから名を取り、ルフィにした。 ドラゴンは、義理の父。 ガープは、血が繋がった、おじいちゃん。 おばあちゃんって言うのは、ビッグマムです。 ボニーは、エースです。 後、赤と金 黄 で、ルージュとロジャーが着てる服や花と金髪。 後、ルーシーに「ハハ」を付けると、ルージュになります。 ついでに、ボニーも、ガープの娘です。

次の

ワンピースのドラゴンの能力まとめ!懸賞金の噂について!サボとの関係も|ワンピース ネタバレ考察

革命家ドラゴン

イリシア王国(イルシア王国)(西の海) 出席者:タラッサ・ルーカス(未確定) イリシア王国とは、ドラム王国編で描かれた8年前のレヴェリーで 革命家ドラゴンを危険視する発言をした国王タラッサ・ルーカスが治める国です(名前は「ONEPIECE YELLOW」より)。 ワンピース本編には国名や人物名は登場しませんでしたが、82巻823話にはレヴェリーへ向かう各国の船の中に 「ILISIA」と描かれた船が登場しています。 イリシア王国から参加する人物はまだ確定していませんが、過去のレヴェリーで国王が革命家ドラゴンを危険視していたことから、今回のレヴェリーでも 革命軍と関係してくる可能性が高いです。 8年前に開かれたレヴェリーの議題で危険視された革命家ドラゴンが、世界への影響力を増して、今回のレヴェリーで大きなうねりを起こすとしたら熱い展開です。 やはり何かしらの形で 革命軍は世界会議に関係してくると考えられます。 革命軍の現在と世界会議 現在、 革命軍の総本部「バルティゴ」は黒ひげ海賊団によって壊滅させられ、総司令官ドラゴンと参謀総長サボ含む革命軍メンバーの居場所は不明です。 死傷者の情報は出ていないというので、革命軍はどこかに拠点を移したのかもしれません。 直前までバルティゴにいたドラゴンはコアラに次のような命令を出していました。 ドラゴン「あいつらの力が必要だ 世界に散る革命軍全軍のリーダー達を収集しろ…!!! 」 ワンピース80巻803話 ドラゴンが革命軍全軍のリーダーを集める理由は今のところ判明していませんが、 何かしらの行動を起こそうとしていることは間違いありません。 ステリー再登場!! 世界会議で革命軍サボとの対面はあるのか!? ステリーはゴア王国過去編で登場した サボの義弟です。 将来を有望視され、養子としてサボの父親に引き取られました。 サボの両親は息子が王族の娘と結婚することを願っていたので、ステリーは両親の願い通りに王族の娘と結婚してゴア王国国王となったようです。 身分の低い者を「ゴミ」と呼ぶなど性格は幼少期から変わっていないステリー。 貴族であることを恥じ、現在は革命軍となったサボとは当然相容れないでしょう。 ステリーはサボが天竜人に撃たれて死んだと考えているはずですが、サボとの レヴェリーでの再会はあるのでしょうか。 サボがマリージョアを訪れるとすれば、 革命軍の動きと関連しているはずです。 レヴェリーを機に革命軍は動くのでしょうか。 レヴェリーでついにワポルが動く!? サクラ王国ドルトンとの因縁は 悪ブラックドラム王国(南の海) 出席者:国王ワポル 世界会議にはサクラ王国(元ドラム王国)から 国王ドルトンが参加します。 「サクラ王国」とはかつてワポルが治めていた元ドラム王国ですが、ワポルがルフィに敗れた後、国名を「サクラ王国」と改め、元ワポルの部下ドルトンが新しい国王になりました。 一方、国を追われたワポルは 「悪ブラックドラム王国」を建設して国王の座に返り咲き、祖国の王となったドルトンを引きずり落とそうと企んでいます。 レヴェリー編にワポルとコブラと革命軍の因縁 ワポルとの因縁といえば、アラバスタの国王コブラもまた、ドラム王国編に描かれた 8年前の世界会議で言い争いをするシーンがありました。 当時のレヴェリーでの議題は革命家ドラゴンに関するものでした。 当時、ドラム王国の国王だったワポルは 「革命家などに惑わされる様な国政はやっとらん」と言い放っていましたが、現在、悪ブラックドラム王国が革命軍によって反乱を起こしているなんて展開もあるかもしれません。

次の