目 が 腫れ た 時 の 対処 法。 目が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

【医師が監修】冷やす?温める?目が疲れたときの正しい対処法!

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

いつもより目やまぶたがむくんでいる・腫れているように感じる時、見た目も気になりますが、健康面からも注意が必要なこともあります。 急にまぶたが腫れて熱を持っている• まぶたの腫れだけではなく目の充血や痛みもある• 片方のまぶただけが腫れている このような場合、どういった病気が考えられるでしょうか。 まぶたの腫れが知らせる病気 まぶたの腫れに伴ってさまざまな症状がある時、何らかの病気が隠れている可能性があります。 考えられるものとしては、次のようなものがあります。 まぶたの腫れが表れるよくある病気 まぶたの腫れから疑われる病気は、多くの場合以下の通りです。 霰粒腫 さんりゅうしゅ まぶたの裏側のマイボーム腺という場所に 肉芽腫 にくげしゅ という塊が発生する病気です。 初期症状としてはまぶたにしこりが生じ、しばしば腫れることがあります。 炎症が強くなると赤みが生じ、ときには皮膚から肉芽腫が出てきたり、まぶたにひきつれが生じることもあります。 数週間から数か月で自然に小さくなることもありますが、大きくなってしまった場合にはステロイド注射や手術で摘出などの治療が必要になることもあります。 受診の目安とポイント まぶたの腫れは数日のうちに自然と引くこともありますが、一方まぶたの腫れがなかなか引かない、日ごとにひどくなる、他の症状があるという場合にはできるだけ早く医師に相談しましょう。 その場合は基本的に眼科への受診でよいでしょう。 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 まぶたの腫れは普段の生活習慣から引き起こされていることもあります。 以下のようなまぶたの腫れの原因となる習慣がないかどうか、日常生活を見直してみるのもよいでしょう。 目を強くこすった まぶたは人間の皮膚のなかでも最も薄い部分です。 そのため、目をこすることで容易に刺激を受けて腫れてしまうこともあります。 目をこすりすぎたときは まず、目をこする原因となったなどがあれば、それを取り除きましょう。 目をこするという動作をなるべくしないことが大事です。 また、摩擦によって腫れたまぶたは乾燥しやすくなっています。 化粧水などで丁寧に保湿するのもひとつの方法です。 化粧品などの刺激 まぶたは皮膚が薄い分、肌に合わない化粧品などの刺激を受けやすく、乾燥や赤みなどの症状が出やすい部位でもあります。 スキントラブルを避けるために スキンケアもメイクアップもできるだけ肌への優しさにこだわっている商品を選ぶこともひとつの方法です。 また毎日アイメイクをしている人は、たまにはメイクをしない日を作るなど、まぶたを休ませる日を作るようにしてはいかがでしょうか。 アルコールや水分の取りすぎ アルコールや水分の取りすぎでまぶたがむくんだり、腫れたように感じることがあります。 一時的なものですが、飲み過ぎには注意しましょう。 よくならないときには このような工夫をしてもいつまでたっても良くならない場合は、何らかの病気が隠れている可能性も考えられます。 そのような時は一度眼科で相談してみましょう。

次の

寝過ぎて目が腫れた時に速攻で解消できる対処法【時間がない方必見】

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

ハウスダスト ハウスダストの要因になる布団やじゅうたん、衣類などから出るホコリは目に見えるものから見えないものまで常に私たちの周りに漂っています。 就寝中に目に入ったハウスダストを無意識に手でこすったり、掻いたりすることで炎症が起きる可能性が高くなります。 花粉症 今では季節を問わずさまざまな花粉により目の違和感を訴える人が増えました。 微細な花粉は容赦なくわたしたちの目の中に飛びこんできます。 その花粉によりアレルギー反応が起きると炎症が起き、目の腫れとなってしまいます。 アイメイク 普段特に問題ないアイメイクも炎症の原因となることがあります。 パウダータイプのアイシャドウはメイク後もパラパラと目の中に落ちてくることもあります。 またまぶたの際までつけるマスカラやアイラインも炎症の原因となることもあります。 原因2. 浮腫 むくみ が原因の場合 目の腫れはあるものの、目の中や周囲に痛みを感じないときは「むくみ」から起きている可能性があります。 そして寝起きに目がむくむ主な原因がこちら。 寝る前に大量のお酒や飲み物を飲んだ 夜寝る直前に多めに水分補給した場合、むくみを引き起こしやすくなるようです。 特に前日の夜に大量のお酒を飲みそのまま寝てしまったときなど、翌朝まぶたにむくみが現れることがあります。 腎臓が弱い 冷え性や足にむくみがある場合、体内の循環に滞りがある状態とみられます。 もし過去に膀胱炎などの経験があるとしたらもともと体質的に腎臓が弱いかもしれません。 原因3. ドライアイによるもの 特にソフトコンタクトレンズを使う人にとってドライアイは強敵。 ソフトレンズは違和感が少なく装用しやすいのが特徴ですが、ドライアイの状態でレンズをつけ続けると目の表面に貼りつくことから、レンズの動きが悪くなってしまいます。 目を保護するための涙が少ないドライアイの場合、角膜に傷がつき炎症が起きてしまう可能性大です。 こうなると目を開けているのもつらいほど痛みを感じ、腫れも起きてきます。 冷やすor温める もし炎症によって目やまぶたに痛みを感じる場合はすぐに冷やしましょう。 水で濡らしたタオルを固く絞り目に当てます。 逆に痛みがない場合は濡らしたタオルを絞りレンジで一分。 ほどよく温まったタオルを優しく目に当てます。 血行が良くなることで腫れがひきやすくなります。 首や足元も冷やさないようにするとさらに効果的。 お出かけ時には首回りにはスカーフやマフラーなどを巻いて温めておきましょう。 絶対にこすらない! 目に違和感があると気になってついついこすってしまいがちですよね? ですが目の粘膜はとてもデリケートですからなるべく触らないように気をつけます。 触らないことでより早く腫れがひきやすくなるので、ついつい触ってしまうのはNGです。 紫外線に気をつける 特に紫外線の強い時期はサングラスをかけたり日傘をさすなど、外線から目を保護するようにしてください。 腫れに紫外線が当たると引くまでに時間がかかるようになってしまいますよ。 コンタクトレンズは外しておく 目が腫れているとき、コンタクトレンズはNGです。 コンタクトをしていることで治りが遅くなってしまいますので、腫れを隠す意味からもメガネをかけておき、コンタクトレンズは目の腫れが完全にひいてから使うようにしましょう。 なかなか目が腫れがひかないときは? 前述したような腫れを早く引かせる緊急対策をとってみてもなかなか引いてくれないという場合、隠れた病気があるかもしれません。 対処法を試してみても数日腫れがひかないときは、迷わず眼科医へ直行しましょう。 早めに受診すれば症状がこじれるのを防ぐことができますよ。 人と会った時に一番最初に見る場所である目の腫れは小さなものでもとても目立ちますよね? 腫れてしまった時にサッと引かせる知識を持っておくことも大切ですが、ちょくちょく腫れてしまう、、という方はその原因を改善することも忘れないでくださいね。

次の

目が腫れる原因と病気や治し方!朝や同時にかゆい時や痛い時も!

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

いつもより目やまぶたがむくんでいる・腫れているように感じる時、見た目も気になりますが、健康面からも注意が必要なこともあります。 急にまぶたが腫れて熱を持っている• まぶたの腫れだけではなく目の充血や痛みもある• 片方のまぶただけが腫れている このような場合、どういった病気が考えられるでしょうか。 まぶたの腫れが知らせる病気 まぶたの腫れに伴ってさまざまな症状がある時、何らかの病気が隠れている可能性があります。 考えられるものとしては、次のようなものがあります。 まぶたの腫れが表れるよくある病気 まぶたの腫れから疑われる病気は、多くの場合以下の通りです。 霰粒腫 さんりゅうしゅ まぶたの裏側のマイボーム腺という場所に 肉芽腫 にくげしゅ という塊が発生する病気です。 初期症状としてはまぶたにしこりが生じ、しばしば腫れることがあります。 炎症が強くなると赤みが生じ、ときには皮膚から肉芽腫が出てきたり、まぶたにひきつれが生じることもあります。 数週間から数か月で自然に小さくなることもありますが、大きくなってしまった場合にはステロイド注射や手術で摘出などの治療が必要になることもあります。 受診の目安とポイント まぶたの腫れは数日のうちに自然と引くこともありますが、一方まぶたの腫れがなかなか引かない、日ごとにひどくなる、他の症状があるという場合にはできるだけ早く医師に相談しましょう。 その場合は基本的に眼科への受診でよいでしょう。 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 まぶたの腫れは普段の生活習慣から引き起こされていることもあります。 以下のようなまぶたの腫れの原因となる習慣がないかどうか、日常生活を見直してみるのもよいでしょう。 目を強くこすった まぶたは人間の皮膚のなかでも最も薄い部分です。 そのため、目をこすることで容易に刺激を受けて腫れてしまうこともあります。 目をこすりすぎたときは まず、目をこする原因となったなどがあれば、それを取り除きましょう。 目をこするという動作をなるべくしないことが大事です。 また、摩擦によって腫れたまぶたは乾燥しやすくなっています。 化粧水などで丁寧に保湿するのもひとつの方法です。 化粧品などの刺激 まぶたは皮膚が薄い分、肌に合わない化粧品などの刺激を受けやすく、乾燥や赤みなどの症状が出やすい部位でもあります。 スキントラブルを避けるために スキンケアもメイクアップもできるだけ肌への優しさにこだわっている商品を選ぶこともひとつの方法です。 また毎日アイメイクをしている人は、たまにはメイクをしない日を作るなど、まぶたを休ませる日を作るようにしてはいかがでしょうか。 アルコールや水分の取りすぎ アルコールや水分の取りすぎでまぶたがむくんだり、腫れたように感じることがあります。 一時的なものですが、飲み過ぎには注意しましょう。 よくならないときには このような工夫をしてもいつまでたっても良くならない場合は、何らかの病気が隠れている可能性も考えられます。 そのような時は一度眼科で相談してみましょう。

次の