四柱推命 性格 見方。 四柱推命で占い!鑑定方法ガイド【見方と調べ方・当たるの?】

四柱推命で性格を占う!不足している変通星こそ個性です|四柱推命・ホロスコープ(西洋占星術)・吉方位・姓名判断の鑑定を得意とする占い師 詩織の公式ブログ

四柱推命 性格 見方

各柱の説明 人を数える時の単位は1人、2人・・・と数えますが神様を数える時の単位には『柱』を使います。 1柱、2柱と数えるのです。 四柱推命の『四柱』とは『自分の中の4柱存在する神様を信じて生きなさい』という意味です。 生まれた時間、日、月、年から柱を導き出します。 各柱でそれぞれ意味が異なってきます。 時柱 時柱では主に年下との関係や子供との関係、80歳以降の運を意味します。 鑑定に来るお客さんの多くは生まれた時間をほとんど知りません。 流派によっては時柱を重視しない流派も存在します。 時柱がなくても占うことが可能です。 日柱 四柱推命の鑑定で一番最初に見る柱が日柱になります。 性格を読み解く時は月柱と年柱の干支はあまり重視しません。 日柱は自分の本質や恋愛運を表しています。 また、60歳~79歳くらいまでの運も表しています。 蔵干通変星と十二運星で判断していきます。 月柱 月柱は仕事運(仕事の面で出ている自分)と30歳~50歳くらいまでの運を表しています。 ここに出る通変星、蔵干通変星、十二運星は仕事に影響してきます。 また、表面上の自分(人から見られている自分)という意味もあります。 年柱 年上との関係、先祖から受け継いだ性格や、0~29歳くらいまで若年期の運を表しています。 年柱は主に先祖から受け継いだ才能などを表しています。 また、若年期の運勢は年柱に強く出やすいです。 若いうちに活躍するスポーツ選手などは年柱の十二運星が強い星(冠帯、建禄、帝旺など)だったりします。 1、日柱の干支 まず、一番最初に見るのが日柱の干支です。 四柱推命では人の性格を自然物に例えることができます。 この部分は本人の性格の『本質』を表します。 考え方のクセ、性格の傾向、自我の強さがわかります。 十干と十二支の組み合わせから成り立っていますがここでは十干の意味について解説していきます。 甲(きのえ):木のイメージ まっすぐ、リーダータイプ、真面目な性格、一本気な性格、我が強い、融通が利かない、一度心が折れると立ち直るのに大変 乙(きのと):草花、花のイメージ 協調性がある、味方を作るのが上手い、人を輝かせる、人に不快感を与えない、優しい性格、積極性に欠ける、自信がなく気が弱い、いい師匠や上司に恵まれると開運、環境の影響を受けやすい 丙(ひのえ):太陽のイメージ 明るい、自己主張が強い、中心人物、活発、色黒、昼型、人に嫌われたり攻撃してしまうことがある 丁(ひのと):月のイメージ 人に合わせるのが上手い、手先が器用、おしとやか、色白、夜型、行動力に欠ける、いい師匠や上司に恵まれると開運 戊(つちのえ):山のイメージ 何事もどっしり構えている、余裕がある、穏やかだが怒ると手が付けられない、人の基盤になるような仕事、行動が遅い、安定を求め変化に弱い、中年以降に成功 己(つちのと):畑のイメージ 知識が豊富、習得欲が強い、人を育てる、教師、プロデューサー、コンサルタントなど人の良さを引き立てるような仕事が適職、育て方を間違えると荒れる性格に育つ 庚(かのえ):刀のイメージ 決断力がある、行動が早い、過酷な環境で鍛えられて成長、表情が固い、頑固で自分を曲げない、刀のような発言で人を傷つけてしまうことがある 辛(かのと):宝石のイメージ 磨く努力で開運、美人が多い、苦労が多い、宝石に興味を持つ人が多い、人を惹きつける魅力 壬(みずのえ):海のイメージ どっしり構えているイメージ、器が広い、プライドが高い、飽きっぽい、環境が変わりやすい、柔軟性がある、人を惹きつける魅力、情報通 癸(みずのと):雨のイメージ チームの潤滑油的な存在、人のために尽くす、ひとつのことをコツコツ続けて成功、人と打ち明けるのは苦手 2、通変星と蔵干通変星 日柱の干支で本質を調べたら、通変星ではさらに細かく性格を見ていきます。 3、十二運星 社会との関わり方が分かります。 人の一生にも例えることができます。 日柱の十二運星は自分自身の本質を表す星です。 他にも、恋愛運、プライベートの自分を十二運星の星で表しています。 人生で重要な時期である中年期に強く出る十二運星です。 また、仕事面でも月柱の十二運星が強く出てきます。 運勢エネルギー 十二運星が持つエネルギーを数値化したものです。 分かりやすく言うと日々活動するエネルギーを数値化したようなイメージです。 日柱、月柱、年柱の3つの十二運星の数字を合計した数字です。 『3』が最も低く『36』が最も高い運勢エネルギー数値になります。 だいたい『15~20』くらいが平均値です。 低ければ低いほど芸術家や表現者、研究者、学者タイプです。 精神面での充実(安心感、自由な環境)を求めて行動するようになります。 高ければ高いほど我が強くなり起業家・経営者タイプになります。 現実面の充実(お金や物欲)を求めるようになります。 運勢エネルギーの詳しい解説はコチラの記事を参考にしてください。 生日中殺 日柱に天中殺が入っていると生日中殺になります。 自己否定が強かったり、精神的な葛藤を抱える自分になります。 ただし、人を惹きつけるカリスマ性があります。 生月中殺 仕事、もしくはプライベートのどちらかが上手くいかないことが多くなります。 性格も個性的な自分になりますが人を惹きつける魅力があります。 ただし、陰徳を心がけると大きく成功する可能性があります。 生年中殺 年上の人、親や上司と上手くいかない暗示です。 親元を早いうちに離れると開運していきます。 5、守護神 自分の守護神が相手の日柱にあれば助けられることが多くなります。 また、命式内の干支(時、年、日、月)のいずれかに入っている場合はその柱の吉面を強めます。

次の

四柱推命で自分を知る。五行の使い方【五徳】

四柱推命 性格 見方

本当は全体の木火土金水のバランスを見る必要がありますが、 今回はだれでも簡単に占えるよう、変通星だけで性格をみる方法をお伝えします! 命式を作成する 四柱推命上級者さんは読み飛ばしてくださいね。 命式の作成方法からお伝えします! 四柱推命の命式を作成する必要があります。 私のオススメは、毎度おなじみの下記の命式作成サイトです! 赤枠の必須項目を入力し、「運命式作成」ボタンをおすだけで 簡単に命式を作成できます。 素晴らしい! 変通星で性格を鑑定する方法 命式を作成すると、四柱八字で合計7つの変通星が出ます。 下記の図の赤枠内が変通星です! 変通星は、10種類あります。 あなたが持ち合わせていない変通星をチェックしましょう!• 比肩星• 劫財星• 食神星• 傷官星• 偏財星• 正財星• 偏官星• 正官星• 偏印星• 印綬星 変通星で性格判断する方法の詳細が記載されているので オススメです!• 比肩星・劫財星がないひとの性格 よいところ 我が強くなく、「いい人だね」と言われるタイプ。 自分をだすよりも周りに合わせたり空気をよんで行動する性格です。 わるいところ 周りの影響を受けやすく、自分の意志を強く押し出すのが苦手な性格です。 時にきっぱり嫌なことは嫌!と言ったり、断る勇気をもちましょう! 対策 自分が普段から思っていることを紙に書き出して、 いつも必ず目にする場所に貼りだしておきましょう。 ここぞというタイミングで発言したり、自分の意志を忘れずに強く持つトレーニングになりますよ。 食神星・傷官星がないひとの性格 よいところ 感情でうごかない性格になります。 なにごとも顔色を変えずに対処できる人です。 食傷星は直観や感情を表現する星です。 食傷星が無い人は感情がおもてに表れにくいので、 どんな無茶な仕事を振られても、冷静に対処することができるため 組織で重宝される性格になります。 わるいところ 顔色を変えないので、感情を表現するのが苦手な性格になります。 偏財や劫財があると一見おしゃべり上手で感情豊かな性格にみえますが、 実は感情を表現しているわけではなく、その場で上手に切り返しているだけのケースもあります。 ときには、自分の感情に素直になって笑ったり泣いたり怒ったり表現してみましょう! 対策 映画、テレビ、小説など笑ったり泣いたりできるものに、 常日頃触れあうとよいですよ! 食神や、傷官の性格は下記記事をごらんください。 足りない性格を理解するのに役立つかもしれません! 偏財星・正財星がないひとの性格 よいところ 情に流されない、理性的な性格です。 物事を冷静に判断することができます。 相手への情を介さずに推しすすめることができるので、時に大変頼りがいのある性格です。 わるいところ 相手の情を受け取めるのが苦手で、周囲の人から「たんぱくな性格」にとらえられます。 相手への「共感」を意識すると、よりあなたの良さをしってもらうことができますよ! 対策 ペットを飼ったり、子供との対話を増やすなどして 「情」に触れる機会を増やすのがオススメです! 正官星・偏官星がないひとの性格 よいところ 既存の枠にとらわれない自由な人です。 職業、年齢、性別に関係なく、 誰に対しても平等に接することができる人なので、誰とでも親しくなりやすい性格です。 わるいところ 「人にどう見られているか」を意識することが苦手なひとです。 そのため、社会性が無いように見られてしまうので損をすることがありそうです。 相手にどのように伝わるかを考えて、自分の発言や行動をしましょう! 対策 集団で行うスポーツなどでチームワークに 触れる機会を増やすことをオススメします! 偏印星・印綬星がないひとの性格 よいところ 非常に合理的です。 コツコツ積み重ねるタイプというよりも、 重要なところを抑えるのが得意な性格です。 わるいところ 粘り強くじっくり物事を考えることが苦手です。 すぐに結果を求めたり、飽き性だったりします。 対策 一つのことをやり遂げる癖をつけましょう。 途中で放り出さず、あきらめずにやりきることで 見える景色がかわってきますよ!.

次の

四柱推命の命式の読み方・読解方法をメッチャ分かりやすく解説!

四柱推命 性格 見方

小学生 中高生 思春期 青年期 成人式 壮年期 社会人 中年期 社長 老年期 会長 病にかかる 病床 亡くなる 魂が肉体から離れる 入墓 あの世 胎児 赤ちゃん 養の意味 養は別名「養子の星」と呼ばれています。 人の一生で表すと、「生まれたての赤ちゃん」のイメージ。 純粋な心を持ち、無邪気で無防備に過ごしている状態を表しています。 ただ、大人の色気ではなく、可愛らしい、女性であればお姫様のような存在です。 ユーモアがあって話し上手なので、まるでアイドルのような人気を集める人もいるかもしれません。 ありのまま自然体の姿で振る舞っても、決して周囲の人を不快にさせないでしょう。 甘えん坊 誰かに優しくされたいという気持ちが強く、自分が安心して甘えられる環境や人を求めます。 従順に合わせるのではなく、やや自分中心なところがあるので、周囲を和ませつつ自分のペースに巻き込むことも得意。 困難なことが起きると、誰かに助けてもらおうと安易に考えてしまう傾向があります。 引き立てを受ける 目上の人から引き立てられる運を持っていて、さらに人間性が認められて出世することも多いでしょう。 逆に、自分より年下の面倒を見るのは苦手です。 独立や厳しい競争社会の中では挫折してしまうので、親身になって相談できる身近な人の存在が必要です。 素直な性格を活かす 養の星をもつ人は、 ストレスのない穏やかな環境で、のびのびと過ごすことが大切。 生まれ持った素直な性格を活かし、周囲からの引き立てを受けることでチャンスを広げられるでしょう。

次の