いつからlink。 にじさんじ配信スケジュールサイト「いつから.link」ネイティブアプリ化決定!本日よりリリース開始!

にじさんじ配信スケジュールサイト『いつから.link』が本日リリース!

いつからlink

新しい元号は平成であります。 — JS. 1989年 昭和64年 1月7日に昭和天皇の崩御され、1月8日から「平成」がスタートしました。 そのため、平成元年には1月1日から1月7日がありません。 平成元年には1月1日から1月7日は存在しません。 まとめ この記事では、「令和」がいつから始まるかと「昭和」「平成」がいつからいつまでかをまとめました。 それぞれの元号の「元年」には、存在しない月日があるので注意が必要です。 もう一度書きますが、 「昭和」は1926年 昭和元年 12月25日から1989年 昭和64年 1月7日。 昭和元年には1月1日から12月24日は存在しません。 「平成」は1989年 平成元年 1月8日 から2019年 平成31年 4月30日。 平成元年には1月1日から1月7日は存在しません。 「令和」は2019年 令和元年 5月1日から 令和元年には、1月から4月は存在しません。 また、次の元号が決まるときには、恐らく予測をする方もいらっしゃると思うので、漢字の候補についても書いてみました。 参考になれば幸いです。

次の

【毎日更新】Go To Travel キャンペーンが7月22日からスタート!

いつからlink

【にじさんじスケジュールサイトオープン!】 いちから株式会社(代表取締役:田角陸)は、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の配信が一目でわかる専用スケジュールサイト Webアプリケーション 「いつから. link(読み:いつからドットリンク)」を本日より一般公開致します。 いつから. 魅力ある多くのライバーにデビューして頂いていますが、所属ライバーの増加に伴い、 ・情報発信媒体としてフロー型のメディアが中心となっており、ファンの方々が複数ライバーの配信情報を一覧的に得ることが難しかった。 ・運営として配信予定のリアルタイム情報を出しにくくなっていた。 ・ファンの方々にとって、普段見ているライバー以外の新たなライバーを発見する機会をコラボ以外でも作りたい。 等の事柄より、にじさんじ専用のWebサイト Webアプリケーション としての開発を進めておりました。 【開発コンセプト】 今回の専用Webサイト「いつから. link(読み:いつからドットリンク)」では、以下のコンセプトによる開発を実施致しました。 ・マイスケジュール作成:自分の「推しライバー」をフォローし、自分専用のスケジュール表を作れる。 ・一覧性:一つのカレンダー内に複数ライバーの配信スケジュールを掲載。 ログインはTwitter連携およびメールアドレスによる登録に対応しており、ログインによって出来る機能を以下に掲載します。 ライバー一覧から「推しライバー」を選択することで、自分の推しのライブ配信情報(YouTubeのみ)がスケジュール表として確認することが出来ます。 また、全ライバーのスケジュール一覧をトップページよりワンタッチで切り替えることも可能です。 こちらは、まだ知られていない魅力あるライバーを自動的に紹介するおすすめ設定で、スケジュールにも反映されます。 <注意> ライブ配信に関して、YouTubeのイベントページ等として登録されたものを取得し掲載しています。 そのため、YouTubeに登録していないライブ情報(もしくは他プラットフォームによる配信)に関しては取得できずスケジュール掲載が出来ない仕様のため、予めご了承ください。 【サイトURL】 いつから. ・にじさんじ公式Twitter: 【にじさんじプロジェクト】 いちから株式会社が運営する「にじさんじプロジェクト」は、月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気バーチャルライバー(VTuber)を始めとして、個性を存分に活かした多種多様なインフルエンサーが所属するバーチャルライバーグループ『にじさんじ』を包括するプロジェクトです。 現在約70名のライバーがYouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。 また、各種イベントやグッズ、デジタルコンテンツの販売、音楽制作など、次世代のエンタメを加速させるプロジェクトです。 ・にじさんじ公式Twitter: 【いちから株式会社について】 NEXT ENTERTAINMENT FACTORYー「魔法のような、新体験を。 」ー いちから株式会社は、2017年5月2日に設立されたエンターテイメント系スタートアップです。 私達は「エンタメ経済圏」が加速する新時代の切り込み役として、世界の人々の日常に魔法をかけていきます。

次の

アフィリエイトのLink

いつからlink

一概に年金といっても、国民年金、厚生年金があります。 国民年金の老齢基礎年金(定額部分)支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。 厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。 下に年金支給年齢早見一覧表を掲載しましたので、ご自分の性別と誕生日で見てください。 あまりたくさんの表になると見にくいかもしれませんので男性で昭和24年生まれの人(今年71歳)、女性で昭和29年生まれの人(今年66歳)の人からにさせていただきました。 この年齢から下の年齢の人は厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)が何歳からもらえるかの違いだけです。 Sponsored Link 年金受給開始年齢早見一覧表 生年月日(年齢) 厚生年金 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳• 男性:昭和24年4月2日~昭和28年4月1日( 71歳~67歳)• 男性:昭和28年4月2日~昭和30年4月1日( 67歳~65歳)• 男性:昭和30年4月2日~昭和32年4月1日( 65歳~63歳)• 男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日( 63歳~61歳)• 男性:昭和34年4月2日~昭和36年4月1日( 61歳~59歳)• 男性:昭和36年4月2日以降生( 59歳~下)• たとえば、歳の差夫婦で夫が65歳をすぎて妻が65歳未満で専業主婦なら65歳になるまで加算して支給される年金です。 私の場合は昭和36年4月2日以降生れですから、すべて65歳からしかもらえませんわ。 60歳からもらえるはずの年金が支給開始年齢が5年も引き上げられて、なんか詐欺にあったような気がするのは私だけでしょうか? サラリーマンの厚生年金の平均が、毎月14. 5万だそうですから、 14. 5万x12か月x5年=870万円 自分の寿命は決まっているわけですから、生きている間に870万円もらえたはずがなくなったわけです。 いままで積み立てた年金を全額返してくれるならいいですが、そういうわけにもいかなそうですから、年金積立を続けるしかないですけどね。 どう考えても釈然としません。 自己責任、自己責任とよく耳にするようになりましたが、もはや国とか年金をあてにしては危ない時代なのかもしれませんね。 【追記】 繰り上げ受給と繰り下げ受給 年金受給開始年齢は65歳が原則で、支給開始年齢を60歳~70歳まで選ぶことができます。 65歳が基準で早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といいます。 繰り上げ受給の場合は、年金受給額が減額され、繰り下げ受給の場合は増額されます。 減額は最大30%(60歳0ヵ月受給)、増額は最大42%(70歳0ヵ月受給)となっています。 それだけでなく、自分や配偶者の受給できる年金額や老後の生活費の収支状況、 老後資金としていくら必要なのかもわかる方法です。 LINEに友達申請いただければ今すぐ無料でレポートをダウンロードできます。 【この無料レポートで得られる情報】 あなたの生命保険の必要保障額 あなたや配偶者の老後の年金受給額 あなたが用意しなければならい老後資金 あなたの老後の生活資金の収支状況(キャッシュフロー) あなたの一生涯の収入と支出 などなど・・・これらを把握できれば、あなたが老後に向けて対策していく第一歩となるでしょう。 Sponsored Link.

次の