厚生 年金 被 保険 者 証。 健康保険・厚生年金保険の被保険者氏名変更届・住所変更届の手続が変わりました

厚生年金被保険者証とはどのようなものでしょうか?

厚生 年金 被 保険 者 証

老齢厚生年金には「加給年金」という名の家族手当がある には、一定の要件を満たすことで 「加給年金」という年金の上乗せ制度が用意されていることをご存知でしょうか? この「加給年金」とは、65歳になり老齢厚生年金を受け取る方(定額部分の支給が開始される方)に 一定の「配偶者と子ども」がいることで老齢厚生年金に加算される年金制度です。 したがって、 「家族手当」のような年金といえるかもしれません。 それでは、まず加算される額について確認してみましょう。 加算の対象(配偶者、子)によって以下のとおりとなります。 3人目から7万5000円 (いずれも令和2年度価額) さらに、配偶者がいる場合に上乗せされる加給年金(配偶者加給年金)には、生年月日に応じて特別加算という加算が付くことになります。 特別加算を加えた配偶者加給年金の額(年額)は以下のとおりです。 配偶者に一定の年金収入があるのに、家族手当を付ける必要はないということなんでしょうね。 家族手当を受け取るための要件は3つ 加給年金という名の家族手当を受け取る要件ですが、以下の通り、大きく3つあります。 尚、旧共済年金の加入期間についても期間に含まれます。 生計維持の範囲は広い! たまに「収入が130万円あるいは103万円を超えたので加給年金が支給されなくなるのでは?」と心配する人もいますが、この130万、103万とは健康保険や税法上の扶養家族の基準であり、 加給年金の基準とは別です。 加給年金の基準はかなり緩やかですので、ある程度の収入があっても大丈夫ですね。 この3つの要件を満たすと、老齢厚生年金の受給権を取得してから、「配偶者が65歳になるまで」または「子どもが18歳になった年度末まで」の間、上乗せをされた年金を受け取れることになります。 60歳代前半の老齢厚生年金の場合、定額部分、報酬比例部分両方が支給されるようになると上乗せがスタートすることになります。 「姉さん女房」は家族手当の対象外? 是非とも要件をクリアして、受け取りたいこの家族手当ですが、要件を見るとそれなりに対象者を制限していることがわかります。 「要件2」を見ますと、まず 「子ども」の要件が厳しいことがわかります。 例えば男性で昭和24年4月2日、女性で昭和29年4月2日以降生まれの人の加給年金の加算がスタートするのは原則65歳。 この 65歳時点で子どもは18歳になった年度末まででなければならず、該当者はあまり多くないと思います。 そして配偶者の要件ですが、 配偶者には「65歳未満」という要件があります。 仮に配偶者が年上であるような場合、65歳時点で配偶者は65歳以上となっているため加給年金は支給されないことになります。 逆に配偶者が若ければ若いほど、長い間加給年金を受け取れるということになるわけです。 例えば夫が老齢厚生年金の受給権を取得した時に妻が40歳だったとすると、夫も妻も元気でいることが前提ではありますが、妻が65歳になるまで25年間上乗せが続くということになります。 年上の妻が20年以上厚生年金に加入している場合は、65歳未満の夫(配偶者)がいることで、妻に加給年金がつくケースもある 但し、配偶者が20年以上の老齢厚生年金を受給した場合にも加算されなくなることに注意が必要です。 厚生年金の加入期間が19年と20年で、加給年金が受け取れるかどうかだけでなく、遺族厚生年金の取り扱いでも差があったりしますので、できれば「20年の壁」は超えておきたいですね。

次の

社会保険資格取得届記入例・書き方!入社時の健康保険・厚生年金保険

厚生 年金 被 保険 者 証

もっと知りたい!カードの保険証利用のあれこれ!• Q1.令和3年3月からは、マイナンバーカードがないと受診できないのですか? A1.健康保険証でも受診できます。 カードリーダーが設置されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを保険証として利用頂く方が、受付の手続きがスムーズに行えます。 Q2.医療機関・薬局がマイナンバー(12桁の番号)を取り扱うのですか? A2.医療機関・薬局がマイナンバー(12桁の番号)を取り扱うことはありません。 マイナンバーではなく、マイナンバーカードのICチップ内の利用者証明用電子証明書を利用します。 Q3.マイナンバーカードを持てば、保険証は持たなくてもいいですか? A3.カードリーダーが設置されている医療機関・薬局では、保険証を持たなくても受診できます。 カードリーダーについては医療機関・薬局で順次導入を進めていきますが、導入されていない医療機関・薬局では、保険証が必要となります。 Q4.マイナンバーカードを持っていればすぐに健康保険証として利用できるのでしょうか? A4.マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、予めマイナポータル上で事前に登録をすることが必要です。 マイナポータルには、マイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンからもログインできます。 顔認証付きカードリーダーの場合はカードリーダーに置いていただく、汎用カードリーダーを利用する場合はカードリーダーにかざすとともに受付職員に表面を見せてください。 Q6.マイナンバーカードを忘れたらどのようにしたら良いですか? A6.健康保険証があれば、健康保険証をご提示ください。 健康保険証も持参していない場合は、現行の健康保険証を忘れた場合の取り扱いと同様になります。 Q7.マイナンバーカードが健康保険証として使える医療機関・薬局は、どうすれば知ることができますか? A7.マイナンバーカードが健康保険証として使えることがわかるポスター等を準備し、院内等に提示して頂く予定です。 Q8.自宅のパソコンやスマートフォン以外でもマイナンバーカードを健康保険証として利用するための手続きはできますか? A8.パソコンやスマートフォン等を利用することが出来ない方でもマイナポータルへアクセスすることができるよう、各市区町村にはマイナポータル用端末(タブレットPC、ICカードリーダライタ、Wi-Fiルーター等)を配置しており、こちらからも登録を行うことができます。 配置場所については、各市区町村にお問い合わせ下さい。

次の

新任担当者必見!健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届の手続概論

厚生 年金 被 保険 者 証

親の年金が増える可能性がある 「厚生年金保険被保険者証」が出てきたということは、どんなことが起きる可能性があるのでしょう。 一言で言えば、親の年金の金額が増える可能性があります。 現在の日本の年金制度は「基礎年金番号」に、加入の記録を統合しています。 しかし、すべての情報を統合できているわけではありません。 ひょっとしたら、見つかった「厚生年金保険被保険者証」が示す記録が、「基礎年金番号」の記録に含まれていない可能性があります。 新しい加入期間が見つかって、年金を計算する加入期間が長くなれば、年金の金額が増えます。 また、これまで国民年金だけだと思っていたのに、厚生年金にも加入していた時期があったと分かれば、もっと年金が増える可能性があります。 「厚生年金保険被保険者証」以外でも可能性が ここでは、厚生年金の「厚生年金保険被保険者証」を中心に紹介しました。 しかし、年金の加入を証明する書類は、これ以外にもあります。 国民年金• 厚生年金• 船員保険• 公務員共済• 私学共済 これらに関係する証書が出てきたら、全部まとめて年金事務所に持参して確認しましょう。 もちろん、「年金証書」がある場合は一緒に持っていきます。 その場で調べると時間がかかるので、あらかじめ電話予約をしてから行くことをおすすめします。 古い共済の記録以外は年金事務所で確認できます。 また、同じ名義の年金手帳が複数出てくる場合もあります。 これも念のために、年金事務所で確認しておきましょう。 基礎年金番号で管理できていない、漏れた記録がある可能性があります。 もちろん、新しく出てきた証書や年金手帳の記録が、すべて基礎年金番号に統合済みで、何も変わらない可能性もあります。 その場合でも、親の年金記録が、正しいものであったという確認ができてスッキリします。 また、一部とはいえ、親の生涯の歩みが分かることも面白い体験です。

次の