封筒 御中。 「係」につけるのは「御中」?「様」?正しい宛名の書き方と消し方

ビジネスマナー【封筒宛名の正しい書き方】御中・気付・様など

封筒 御中

気になる項目をクリック• 一目で分かる宛名のマナー はがきや手紙や封筒を相手に送るとき、「宛名はなんて書けばいいんだろう」と悩んでしまいますよね。 「係」「御中」「様」など、宛名が多すぎて、どれが正しいのか迷ってしまうかと思います。 そこで、宛名の使い分けが一目でわかるよう、一覧にしてまとめましたので、以下の表を確認してみてください。 言葉 対象 使い方 係 専門的に担当する部署や担当者 (会社名)〇〇課〇〇係 御中 会社名や部署名 (会社名)〇〇課〇〇係 御中 様 個人名 (会社名)〇〇課〇〇係 〇〇様 この表の通りに宛名をかけば、宛名の間違いで恥を書くことはありません。 ただ、もっと詳しく知りたい人に向けて、ここからは宛名の意味や使い方をさらに詳しく解説していきます。 宛名の使い方に不安がある人は、ぜひこの機会に、完璧に覚えてしまいましょう。 「係」の意味と使い方 まずは、手紙などでよく目にする「係」の意味や使い方を解説します。 「係」は使い方に悩みやすい言葉でもありますので、しっかりとその使い方を身に着けましょう。• (会社名)〇〇様• (会社名)〇〇課 〇〇様 また、「様」と同じように宛名に「殿」を使用する場合があります。 同じ意味のように感じてしまいますが、「殿」は目下の人に使用します。 そのため、「殿」を使用する機会は非常に限られており、一般的には使いません。 4-2. 使い分ける方法は? さて、宛名には「係」「様」「御中」と3つの異なる言葉を使用しますが、それぞれどのように使い分ければ良いのでしょうか? まず、この3つの中で「係」は部署を表す言葉となりますので、他の2つと併用して使うことができます。 注意が必要なのは、「御中」と「様」を使い分ける場合です。 それぞれの言葉の意味を比較すると以下のようになります。 (会社名)〇〇 係 〇〇 様• (会社名)〇〇 係 御中 上記の例のように、 個人名を付ける場合は「様」、部署で終わる場合には「御中」と覚えておくと分かりやすいかもしれません。 また、「担当者」という言葉を使用する際にも「様」を付けます。 個人名ではありませんが、部署や団体ではなく特定した誰かに送付するためです。 そのため、「担当者御中」や「担当者様御中」としないように気をつけましょう。 メールの場合の場合は? さて、近年では手紙よりもメールを使用する機会が増えていますが、手紙のように「様」や「御中」を使用するのでしょうか? 5-1. メールでも「係」「御中」を使うのがマナー 基本的に ビジネスメールの場合にも使用するのがマナーとなっています。 そして、メールで使用する場合、タイトルではなくメールの文頭に宛名を記載します。 ただし、メールの場合には個人のメールアドレスか、部署で共有しているのメールアドレスかで「様」か「御中」どちらを使うのかが変わります。 一般的には、 個人のメールアドレスの場合は「様」、共有しているメールアドレスには「御中」を使用することがマナーとなっています。 また、やり取りを行っている最中には、部署のアドレスであっても特定の誰かに送付します。 そのため、「御中」ではなく「様」を使用し、連絡を送りたい個人名を入れておきましょう。 5-2. 複数の人へ送る場合は「各位」を使う 手紙と違ってメールの場合には1人だけでなく複数の人へ一斉送信する場合があります。 この場合、特定の誰かに送る訳ではありませんが「御中」は使わずに 「各位」を使用します。 まとめ 「係」「御中」「様」はどれも手紙の宛名に記載する言葉です。 「係」は専門的に担当する部署や担当者、「御中」は会社名や部署名、「様」は個人名に対して使います。 こうした宛名に使用する言葉はメールでも使いますので、現代でもきちんと覚えておき正しく使えると非常に便利です。 特に、メールの場合は言葉以外にも役職による名前の表記順なども気にしなければいけません。 正しいマナーをきちんと学び、相手を不快にさせずに円滑にビジネスを進めましょう。

次の

御中と様は使い分けよう!履歴書を郵送する封筒の宛名の書き方

封筒 御中

こんにちは じん兵衛です。 封筒の宛名書きで、御中と様の併用なんて、あなたはしていませんよね。 でも、じん兵衛は社会人になりたての頃に、御中と様を併用していました。 手紙の宛名書きは、• 会社、団体などの組織名には、「御中」をつける• 個人名には、「様」をつける。 こんなことは、社会人1年生といえども知っていて当然のような常識ですよね。 では、 会社名と、個人名の両方を併記する宛名書きの時は、御中と様のどちらをつけますか。 じん兵衛は、当然のように良かれと思い、 会社名には御中をつけ、個人名には様をつけていました。 なんの迷いもありませんでした(キッパリ)。 でも、約2ヶ月後に、顔が赤くなるほどの恥ずかしい思いをあじあうことになりました。 じん兵衛はずっ~と陰で笑われていたんです。 なぜって? そりゃあなた、 封筒の宛名書きに、御中と様を併用していたからですよ。 「どういう非常識なやつなんだ」と思われていたんでしょうね・・・ スポンサーリンク 目次• 御中と様を併用してはいけない理由 手紙って、 読んでくれる相手の人を思い描いて書きますよね。 そして、 封筒の宛名には、その人の名前を書き、その下に御中や様の敬称をつけます。 A株式会社 御中 なら、 A株式会社の中にいる、誰でもいい誰かさんに読んでもらえればいいと思っています。 A株式会社 営業課 御中 なら、 A株式会社の中でも、 営業課にいる誰でもいい誰かさんに読んでもらいたいと思っています。 でも、 A株式会社 営業課 山田太郎様 なら、 誰が読んでもいいわけではなく、A株式会社の 営業課にいる山田太郎さんという特定の人に読んでもらいたいと思っています。 山田太朗さん以外の人には読んでほしくないといってもいいでしょう。 スポンサーリンク 御中と様が併用してある手紙は誰が読めばいいのか? A株式会社 営業課 御中 山田太朗 様 この宛名書きは、 最終的に読んでもらいたいのは誰になるのでしょうか。 営業課にいる誰でもいい、誰かさん、なのか。 営業課にいる山田太朗さん、なのか。 書き手は、どっちに読んでもらいたいと思っているのでしょうか。 手紙を受け取った相手側もちょっと困ってしまいます。 「いっそのこと、回し読みする?」なんてことがあるかも・・・ 間違いを見かねた先輩が教えてくれました ある日、封筒の宛名書きをしていた私のデスクに先輩が近づき、じっと私の手元をながめながらいいました。 「お前、この手紙は誰に読んでもらう為に出すんだ」• 「営業課の人間なら誰が読んでもかまわないのか」• 「山田太郎さんに読んでもらいたいのか」• 「どっちの人が読んでもかまわないのか。 」 当然私は、 「山田太朗さんに読んでもらう手紙です」と答えます。 「だったら、御中と様を併用するな」 敬称は、最終的に読んでもらいたい人にだけつけるものだ。 この場合は、 A株式会社 営業課 山田太朗 様 にしないとダメだと、きつい指導をうけました。 この話には裏がありました A株式会社の営業課に先輩とは旧知の仲だという加藤さんという人がいました。 あるとき、先輩は加藤さんから、 「ところで、お前のところに〇〇という社員がいるだろう。 女子社員の間では有名人だぞ。 」 と、じん兵衛が 笑い話のネタにされていることを教えられたといいます。 そして、加藤さんから真顔で注意されたそうです。 「しっかり教育しないと、お前の会社の恥にもなるぞ」と。 じん兵衛は、先輩にも、恥をかかせてしまいました。 正直、なんで今まで誰も教えてくれなかたんだと思いました。 社内の人間から注意されるのならまだしも、取引先の相手から先輩を通じて注意されるなんて・・・ じん兵衛は一つの教訓を得ました。 人は、聞かれもしないことには、自分からすすんで親切に教えようなんて思はない。 あれから何十年立ちましたが、人の心は、今も昔も変わっていないでしょう。 むしろ今の時代は、親切に教えたことで逆に恨みをかうなんてことが普通に有りえますから、こわいです。 疑問に思うことは、自分から進んで聞く、または、自分で調べるしかないです。 まとめ 宛名書きに、御中と様を併用してはいけない。 会社、団体などの組織名には、「御中」をつける• 個人名には、「様」をつける。 会社、団体などの組織名と個人名を併記するときは、 最終的に読んでもらいたい人となるはずの個人名にだけ「様」の敬称をつける。 スポンサーリンク.

次の

「担当」宛に「御中」「様」を使い分けるには?学校や病院宛とではマナーは違う?

封筒 御中

会社で働き始めると色々とビジネスマナーを知っておく必要があります。 新入社員が配属されて驚いたことがあります。 それは、都道府県庁や市区町村から届く書類や取引先からの資料の中には返信用封筒が同封されていることがありますよね。 その返信用封筒には「ビジネス株式会社 営業部 行」と書かれており、この「行」の訂正の仕方、消し方、様と御中の使い分け方を知らないのです。 新人に聞いたら、7割の人が知らないという結果にビックリしました。 メールやLINEなどのSNSを使っているからでしょうかね。 そこで、新入社員向けに返信用封筒の行を御中や様に訂正するときの消し方と使い分け方についてまとめました。 返信用封筒の「行」の間違った消し方 さて、新入社員に返信用封筒の「ビジネス株式会社 営業部 行」を正しく訂正・書き直すように言ったら、次のようなものがありました。 こちらで研修用に作成した「ビジネス株式会社 営業部 行」の封筒をみて、「何これ、行って何?」という声もありました。 手紙や書類のやり取りが少なくなったこともあり、返信用封筒の「行」というのを見たことがないという人も多くいました。 そのため、「行」の消し方を知らない人が取った間違った消し方を箇条書きで紹介しましたが、如何でしょうか。 あなたも、こんな間違いしていませんか? いずれの方法もビジネスマナー違反であり、相手に対して失礼な対応になってしまいますので正しい消し方を知っておきましょう。 スポンサーリンク 返信用封筒の「行」の正しい消し方・訂正の仕方 返信用封筒の「ビジネス株式会社 営業部 行」の「行」の正しい消し方はいくつかあります。 また、返信用封筒に書かれている宛名が、縦書きのときと横書きのときでも消し方・訂正の仕方に違いあります。 会社宛や部所宛のときの返信封筒は「行」で書かれ、個人宛の返信用封筒は「宛」で書かれてくることもありますが、「宛」のときも「行」と対応は同じです。 縦書き封筒のときの消し方 宛名が縦書きに印刷されている封筒のとき、「行」の消し方・訂正の仕方は2通りあります。 ・縦に二重線を引く ・右上から左下への斜めの二重線を引く 封筒に書かれている宛名が縦書きのときの「行」を消すときは、縦か斜めの2本線で消します。 線を引くときはフリーハンドではなく定規などを使って真っ直ぐに線を引くようにしましょう。 横書き封筒のときの消し方 宛名が横書きに印刷されている封筒のとき、「行」の消し方・訂正の仕方は2通りあります。 ・横に二重線を引く ・右上から左下への斜めの二重線を引く 2通りを紹介しましたが、一般的には横に2本線を引いて訂正する消し方を使っています。 斜め線でもビジネスマナー違反になることはありませんが、いずれにしても、消していることがはっきりと分かるように消すこと、真っ直ぐな線で消すことです。 スポンサーリンク 「行」を「御中」や「様」に書き直すときの使い分け方 新入社員に返信用封筒の「行」を訂正してもらい、書き直すまで行なってもらったら次のような書き換えを行っていました。 ・ビジネス株式会社 営業部 様 ・ビジネス株式会社 営業部 各位 様 ・ビジネス株式会社 営業部 各位 御中 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 御中 ・ビジネス株式会社 営業部 御中 山田太郎 様 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 殿 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 御中 様 ・ビジネス株式会社 営業部 山田部長 様 ・ビジネス株式会社 営業部( 行を消しただけ) 赤字の部分が間違っています。 「様」・「御中」・「殿」・「各位」の使い方や使い分け方を知らないことが良く分かりました。 でも、これが現実なんだと思い、1つ1つ覚えてもらうしかありません。 ・「様」と「御中」を併用してはいけない ・「殿」は使わない ・「様」や「御中」の敬称を付けない ・「各位」は複数の人に対して宛てるときに使う という点に注意しないといけません。 「様」・「御中」・「殿」の使い方や使い分け方 ビジネスマナーとして「様」・「御中」・「殿」の使い方を間違えると相手に失礼になりますし、社会人として常識を知らないと思われてしまう結果になってしまいますので、正しい使い方と使い分け方を覚えておきましょう。 ・個人名宛であれば「様」 ・企業名、会社名、部所名宛であれば「御中」 を使う必要があります。 「殿」は、目上の人が目下の人に対して使う言葉なのでビジネス文書では「様」を使います。 意味や使い方を知ったうえで「殿」を正しく使うのであれば問題ありませんが、「様」で統一しておくほうが間違いがなく良いです。 「様」・「御中」を書く場所 「行」の消し方・訂正の仕方が分かり、「行」を書き換えるときは「様」と「御中」を使うことも分かりましたよね。 では、書き換えるときに「様」や「御中」をどこに書いたらいいのかをお伝えします。 書き込む位置にビジネスマナーはありませんが、一般的なマナーとしての場所を紹介します。 縦書きのときに「様」や「御中」を書く場所 縦書きに宛名書き封筒されている「行」を訂正して、下または左側に「様」や「御中」を書き込みます。 下側に余白がなく文字が入らないときは左側に書き込みましょう。 書き込むとき、消した「行」から離れた場所に書くとバランスが悪いので、すぐ下または左側に書くようにしましょう。 横書きのときに「様」や「御中」を書く場所 横書きに宛名書き封筒されている「行」を訂正した右横または下側に書き込みます。 書くときは、バランスを考えて書き込むことが大切です。 あまり離れ過ぎているとバランスがよくないので写真のような位置に書き込むといいです。 スポンサーリンク あとがき 就職活動をしているときや、アルバイトをしているときなどに返信用封筒を使って郵送するときに常識として知っていることと相手は思っていますから、変な訂正や消し方や様や御中の書き方などが違うと常識を疑ってしまうということもあります。 また、ちょっと調べれば分かることを調べないまま、分からないままやる人だと思われてしまいます。 ちょっと調べれば分かることをやらないのは、とても損ですので分からないことは調べるということをするようにしましょう。

次の