ノン アルコール 除 菌 コロナ。 1回拭けば1週間、除菌・抗ウイルスの効果が続くノンアルコールのウェットティッシュ

アルコール除菌シートの効果でコロナウイルスに効くのか?!

ノン アルコール 除 菌 コロナ

北里大学大村智記念研究所 大村智記念研究所は、生命科学領域の基礎研究・応用研究と高度専門教育に取り組み、各種重要疾病の原因・予防・治療法に関する研究と教育を通じ、学術研究の発展と人類の健康増進に貢献している研究所です。 さんとは、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された方です。 有名どころで言うと2012年さんがiPS細胞で同賞を受賞されています。 つまり、 市販製品の中で新型コロナウイルスに効果的なものがどれなのかを探してくれたわけです! 『除菌』って言っても新型コロナウイルスに効くかはわかんないから調べてくれたんだよ 実際世の中には『除菌』という名のものは多いですが、アルコール濃度によっては効果が無かったりするものもあります。 今回の研究結果は、そのあたりが明確になっているので、とても参考になるんじゃないかと思います。 不活化とは 今回発表されたのは、 新型コロナウイルス不活化効果を有する可能性について、試験管内でのウイルス不活化評価を実施したものです。 不活化とは、微生物などの病原体を熱・紫外線・薬剤などで死滅させ、 感染性を失わせることをいいます。 市販の医薬部外品及び雑貨については、十分な供給体制を確保可能なことからこの研究に意味があるとして実施されました。 市販製品の選定は 本研究結果の公開に異議を唱えないことを前提として、国内複数企業へ製品サンプルの提供を要請し、同意が得られた企業の製品を使用したようです。 ではさっそく市販製品をご紹介していきます! コロナ不活化効果のある製品名 各製品サンプルについては、製品のパッケージ裏面に書かれている使い方を参考にし、希釈が必要な場合には水道水を用いています。 手指の洗浄、拭き取り洗浄• セイフキープ(絞り液)• ハンドスキッシュEX(原液)• ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)• ビオレガード薬用手指消毒スプレー(原液)• リセッシュ除菌EXプロテクトガード(原液) 上記製品は 接触時間を1分とした場合に不活化効果が得られました。 や系は、掃除用具という印象が強いことから、現在でも ドラッグストアやスーパーで容易に手に入れることができます。 (2020年4月25日現在) 特には手がよく触れる場所の掃除にもばっちりなので、常備しておいてもいいと思います。 洗濯、器具の洗浄• 上記製品は 接触時間を10分とした場合に不活化効果が得られました。 コロナ不活化効果が得られなかった商品も・・・ 洗濯、器具の不活化効果が得られた製品に非常に似た名前で、且ついかにも効果がありそうな製品名でも、不活化効果が得られなかったものがあります。 アタック抗菌EXスーパークリアジェル(1200倍希釈液) こちらは今回の研究結果では不活化効果が得られませんでした。 コロナ対策に有効なエタノールの濃度 アルコール消毒も、濃度によって効果の有無があるそうで、この研究結果が発表される前に私が聞いていたのは、エタノール濃度70%以上じゃないと新型コロナウイルスには効果がないというものでした。 では、実際の結果をご紹介します。 10%、30%、50%、70%、90%のエタノールでのコロナ不活化効果 接触時間が1分でも10分でも結果は変わらず。 不活化効果があったのは、50%、70%、90%エタノールでした。 我が家のコロナ対策グッズ。 ・・・ 大学の研究結果では、 リセッシュ除菌EXプロテクトガードが効果ありなんですが、色々調べましたがその商品はどこのネットショップでも取り扱いがないんです・・・ 正しいものを買ってきてもらったと思ったんですが、 なんか違うやつでした。 (今気づきました) 成分を見ると、リセッシュ除菌EXプロテクトガードと同じではあるんですが、割合とか違うんでしょうし・・・消臭って書いてるけど、除菌とも書いてあるし・・・気休めとして使おうと思います。 製品のリンクが確認出来たらまたアップしていきたいと思います。 この商品は我が家ではお馴染み、 研究結果が出るより前にたまたま売ってたので購入しました。 (現在は品薄です) 我が家のコロナ対策グッズ。 この商品、日本製と中国製とがあって、中国製の方がお安いです。 私がいただいたのは日本製。 色々調べた結果、という会社が作っているようで、 アルコール濃度が56~59%とのこと。 一切の責任は負いませんので、ご了承下さい。 すべてのメーカー製品の検査が出来ればいいのでしょうが、そこはメーカー側の都合もあるため難しいところです。 が、エタノールの有効濃度が分かったのはかなり大きな収穫だと言えると思います。 アイリスプラザのマスク購入、詳細はこちら.

次の

【コロナウイルス対策?】ファブリーズW除菌(アルコール成分プラス)をマルナカで購入│キョーシパパの雑記帳

ノン アルコール 除 菌 コロナ

新型コロナウィルスの拡大が収まりません。 2月21日には、これまで比較的感染しにくいとされてきた子供への感染も認められ、社会的な不安は募るばかりです。 日本国内でも既にここまで広範に感染が拡大している以上、行政の対策だけでは不十分であり、私たち一人一人が正しい知識を基に出来る範囲の対策を講じていくことが必要です。 しかし、そんな状況の中、問題となっているのが『マスク・消毒液の品薄』です。 一人一人が対策を行わなければならないにも関わらず、そのための道具が店頭から姿を消しています。 この転売ヤー問題について、行政などによる早急な対策が求められますが、現実問題として品薄が続いている以上、イマ何が出来るのかを考えていく必要があります。 そんな中、新型コロナウィルスの対策グッズとして注目されつつあるのが『ウェットティッシュ』です。 確かに、手を拭いたり身の回りを清潔に保つ上でとても便利なグッズですし、アルコール成分を含む製品も多く販売されています。 果たして、ウェットティッシュがコロナウィルスに有効なのか?現時点での情報をまとめてみました。 新型コロナウィルス対策として効果が認められているもの ウィルスには、エンベロープ(封筒)と呼ばれる膜を持つもの(エンベロープウィルス)と、持たないもの(ノンエンベロープウィルス)の2種類があります。 このエンベロープウィルスには、代表的なものとしてインフルエンザウィルスやエイズウィルスが挙げられますが、『新型コロナウィルス』もエンベロープウィルスに属します。 そして、エンベロープウィルスの特徴として、アルコール消毒によって感染力を失う(不活化)ことが分かってるのです。 (アルコール成分がエンベロープを破壊し、ウェルスの持つ感染力を失わせる。 ) 同じような理由で『次亜塩素酸ナトリウム』も有効だとされています。 また、これまでの研究で、人体への消毒を行う場合には消毒用アルコール(70%)、物の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効であることが分かっています。 (もちろん、手洗い、うがい、咳エチケットについて、それ自体でウイルスの不活化はできませんが、体内への侵入を防ぐ感染防止や拡散防止のために必要不可欠です。 ) 詳細は国立感染症研究所のホームページをご覧ください。 ウェットティッシュは有効か? 先述の情報を基に『ウェットティッシュ』が新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか見ていきましょう。 一般的にウェットティッシュと呼ばれる製品は、成分として以下のようなものを含んでいます。 ・主成分としての水 ・かびや細菌などの微生物の繁殖を抑える防腐剤 ・手あれ防止のための「湿潤剤・保湿剤」 ・油脂分を除去するためのアルコール・洗浄剤 これを見ればお分かりかと思いますが、基本的にウェットティッシュは湿らせて汚れを拭き取る目的に作られたものであり、見た目上キレイにはなってもウィルスに対する消毒効果はほとんどありません。 一部製品にアルコール成分を含んだものがありますが、これも含有割合としては低く、アルコール濃度は、20~40%が多いようです。 あくまで油分を受かせるための目的で、消毒効果は期待できません。 一方で、ウェットティッシュの中でも、『除菌』という言葉が書かれている製品もあります。 ではこういった『除菌ウェットティッシュ』には、新型コロナウィルスへの消毒効果があるのでしょうか? まずは除菌ウェットティッシの種類についてみていきます。 似たようなパッケージのものも多いですが、パッケージをよく見るとどこかに必ず『除菌』のタイプが書かれています。 主な分類としては『アルコールタイプ』と『ノンアルコールタイプ』です。 『アルコールタイプ』はその名の通り、アルコール(エタノール)を主成分として含有しており、『ノンアルコールタイプ』では「ベンザルコニウムクロリド」や「セチルピリジニウムクロリド」などの殺菌作用を持つ成分が多く使用されています。 いずれも除菌効果を謳った製品ですが、『ノンアルコールタイプ』については先述の通り、現状では新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか実証されていません。 そのため、現時点では本当に除菌できているのかは分かりません。 一方で『アルコールタイプ』についてですが、実は「99. 9%の除菌効果」を謳っている高濃度のウェットティッシュでも含有成分をみると「50%未満」なのです。 これはペーパーを使っているという観点から、引火などに対しての危険性を配慮しているためです。 また、アルコールは揮発性を持ちますので、濃度が高くなるほど揮発性も高くなり乾きやすくなります。 そのため、使用する際にウェットティッシュとしての役割を果たすためにはアルコール濃度に限界があると考えられます。 つまり、『除菌』を謳っているアルコールタイプのウェットティッシュといえども、新型コロナウィルスへの消毒として有効とされる70%のアルコール濃度には届いていないのです。 しかし、効果がゼロか、と言えばそういう訳ではありません。 アルコール自体は含んでいますので、効果は薄まりはしますが、使用しないよりははるかに良いです。 ただ、それだけで万全に完全に消毒できているわけではありませんので、過信しないことが賢明です。 アルコール(エタノール)消毒液がどうしても手に入らない際の一時的な代替品としての使用をおススメします。 あなたが行っている対策は本当に有効なものでしょうか? 今一度振り返ってみて、正しい知識の基、有効な対策を選択出来るように心掛けてください。 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の

新型コロナ「“除菌グッズ”無理に買わなくていい」衛生のプロに聞いた

ノン アルコール 除 菌 コロナ

平成28年9月20日~12月20日 3 テスト方法 一様に細菌の付着したテーブルをテスト対象商品にて拭き取り、拭き取り1回目、2回目、3回目で細菌の数がどのように変化するのかテストを行いました。 実際の生活環境に近い細菌を使用するため、使い古しのスポンジから細菌を得ました。 細菌の種類については特定していません。 拭き取りはテスト対象商品を三つ折りにして縦方向に1回、更に折面を変えて横方向に1回の合計2回行いました。 4 テスト結果• アルコールタイプ、ノンアルコールタイプのいずれの除菌ウエットティッシュも、1回の拭き取りだけで全ての細菌を除去することは困難でした。 除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)が最も除菌効果がありましたが、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも除菌をすることができました。 いずれのテスト対象商品も拭き取りの回数を重ねることで細菌数を減少させ、3回目の拭き取り後は大部分の細菌を除去することができました。 ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌) 5 考察• 細菌数を確実に減少させるためには2回、3回と繰り返し拭き取りを行うことが有効と考えられます。 テストの結果、除菌効果は除菌ウエットティッシュに含まれるアルコールなどの成分以外に、物理的な除去(拭き取り)が大きく関与している可能性が考えられます。 消費者へのアドバイス 1 除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 アンケートの結果、比較的多くの消費者が「除菌によって大部分の菌が取り除かれる」と考えていることが分かりました。 しかし、除菌ウエットティッシュの商品表示には「除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません」と書かれています。 除菌という言葉は消費者に広く浸透しています。 除菌の対象となる菌や効果については、国の意見を参考にした業界団体の自主基準が定められていますが、公的に定められたものはありません。 環境中には多種多様な菌が存在しており、除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 使用上の注意を確認し、商品の特徴を理解して使用しましょう。 2 1回の拭き取りで全ての菌を除去することは困難です。 こまめな清掃を心がけましょう。

次の