文科 省 休校。 学習遅れ「複数年度で解消」 休校長期化で特例―文科省:時事ドットコム

文科省、一斉休校を正式要請 萩生田氏「地域で柔軟に」 | 共同通信

文科 省 休校

また、その際、テレビやラジオ、インターネットなどを通して音声や動画を視聴して、自分の表現に生かすことも考えられる。 ・・・ <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり 株式会社Z会は、休校中の全国の児童生徒の学びをサポートするために一部教材を無料で提供しています。 各学年・科目の教材を、Z会の受講有無を問わず、どなたでも登録不要でダウンロードし、活用いただけます。 また、教科書の今後学習する部分を読み、疑問に思ったことをノートにメモしたり、教科書等で調べたりする。 また、教科書の今後学習する部分を読み、疑問に思ったことをノートにメモしたり、教科書等で調べたりする。 <活用できるリンク集> 株式会社Z会は、休校中の全国の児童生徒の学びをサポートするために一部教材を無料で提供しています。 各学年・科目の教材を、Z会の受講有無を問わず、どなたでも登録不要でダウンロードし、活用いただけます。 基本・標準・応用の3つの難易度でご用意しています。 数学教科書の解説動画を、期間限定で登録などの手続きなく視聴いただけます。 数学教科書収録の章末問題などをていねいに解説しています。 スマートレクチャーの視聴には無料でダウンロードできるThinkBoardプレーヤーが必要になります。 <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり スマートレクチャーの視聴には無料でダウンロードできるThinkBoardプレーヤーが必要になります。 また、オリンピック・パラリンピックを含め、スポーツの意義等について、教科書等を参考に考えたり、レポートにまとめたりする。 また、自分のお気に入りの音楽について、その音楽のよさや美しさなどに触れながら、その音楽の推薦文を書いてみる。 その際、その音楽の特徴や背景などを理由に挙げるようにしてみる。 また、CDやインターネット等を活用してその音楽を聴くことができる環境がある場合は、推薦文の内容を読み直しながら、改めて鑑賞してみる。 聞く・読む・話す・書くの技能別の練習問題がレベル別に多数あり、理解度を確認する練習問題等を使って自学自習できる。 ・BBC Learning English や、など、多彩な英語の教材が無料で提供されている。 その際、ホームプロジェクトの意義や実施方法を教科書等を使って振り返ったり、自己の家庭生活の中から課題を見いだし、課題解決を目指して、計画、実践、反省・評価の流れに基づいて行い、実施過程をノート等にまとめたりする。 <活用できるリンク集> 自宅学習用教材として、マスクの作り方を紹介しています。 動画と型紙付きなので、簡単に作ることができます。 マスクの作り方を動画で紹介をしています。 家庭科など、情報・産業教育に関する内容を掲載しています。 「オンライン大学講座」とされていますが、内容的には高校生も受講可能なものも多いです。 <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり 探究する際の課題のヒントや探究の成果のまとめ方を紹介しています。 生徒自身が自立的に探究学習ができように、学習サポート動画教材や大学生によるブラッシュアップサポートを受ける取り組みを準備しています。 考えた提案を企業や地方自治体の方と繋げる機会などの企画も用意し生徒自身が主体的に取り組むことができます。 探究的な学習を充実させるための学習コンテンツです。 特に、探究的な学習の「まとめ・表現」の場面で、このようなスキルが必要になります。 また、これまでの授業で扱った地域の工業に関わる課題について、教科書や補助教材のいわゆる学習ノート等を活用しながら、科学的な根拠に基づいて、さらに具体的な課題解決の方法の在り方について考察を行う。 また、適切な進路選択と専門性の向上のために、家庭に関する学科に関連した産業の種類や特徴、職業資格等について調べたり、生活産業のスペシャリストになるために必要な学習プランを考えたり、作成したりする。 また、社会や家庭での生活において、健康の保持増進や健康支援のために必要なことについて、これまで学んだことや自分の経験、様々な媒体から得た情報などを活用しながら考察し可能なことについては自ら実践するとともに、医療者の役割について考えまとめたりする。 インターネットを介して互いに評価したり、協働して制作したりすることも考えられる。 また、学習ノート等を参考に地域における福祉・介護の課題をまとめるとともに課題解決の方法について考察する。 また、動画やプリント等を参考に科学的根拠に基づいた介護技術の練習を行い、介護技術を身に付けてみる。 <活用できるリンク集> 更新 20分前後の「補助犬」に関する動画です。

次の

休校要請「学校設置者の判断妨げない」 文科省が通知 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

文科 省 休校

また、その際、テレビやラジオ、インターネットなどを通して音声や動画を視聴して、自分の表現に生かすことも考えられる。 ・・・ <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり 株式会社Z会は、休校中の全国の児童生徒の学びをサポートするために一部教材を無料で提供しています。 各学年・科目の教材を、Z会の受講有無を問わず、どなたでも登録不要でダウンロードし、活用いただけます。 また、教科書の今後学習する部分を読み、疑問に思ったことをノートにメモしたり、教科書等で調べたりする。 また、教科書の今後学習する部分を読み、疑問に思ったことをノートにメモしたり、教科書等で調べたりする。 <活用できるリンク集> 株式会社Z会は、休校中の全国の児童生徒の学びをサポートするために一部教材を無料で提供しています。 各学年・科目の教材を、Z会の受講有無を問わず、どなたでも登録不要でダウンロードし、活用いただけます。 基本・標準・応用の3つの難易度でご用意しています。 数学教科書の解説動画を、期間限定で登録などの手続きなく視聴いただけます。 数学教科書収録の章末問題などをていねいに解説しています。 スマートレクチャーの視聴には無料でダウンロードできるThinkBoardプレーヤーが必要になります。 <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり スマートレクチャーの視聴には無料でダウンロードできるThinkBoardプレーヤーが必要になります。 また、オリンピック・パラリンピックを含め、スポーツの意義等について、教科書等を参考に考えたり、レポートにまとめたりする。 また、自分のお気に入りの音楽について、その音楽のよさや美しさなどに触れながら、その音楽の推薦文を書いてみる。 その際、その音楽の特徴や背景などを理由に挙げるようにしてみる。 また、CDやインターネット等を活用してその音楽を聴くことができる環境がある場合は、推薦文の内容を読み直しながら、改めて鑑賞してみる。 聞く・読む・話す・書くの技能別の練習問題がレベル別に多数あり、理解度を確認する練習問題等を使って自学自習できる。 ・BBC Learning English や、など、多彩な英語の教材が無料で提供されている。 その際、ホームプロジェクトの意義や実施方法を教科書等を使って振り返ったり、自己の家庭生活の中から課題を見いだし、課題解決を目指して、計画、実践、反省・評価の流れに基づいて行い、実施過程をノート等にまとめたりする。 <活用できるリンク集> 自宅学習用教材として、マスクの作り方を紹介しています。 動画と型紙付きなので、簡単に作ることができます。 マスクの作り方を動画で紹介をしています。 家庭科など、情報・産業教育に関する内容を掲載しています。 「オンライン大学講座」とされていますが、内容的には高校生も受講可能なものも多いです。 <活用できるリンク集> スマートフォン向けアプリあり 探究する際の課題のヒントや探究の成果のまとめ方を紹介しています。 生徒自身が自立的に探究学習ができように、学習サポート動画教材や大学生によるブラッシュアップサポートを受ける取り組みを準備しています。 考えた提案を企業や地方自治体の方と繋げる機会などの企画も用意し生徒自身が主体的に取り組むことができます。 探究的な学習を充実させるための学習コンテンツです。 特に、探究的な学習の「まとめ・表現」の場面で、このようなスキルが必要になります。 また、これまでの授業で扱った地域の工業に関わる課題について、教科書や補助教材のいわゆる学習ノート等を活用しながら、科学的な根拠に基づいて、さらに具体的な課題解決の方法の在り方について考察を行う。 また、適切な進路選択と専門性の向上のために、家庭に関する学科に関連した産業の種類や特徴、職業資格等について調べたり、生活産業のスペシャリストになるために必要な学習プランを考えたり、作成したりする。 また、社会や家庭での生活において、健康の保持増進や健康支援のために必要なことについて、これまで学んだことや自分の経験、様々な媒体から得た情報などを活用しながら考察し可能なことについては自ら実践するとともに、医療者の役割について考えまとめたりする。 インターネットを介して互いに評価したり、協働して制作したりすることも考えられる。 また、学習ノート等を参考に地域における福祉・介護の課題をまとめるとともに課題解決の方法について考察する。 また、動画やプリント等を参考に科学的根拠に基づいた介護技術の練習を行い、介護技術を身に付けてみる。 <活用できるリンク集> 更新 20分前後の「補助犬」に関する動画です。

次の

学習遅れ「複数年度で解消」 休校長期化で特例―文科省:時事ドットコム

文科 省 休校

安倍晋三首相の全校一斉休校指示のブレーンは経済産業省である。 教育行政で地盤沈下の進む文部科学省にとって代わり、経産省の領空侵犯が進んでいる。 朝日新聞のスクープによって、安倍首相が2月27日夜、小中高校、特別支援学校の休校を要請したときの参謀役として、覚えめでたい今井尚哉首相補佐官の存在があったことが明らかになった。 もとよりそれは、北海道の鈴木直道知事が道内の一斉休校など緊急事態宣言を打ち出したことが、「危機管理能力がある」と世論に好感され、コロナ対策で後手に回ってきた政権が柳の下の二匹目のドジョウを狙ったことではあろう。 だが、教育行政を所管する萩生田光一文科相が一斉休校を知ったのは、27日当日の朝だった。 文科省が明らかにつんぼ桟敷に置かれたのに対し、今井の出身母体である経産省は一斉休校の方針を少なくとも前日までには把握し、準備していたので ……… ログイン オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。 IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。 FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。 年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。 詳しくはをご覧ください)。

次の