上杉 隆。 上杉隆が嘘つきと言われる理由は!?経歴詐称をカミングアウト!?

N国党幹事長・上杉隆さん、またデマを流す(事業者はきちんと申請しましょう)|山本一郎(やまもといちろう)|note

上杉 隆

この番組の企画の3つの関連ワードから連想される人物を当てるというコーナーで、 「うそつき」「炎上」「ロンブー淳」 という3つの関連ワードが紹介されました。 様々な連想人物の名前が挙がる中、解答者の1人だった有吉弘行さんが 「こういう人の名前がないんだよね。 上杉隆」 と言って、画面上に上杉氏の名前とイラストが表示されたのだそう。 ロンブー淳さんと上杉氏は、TOKYO MXの『週刊リテラシー』という番組で約2年間MCを務めた仲。 それがあっての有吉発言なのですが、政治に無知な私は彼を知りませんでした。 今回はこの番組や有吉さんというより、兼ねてから「バラエティー番組で勝手に名前や肖像を出さないでほしい」 と言っていたのに勝手に使われた。 とTBSに怒っているようです。 連想問題の正解は上杉氏ではなかったようです(若槻千夏さんらしい)が、彼がついた「嘘」とはなんでしょう。 その理由の一つに、東日本大震災での福島第一原発のメルトダウン報道があるようです。 震災翌日、上杉氏は速報で 「福島第一原発で炉心溶解(メルトダウン)が始まった模様」とツイート。 」 「上杉氏のツイートは事実無根。 」として上杉氏を 嘘つきと表現したのだとか。 彼とはその後もブログやツイッターで批判し合い、裁判も起こしているようなので、犬猿の仲なのでしょう。 この辺の表現や捉え方の違いで、「事実を伝えていない」「伝えた」「嘘つきはどっち!?」 みたいになったようです。 また上杉氏は当時海外政府は日本からの退避勧告を出していたが、日本の報道機関はそれらについて報道していないと主張。 海外政府やメディアの発表を上杉氏が発表したことについて 「デマだ」と言われたと述べているそう。 上杉氏的には「自分は嘘をついていないのに嘘つき呼ばわりされている」 という思いが強い様。 ただ彼の発言はどうもエキサイトするようで。 「原発事故のせいで自殺者が急増。 全国で5万人ぺース」といった内容をツイート。 「福島・郡山に人は住めない」とウォールストリートジャーナルの記者がコメントしていた。 と書いた記事。 安倍首相や外務省など政治家批判もバンバンして、事実無根だと訴えられるなど、とにかく敵が多い。 表現の仕方で捉え方も変わるから、何が本当で何が嘘なのか、わかりにくいことが多いのです。 何事も、全部信じてはダメなのだということだけわかりました。 スポンサーリンク 経歴詐称!? 一時話題となった著名人の経歴詐称。 その頃自身のブログで火の粉が飛んでいるとして、経歴について細かく記載しています。 上杉氏は大学卒業後、NHKに勤務。 鳩山邦夫事務所に5年間務めたあと ニューヨークタイムズの取材記者となる。 その後フリージャーナリストとなるも2011年ジャーナリスト引退宣言。 元ジャーナリストとして報道番組等に出演。 現在は「NO BORDER」代表取締役をされています。 といったのが簡単な経歴なのですが、その中で NHK勤務というのはアルバイトであったようですね。 大学卒業の年にNHKに内定するも、大学事務局の手続きミスで卒業保留となり、非正規スタッフとして働いていたそうです。 そしてニューヨークタイムズ東京支局の取材記者(リサーチャー)になったとあります。 リサーチャーとは、記者の書いた記事に間違いがないかチェックしたり、記事を書くために必要な情報をまとめたりする仕事のこと。 だそうで、実際に正式な社員記者であったのかまでは不明でした。 嘘は書いていないのです。 まとめ 上杉氏は100人に1人、自分をわかってくれるひとがいればいい。 と思って発言しているそうです。 あえて過激な発言を意識しているのでしょうか。 大変な人生だ。 つか何故都知事選に出馬したのでしょうね。 都知事と言えば、かつての都知事は今どうしているのでしょう・・・.

次の

上杉隆とは

上杉 隆

番組開始当初のから放送までは、メインの出演者である ()とのである 『淳と隆の週刊リテラシー』(あつしとたかしのしゅうかんリテラシー)として放送していたが、後述する上杉が出演不可能(後に降板)になったため、翌週放送分より『週刊リテラシー』に変更された(経緯など詳細は)。 田村にとって、『』()以来、2年振りに情報番組の司会を担当する。 2014年12月20日には、2時間特番としてからの公開生放送を行った。 2015年8月15日には、当日がということで、2回目となるスタジオアルタからの公開生放送を行い、を扱った。 2016年9月末をもって番組終了。 後番組は『』。 上杉隆の降板 [ ] 2016年7月9日放送段階では、一部報道で上杉がへの出馬が取り立たされている状況であったが、番組内では言及していなかった。 後に同年7月12日に正式に出馬を表明し 、その後はテレビ出演ができないため翌週の同年7月16日以降は番組自体に出演しなくなり、タイトルも『週刊リテラシー』に変更した。 結果として上杉は落選したため、早ければ同年8月6日放送分からは復帰可能であり、上杉もそのつもりでいた。 しかし、突如同年8月5日に東京MXテレビ より契約終了通知書(事実上の解雇通告)がつきの郵便で送られたことを上杉が公表した。 この件をめぐっては、MXと上杉で真っ向から意見の食い違いが生じている。 MXは、同年8月13日放送の番組冒頭で「知事選出馬の報告を受け、番組のMCとして出演を継続することは放送基準等に照らして困難であるとの理由で、上杉の了承をとった上で降板を決定した」との旨をアナウンス。 田村と阿部の進行により番組をスタートした。 一方で上杉は、このテロップが出される前の同年8月10日にコメントを発表。 「既に6月下旬の段階で出馬の可能性をMXに知らせた。 これを受けてMXも取材協力や陣中見舞いなどむしろ好意的な対応をしており、今回の契約終了通知書が出されたこと自体に困惑している」としている。 コーナー [ ]• 半蔵門世論調査 大手が資本参加している新聞社、通信社との共同の様な世論調査では無く、放送回毎に設問を決めて、番組データ放送、番組Webサイト、携帯サイト、番組公式アカウントにて、視聴者からの意見を募集するコーナー。 『5時に夢中! 』シリーズでの「生投票」や、『』『』の「ダンディ・ジャッジ」「バラいろジャッジ」に相当するコーナー。 前述のスタジオアルタからの生放送の場合は、スタジオアルタの所在するに因んで「新宿世論調査」とタイトルが変更される。 イチメンラインナップ 放送週の大手新聞各紙の一面の記事を6つピックアップし、そのニュースについて、コメンテーターが議論するコーナーである。 新聞記事を6つピックアップしてコメンテーターと議論するのは、『ニッポン・ダンディ』での「WDN」と同様。 また、その中から田村が深掘りしたいニュースを「ふかぼりNEWS」として、コメンテーターと議論をする。 淳のとにかく行っちゃいました! ニュースの分からない事、知らない事を知るために、とりあえず現場に行っちゃいましたと言う、キャッチフレーズの元、田村がロケをするVTR企画。 奈々のわかんないから聞いちゃいました! 鈴木が政治家などに質問をするロケ企画。 『5時に夢中! 』での「追跡! ベスト8」や『バラいろダンディ』の特集コーナーに相当する。 出演者 [ ] メインMC [ ]• () アシスタント [ ]• コメンテーター [ ] レギュラー• コメンテーターという形での出演であるが、実際にはロケ企画への参加や天気予報担当であり、『5時に夢中! 』での「黒船特派員」や、『ニッポン・ダンディ』『バラいろダンディ』での「バーディ」と役目は同じである。 ゲスト• - 2014年4月5日、5月24日、9月27日・2015年2月14日、4月25日、5月2日• - 2014年4月12日、11月15日・2015年4月4日• - 2014年4月19日、2014年9月27日• - 2014年4月26日• - 2014年5月3日;2015年1月17日• - 2014年5月10日;2015年5月9日• 佐藤潤一(グリーンピースJAPAN)- 2014年5月17日• - 2014年5月24日、12月13日• - 2014年5月31日• - 2014年6月7日• - 2014年6月14日• - 2014年6月21日、11月1日• - 2014年7月26日・2015年3月28日• - 2014年8月23日• - 2014年8月30日• - 2014年9月6日、11月22日・2015年2月28日• - 2014年9月13日• - 2014年9月20日• - 2014年10月4日• - 2014年10月11日• - 2014年10月18日・2015年4月18日• - 2014年10月25日• - 2014年11月8日• - 2014年12月6日• - 2015年1月10日• - 2015年1月24日• - 2015年1月31日• - 2015年2月7日• - 2015年2月21日• - 2015年3月7日• - 2015年3月14日• - 2015年4月11日• - 2015年4月11日• - 2015年5月23日 過去の出演者 [ ]• (番組開始 - 2016年7月9日) - 経緯はのとおり。 スタッフ [ ]• 構成:相川健一、いのり浩昭• ヘアメイク:三ノ輪 技術• SW:磯田利明• CAM:原美岳、菅野一哉,茂木章久• VE:梅津孝一• VTR:岩永光太• MIX:畑圭• AUD:成田紗弓• LD:岡麻里子• テロップ:外山綾• 美術: SPart• 照明:• 音響効果:アーツポート企画(株)• 技術協力:• 協力:• FD:河村大介、佐久本章• デスク:長谷川裕子• TK:竹内朋子• デザイン:、日浦康之• ディレクター:山田裕輔• 演出、プロデューサー:• 製作著作: TOKYO MX 関連項目 [ ]• - プロデューサーの大川がメインに担当している番組。 ニッポン・ダンディの類似コーナーがあるほか、MC・アシスタントとして阿部も出演。 脚注 [ ]• プレスリリース , 東京メトロポリタンテレビジョン, 2014年12月3日 ,• プレスリリース , 東京メトロポリタンテレビジョン, 2015年8月7日 ,• スポニチアネックス. 2016年9月9日. 2016年9月9日閲覧。 東京スポーツ 2016年7月12日• 日刊スポーツ 2016年8月6日• スポーツニッポン 2016年8月13日• 上杉隆公式ホームページ 2016年8月10日 外部リンク [ ]• lite9ch - 土曜 17:00 - 17:55枠 前番組 番組名 次番組.

次の

上杉隆幹事長の経歴や学歴は?評判や人気は?気になるwikiまとめ!

上杉 隆

番組開始当初のから放送までは、メインの出演者である ()とのである 『淳と隆の週刊リテラシー』(あつしとたかしのしゅうかんリテラシー)として放送していたが、後述する上杉が出演不可能(後に降板)になったため、翌週放送分より『週刊リテラシー』に変更された(経緯など詳細は)。 田村にとって、『』()以来、2年振りに情報番組の司会を担当する。 2014年12月20日には、2時間特番としてからの公開生放送を行った。 2015年8月15日には、当日がということで、2回目となるスタジオアルタからの公開生放送を行い、を扱った。 2016年9月末をもって番組終了。 後番組は『』。 上杉隆の降板 [ ] 2016年7月9日放送段階では、一部報道で上杉がへの出馬が取り立たされている状況であったが、番組内では言及していなかった。 後に同年7月12日に正式に出馬を表明し 、その後はテレビ出演ができないため翌週の同年7月16日以降は番組自体に出演しなくなり、タイトルも『週刊リテラシー』に変更した。 結果として上杉は落選したため、早ければ同年8月6日放送分からは復帰可能であり、上杉もそのつもりでいた。 しかし、突如同年8月5日に東京MXテレビ より契約終了通知書(事実上の解雇通告)がつきの郵便で送られたことを上杉が公表した。 この件をめぐっては、MXと上杉で真っ向から意見の食い違いが生じている。 MXは、同年8月13日放送の番組冒頭で「知事選出馬の報告を受け、番組のMCとして出演を継続することは放送基準等に照らして困難であるとの理由で、上杉の了承をとった上で降板を決定した」との旨をアナウンス。 田村と阿部の進行により番組をスタートした。 一方で上杉は、このテロップが出される前の同年8月10日にコメントを発表。 「既に6月下旬の段階で出馬の可能性をMXに知らせた。 これを受けてMXも取材協力や陣中見舞いなどむしろ好意的な対応をしており、今回の契約終了通知書が出されたこと自体に困惑している」としている。 コーナー [ ]• 半蔵門世論調査 大手が資本参加している新聞社、通信社との共同の様な世論調査では無く、放送回毎に設問を決めて、番組データ放送、番組Webサイト、携帯サイト、番組公式アカウントにて、視聴者からの意見を募集するコーナー。 『5時に夢中! 』シリーズでの「生投票」や、『』『』の「ダンディ・ジャッジ」「バラいろジャッジ」に相当するコーナー。 前述のスタジオアルタからの生放送の場合は、スタジオアルタの所在するに因んで「新宿世論調査」とタイトルが変更される。 イチメンラインナップ 放送週の大手新聞各紙の一面の記事を6つピックアップし、そのニュースについて、コメンテーターが議論するコーナーである。 新聞記事を6つピックアップしてコメンテーターと議論するのは、『ニッポン・ダンディ』での「WDN」と同様。 また、その中から田村が深掘りしたいニュースを「ふかぼりNEWS」として、コメンテーターと議論をする。 淳のとにかく行っちゃいました! ニュースの分からない事、知らない事を知るために、とりあえず現場に行っちゃいましたと言う、キャッチフレーズの元、田村がロケをするVTR企画。 奈々のわかんないから聞いちゃいました! 鈴木が政治家などに質問をするロケ企画。 『5時に夢中! 』での「追跡! ベスト8」や『バラいろダンディ』の特集コーナーに相当する。 出演者 [ ] メインMC [ ]• () アシスタント [ ]• コメンテーター [ ] レギュラー• コメンテーターという形での出演であるが、実際にはロケ企画への参加や天気予報担当であり、『5時に夢中! 』での「黒船特派員」や、『ニッポン・ダンディ』『バラいろダンディ』での「バーディ」と役目は同じである。 ゲスト• - 2014年4月5日、5月24日、9月27日・2015年2月14日、4月25日、5月2日• - 2014年4月12日、11月15日・2015年4月4日• - 2014年4月19日、2014年9月27日• - 2014年4月26日• - 2014年5月3日;2015年1月17日• - 2014年5月10日;2015年5月9日• 佐藤潤一(グリーンピースJAPAN)- 2014年5月17日• - 2014年5月24日、12月13日• - 2014年5月31日• - 2014年6月7日• - 2014年6月14日• - 2014年6月21日、11月1日• - 2014年7月26日・2015年3月28日• - 2014年8月23日• - 2014年8月30日• - 2014年9月6日、11月22日・2015年2月28日• - 2014年9月13日• - 2014年9月20日• - 2014年10月4日• - 2014年10月11日• - 2014年10月18日・2015年4月18日• - 2014年10月25日• - 2014年11月8日• - 2014年12月6日• - 2015年1月10日• - 2015年1月24日• - 2015年1月31日• - 2015年2月7日• - 2015年2月21日• - 2015年3月7日• - 2015年3月14日• - 2015年4月11日• - 2015年4月11日• - 2015年5月23日 過去の出演者 [ ]• (番組開始 - 2016年7月9日) - 経緯はのとおり。 スタッフ [ ]• 構成:相川健一、いのり浩昭• ヘアメイク:三ノ輪 技術• SW:磯田利明• CAM:原美岳、菅野一哉,茂木章久• VE:梅津孝一• VTR:岩永光太• MIX:畑圭• AUD:成田紗弓• LD:岡麻里子• テロップ:外山綾• 美術: SPart• 照明:• 音響効果:アーツポート企画(株)• 技術協力:• 協力:• FD:河村大介、佐久本章• デスク:長谷川裕子• TK:竹内朋子• デザイン:、日浦康之• ディレクター:山田裕輔• 演出、プロデューサー:• 製作著作: TOKYO MX 関連項目 [ ]• - プロデューサーの大川がメインに担当している番組。 ニッポン・ダンディの類似コーナーがあるほか、MC・アシスタントとして阿部も出演。 脚注 [ ]• プレスリリース , 東京メトロポリタンテレビジョン, 2014年12月3日 ,• プレスリリース , 東京メトロポリタンテレビジョン, 2015年8月7日 ,• スポニチアネックス. 2016年9月9日. 2016年9月9日閲覧。 東京スポーツ 2016年7月12日• 日刊スポーツ 2016年8月6日• スポーツニッポン 2016年8月13日• 上杉隆公式ホームページ 2016年8月10日 外部リンク [ ]• lite9ch - 土曜 17:00 - 17:55枠 前番組 番組名 次番組.

次の