冷めても美味しいおかず。 ワザあり!冷めてもおいしい「お弁当おかず」レシピ5選

ワザあり!冷めてもおいしい「お弁当おかず」レシピ5選

冷めても美味しいおかず

4月になり、徐々に春らしい暖かな季節がやってきました。 またこの時季は、新生活や新学期がスタートし、お弁当を持っていく機会も増えますよね。 お弁当はもともと冷めた状態で食べるものではありますが、あまりにもごはんが硬くなってしまったり、お肉がパサパサになってしまったりすると、ちょっと味気なくなってしまいますよね。 せっかく作ったお弁当ですから、お子さんや旦那さんに喜んでもらいたいものです。 そこで今回は料理講師の三井愛さんに協力していただき、冷めても美味しいお弁当を作るテクニックを教えてもらいました。 【アンケート】あなたが気になる「冷めているお弁当」の悩みは? 「ほほえみごはん編集部」では、3月にお弁当が冷めている時の悩みについてアンケート調査を行いました。 選択肢は「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」「お肉の脂が固まってしまう」「その他」の4つ。 その結果がこちらです! アンケートに100名以上の回答が集まる中、当初票が集まると予想していた「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」を大きく引き離し、「お肉の脂が固まってしまう」が約6割の票を獲得しました。 「お肉の脂が固まってしまう」ことは、聞くことが多い悩みの1つです。 お昼のお弁当を楽しみにしていたのにふたを開けた時に脂が白くなっていると、少し残念な気持ちになりますよね……。 お肉の脂が白く固まっている 2. ごはんが硬い 3. 揚げ物がベタついている 4. お肉がパサつく 5. 冷えた脂の食感はどろっとしていて、見た目もよくありません。 解決するための一つの方法として、脂の少ないお肉の部位を選びましょう。 脂の少ない部位は、以下のものがあります。 牛:ヒレ 鶏:ささみ、むね 豚:ヒレ、ロース これらの部位を選ぶほかに、 ・肉を湯通しすることで余分な脂を落としてから調理する ・加熱後にペーパータオルなどで脂を取り除く なども実践するとよいでしょう。 箸でごはんを食べようとすると……カチカチで食べづらい!という経験はありませんか? お米は浸水時間を長くすることでデンプンが分解され、ふっくらと炊き上がります。 夏・秋は40~70分ほど、冬・春は70~130分ほどを目安に浸水させれば、冷えても美味しいごはんが炊けるでしょう。 また、冷めても硬くなりにくいと言われている品種のお米に変えるのもテクニックのひとつ。 例えば「ミルキークイーン」や「ゆめぴりか」 などがおすすめです。 そのほか、お弁当箱に盛り付けたり、おにぎりにしたりするときは、あまりぎゅうぎゅうと固めすぎないのもポイントです。 揚げ物のベタつきを防ぐテクニックは、衣に片栗粉を混ぜること。 片栗粉を混ぜると、時間が経ってもカリッとした揚げ物に仕上がります。 割合は、小麦粉40gに対して片栗粉10g程度がおすすめです! また、揚げた後にペーパータオルでしっかりと油をとってあげるとベタつきを防ぐことができるでしょう。 唐揚げの場合は二度揚げをすることで肉汁が逃げず、カラッと仕上がります。 1度目は中火で揚げ、2度目は強火で揚げるとお肉の肉汁を逃がさないので、ジューシーな唐揚げが完成します。 パサつきを防ぐためには、 ・蒸し焼きにして肉汁を逃がさない ・肉の表面に小麦粉をまぶして焼く などの一手間をかけると良いでしょう。 ハンバーグを作るときは、つなぎのパン粉を食卓で食べる用に作るときよりもやや多めに入れると、パン粉が肉汁を吸うのでジューシーになります。 また、焼きあがったハンバーグにソースを絡めてから詰めると、表面に膜ができて水分が飛ばないため、同様にパサつきを防げるでしょう。 そこで香味野菜(ねぎ、生姜、大葉など)を使ってみましょう!香りの強い香味野菜を使ったおかずは冷めていても食欲を刺激してくれるはず。 また、冷めたおかずは味も弱く感じがちなので、少し濃いめの味付けを心がけましょう。 おかず用の食材に下味をつけるときは、表面の水分をペーパータオルでしっかりとふき取っておくと味のなじみが良くなります。 下味をつけるほかにも、桜えび、かつおぶし、青のりなど香りを楽しめる食材を使うと冷めても美味しいおかずに仕上がるはずです。 冷めても美味しい!4つの定番おかずの作り方 お弁当のおかずとして登場することの多い「唐揚げ」「厚焼き卵」「照り焼きチキン」「生姜焼き」。 ほほえみごはん編集部でも、これらのおかずが入っていると「嬉しい!」と話すメンバーが多い人気のおかずです。 次は、これらの定番おかずの「冷めても美味しい作り方」をご紹介します。 冷めてもふっくらとして美味しい厚焼き卵を作るためには、卵1個に対して小さじ1杯の砂糖を入れて焼くのがおすすめ。 砂糖を入れることで保水性が高まりしっとりとした仕上がりになり、暖かくても冷めてもおいしい厚焼き卵になります。 これを防ぐには、作る際に鶏肉を細かく切らず、できれば一枚肉の状態で加熱することがポイント。 そうすることで、切り口からうま味や肉汁が逃げるのを防ぐことができます。 また、フライパンで加熱する前に電子レンジで加熱してから調理すると、仕上がりがやわらかいものに。 また、焼く直前に、表面に片栗粉を薄くつけてから焼くと片栗粉でとろみがつくので、味もしっかりと絡まります。 作ってから数時間たってから食べるので、冷めることが前提のお弁当ではありますが、たとえ冷めてしまっても美味しいお弁当を作るための工夫はたくさんあるのです! 次回お弁当を作る際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 空のお弁当箱といっしょに、お子さんや旦那さんの「今日のお弁当、美味しかったよ!」という声がきっとみなさんに届くはずですよ!.

次の

冷めてもおいしい「曲げわっぱ弁当」のススメ+人気おかず3選

冷めても美味しいおかず

4月になり、徐々に春らしい暖かな季節がやってきました。 またこの時季は、新生活や新学期がスタートし、お弁当を持っていく機会も増えますよね。 お弁当はもともと冷めた状態で食べるものではありますが、あまりにもごはんが硬くなってしまったり、お肉がパサパサになってしまったりすると、ちょっと味気なくなってしまいますよね。 せっかく作ったお弁当ですから、お子さんや旦那さんに喜んでもらいたいものです。 そこで今回は料理講師の三井愛さんに協力していただき、冷めても美味しいお弁当を作るテクニックを教えてもらいました。 【アンケート】あなたが気になる「冷めているお弁当」の悩みは? 「ほほえみごはん編集部」では、3月にお弁当が冷めている時の悩みについてアンケート調査を行いました。 選択肢は「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」「お肉の脂が固まってしまう」「その他」の4つ。 その結果がこちらです! アンケートに100名以上の回答が集まる中、当初票が集まると予想していた「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」を大きく引き離し、「お肉の脂が固まってしまう」が約6割の票を獲得しました。 「お肉の脂が固まってしまう」ことは、聞くことが多い悩みの1つです。 お昼のお弁当を楽しみにしていたのにふたを開けた時に脂が白くなっていると、少し残念な気持ちになりますよね……。 お肉の脂が白く固まっている 2. ごはんが硬い 3. 揚げ物がベタついている 4. お肉がパサつく 5. 冷えた脂の食感はどろっとしていて、見た目もよくありません。 解決するための一つの方法として、脂の少ないお肉の部位を選びましょう。 脂の少ない部位は、以下のものがあります。 牛:ヒレ 鶏:ささみ、むね 豚:ヒレ、ロース これらの部位を選ぶほかに、 ・肉を湯通しすることで余分な脂を落としてから調理する ・加熱後にペーパータオルなどで脂を取り除く なども実践するとよいでしょう。 箸でごはんを食べようとすると……カチカチで食べづらい!という経験はありませんか? お米は浸水時間を長くすることでデンプンが分解され、ふっくらと炊き上がります。 夏・秋は40~70分ほど、冬・春は70~130分ほどを目安に浸水させれば、冷えても美味しいごはんが炊けるでしょう。 また、冷めても硬くなりにくいと言われている品種のお米に変えるのもテクニックのひとつ。 例えば「ミルキークイーン」や「ゆめぴりか」 などがおすすめです。 そのほか、お弁当箱に盛り付けたり、おにぎりにしたりするときは、あまりぎゅうぎゅうと固めすぎないのもポイントです。 揚げ物のベタつきを防ぐテクニックは、衣に片栗粉を混ぜること。 片栗粉を混ぜると、時間が経ってもカリッとした揚げ物に仕上がります。 割合は、小麦粉40gに対して片栗粉10g程度がおすすめです! また、揚げた後にペーパータオルでしっかりと油をとってあげるとベタつきを防ぐことができるでしょう。 唐揚げの場合は二度揚げをすることで肉汁が逃げず、カラッと仕上がります。 1度目は中火で揚げ、2度目は強火で揚げるとお肉の肉汁を逃がさないので、ジューシーな唐揚げが完成します。 パサつきを防ぐためには、 ・蒸し焼きにして肉汁を逃がさない ・肉の表面に小麦粉をまぶして焼く などの一手間をかけると良いでしょう。 ハンバーグを作るときは、つなぎのパン粉を食卓で食べる用に作るときよりもやや多めに入れると、パン粉が肉汁を吸うのでジューシーになります。 また、焼きあがったハンバーグにソースを絡めてから詰めると、表面に膜ができて水分が飛ばないため、同様にパサつきを防げるでしょう。 そこで香味野菜(ねぎ、生姜、大葉など)を使ってみましょう!香りの強い香味野菜を使ったおかずは冷めていても食欲を刺激してくれるはず。 また、冷めたおかずは味も弱く感じがちなので、少し濃いめの味付けを心がけましょう。 おかず用の食材に下味をつけるときは、表面の水分をペーパータオルでしっかりとふき取っておくと味のなじみが良くなります。 下味をつけるほかにも、桜えび、かつおぶし、青のりなど香りを楽しめる食材を使うと冷めても美味しいおかずに仕上がるはずです。 冷めても美味しい!4つの定番おかずの作り方 お弁当のおかずとして登場することの多い「唐揚げ」「厚焼き卵」「照り焼きチキン」「生姜焼き」。 ほほえみごはん編集部でも、これらのおかずが入っていると「嬉しい!」と話すメンバーが多い人気のおかずです。 次は、これらの定番おかずの「冷めても美味しい作り方」をご紹介します。 冷めてもふっくらとして美味しい厚焼き卵を作るためには、卵1個に対して小さじ1杯の砂糖を入れて焼くのがおすすめ。 砂糖を入れることで保水性が高まりしっとりとした仕上がりになり、暖かくても冷めてもおいしい厚焼き卵になります。 これを防ぐには、作る際に鶏肉を細かく切らず、できれば一枚肉の状態で加熱することがポイント。 そうすることで、切り口からうま味や肉汁が逃げるのを防ぐことができます。 また、フライパンで加熱する前に電子レンジで加熱してから調理すると、仕上がりがやわらかいものに。 また、焼く直前に、表面に片栗粉を薄くつけてから焼くと片栗粉でとろみがつくので、味もしっかりと絡まります。 作ってから数時間たってから食べるので、冷めることが前提のお弁当ではありますが、たとえ冷めてしまっても美味しいお弁当を作るための工夫はたくさんあるのです! 次回お弁当を作る際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 空のお弁当箱といっしょに、お子さんや旦那さんの「今日のお弁当、美味しかったよ!」という声がきっとみなさんに届くはずですよ!.

次の

「冷めても美味しい」お弁当の人気おかずレシピ24選!誰でも試せる簡単ポイントは?

冷めても美味しいおかず

2、ポリ袋(2重にするのをおすすめします。 )に鶏もも肉、生姜の絞り汁、Aを入れてよく揉み込む。 3、寝かせる冷蔵庫で寝かせます。 30分~半日味の染み具合変わるけど、30分でもOK。 4、カラッと2度揚げポリ袋から、ネギ、青じそを取り除き、片栗粉を入れて全体に揉み込みます。 きつね色に色づき始めたら、引き上げます。 余熱で火が通りますよ。 豚肉をたこ糸で縛ります。 2、焼く鍋にサラダ油大さじ1を入れて火にかけ、表面を焼きます。 3、煮るかぶるくらいの水を入れ、落し蓋をして60分ほど煮ます。 煮汁を捨て、調味料を入れ、再び落としぶたをしさらに30分煮ます。 4、後は放置煮汁につけておきます。 冷める時に味が染み込みます!お好きな大きさに切り、皿に盛り、トッピングします。 煮詰めた煮汁をかけます。 2、たねを作るボウルに豚ひき肉、塩を入れ、粘りが出て白っぽくなるまで練り混ぜる。 下味の材料を加えてさらに混ぜます。 最後に玉ねぎとしいたけを潰さないように加え合わせます。 3、皮に包む親指と人差し指で輪を作り、皮をおきます。 皮の中央に具をのせ円柱状に包みます。 そこを平らにすると安定します。 4、蒸す蒸し器のスノコにふきんをしいて、シュウマイがくっつかないように並べ、強火で10分蒸します。 からし醤油でいただきます。 ふんわりつくね 材料 新じゃが…出来れば小さいもの約500g 1個40~50gくらいのを10個使いました 豚ひき肉…約250g じゃがいもの半分くらい ねぎ…お好きなだけ なくてもOK サラダ油…少々 Aみそ…大さじ2 Aしょうゆ…大さじ1 A酒…大さじ1 Aみりん…大さじ1 A砂糖…大さじ1 B片栗粉 大さじ1& 水大さじ2 なくてもOK) レシピ 1、じゃがいもの表面の汚れをしっかり落とし、一口サイズに切ります。 2、ラップをして、根菜モード自動で柔らかくなるまでレンチンします。 根菜モードがなければ4~5分程度やってみて、かたければ追加加熱してみてください。 3、A、Bをそれぞれ混ぜておきます。 ネギは小口切りにします。 4、フライパンにひき肉を入れ、色が変わってきたら、混ぜたAを半分投入し、汁けが無くなったら一旦取り出します。 5、フライパンにサラダ油をしいてじゃがいもを投入し、カリカリの焼き色をつけます。 6、ひき肉を戻し、残りのAを投入し、グツグツしたらBも投入、最後にネギも投入してざっくり混ぜて完成です。 厚揚げと鶏ひき肉のそぼろあん 材料(2人分) 厚揚げ…1枚鶏 ひき肉…130g 生姜…ひとかけ 絹さや…4つ ごま油…小さじ1 しょうゆ…小さじ1 水溶き片栗粉…大さじ2 水小さじ2で溶く A水…150ml Aめんつゆ…大さじ1 A酒…大さじ1 A塩…少々 レシピ 1、生姜はみじんぎりに、絹さやは斜め切りにします。 厚揚げは熱湯で1分ほど茹でて油抜きをし、ざるに上げ、食べやすい大きさに切ります。 2、鶏ひき肉を炒める深型のフライパンにごま油を入れ中火で熱し、鶏ひき肉を炒めます。 3、厚揚げを合わせて煮るひき肉の色が変わりそぼろ状になってきたら、厚揚げを炒め合わせてA、絹さやを入れ蓋をして3分ほど煮ます。 4、とろみをつける煮汁が半分になってきたところで火を止め、水溶き片栗粉を入れ混ぜる。 再び火をつけとろみをつけ、器に盛ます。 にんじんは皮をむき乱切りに、玉ねぎ、しいたけは1㎝厚の千切りにします。 さやえんどうは筋をとっておきます。 2、炒める片手鍋に、ごま油を熱し、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんを入れて炒めます。 3、だし汁を入れる野菜に油が回ったら、だし汁、しいたけを入れふつふつしてきたら、鯖みそ缶、酒、しょうゆ、さやえんどうを加えて落し蓋をし、弱火で10分ほど煮ます。 4、あとはお好み加減落し蓋をはずして、お好みの汁加減まで煮ます。 器に盛り、さやえんどうを飾ります。 火を止めてほおっておくと味が馴染みます。 鮭は一口大に切り、玉ねぎと合わせてAに10分ほどつけておきます。 2、鮭を焼く鮭にのみ、手で薄く薄力粉をまぶし、フライパンにオリーブオイルを熱して弱火で両面焼きます。 3、野菜を合わせる玉ねぎ、人参を加えて炒め合わせ、しんなりとしてきたら、漬け汁を加えて少し強めて煮絡めます。 4、仕上げ火を止めてブラックペッパーをかけます。 鮭ハラスの南蛮漬け 材料 卵…3個 Aだし.. 3、慌てずにまわりが固まってきたら、フライ返しで手前に巻く。 卵焼きを奥にずらし、フライパンに油を塗り足し、残りの卵液も2回に分けて同様に繰り返して巻きます。 卵がもともとあった手前側にも忘れずに塗り足してください!卵焼きを持ち上げ、その下にも卵液が行き渡るように! 4、形を整えるあれば巻きすで巻いて、形を整えてから、切り分けます。 材料(2人分) えび…130g スナックエンドウ…1パック たまご…2個 生姜…ひとかけ 塩…少々 A酒…大さじ1 A醤油…小さじ1 Aオイスターソース…小さじ1 ごま油…小さじ1 レシピ 1、下準備にスナップエンドウは筋を取り、沸かした湯に塩を少々入れて、硬めに茹でます。 生姜はみじんぎりにします。 卵を溶き、塩をひとつまみを加えます。 2、炒めるフライパンにごま油を熱し、生姜のみじん切りを炒め、香りがしてきたところで、えび、スナップエンドウを入れて炒めます。 3、味付けするえびに焼き色がついてきたところで、Aを入れて調味します。 4、仕上げに卵をサッと!全体に火が通ったところで、溶いた卵を流しい入れ、全体に絡めます。 (スーパーのお魚売り場でおまかせしても良いです)にんにくを極薄切りに、菜の花は3cm長さのざく切りにします。 (菜の花は下茹でしなくてOKです、気になる方は沸騰した湯に塩を入れてさっと火を通してくださいね) 2、炒めるフライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、赤唐辛子を入れ弱火で炒め、色づいてきたところでイカを入れて炒めます。 3、仕上げるイカに火が通ってきたところで、菜の花を加えてさっと炒め、ワインを加えます。 汁気をとばしながら炒め、塩・こしょうで味を調えます。 しめじは根を落としてほぐします。 赤唐辛子は切り込みを入れ、タネを除いておきます。 2、香り出しフライパンにごま油をしき、にんにくを弱火で炒めます。 にんにくの色が変わってきたら、鷹の爪を加えてさらに炒めます。 3、野菜を炒めるレンコン、しめじ、にんじんを加えて中火で炒めます。 野菜がしんなりとしてきたら、酒・しょうゆ・みりんを加え炒めます。 4、盛り付け️皿に盛り、お好みでかつお節をふりかけます。 しらたきは調理バサミで短めにカットし、人参は皮をむいて拍子切りにします。 2、炒める深めのフライパン、または片手鍋にごま油を入れ、人参を軽く炒め、続いてひじき、しらたきを炒めます。 3、煮るだし汁、Aの調味料、大豆を入れ、アルミホイルなどで落し蓋をし、10分ほど煮ます。 煮詰め加減は、お好みで時間調整してくださいね。 そのままおかずでも!水分を飛ばせば、混ぜご飯や卵焼きの具材に合います。 合挽き肉はポリ袋に、Aと合わせてもみこみます。 2、お肉を炒めるフライパンに油をひかず、お肉を入れて色が変わるまで炒め、一度取り出します。 4、合わせて炒める全体に火が通ってきたら、お肉を入れ戻して炒め合わせ、白ごまを加え、最後に軽くごま油をひと回しします。 あたたかいご飯にAを合わせ入れ、仰ぎながら混ぜ酢めしをつくります。 2、具材の下ごしらえまぐろ、サーモン、厚焼きたまご、きゅうりはそれぞれさいの目切りにします。 3、酢めしに混ぜ込む酢めしにさいの目切りした具材を混ぜ込みます。 4、巻く巻きすの上に海苔1切れを縦長に置き、奥を3cm、手前を1cmずつあけて1cm高さほどにひろげます。 手前に幅1cm、高さ1cmほどの山を作るときれいに巻けます。 手前から奥に向かってひと巻きする。 巻き終わりを下にして30分ほどおいてなじませます。 ごはんは白ごまを混ぜておきます。 2、まずは炒り卵熱したフライパンにごま油を入れ、溶いた卵を入れてさっと炒めて取り出します。 3、高菜そぼろを作るフライパンをペーパーなどで拭き、ごま油を入れて豚ひき肉を炒めます。 色が変わってきたら、高菜と醤油、酒を入れて煮詰めます。 4、仕上げるお皿にご飯を盛り付け、高菜そぼろ、炒り卵をのせます。 お好みでさらに高菜漬けを上においても違う食感を楽しめますよ。 こんがり焼き目がついた方が香ばしくて美味しいですよ。 2、にぎるAをボウルにいれて軽く混ぜてから、おにぎりをにぎります。 4等分にしてください。 食べやすい大きにアレンジしてもいいです。 3、盛り付けお皿におにぎりを盛り付け、おにぎりのサイズに合わせて秋刀魚をカットして、のせてください。 さらに輪切のすだちと細切りした大葉をのせ、千切りした長ネギと柚子胡椒をお皿の脇に添えます。 大葉味噌焼きおにぎり.

次の