清水 宏次朗 病気。 清水宏次朗の現在は更年期障害!ビーバップ後はクラブ経営失敗も!

清水宏次朗は現在失踪中?結婚した嫁や息子に逮捕・病気の噂の真相は

清水 宏次朗 病気

番組では 「今はもう体が動かないから」 と語る清水の闘病生活に、 7ヶ月にわたり密着し、病の真相に迫っていく。 わずかな段差でもつまずいてしまうという清水の歩行姿は背筋が曲がり足元も弱々しく、 時には妻の手を借りなければ ひとりで歩けない時もあるという。 以前は起床後にパッと動けたというが、 今は起床してから 体が動くまで1時間もかかることがあることが発覚する。 清水が体の異変に気付いたのは、 10年ほど前( 2010年頃)で、 あまり汗をかかない体質だったにもかかわらず、 寝ている間に、 髪がびしょびしょになるほど発汗。 さらには、 昔は外出が好きだったのに、 何事にも 無気力で外出を避けるようになり、 仕事でどうしても外出しなければならない時には、 突然、 手が震え冷や汗が止まらなくなったと明かす。 清水が、 そうした体調不良の原因を探るため検査を受けると、 医師から 思いも寄らない病名が告げられる。 (2020年2月20日配信) 上記の通り、清水さんの体調不良は 2010年の時から既に起きていたのです。 一体、彼を活動休止に追い込んだ病気の病名は何だったのでしょうか? 主な症状 (1)大量の寝汗 (2)無気力 (3)手の震え (4)冷や汗 番組の放送前では具体的な病名は伏せられており、 病気の詳細は不明です。 しかし、「大量の寝汗」は 「心因性」( 心臓の病気)である場合はほとんどです。 また、寝汗の多くは 心因性の原因が考えられます。 気を付けなければいけないケースは、 長期間に渡って多量の寝汗が続く場合です。 これは、 結核の症状の一つであるとも言われています。 また、 自律神経失調症や 甲状腺異常が原因であることも考えられます。 さらには、 高血圧であったり 心臓に疾患がある場合にも、 寝汗が増えることがあります。 そのため、 心臓に関係する病気が疑われるというわけです。 ただ、心臓病以外にも「自律神経」や「甲状腺」に異常がある場合でも大量の寝汗が報告されています。 具体的な病名については新しい情報が入り次第、追記します。 2014年には更年期障害を発症 2014年、清水さんは 更年期障害を発症していました。 そんな清水は現在、 更年期障害を発症。 「普通に座ってるじゃないですか。 座ってても、 バターンっていきなり倒れたりとか。 もう手と足がブルブルブルブル震えちゃって」 と、 血圧の薬を飲みながら闘病中の日々を送っている。 しかし、それぞれの 発症時期が異なっています。 更年期障害は2014年に発症していますが、原因不明の病気は2010年の時点で既に発症しています。 このことから、番組で明らかになる病気と更年期障害は 関係ないと思われます。

次の

清水宏次朗 現在は病気で芸能活動休止!原因は不安障害!|とことこウサギ日記

清水 宏次朗 病気

loungebutterfly がシェアした投稿 — 2018年 6月月27日午前3時59分PDT 出典:Instagram 「普通に座っててもバターンといきなり倒れたり…手と足がブルブル震えちゃって」と明かし、 仕事のないときや暇な時は朝からお酒を飲み続けているそう。 「山あり谷ありですからね」とお酒を飲みつつ意味深に語った。 引用元:清水宏次朗、昨年5月に更年期障害を発症 どうやら、調べたところ現在も俳優として活動しているようです。 ですが清水宏次朗さんは現在、 更年期障害を発症してつらい日々を送っていたという。 男性の更年期障害の発症時期が一番多いのは、 50代~60代で、 男性ホルモンである テストステロンの低下から引き起こされます。 薬を飲みながらでの闘病中の日々は、突然倒れたり、 手足の震えが止まらない状態になることもあるそうです。 清水宏次朗さんは、そんな不安を紛らわせるために酒を飲み、 仕事がない日は朝から酒浸りの日々を送っていたそうなのです。 スポンサーリンク 清水宏次朗も苦しんだ、男性の更年期障害とは? 症状は? 精神面…集中力や記憶力の低下、無気力、不安感、頭のもやもや感、イライラ感、うつ、疲労感など 身体面…精力低下、多汗、勃起障害・性機能低下、筋力低下、筋肉痛、ほてり、頭痛、めまい、耳鳴り、頻尿、肥満など 診断 問診と血液検査を行います。 問診には男性更年期質問票(AMS:Aging males symptoms) ドイツで開発された全17項目の質問紙を使うことが一般的だそうです。 きちんとした診断は医師に任せるべきですが、受診の目安として以下のような症状がないか セルフチェックすると良いそうです。 ・性欲が減った ・パワー不足だと感じる ・やる気が出ない ・集中力が続かない ・体毛が薄くなった ・身長が縮んだ ・気分がふさぎがち、もしくはイライラしがち ・勃起力が弱くなった ・疲れやすくなった ・実務能力が落ちたように感じる テストステロンを増やす方法 男性の更年期障害の改善・予防のためには、 テストステロンを増やすことがポイントだそうです。 心がけ次第で分泌量UPは望めるので、生活習慣を見直してみてください。 競い合う:競い合い自分を高めようとすることで、分泌が盛んになる。 運動を習慣づける:適度な運動もテストステロンの分泌を促す。 睡眠の質を上げる:テストステロンは眠っている間に分泌される。 熟睡することが大切です。 ストレスをためない:ホルモンバランスは過剰なストレスがかかると乱れがちに。 ストレス解消法を見つけ発散を心がける。 孤独にならない:趣味仲間と交流するなどして、刺激を受ける機会を絶やさないようにする。 (他に、アーモンド・抹茶など) まとめ 清水宏次朗さんも苦しんだ更年期障害。 今現在も苦しんでいる人も多いはず。 また、原因が分からす苦しんでいる人も参考になれば良いと思います。 テストステロンを増やす生活を心がけると良いそうです。 清水宏次朗さんも、ビーバップ時代の清水さんのようにバリバリにカッコいい姿で復活して欲しいですね。 また元気になってご活躍されることを楽しみにしています。

次の

清水宏次朗さん、男性更年期障害を発症していたことを告白|病気で芸能活動を休止

清水 宏次朗 病気

男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代で、その後、年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していきます。 男性ホルモン(テストステロン)の減少によって、身体的・精神的不調が起こるのですが、清水宏次朗さんが男性更年期障害を発症していたことを告白しました。 【目次】• 映画「ビー・バップ・ハイスクール」のヒロシ役で人気となった清水宏次朗(当時50)さんが、男性更年期障害を発症していることを告白したそうです。 そこで、今回は男性更年期障害チェックを紹介したいと思います。 男性の場合、亜鉛が不足すると、セックスの衰え、前立腺肥大、精子減少、インポテンツ(生殖能力の低下)、ED(勃起不全)などが心配がある。 *亜鉛は、性ホルモンの合成をサポートして、精子を作ったり、精子の運動を活発にする働きがあるので、男性には是非摂ってほしいミネラル。 更年期障害の症状があらわれたときでも安心して治療に専念できるはずです。 清水さんの体の異変を感じたのは10年ほど前。 あまり汗をかかない体質だったにもかかわらず、寝ている間に、髪がびしょびしょになるほど発汗。 何事にも無気力で外出を避けるようになり、仕事でどうしても外出しなければならない時には、突然、手が震え冷や汗が止まらなくなった 病院で精密検査を受けたところ、不安感、発汗や、まい、手足の震えなどの症状を起こす「不安障害」と診断され、その不安障害が原因によるアルコール依存症になっていました。 現在は、医師とのカウンセリング、投薬治療、断酒を行なっており、軽いジョギングができるまでに回復しているそうです。 【関連記事】• 投稿ナビゲーション 40代・50代へのおすすめオイル!• 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の