時候 の 挨拶 9 月。 時候の挨拶/結びの挨拶一覧 1月〜12月 文例集 by 直子の代筆

時候の挨拶/季節の挨拶: 9月 [九月・長月(ながつき)・菊月(きくづき)]

時候 の 挨拶 9 月

Sponsored Links 9月下旬の時候の挨拶作成の注意点 9月下旬で使う時候の挨拶を選ぶときには、次のような点に注意しておくと失敗がありませんよ。 「秋涼の候」は9月下旬の時候の挨拶として適切? 時候の挨拶として、「秋涼の候」という言葉はよく使われますね。 秋涼の候は、9月中旬~10月下旬までに使うのが適している時候の挨拶になります。 仲秋の9月7日から使えますが、今の日本は9月上旬は夏の気温です。 その場合は、季節感にズレを感じてしまいますので、実際に涼しくなってきたなと感じてから使う方がいいでしょう。 「秋涼の候」の使い方についてまとめると、9月下旬でも暑い日が続くような年にはこの時候の挨拶は避けて、すっかり涼しくなっている年にはこの時期に使うのにぴったりな時候の挨拶といえるでしょう。 9月下旬にはどんな季語を使うべき? 「初秋」「新秋」「早秋」「新涼」「早涼」「涼風」「孟秋」「白露」「野分」「秋涼」「爽秋」「秋晴」「秋冷」「秋分」などが適切な季語となります。 9月下旬の手紙に使う季語• 初秋の候:夏が終わり、秋の気配が感じられる様子を表します• 新秋の候:旧暦でいう7月、現在でいう9月を指します• 孟秋の候:新秋同じ意味で使う言葉です(旧暦7月=現在の9月)• 早秋の候:秋の初めや初秋のことを指す言葉です• 新涼の候:秋の初め、残暑が和らいで涼しくなってきた様子を表します• 早涼の候:秋の涼しい風が肌に優しく感じられる様子を指します• 涼風の候:こちらも早涼の候と同じような意味で使えます• 白露の候:水のしずくが光って白く見える様子で、秋雨の時期等に使います• 野分の候:野分(のわけ)とは9月に発生する強風のことをいいます• 秋涼の候:夏が終わり、初秋のころの涼しさを感じさせる言葉です• 爽秋の候:さわやかで過ごしやすい気候になってきたことを感じさせます• 秋晴の候:秋晴れが続く時期などに最適な季語です• 秋冷の候:夜などには肌寒さを感じさせるようになってきた時期に使えます• 秋分の候:秋分とは二十四節気でいう9月23日のことで、9月の下旬に該当します ただし、季語はその時々のリアルタイムな気候に合わせた使うのがベストです。 「9月21日~9月30日は下旬だからこの季語」というようにあまり硬直的に考えるのではなく、手紙を書く時にあなたが感じた季節感をそのまま表現する季語を選ぶのが良いでしょう(上のそれぞれの季語の言葉の意味を参考にしてください) 気候や相手の方の状況など、色々と考慮しながら臨機応変に、季節感を表す言葉を使うことが大切です。 まだまだ暑さが残っているような天候が続く場合には、残暑が厳しいこと、また涼しい日が続くようになれば、涼しくなってきたことをうまく表現することがポイントとなります。 [ad co-2]• 9月も下旬となり、めっきり暑さが衰えてきましたね。 季節の変わり目に体調などくずされていらっしゃらないでしょうか。 ようやく過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 さわやかな秋風が吹く季節、皆様お変わりありませんか。 コスモスが秋風に揺れる頃となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 などの表現は、季節の挨拶と共に、送り手への気づかいが伝わりますね。 親密度にもよりますが、〜の候では、少しよそよそしく感じますので、送る相手によって使い分けた方がいいでしょう。 [ad co-4] 9月下旬に使える結びの例文:ビジネス向け 手紙の書き出しで季節感を感じさせる時候の挨拶を使った場合、手紙の結びでも季節感を演出するのがベストです。 9月下旬の手紙に使う結びの分としては、次のような例文が考えられます。

次の

9月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉>

時候 の 挨拶 9 月

ビジネスマナー 2018. 19 2018. 22 lismile 【時候の挨拶】9月 ビジネス文例と結び!招待状や残暑の例文も 9月は暦の上では秋のため、秋を感じさせる時候の挨拶が多くなります。 ところが下旬になっても残暑が長引き、秋の挨拶文に困ることがあるかもしれません。 そのような場合はカジュアルな表現になりますが、口語調の挨拶文で「とはいえ暑さが続きますが」などと書くこともできます。 ここでは9月の「時候の挨拶」「季節の挨拶」を取り入れたビジネスレターの書き方を上旬・中旬・下旬に分け、結びの言葉やシーン別の例文もあわせて紹介します。 「時候・季節のあいさつ」は「〇〇の候」という漢語調と、語りかける口語調の2種類について紹介します。 手紙の基本的な書き方や構成の仕方は以下の記事を参考にしてください。 9月の「~の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 9月の「時候の挨拶・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 「処暑の候」【8月下旬~9月上旬】 「処暑の候」(しょしょのこう)の「処暑」とは、二十四節気の一つで、「立秋」の翌日の8月23日頃から次の9月8日頃の「白露」の前日までの15日間を指します。 この時期が暦の上での「残暑」の時期です。 「残暑の候」【8月下旬~9月上旬】 「残暑の候」(ざんしょのこう)の「残暑」は「立秋後の暑さ」を表します。 立秋は8月22日頃までとなるため、その翌日から使います。 一般的には9月8日頃の「白露」までが暦の上での残暑期間となるため、「処暑の候」と同じく9月上旬まで用います。 「新秋の候」「初秋の候」【9月上旬】 「新秋の候」(しんしゅうのこう)、「初秋の候」(しょしゅうのこう)は、秋になり始めた頃に使う時候の挨拶です。 この時節も残暑の期間と同じになるため、「白露」の前の9月上旬に用いるのに適しています。 「白露の候」【9月中旬】 「白露の候」(はくろのこう)とは、二十四節気の「白露」の期間、すなわち9月8日頃から次の「秋分」の前日、すなわち9月22日頃までに用います。 「白露」とは、秋が進んで露を結ぶとされる時季の意味があります。 「秋晴の候」【9月中旬・下旬~10月上旬】 「秋晴の候」(しゅうせいのこう/あきばれのこう)は、晴れ渡る秋の天気という意味の秋の季語のため、秋の始まる白露から秋分の期間、すなわち9月8日頃から10月7日頃に用いるのに適しています。 「仲秋の候」【9月中旬・下旬~10月上旬】 「仲秋の候」(ちゅうしゅうのこう)は、「秋の中頃の時季」という意味です。 暦の上では白露から秋分の期間となるため、9月8日頃から10月7日頃に用いるのに適しています。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 秋晴の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 9月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎるので、もう少しカジュアルに表現したいと感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 【9月上旬】の挨拶文と結びの言葉(残暑の挨拶) 初秋の季節とはいえ暑い日が続きますが、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもお心づかいを賜り、厚くお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりました。 〇〇様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお世話になりまして、心より感謝申し上げます。 <本文> 時節柄、どうかお体を大切に。 まずはとり急ぎご通知申し上げます。 【9月中旬~下旬】の挨拶文と結びの言葉 さわやかな秋晴の季節となりました。 〇〇様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えをいただきまして、まことにありがとうございます。 <本文> 実り多い秋を過ごされますように、お祈り申し上げます。 まずはとり急ぎご連絡まで。 流れる雲に秋の訪れが感じられる昨今ですが、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 日ごろはお力添えを賜り、心よりお礼申し上げます。 <本文> 季節の変わり目ゆえ、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもってご挨拶まで。 【9月下旬】の挨拶文と結びの言葉 朝夕はしだいに涼しさを感じるころとなりましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 日頃はお引き立てを賜りまして、まことにありがとうございます。 <本文> さわやかな秋、皆様お元気でお過ごしください。 まずは書中にてお知らせいたします。 9月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 9月の時候・季節の挨拶を使った案内状とお令状の例文を紹介します。 アレンジして使ってみてください。 「招待状」の例文(9月) 拝啓 秋晴の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のお引き立てを賜り、心より感謝いたしております。 さて、… つきましては、下記の通り… ご多用のところ恐れ入りますが、なにとぞご臨席賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(9月) 拝啓 さわやかな秋晴の季節となりましたが、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 平素は一方ならぬご厚誼を賜り深謝申し上げます。 さて、先日は… まことにありがとうございました。 今後ともなにとぞ末永いご指導、ご鞭撻を心からお願いいたします。 まずは書中にて、略儀ながらお礼申し上げます。 敬具 まとめ 9月は残暑の挨拶から秋の始まりを告げる挨拶へ、そして本格的な秋の挨拶へと移り変わってゆきます。 暦の上での「残暑」の期間は、「立秋」の終わった8月23日頃から9 月8日頃となる「白露」の前日までの期間を指します。 この期間には同時に秋の始まりの言葉を使い始めます。 そして「白露」が始まれば秋の季語の挨拶が始まります。 このような、二十四節気に基づいて時候の挨拶や季節の挨拶を選ぶ手紙の習慣は、慣れるまでは難しいと感じるかもしれません。 それでも使っていくうちに実際の季節感にあわせたアレンジなどもうまくできるようになりますので、積極的にビジネスレターに取り入れてみてください。

次の

9月下旬の時候の挨拶「秋涼の候」は適切?ビジネスやお礼状の例文

時候 の 挨拶 9 月

手紙を書く上で大切な9月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 夏から秋へと季節が変わる 9月は、上旬と下旬では気候が全く変わります。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いことです。 9月上旬の季節感 9月の上旬は、日中はまだまだ暑いですが、 朝夕はかなり過ごしやすくなります。 また昔から台風などの自然災害が心配される時期ですので、手紙のお相手のお住まいの地域の状況にも気を配っていきましょう。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 夏から秋へと季節の変わり目の9月は、手紙を出す時期によって挨拶を使い分ける必要があります。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 9月では、 新学期、台風一過、虫の音、コスモス、お彼岸、彼岸花、稲の収穫などなど。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの9月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、9月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 9月上旬の時候の挨拶 9月の上旬は、 日中はまだまだ夏のような気候が続きますが、 朝夕は爽やかな風が吹く 秋の気候と、1日の中に2つの季節が共存します。 最近は、残暑が長引く傾向にありますから、• 9月に入って涼しくなったのか• 9月に入ったのにまだ暑いのか を 見極めて時候の挨拶を選ぶ必要があります。 また、心配されるのが 台風の襲来です。 立春から数えて210日目にあたる 「二百十日」は、昔から台風や大雨の被害が心配される日といわれており、9月1日ごろにあたります。 手紙のお相手がお住まいの地域によっては、台風の影響を受けることが想像されますので、 気遣いのある手紙を送るようにしましょう。 9月の上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別にまとめたものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 初秋の候、折、みぎり• 新秋の候、折、みぎり• 新涼の候、折、みぎり• 清涼の候、折、みぎり• 重陽の候、折、みぎり• 白露の候、折、みぎり• 涼風の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 九月に入り• 暑さの名残を感じますが• 残暑もようやく収まり 親しい人への時候の挨拶• 九月に入っても• 残暑が厳しいようですが• 残暑もようやく和わらぎ• 夏休みも終わり、 新学期など では、9月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 9月上旬の時候の挨拶の例文• 初秋の候、皆々様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 新秋快適の候、皆様にはますますご活躍のことと拝察いたしております。 重陽の候、貴会に置かれましては、ますますご隆盛の由、大慶の至りに存じます。 白露の候、貴店におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。 涼風のみぎり、ご家族の皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 残暑もようやく和らぎ、しのぎ良い日が多くなりました。 夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか。 今年はことさら残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。 九月に入っても、夏を思わせるような暑い日が続いております。 お変わりございませんか。 初秋の涼風がさわやかに吹き抜ける季節となりました。 ご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。 夏休みもようやく終わり、自分の時間が持てるようになりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 今日から新学期が始まり、やっと一息つけそうです。 その後、お変わりございませんか。 新学期が始まり通学の子供たちの元気な声が戻ってきました。 皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 9月中旬の時候の挨拶 9月の中旬は、日も短くなり暗くなるのが早くなっていることに気づかされる時期です。 時折、残暑がぶり返すことがあっても、日中も過ごしやすくなります。 うっかり窓を開けて寝ると寒くて風邪を引くなんてことになりかねないぐらい、 朝晩の気温も下がりだします。 また 秋雨前線の影響で、思いがけない 長雨が続くこともあります。 いずれにしても夏から秋への過渡期ですので、 9月中旬は日々の季節の変化に敏感にとらえた時候の挨拶を選びたいものです。 改まった時候の挨拶• 秋色の候、折、みぎり• 秋雨の候、折、みぎり• 秋雨の候、折、みぎり• 秋涼の候、折、みぎり• 秋霖の候、折、みぎり• 爽秋の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 風立ちぬ秋となり• 涼気が感じられるこの頃• 秋の気配が深まり 親しい人への時候の挨拶• 秋風が心地よい季節• 秋晴れの空に• 朝夕涼しくなり• 虫の音、 台風一過など では、9月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 9月中旬の時候の挨拶の例文• 涼やかな秋風が吹くようになり、朝夕は肌寒さが増してまいりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 風立ちぬ秋となり、しのぎやすい頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 一雨ごとに秋の気配が深まりゆく昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 夕刻ともなれば秋の気配も色濃い折、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 台風一過の空、ことのほか青く澄み、心地よい秋晴となりました。 その後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 初雁の姿に秋の訪れを感じる頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 虫の音にも深まる秋を感じる頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 夕焼け空に赤とんぼが群れ飛ぶ季節になりました。 お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます• 秋風が心地よい季節となりました。 ご家族の皆様、お元気でいらっしゃいますか。 日暮れの時間の早まりに秋の気配を感じております。 ご家族の皆様にはお変わりございませんか。 秋の気配も次第に濃くなり、穏やかな好季節となってきました。 皆様お変わりございませんか。 見上げる秋晴れの空にいわし雲が浮かんでおります。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でしょうか。 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 心配された台風も進路を外れ、やれやれと一安心しました。 お変わりございませんか。 台風一過の空はどこまでも澄み渡り青く広がっていますね。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 秋の夜長に虫の音が心地よい季節となりました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 天高く澄みわたる今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました。 十月が近づき、秋の気配がいっそう濃くなってまいりましたが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 中秋の名月も清かな秋の夜、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 彼岸花が咲き乱れるころとなりました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 「天高く馬肥ゆる秋」と申しますように、豊かな実りの季節を迎えております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 実りの秋を迎えた田に、麦わら帽子をかぶった案山子が立ち始めました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 稲穂がしだいにこうべを垂れ、食欲の秋もいよいよ秋本番です。 ますますお元気と承り、何よりと存じます。 田の稲が金色に輝く季節となりました。 ますますご活躍の段、お喜び申し上げます。 秋の夜長の時節となりました。 皆様お元気でお過ごしのことと存じます。 秋空にいわし雲が浮かんでいます。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 空もようやく秋色を帯びてまいりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 コスモスが風にゆれ、秋の風情を感じるこの頃、お変わりございませんか。 「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、まだ日中は残暑が続いておりますね。 皆様、お変わりございませんか。 秋の訪れを告げるかのように、すすきが涼風に揺れております。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 お月見の今日、子どもとお団子作りに挑戦してみました。 ご家族様にはお元気でいらっしゃいますでしょうか。 野に咲く撫子が風に揺れるころとなりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 スポーツの秋到来ですが、その後お元気ですか。 畦道の彼岸花が目に鮮やかです。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 実りの秋を迎え、食べ物がおいしい季節です。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 上旬は、 日中はまだまだ暑い日が多いですが、 朝夕はかなり過ごしやすくなります。 また昔から台風などの自然災害が心配される時期ですので、手紙のお相手のお住まいの地域の状況にも気を配っていきましょう。 中旬は、ふと気づけば 日の暮れるのも早くなっていて、 朝晩が肌寒くなる時期です。 秋雨の季節にも入り、一雨ごとに秋が深まっていきます。 下旬は、 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる 秋分を迎えます。 日中も過ごしやすく 爽やかな季節に入ります。 こうした季節感を表す 9月の代表的な時候の挨拶を手紙のTPO別で整理したものが次の表です。 9月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 初秋の候、折、みぎり• 新秋の候、折、みぎり• 新涼の候、折、みぎり• 清涼の候、折、みぎり• 重陽の候、折、みぎり• 白露の候、折、みぎり• 涼風の候、折、みぎり.

次の