ライトセーバー 黄色。 スターウォーズ9でレイは妊娠していた!ラストを解説

なんでスターウォーズスカイウォーカーの夜明けの最後にレイ...

ライトセーバー 黄色

大人気・スターウォーズを簡単にご紹介! 「スターウォーズ」とは、ジョージ・ルーカスが監督を務めたディズニー作品です。 ジャンルとしては、 「スペースオペラ」。 1977年の公開以来、その人気はとどまることを知らず、今では誰もが名前を聞いたことがあるであろう 大人気作品へと成長しました! 作品を見たことがない人でも、テーマ曲くらいは知っている人も多いのではないでしょうか? 今回は、このスターウォーズに使われる「ライトセーバー」についてご紹介! ライトセーバーって? ライトセーバーとは、作品の中に出てくる剣のことです。 男の子なら1度は憧れたであろうあの剣です。 僕も小さい頃、ライトセーバーがお宝に見えて、お母さんにおねだりしてました! 何が魅力かというと、 「色々なものを切ることができる」「レーザー弾を弾き返すことができる」「明かりとしても使える」という便利さ! しかし、誰でも使えるわけではないんです。 このライトセーバーを使うには、 「カイバークリスタル」という結晶が必要で、これがないと光を放つことができません。 「カイバークリスタル」を入れるとプラズマ刃ができ、使うことができます。 魅力たっぷりのライトセーバーですが、何種類色があるのか知っていますか? ライトセーバーの色は? ここでは、ライトセーバーの色と使い手について紹介していきます。 青 まずは 青色です。 よく見るライトセーバーの色ではないでしょうか? 青色のライトセーバーは、多くのジェダイが使っている色です。 使っているジェダイとしては、• オビ=ワン・ケノービ• アナキン・スカイウォーカー• ルーク・スカイウォーカー などがいます。 フォースとは? 架空のエネルギー体のこと。 「予知力」「念力」「テレパシー能力」など様々な能力があります。 しかし、 人によって使える能力が違うのでここは注意。 フォースを操るために必死に訓練します。 緑 こちらの緑も主に ジェダイが使う色です。 緑のライトセーバーといえば、• ヨーダ• クワイ=ガン・ジン• ルーク などがいますね。 僕が1番に思いつくのはやっぱりヨーダです。 青と緑はジェダイが使う色と覚えておけばバッチリです。 赤 赤は、 シスや ダークサイドの使い手 尋問官 が使う色です。 この赤色は、普通に出せない色のようで、何と 人工的に作ってしまったのだそうです。 赤と言ったら「ダークサイドの証」覚えておきましょう! ダース・ベイダー• ダース・シディアス• ダース・モール などが使っています。 今にもあの音楽が聞こえてきそうですね。 シスって? 自分の欲望のためにダークサイドのフォースを使う悪人です。 紫 紫のライトセーバーの使い手と言えば? そう、 メイス・ウィンドゥです。 「何でメイスだけ紫なんだろう。 」と思いませんか? 実はメイス、 ジェダイとシスの両方の力を使うことができる貴重な人物。 そのため、ジェダイの色とシスの色、つまり 青と 赤を混ぜた 紫色のライトセーバーを使っているそうです。 実は、メイスを演じるサミュエル・L・ジャクソンが、監督に直談判したそうです。 キャストの好きな色だったなんてびっくりです! 黄 この黄色のライトセーバーは、ファンから注目を集めた色の一つです。 まず使い手は、以下の人物です。 ジェダイ・テンプル・ガード• レイ 注目を集めた理由 レイがいきなり黄色のライトセーバーを使っていたから。 今まで、黄色のライトセーバーと言えば、アニメ版の ジェダイ・テンプル・ガードでした。 彼らは、ジェダイの本拠地であるジェダイ・テンプルを守る警備隊です。 城を守る彼らが使っていたのが、 ライトセーバー・パイクという両刃型のライトセーバーです。 テンプル・ガードしか使っていないと思ったら、レイが黄色を使い始めたので、 「何で? 」となったようです。 はっきりしたことは分かっていませんが、• レイが自分で作った• 黄色はジェダイでもなくシスでもない新しい概念の登場 というのが濃厚のようですね! 白 白のライトセーバーも貴重な色です。 使い手は、 アソーカ・タノのみとなっています。 アニメ版のみの登場ですが、可愛らしいルックスからファンも多いキャラクターです。 なぜ白色なのか? 自分でクリスタルを浄化したから。 元々はジェダイとして活躍してきた アソーカ。 ですが、ある事件からジェダイをやめてしまいます。 その後、 尋問官であるシックス・ブラザーと対決をし、彼のクリスタルを奪うことに成功します。 そして、奪った赤クリスタルを浄化して、 「白ライトセーバー二刀流」というスタイルが誕生したのです。 ジェダイにもシスにも属さないという意味での白なんですね。 黒 最後は黒のライトセーバーです。 モフ・ギデオン• プレ・ヴィズラ が使用しています。 黒のライトセーバーは、 「ダークセイバー」とも呼ばれています。 ダークセイバーの歴史は深く、何と 1000年以上にもなります。 歴史あるダークセイバーを作ったのが、 ター・ヴィズラ。 次第に、 ジェダイに対する武器となり、ヴィズラ家を主導するものの象徴にもなります。 まとめ ここまで、ライトセーバーの色をご紹介してきましたがどうでしたか? それぞれのライトセーバーの色には、それぞれの人物の属性が現れているんですね。

次の

『スターウォーズ9』最後にレイが黄色のライトセーバーを持っていたけど誰のもの?アニメ版の踏襲なのか?

ライトセーバー 黄色

レイのライトセーバーはどのように作られたのか リーク情報によると、レイが持っている黄色のライトセーバーはもともとはルークとレイアのライトセーバーを分解して、レイ自身が作ったものだと言われています。 そう考えると、レイが惑星タトゥイーンで二人のライトセーバーを埋めたのは、すでに自分自身のライトセーバーを作ったために分解してしまった二人のライトセーバーは必要なくなった、という理由と、二人に敬意を示して故郷に埋めたという二つの理由がありそうですね。 しかし一体なぜレイのライトセーバーだけ黄色になったのでしょうか。 ライトセーバーの色が意味するもの これまでスターウォーズの世界ではメイスウィンドゥのような例外もありますが、ジェダイが使うライトセーバーは青か緑のどちらかであることがほとんどでした。 また、青色のライトセーバーを使うキャラクターは、ジェダイオーダーにおける三つの役割のひとつジェダイ・ガーディアンであることがほとんどで、対する緑色のライトセーバーを使うキャラクターは、ジェダイ・カンセラーの役割を担っているのが特徴です。 つまりライトセーバーの色は多くの場合、それぞれの役割、または役職と深く関係しているのです。 では黄色のライトセーバーはどうでしょうか。 これまで黄色のライトセーバーがスターウォーズユニバースの中で登場したのはアニメシリーズのスターウォーズ・クローンウォーズ、そしてスターウォーズ・レベルズの中だけです。 そこで黄色のライトセーバーはジェダイ・テンプル・ガードと呼ばれるジェダイテンプルを守る護衛たちによって使われていました。 ジェダイ・テンプル・ガードは、ジェダイの騎士から選ばれた者たちで、人生の全てを神聖なジェダイテンプルを守ることに捧げる特別な存在とされています。 ジェダイ・テンプル・ガードの役割は、ジェダイ・ガーディアンでもなく、ジェダイ・カンセラーでもなく、ジェダイ・センティネルと呼ばれ、ほか二つの役割のバランスをもたらす重要な存在だと言われているのです。 ライトセーバーは個性の表れでもある また、ライトセーバーの色は、それを使う者のパーソナリティー、つまり個性によっても左右するといった説もあります。 ライトセーバーの原料とされているカイバークリスタルはもともと透明で、ライトセーバーを使う者と共鳴し、絆を持つことで色が付くと考えられているのです。 多くの場合、ライトセーバーの色がジェダイオーダーの役割によって分別されるのも同じ役割を持つジェダイたちは、自然と同じような性質、スタイルを持つ傾向にあるからだとも考えられそうですね。 それを踏まえたうえでレイのライトセーバーについて考えると、なぜレイのライトセーバーが黄色かったのか、ということの答えが見えてくるかもしれません。 まず、スカイウォーカーの夜明けのラストでレイはフォースにバランスをもたらす特別な存在に上り詰めたことが分かるかと思います。 それはジェダイ・センティネルの役割にも似ていますね。 また、彼女のパーソナリティーをたどっていくと、パルパティーンの血を引きながら、スカイウォーカーの苗字を受け継ぎ、ジェダイの道を選んだということからも、赤と緑が混ぜ合わさって、カイバークリスタルがレイに対し、黄色に反応したとも考えられそうです。 スカイウォーカーの物語はこれで完結しましたが、これからもスターウォーズシリーズが続いていくことを考えると、今後、もしかするとレイ、あるいは別のキャラクターがあの黄色のライトセーバーを使って戦う姿が見れるかもしれませんね。 以上、レイのライトセーバーについての考察でした。 >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >>.

次の

【ネタバレあり】スターウォーズエピソード9のラストシーンに出てきた新しいライトセイバーの謎│Kisei

ライトセーバー 黄色

A post shared by starwarsmovies on Nov 4, 2015 at 4:10pm PST 黄色のライトセーバーは映画初登場 今回で9作目となる スターウォーズの正史(いわゆるカノンですね)の中で、黄色いライトセーバーが登場するのは初となります! ジェダイが持つライトセーバーは基本的に青か緑で、シスは赤のライトセーバーです。 ライトセーバーそのものは、動力源であるカイバークリスタルという鉱石をセットしてそのエネルギーを武器として利用するもの。 諸説ありますが、ジェダイは自分にあった天然鉱石を用い、修行の一環として自分の手でライトセーバーを作りあげるため、人によりライトセーバーの刃の色が異なります。 それに対して、シスは人工石を使ってライトセーバーを作りますので、例外なく赤いライトセーバーを所持していると言われています。 ということで、新たに黄色い天然鉱石を見つけたのか、はたまた別のやり方でカイバークリスタルを合成したのか、スターウォーズ世界に黄色いライトセーバーが登場することとなりました。 スターウォーズ 9黄色のライトセーバー登場シーン 銀河皇帝であり、残党組織のファースト・オーダーの黒幕でもあった祖父であるパルパティーンを善の心を取り戻したカイロ・レンとともに倒し、残念ながらそのためにカイロ・レンは死んでしまいますが、見事に銀河世界のフォースのバランスを取り戻したレイ。 レイア・オーガナ将軍の死を悲しみつつファースト・オーダーとの戦いの勝利に湧くレジスタンスから、一人で惑星タトゥイーンにあるジェダイ・マスターのルーク・スカイウォーカーの実家に向かい、 ルークのライトセーバーと、実はジェダイであったレイアのライトセーバー2本を地面に埋めます。 その後で取り出した 新しいライトセーバーこそ、これまで誰も見たことがない黄色いライトセーバーでした。 なぜレイのライトセーバーが黄色だったのか考察 上記の通り、これまでライトセーバーはカイバークリスタルの色が反映されるとされていました。 しかしながら鉱石を採掘しに行った場面などは当然無く、 作品全体のモチーフから考えて象徴的に黄色が選ばれたと考えることもできそうです。 レイは今作で「フォースにバランスをもたらす者」として作用しています。 レイの出自は最も強大なシスのパルパティーンの孫でやはりとても強いフォースを持ちながらもルークのもとでジェダイ修行をします。 さらには出自がジェダイでシスに染まった、ある意味自分と合わせ鏡のような存在であるカイロ・レンと惹かれ合いお互いにフォースで命を助け合ったことで融合。 最終的に 青でも赤でもないフォースの象徴としての黄色いライトセーバーが登場したのかもしれませんね。 レイが今まで使用したライトセーバーの色は? それでは、これまでレイが使用したライトセーバーをおさらいしてみましょう。 初登場時の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、惑星タコダナにあったマズ・カナタの古城地下で木箱に入っていた ルークが使用していた青いライトセーバーを発見します。 ちなみにこのライトセーバーは後にダースベーダーとなるアナキン・スカイウォーカーのものをルークがオビ=ワン・ケノービから譲り受けたもので、これがレイの使用する基本のライトセーバーとなります。 また、最新作で実はジェダイであったレイアのライトセーバーをルークの霊体から渡され、ルークのライトセーバーとレイアのライトセーバーの2本でパルパティーンと対峙しました。 レイアのライトセーバーも青でしたので実際手にしたのは青、あとは 幻想でダークサイドに落ちたレイが持っていた赤いライトセーバーでしたので、その2色をまとったことになります。 A post shared by starwarsmovies on Dec 15, 2019 at 11:00am PST 結論から言うと、 ライトセーバーはレイ自身の手で作成したものと思われます。 と言うのも、ジェダイの修行の中で、ライトセーバー作成も大事なことの一つされており、自分に合う天然鉱石を見つけ、カットし、複雑な配列を正確に仕上げないとライトセーバーとして機能しないものとなってしまいます。 レイはルークが残したジェダイにまつわる古代の書物を参照していましたので、おそらくその中にライトセーバーの作り方も載っていたのではないかと思われます。 詳細な描写はなかったので、地中に埋めたルークとレイアのライトセーバーから鉱石を取り出して何らかの形で合成したのか、あるいは新たに天然のカイバークリスタルを発掘したのかもしれませんね。 instagram. 2022年に1作目、2024年に2作目、2026年に3作目と、1年ごとに1作づつ公開される予定となっています。 まだ内容やタイトルは未定ですが、なんとすでに公開日も決定しており、新三部作の1作目が2022年12月16日、2作目が2024年12月20日、3作目が2016年12月18日となる模様。 今までスターウォーズ世界を牽引してきたスカイウォーカー家の人々(アナキン、ルーク、レイア、カイロ・レン)が全員亡くなってしまい、スカイウォーカー家の物語は終わりを迎えました。 しかしながら、レイがラストシーンで「レイ・スカイウォーカーです!」と名乗ったことで、何だか「スカイウォーカー」が襲名性のような意味も出てきた今、 黄色いライトセーバーを持つレイがジェダイ・マスターのような役割を持ち、語り部や指導者として新たな冒険を後押しするような物語が始まる可能性もありますので、楽しみですね。 スポンサーリンク スターウォーズ・レイのライトセーバーが黄色なのは何故?誰が作った?まとめ スターウォーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のラストシーンで登場したレイが手にしていた黄色いライトセーバーについて見てきました。 ライトセーバーの色のメカニズムについては、今後製作されるスターウォーズ新三部作で謎が明かされるかもしれませんが、レイが「フォースにバランスをもたらす者」と言う象徴での黄色いライトセーバーかもしれません。 それにしても、2年しないうちにスターウォーズの新たな三部作が始まるということも決定しており、ますます壮大な世界になっていくスターウォーズ世界、これからも目が離せませんね!.

次の