乃木坂 6th birthday live セトリ。 【2020年度版】乃木坂のライブDVDまとめ【個人的おすすめも紹介】

【2020年度版】乃木坂のライブDVDまとめ【個人的おすすめも紹介】

乃木坂 6th birthday live セトリ

3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 壁面がなく極寒の中で行われた8時間にも及ぶ西武ドームのライブ。 1〜10枚目までと、1stアルバム「 透明な色」までの楽曲を収録。 畠中清羅と当時乃木坂兼任の 松井玲奈の最後のライブでもあります。 伝説的なライブといってもいいでしょう。 ここあたりから乃木坂の世間的な認知度も上がってきている頃。 このころのライブとか今よりも人数は少ないけど、応援していてめっちゃ楽しかったんだろうなーって思います。 まさに坂の頂上に上り詰める前。 バースデーライブとしては 深川麻衣(まいまい)が参加した最後のライブ。 4thバスラでもまいまい見たかったな・・・。 でこぴんのまいまいがみれる最後のDVDですね。 これだけでも買う価値ある・・・笑• 4th YEAR BIRTHDAY LIVE この年から楽曲の増加により三日間公演となることに。 1〜14枚目までと2ndアルバム 「それぞれの椅子」までが収録。 1日目、2日目は雨続きだったものの、3日目では晴れ。 3日目のオープニング曲「何度目の青空か?」でしっかり晴れる、というストーリー。 乃木坂はなんか持ってますね。 15枚目で初のセンターを務めたあすかちゃんの涙が印象的。 一期生最年少が成長した姿を見せてくれました。 ぼくは3日目だけ買ったんですけど、卒業した深川麻衣(まいまい)のセンター曲 「ハルジオンが咲く頃」の時にサイリウムの白と黄色で神宮に咲いたハルジオンに泣きそうでした。 しかもセンターを務めたのはまいまいを一番慕っていた 川後陽菜。 胸熱すぎる展開。 運営グッジョブ過ぎる。 いずれDAY1とDAY2も買います。 5thYEAR BIRTHDAY LIVEはよ!! 時期的にそろそろななみんの卒コンを含めた 5th YEAR BIRDAY LIVEが来るはず。 ななみん推しの僕からしたらいくら出しても買います。 発売次第即追記予定。 それまで別のライブDVDみて待ってるとします。 追記:5thYEAR BIRTHDAY LIVE発売決定!!! ついに来ました!!!5thYEAR BIRTHDAY LIVEが発売されます!!! やったあああああああああああああああ!!!! ついに!!!ななみさんの卒コンが見れる!!! ななみさん選曲のセトリだから神曲のオンパレード。 ライブ定番曲から、「生まれたままで」と言った隠れた名曲に、御三家verの「Three fold choie」、アンコールの「ないものねだり」「サヨナラの意味」・・・。 やはりライブは至高 ライブDVDはCDと違ってコールや煽りなどが入ってる分、盛り上がりが全然違う。 そんなに好きじゃなかった曲もライブDVDで見たらめっちゃ好きになった、ってこともザラにあります。 ライブ定番曲は盛り上がり尋常じゃないし。 特に「ガールズルール」のイントロ流れてからのまいやんのコールが大好き。 まいやんのガルルほんとすこ。 途中に入るMCや、映像もライブならでは。 メンバーの生の熱い言葉が聞けるのもポイント。 お家でじっくり楽しむもよし、カラオケでもみんなで盛り上がるもよし! ライブDVDでよい乃木坂ライフを! 関連 乃木坂のライブで使えるサイリウム いくちゃんの魅力を語るだけの記事 乃木坂の写真集を徹底紹介!.

次の

乃木坂46『8th YEAR BIRTHDAY LIVE』バスラのセトリは?感想&座席まとめ!

乃木坂 6th birthday live セトリ

2018年7月6日~8日に明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場で開催される 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~。 その初日が終演しました。 天気が心配されましたが、無事に初日を終えられてよかったです。 その影響で西日本在住の方が参戦できないという非常に残念なこともありましたが、 初日終了となると、気になるのはやはりセトリ。 乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラ初日セトリまとめ 【乃木坂46】6thバスラ初日セトリ 明治神宮野球場 1. 自惚れビーチ 2. 13日の金曜日 3. 新しい世界 4. 風船は生きている 5. 走れ!bicycle 7. ロマンスのスタート 8. 制服のマネキン 9. 命は美しい 10. いつかできるから今日できる 11. ガールズルール 12. 曇になればいい 13. でこぴん 14. 釣り堀 15. 誰よりそばにいたい 17. あの日僕は咄嗟に嘘をついた 18. 僕の衝動 20. トキトキメキメキ 21. 逃げ水 23. 何度目の青空か? 24. 今、話したい誰かがいる 25. シンクロニシティ 26. 太陽ノック 27. 裸足でSummer 29. 君の名は希望 アンコール 30. インフルエンサー 31. ハウス! 32. ダンンケシェーン 33. 乃木坂の詩 【乃木坂46】6thバスラ初日セトリ 秩父宮ラグビー場 0. overture 1. 裸足でSummer 2. 太陽ノック 4. 今、話したい誰かがいる 5. 走れ!bicycle 7. ロマンスのスタート 8. 制服のマネキン 9. 命は美しい 10. あの日僕は咄嗟に嘘をついた 11. シークレットグラフィティー 12. 僕の衝動 14. トキトキメキメキ 15. 逃げ水 17. いつかできるから今日できる 18. ガールズルール 19. 曇になればいい 20. でこぴん 21. 釣り堀 22. 自惚れビーチ 24. 新しい世界 25. シンクロニシティ 26. 13日の金曜日 27. 風船は生きている 28. 君の名は希望 アンコール 30. インフルエンサー 31. ハウス! 32. ダンンケシェーン 33. 乃木坂の詩 2会場同時開催ってのが本番まで予想つかなかったのですが、なるほど…て感じです。 乃木坂46公式サイトの内容を一新するという説明からして、これまでのバスラとは全然違う感じになるかもなぁ…とは思っていましたが、やはりこれまでのバスラとは全然違うものになりそうですね。 というか、バスラ感のないセトリです。 笑 セトリは一見、神宮と秩父宮でまったく異なるセトリになるのかと思いきや、選抜とアンダーを交互に入れ替える感じで披露した楽曲自体は一緒なんですね。 このスタンスは初日だけでなく2日目、3日目も一緒でしょう。 これは、内容を一新した2会場同時開催ならではのセトリではないでしょうか。 5thバスラでは「ぐるぐるカーテン」から順番に披露するという形はありませんでしたが、2日目、3日目は50曲近い曲数を披露し全曲披露というバスラのスタンスは引き継がれました。 1日分の披露曲数でいえばバスラ史上最も少ないです。 2日目、3日目も初日の同じくらいの曲数でいくなら全曲披露は無理ですよね。 初日は18時開演ですので、2日目、3日目はもしかしたら初日より若干曲数も多い可能性はありますけども。 しかも、セトリの約半分がシングル表題曲。 初日からこれだけシングル表題曲連発したということは、2日目、3日目も重複する楽曲が出てくる可能性が高いですよね。 ここまでシングル表題率が高いとさすがに2日目、3日目で残りの曲しかやらない可能性は低そうですし。 4thバスラからは3日間に分けての開催となりましたが、その分セトリも3日間異なる内容。 2018年の6thバスラも3日間開催ですので、異なるセトリ目的で3日間全日参戦されるという方もいらっしゃるかと思われます。 まぁ3日間全く一緒のセトリということはないと思いますが、セトリの重複率が高いのは前日参戦される方からしたら微妙かもしれません。 2018年は7月時点でアルバムを出していませんので(アンダーアルバムは除く)、全曲披露なしとなると全ツとの区別化をどこで図ってくるのか気になりますね。 これを素直に受け取れば、6thバスラでの全曲披露はなしとということになります。 乃木坂46も7年目。 これからも曲数は増え続けるでしょうから、現実的に考えればどこかで全曲披露というスタンスは変えなきゃならないんじゃないかとは思います。 全曲披露なし、重複したセトリはバスラ感薄れてしまいますが…。 まとめ というわけで、乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラの初日セトリをまとめました。 全曲披露なしは仕方ないとは言いつつも、まとめてみて改めてバスラ感ないセトリだなぁとは思いました。 笑 自分は2日目に参戦しますが、神宮と秩父宮の2会場同時開催ってのは実際に参戦してみないと分からないこともありますしどんな感じのバスラになっているのか楽しみです。 6thバスラ、全ツともに楽しいライブになるといいですよね。 2018年も乃木坂46の夏が来ますよ!.

次の

【乃木坂46】『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』円盤化!特典・セトリ情報まとめ!

乃木坂 6th birthday live セトリ

乃木坂46が7月6日から8日の3日間にかけて、『真夏の全国ツアー2018 〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』を開催した。 毎年恒例となった『真夏の全国ツアー』だが、今年は本来2月に行われる予定だった『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』をツアー冒頭に、特別メニューとして実施。 2014年から5年連続5回目となる明治神宮野球場に加え、秩父宮ラグビー場もライブ会場として使用され、1日に6万人(明治神宮野球場:3万5000人、秩父宮ラグビー場:2万5000人)、3日間で合計18万人も動員する大盛況ぶりを見せた。 開催発表時から20thシングルのタイトルにちなんで「両会場に全メンバー登場! シンクロニシティLIVE」というキーワードが挙げられていた今回のバースデーライブ。 2会場にメンバーが分かれて登場するのか? セットリストは2会場で異なるのか? それによって観客から不満の声は上がらないのか? など、さまざまな声を耳にしてきたが、いざ蓋を開けてみると「なるほど!」と納得させられる、非常に手の込んだ演出目白押しの3日間となった。 筆者はこの3日間のうち、初日&2日目公演を明治神宮野球場、3日目公演を秩父宮ラグビー場で観覧した。 今回は3日間の雰囲気を伝えつつ、各会場ごとに趣向を凝らした演出の数々と、6回目を迎えて生まれ変わったバースデーライブのあり方について記していきたい。 これが2会場同時開催ライブとどう関係するのか……まず、セットリストを見て納得させられた。 披露する順序は異なるものの、各日とも2会場で披露される演目は一緒。 そのセットリストの組み合わせの中で、あるタイミングに両会場で同じ曲が同じタイミングにパフォーマンスされる。 メンバーは20thシングル『シンクロニシティ』の選抜メンバー、アンダーメンバーの2組に分かれ、それぞれが両会場で同時にパフォーマンスを開始する。 開始時点ではそれぞれ選抜曲、アンダー曲を披露していくわけだが、途中で各チームが両会場を行き来し始める。 初日6日のセットリストで言えば、頭5曲を選抜が秩父宮ラグビー場で、アンダーが明治神宮野球場でパフォーマンス。 MCを挟んでから両チームとも「走れ!Bicycle」「ロマンスのスタート」の2曲を披露し、この間に会場間を行き来するのだ。 同パートではメンバーが導線を走ったり自転車で移動する様子がスクリーンに映し出され、その移動時間さえもエンターテインメントとして昇華されたこの演出は、打ち出し方としても非常に興味深いものがあった。 しかし、移動の様子を見せるのはこの場面のみで、その後は数曲おきに選抜/アンダー、あるいはユニット/3期生とさまざまな組み合わせで、さっきまで隣の会場にいたメンバーが数曲後にはこちらの会場にいるという、観る者を驚かせつつ、次に誰がステージに現れるのかというワクワク感を煽るものとなっていた。 そういったメンバーの入れ替わり立ち替わりを経て、突如両会場で同じ楽曲が同じタイミングに披露される。 会場は別々ながらも、乃木坂46全メンバーで同じ曲をパフォーマンスするさま、しかも選抜/アンダーと分かれたことで、センター含めひとつのパートを2人のメンバーが務めることになり、ステージでのパフォーマンスとスクリーンに映る隣の会場のパフォーマンスを見比べることもでき、非常に贅沢な楽しみ方ができたはずだ。 ほかにも、ライブ本編で披露された「君の名は希望」では両会場にオーケストラを用意し、指揮者の合図で両会場にて同時演奏。 これも一歩間違えばズレが生じてしまうところを、スクリーンでの中継含め完璧に合わせることに成功している。 たった3公演のみだが、この力の入れ具合にライブ制作チームの本気が感じられた。 それにより、両会場で演出が異なる箇所もいくつかあった。 例えばアリーナ(グラウンド)に設置された花道も2会場とも違った配置。 また、神宮ではセンターステージが上空にリフトアップしたり回転したりする装置が用意されたが、秩父宮ではメインステージとアリーナ後方のサブステージを行き来するムービングステージが用意され、これにより同じ曲でも会場によってメンバーの動きやフォーメーションが異なっていた。 1曲に対し2つのフォーメーションが存在したり、2会場を行き来するなどの労力を考えると、この3日間(リハーサル期間を含めれば、さらに長い期間)のメンバーの負担は相当なものがあったはずだ。 しかも初日は強い雨、最終日は30度を超える炎天下という環境も、彼女たちの体力に少なからずダメージを与えていることだろう。 そういったことを考えると……ただただ頭が下がる。

次の