トイレ 便座 のみ 交換 費用。 主婦でも出来る!手軽に便座を交換する方法

便器交換・トイレのリフォーム費用相場の目安はいくら?

トイレ 便座 のみ 交換 費用

その際には、次のような費用がかかります。 ・便座の本体価格 ・既存の便座の取り外し工賃 ・便座の設置工事の工賃 ・配管工事の工賃 ・廃材処分費 ・メーカー保証などのオプション費用 これらをまとめると、約50,000~150,000円程度の費用がかかります。 本体価格以外でかかる費用は、約40,000~70,000円です。 メーカー保証の費用は約1,000~10,000円程度かかり、保証内容が充実しているほどに高くなります。 工賃はリフォーム会社によって多少の差があるので、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼しましょう。 廃材処分費は、約3,000~5,000円程度かかることが一般的です。 便座を粗大ゴミに出すときにかかる費用は300円~なので、自分で捨てた方が安く済む場合が多いです。 トイレの便座の種類と価格 トイレの便座には、次のような種類があります。 普通の便座 座るだけを目的に作られた一般的な便座です。 樹脂製のものがほとんどで、冬など気温が低くなると非常に冷たくなります。 ヒーター機能がついた暖房便座 座る部分が温かくなるヒーター機能つきであるため、冬でも快適に使うことができます。 ただし、トイレそのものが寒い場合は、セラミックファンヒーターなどで空間も温めることが重要になります。 暖房便座の価格帯は約7,000~40,000円です。 トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

INAXの一体型洗浄便座が故障しました。交換したいのですが、手洗い付きのタンクと一体型になっているようで、便座だけ交換ってのが無理っぽいです。これを機にタンクと便座、便器を別々にしたい

トイレ 便座 のみ 交換 費用

トイレの便座のみ交換する費用 トイレの便座のみを交換する費用には、交換費用、既存便座の撤去が含まれます。 また、普通便座から温水機能便座へ変更する場合は、止水栓へ分木金具を設置する費用が交換取り付け費用に加算されます。 また、トイレの室内にコンセントがない場合は増設工事で約15,000円〜20,000円が必要となります。 それと、ヒーター便座の場合、取り付け費用は普通便座と変わらないのですが、こちらもコンセントが必要となるため、ない場合は増設工事費用が必要となります。 普通便座から簡易便座へ交換する費用 普通便座から簡易便座へ交換する費用には、まず、既存の便座を取り外し撤去します。 便座を取り付けて完了となります。 費用が約38,000円~170,000円が相場となります。 【内訳】 普通便座の本体価格:約30,000円~200,000円 交換取り付け費用:約8,000円~20,000円 合計:約38,000円~170,000円 普通便座からヒーター便座へ交換する費用 普通便座からヒーター便座へ交換する費用には、まず、既存の便座を取り外し撤去します。 便座を取り付けて完了となります。 費用が約38,000円~220,000円が相場となります。 また、トイレにコンセントがない場合は、増設しなくてはいけませんので別途工事で約15,000円〜20,000円が必要となります。 【内訳】 ヒーター便座の本体価格:約30,000円~200,000円 交換取り付け費用:約8,000円~20,000円 [別途工事] コンセントの増設費用:約15,000円〜20,000円 合計:約53,000円~240,000円 普通便座のトイレから温水洗浄便座へ交換する費用 普通便座のトイレから温水洗浄便座へ交換する費用には、まず、既存の便座を取り外し撤去します。 便座を取り付けて完了となります。 費用が約45,000円~230,000円が相場となります。 また、トイレにコンセントがない場合は、増設しなくてはいけませんので別途工事で約15,000円〜20,000円が必要となります。 【内訳】 温水便座の本体価格:約30,000円~200,000円 交換取り付け費用:約15,000円~30,000円 [別途工事] コンセントの増設費用:約15,000円〜20,000円 合計:約60,000円~250,000円 この工事どこに頼めばいいの? \ 優良工事店のご紹介は3分で完了! / トイレの便座の修理する費用 トイレの便座の修理する費用は、「暖房便座」「温水機能便座」の2つの種類となります。 便座の修理原因は、暖房便座・温水機能便座が「便座が冷たい時の修理」「動かない時の修理」「水漏れする時の修理」「水が出ない時の修理」「温水が出ない時の修理」、ノズルが「出てこない・戻らない時の修理」「水が止まらない時の修理」、リモコンを「押しても反応しない時の修理」の8つ種類があります。 便座が冷たい時の修理する費用 便座が冷たい時の修理する費用には、まず、便座が温かくならない場合は、便座の故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜50,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】便座が冷たい時の修理する費用:約15,000円〜50,000円 動かない時の修理する費用 温水機能便座が動かない時の修理する費用には、まず、便座が動かない場合は、電装基盤や人感センサーの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】温水機能便座が動かない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 水漏れする時の修理する費用 温水機能便座から水漏れする時の修理する費用には、まず、温水機能便座から水漏れする場合は、温水タンク(給水フィルター付水抜栓)や洗浄バルブ(給水管や分岐金具)の故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】温水機能便座から水漏れする時の修理する費用:約15,000円〜25,000円 水が出ない時の修理する費用 温水機能便座から水が出ない時の修理する費用には、まず、温水機能便座から水が出ない場合は、人感センサーの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】温水機能便座から水が出ない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 温水が出ない時の修理する費用 温水機能便座から温水が出ない時の修理する費用には、まず、温水機能便座から温水が出ない場合は、貯湯式ウォシュレットの場合は温水タンク、瞬間式ウォシュレットの場合はサーモスタットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約20,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】温水機能便座から温水が出ない時の修理する費用:約20,000円〜30,000円 ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用 ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用には、まず、ノズルが動かない場合は、ノズルユニットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 ノズルから水が止まらない時の修理する費用 ノズルから水が止まらない時の修理する費用には、まず、ノズルから水が止まらない場合は、メインバルブユニットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜20,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ノズルから水が止まらない時の修理する費用:約15,000円〜20,000円 リモコンが反応しない時の修理する費用 リモコンが反応しない時の修理する費用には、まず、リモコンが反応しない場合は、リモコンの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】リモコンが反応しない時の修理する費用:約15,000円〜25,000円 トイレの便座交換を激安・格安でするには? トイレの便座交換を激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。 トイレの便座交換を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。 理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。 相見積もりとは? 相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。 トイレの便座交換を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。 また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でトイレの便座交換を行うことになってしまいます。 そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。 一括見積もり無料サービスで安くトイレの便座交換をできる優良業者を探す! 一括見積もり無料サービスとは、トイレの便座交換を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。 また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

次の

トイレ・便器のリフォーム(交換)費用39,800円~(工事・商品コミコミ) | 生活堂

トイレ 便座 のみ 交換 費用

洗浄方式について トイレによって洗浄方式も変わります。 使用するタイプによって、汚れのつきやすさや洗浄音も変わりますので、好みのものを選びましょう。 【洗い落とし式】 排水路に付けられたゼット穴から水を出し、勢いよく、吸い込むように排水をするタイプです。 水が溜まる面が少なく、汚物が付着しやすくなります。 【サイホン式】 サイホン(水を吸い出す力)と水の落ちるスピードで排水します。 トイレに付着した汚物がキレイに洗い流されない場合があります。 【サイホンゼット式】 サイホン式よりも吸い出す力・流水力を強めたものです。 サイホン式よりもキレイに流れ、汚物が付着することはほとんどありません。 【サイホンボルテックス式】 渦を起こしながら、サイホン作用で汚物を流します。 洗浄音があまりならず、汚物の付着が残ることもほぼありません。 サイホンゼット式よりも高い水圧が必要になり、2階以上のトイレに設置をすると、音が気になる場合があります。 【トルネード式】 トイレのフチに設置された穴から水を出し、勢いよく排水します。 同時にトイレの洗浄もでき、洗浄音も静かです。 排水量も少なく節水効果が高いタイプです。 トイレ全体を交換したい場合 トイレを交換する場合は以下のような費用がかかります。 「トイレの購入費用」+「工事費用」+「処分費用」=トイレ交換の費用 【トイレ本体】 トイレ本体を交換する場合、新しいトイレの購入費用、設置費用と一緒に、古いトイレの処分費用が必要となります。 トイレ本体の費用は機能によってさまざまですが、シンプルなもので約5万円~。 温水洗浄便座で約10万円~が相場です。 さらにタンクレス型や機能性の高いものは15万円以上かかる場合もあります。 【工事費用】 工事費用は2万円~20万円以上。 トイレだけを交換する場合は安く済みますが、床を変えたり、パイプを隠したりと内装に手を加える場合費用が上がります。 【トイレの処分費用】 処分費用は約3,000~8,000円です。 工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費・撤去・残材処理を含みます。 (消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。 商品仕様により価格が異なる場合があります。

次の