プレイグ テイル イノセンス 攻略。 クリア後の感想と評価: プレイグ テイル

『プレイグ テイル

プレイグ テイル イノセンス 攻略

オーイズミ・アミュージオは、プレイステーション 4版アクションアドベンチャー「プレイグ テイル -イノセンス-(A Plague Tale: Innocence)」を11月28日に発売する。 価格はパッケージ版が6,800円(税別)で、ダウンロード版は6,800円(税込)。 本作は、中世フランスが舞台のダークアクションアドベンチャー。 英仏百年戦争の時代に「黒死病」として恐れられたペスト(Plague)が猛威を振るうフランスがモチーフとなっている。 人物はもちろん、風景や草花、建築物など、14世紀フランスの美しくもどこか退廃的な世界観が緻密に再現されており、ファンタジー要素を含みながらも非常にリアルな描写で、物語に没入しやすい丁寧な作りとなっているのも特徴だ。 主人公は、平和に暮らしていた貴族の娘アミシア。 ある日突然、一家は彼女の弟ユーゴを狙う異端審問官から襲撃を受ける。 病気を理由に隔離され、姉のことすらよく知らない弟と共に、母が言い残した「助けになってくれる」という人物の元へ向かう。 ここから長く険しい2人の逃避行が始まることになる。 物語は16のチャプターで構成されている。 アミシアの視点から物語を体感することで、自分達の周りに何が起こっているのかを知ることができる。 旅の途中で仲間となる人物に出会うこともあり、彼らと共に旅を続けたり助け合ったりする。 ユーゴを守りながら進んで行くアミシアは、残酷な決断に心を痛めながらも、自らを取り巻く環境に怯え絶望感に振り回されるだけの少女から、弟のみならず周りの人々をも助けることのできる戦士へと成長していく。 特徴を紹介 ・本作では、迫りくる病や死の恐怖が「ネズミの大群」という形で描かれている。 ネズミは火と明かりを避けるため、燃える松明を使って追い払ったり、遠くの明かりを消してそちらへ向かわせたりと工夫しなければいけない。 暗闇で松明を失いネズミに囲まれればあっという間に食い殺されてしまう。 ・アミシアは父親に教えられた狩りの腕を持ち、自らを捕えようと迫る異端審問官をスリングショットで攻撃したり注意を逸らすことができる。 ただし、大勢の兵士などには敵わないため、物陰に身を隠したり、ユーゴや仲間と協力したりしながら旅を続けていこう。 ・道具や素材を拾い、それらを組み合わせることでスリングや装備を強化することができる。 A Plague Tale: Innocence is developed by Asobo Studio and published by Focus Home Interactive. A Plague Tale: Innocence and its logo are trademarks or registered trademarks of Focus Home Interactive. The game and technology are the property of Asobo Studio. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.

次の

プレイグ テイル イノセンスはクソゲー?神ゲー?【レビュー・評価・動画・攻略・PS4・Xbox One・新作ゲーム・クソゲー・神ゲー】

プレイグ テイル イノセンス 攻略

FF14のパッチ4. 5に実装された真蛮神「イノセンス討伐戦」の攻略および解説記事です。 「イノセンス討伐戦」を、スムーズに踏破するための参考にしてください。 イノセンス討伐戦概要 コンテンツ情報• Lv79~ アイテムレベルシンク:IL420• イマキュレートクラウン• コンテンツリプレイ非対応 イノセンスのタイムライン 簡易タイムライン順 アクション 攻撃内容 レルムレイザー 全体攻撃 鶴の一声 雑魚がPOP、サブタンク雑魚持つ デイブレイク 足元にAoE発生 インスロールアイ 塔に入り視線切り 鶴の一声 雑魚がPOP、サブタンク雑魚持つ ガイディングライト 雑魚のステータス強化バフ付与 デイブレイク 足元にAoE発生 エクザルテッドウィング 無詠唱 全体攻撃 エクロージョン ノックバック全体攻撃 フェーズ移行 ジャッジボルト タンク強攻撃 断罪の飛翔 避ける 断罪の飛翔 回転 回転しながら避ける 断罪の旋回 *状のAoE。 ジャッジボルトの後にもすぐ発生。 マーカーAoE着弾後にも発生。 マーカーAoE 4人にAoEマーカー。 直後に断罪の輪廻発生。 ライトピラー 直線状頭割り ビーティフィックビジョン ボス直線状から距離減衰ダメージ タイムライン順ギミック解説 レルムレイザー 全体攻撃です。 鶴の一声 「鶴の一声」の後、雑魚がPOPします。 サブダンクが全てのターゲットを持ちましょう。 中でも、「フォーギヴン・ヴェナリー」が使用する「ホーリーソード」は強攻撃のため、タンク以外が被弾するとHP次第では戦闘不能になります。 デイブレイク 「デイブレイク」は、足元にAoEが発生します。 広がらずに待機しておきましょう。 インスロール・アイ~シンスフィア 「インスロール・アイ」詠唱時、4か所に塔出現後、ボスから視線切りギミックが放たれます。 それぞれ4か所の塔に必ず入り、ボスから視線をそらしましょう。 鶴の一声~ガイディングライト~デイブレイク 雑魚に「ヴァウスリー」祝福が付与され、先ほどよりも雑魚の攻撃が痛いので、雑魚を持つタンクは防御バフをしっかり使用しましょう。 また、雑魚殲滅中に「デイブレイク」が発動するため、散らばらずに1か所に集まり雑魚を範囲攻撃で攻撃しましょう。 エクザルテッドウィング~エクロージョン ギミックはなく、タコ殴りゾーンですが、「エクザルテッドウィング」が連続で放たれるため、ヒーラーはしっかり全体回復しましょう。 一定まで削り切ると、「エクロージョン」が発動しノックバック、演出がスタートです。 ジャッジボルト 単体強攻撃です。 軽減バフを使用しましょう。 断罪の飛翔 避ける 外側のオブジェクトから、直線状のAoEが発生します。 安置に移動し、避けましょう。 気合で避けるフェーズです。 断罪の飛翔 回転 S字型の回転攻撃です。 中央に待機し、回転方向と同じ方向に動きましょう。 最初の発生位置で、進行方向とは逆方向にいた場合、動く必要はありません。 上の画像の場合、AoEが反時計回りでしたら移動する必要はないです。 断罪の旋回~ジャッジボルト 「*」のように上下左右斜めにAoEが発生します。 強攻撃「ジャッジボルト」を挟んで、再度同じ位置にAoEが出現しますが、攻撃の発生が早いので移動は間に合いません。 一回目の安置から動かないことをおすすめします。 「イノセンスの威光」が溜まり切るまでに雑魚を倒しましょう。 「イノセンスの威光」が100になったら、履行技で強制ワイプになります。 また、履行技のダメージ量も強力なので、装備更新していないプレイヤーが戦闘不能になることもまれにあります。 軽減やバリアをしっかり入れておくことを、おすすめします。 ゴッドレイ 3方向に広範囲扇状AoEが発生します。 3回行われますが、安置は変化するため、忘れずに移動しましょう。 ライトピラー 直線状の頭割り攻撃です。 断罪の飛翔 複合 ~ジャッジボルト 履行技前に行われた「断罪の飛翔」2種類が、同時に発生します。 加えて、回避中にタンクへの強攻撃「ジャッジボルト」が行われるため、AoEに多く被弾すると戦闘不能になることがあります。 「ランパード」のような効果時間が長い軽減バフは、「断罪の飛翔」が発動した時点で使用しても問題ないでしょう。 ビーティフィックビジョン フィールド端から、ボスの正面直線状に距離減衰攻撃が行われます。 ボスの正面直線に近づくほどダメージを受けるため、素早く中央から離れましょう。 断罪の旋回~マーカーAoE処理~ライトピラー 「断罪の旋回」の*状のAoEの後、パーティメンバー4人にAoEマーカーが付与されます。 重ならないように処理した後、再び「断罪の旋回」の*状のAoEが出現すると同時に、ライトピラーの直線状頭割りが行われます。 頭割りは一番最後になるため、落ち着いてAoEをしっかり避けてからボス付近に集まりましょう。

次の

クリア後の感想と評価: プレイグ テイル

プレイグ テイル イノセンス 攻略

オーイズミ・アミュージオは、アクションアドベンチャー「プレイグ テイル -イノセンス-(A Plague Tale: Innocence)」のプレイステーション 4版を、11月28日に発売した。 本作は5月14日に海外版がリリースされ、そのストーリーと世界観が話題となった。 今回はプレイステーション 4向けの日本語版となる。 「プレイグ テイル -イノセンス-」は幼い弟を導きながら過酷な中世の世界を生きぬくサバイバルアクションで、舞台は14世紀のフランス。 この時代のフランスは先の十字軍遠征のダメージがまだ残っている中、百年戦争が勃発したりと国全体が弱体化していた。 異端審問が過激かつ横暴になっていき、さらにペスト 別名:黒死病 がヨーロッパ全土で蔓延していた時代でもある。 本作では百年戦争とペストと異端審問がしっかりと描かれており、時代背景を楽しめるものになっている。 ちなみにペストは黒いねずみの大群として表現されており、暗がりの中で人を襲い、火や明かりを嫌う性質を持っているものになっている。 ストーリーは秋の終わりに自宅を異端審問官に襲われ、両親を殺された貴族の娘「アミシア」が5歳の弟「ユーゴ」を連れて命からがら自宅から脱出する。 突然襲われた理由もわからないまま、母親に告げられた協力者のもとに向かうところから始まる。 本作の主人公はフランスの田舎に住む貴族の娘「アミシア」。 両親と離れて暮らし、5歳の弟「ユーゴ」に母親をすっかり取られてしまっていた。 そんな15歳のまだ幼さが残る少女が、理不尽な時代の波に巻き込まれていく中でみせる「成長」の物語だ。 プレーヤーは「アミシア」の視点を通じて、彼女の成長とともに、暗黒時代とも表現されるこの時代のフランスを体感できる。 今回は、主人公「アミシア」にスポットを当てながら、体験したことをお伝えしたい。 少女が成長して行く先は「戦士」か「修羅」か 本作で筆者が1番注目したのは主人公「アミシア」の心の動きだ。 「アミシア」は両親と離れて暮らしていた事もあり、どこか物悲しい雰囲気を背負っているように見えた。 頑張って良い姉であろうとするが、時折弟の「ユーゴ」に嫉妬している発言や「ユーゴ」の自由な行動や発言にイラつき心無い発言も見受けられることもあった。 しかし、それも彼女の生い立ちと思春期真っ盛りの揺れ動きやすい心を考えると、普通に出てくるものに感じた。 まして、極限状態の中で幼い弟を連れて逃げ回る中、ぽろっと本音がでることなんて大人でもあり得るだろう。 そんな中でも頑張って弟を守ろうとする「アミシア」の姿はとても健気で、立派だ。 正直なところ、筆者も下に兄弟を持つ身として、「アミシア」の気持ちが痛いほどわかって、ちょっと涙が出た。 「アミシア」は本当にいいお姉さんだ。 本作はストーリーやグラフィックスが素晴らしく、その世界観がしっかりと表現されている。 ただ、仕方ないのかもしれないが、日本語訳の字幕が若干変なところで改行されている事があり、少し没入感が薄れ、残念に感じた。 全体的にはストーリーに緩急があり、プレイしていて飽きることがない。 また、死んでしまってもチェックポイントが細かく設定されているので、リスタートする時のストレスも少なく感じられた。 プレイ時間は本編がおよそ15時間くらいと短めだが、その時間以上の満足感があった。 ストーリーもさることながら、主人公「アミシア」の人としての成長とともにおよそ700年前のフランスを楽しんでほしい。 この世界は「暗黒時代」と呼ぶに相応しいほど、美しくて残酷だ。

次の