呪いの人形 海外。 【怖い話】なぜ呪いの人形は生まれたのか?考察とまとめ

マツコも驚愕!? 呪い代行の料金は?代行業者5選【月曜から夜ふかし】

呪いの人形 海外

ブードゥーの人形魔術とは この魔術はアメリカ大陸の民間信仰ブードゥー教に由来したものです。 ブードゥー教といえば罪人をゾンビへと変えてしまうことで有名ですよね。 ブードゥーの人形魔術はこの宗教の中でも治癒とおまじないの色合いが強い、アメリカ南部の町ニューオリンズの派閥によって生み出されたものです。 ブードゥーの人形魔術は自作の人形を作りだすことから始まります。 十字架のように長さが異なる棒を組み合わせ、それに麻紐を幾重にも巻き付けることで人形として肉付けをしていくのです。 そうして作り上げた素体に、呪術をかけたい相手に似せるようにデコレーションを施していきます。 魔術をかける相手に似るように髪色や髪型など外見的特徴を付け足して行きましょう。 また人形に麻紐を巻き付ける際に、本人の写真・毛髪などを共に巻き込んでやることで魔術の精度を底上げしてやることができます。 そうして作り上げた人形に待ち針を刺すことによってこの魔術は作用するようになります。 待ち針の色によって働きかける効果は変化します。 色による効果の違いは以下の通りです。 【赤】力・権力 【緑】精神性 【紫】霊性 【白】積極性 【黄】金銭関係 【青】愛情関係 【黒】苦痛、復讐 【桃】生命、死 人形魔術の注意点 この魔術は色によって何に働きかけるかは左右されるものの、具体的にどのようになって欲しいのかは魔術の使用者に依存するのもとなっています。 例えば、相手が重篤な状況に瀕していたとしましょう。 あなたが刺すべき色は桃色の待ち針でしょう。 しかしあなたが明確に相手が救われることを願わなければ、ブードゥーの人形は相手を死に追いやる要因になるやもしれません。 また、相手が何者かからの嫌がらせに苦しんでいたとしましょう。 このような時人形には黒色の待ち針を刺すことが効果的です。 「相手の苦痛が少しでも取り除かれますように」そう願うことで人形は相手を救ってくれることでしょう。 人形魔術の活用法 今回はブードゥーの人形魔術によって人を救う方法をご紹介しました。 しかしあくまでこの魔術は目的に到達するための手段の1つでしかないのです。 あなたはこの魔術によって人を生かすも殺すもできる力を手にすることとなります。 そして意中の相手の事を救ったとしましょう。 相手と親密な関係に至るためにはその後の行動が重要となります。 助けることであなたは相手からいい人だと思われるでしょう。 しかし、いい人とは本人にとって都合のいい人でしかないのです。 あなただってただ、都合のいい人とは一線を越えた関係を結ぼうとは思いませんよね。 あなたがより優位な立場にいるものとして「お願い」をするのです。 少々であれば下心を見せたものであったとしても、救われたという恩義があなたのお願いを叶えるための補助となることでしょう。 つかみ取ったチャンスを己のものとできることを私たちは願っています。

次の

わら人形ショッピング(牧原若菜)

呪いの人形 海外

ラガディ・アン 今回ご紹介する呪いの人形は「アナベル」と呼ばれておりますが、実は特別にオーダーメイド等で作られたものではございません。 アメリカの国民的キャラクターの人形 アナベル人形は 「ラガディ・アン」というアメリカの国民的キャラクターの人形で、ラガディ・アンの人形は現在でも多く販売されております。 実はこの絵本には、作者のジョニー・グルエル氏の愛娘さんとの思い出が込められた作品。 ラガディ・アンはジョニー氏が屋根裏部屋でたまたま見つけたボロボロの人形で、ある程度縫い直しを行い、娘さんにプレゼントしたそうです。 しかし、もともと病弱であったジョニー氏の娘さんは予防接種により感染症にかかってしまい、そのまま帰らぬ人に。 ラガディ・アンの人形だけがジョニー氏の手元に残りました。 その後、ジョニー氏はラガディ・アンの物語の創作を始めたそうです。 ラガディ・アン人形は現在でも多くの人に愛され、特に 呪われているものではないのでご安心ください。 呪いのアナベル人形 さてここからが本題です。 この 呪いのアナベル人形は一見何の変哲もない「ラガディ・アン」の人形。 しかし、この人形が人に危害を加えるほど怖いというのです。 1970年 1970年のこと。 ドナという女性は大学で看護学を学んでおりました。 当時、ドナはアンジーという名のルームメイトと小さなアパートに住んでおりました。 彼女達の部屋にはふたりの共通の男友達のルーもよく訪れておりました。 ドナは誕生日に母親から ヴィンテージのラガディ・アン人形をプレゼントされたそうです。 これが後に語られるようになった アナベル人形。 少しの異変 アナベル人形が家に来てから数日間は特におかしなことは起こっていないように思えました。 しかし、数日後、ドナとアンジーは異変に気づきました。 アナベル人形の位置が微妙に変わっていたのです。 最初のうちは少しずつであり、気づかなかったのかもしれません。 しかし、アナベル人形が持ち主であるドナ達の意思に反して動いていることは明らかでした。 2人は何となく人形に疑いを抱くようになりました。 そして、ある日、 2人のアナベル人形への疑いは確信に変わりました。 2人はアナベル人形をソファの上に置いて出かけました。 2人が帰宅すると、なんと アナベル人形がベッドの上に移動していたのです。 古い羊皮紙に書かれたメッセージ 「この人形は邪悪な存在に違いない!」 そう考えた2人の共通の男友達のルーは、 アナベル人形を燃やすことを提案。 しかし、アナベル人形は動いたといっても 特に危害を加えたというわけではありません。 それになにより、ドナの母親からの大切なプレゼントなのです。 ドナとアンジーはルーをからかうばかりで、 人形をそのままにしておきました。 しかし今度は、自分たちが 持っているはずもない昔の羊皮紙に書かれたメッセージが、家のそこここで見つかるように。 どのメッセージも子どもが書いたようなたどたどしい文字で書かれておりました。 そのうちの1枚には 「ルーを助けて」と書かれていたそうです。 少女アナベルの霊 さすがに気味が悪く思った2人は霊媒師に相談することに。 霊媒師によると、この人形には、ドナのアパートがある土地にかつて建っていた家で暮らし、 7歳で死んだ アナベル・ヒギンズという少女の霊が取り憑いているとのこと。 だが、霊媒師いわく、アナベルはドナとアンジーに親しみを感じ、 ふたりのそばにいたいと考えているというのです。 幼くして死んだ少女に同情した心優しいドナは、 人形をそのまま部屋に置くことにしました。 アナベル人形の悪夢 その頃、ルーは毎晩のように悪夢を見ておりました。 その夢では アナベル人形が足元から這い上がってきて、ルーの首を絞めてくるというのです。 日によってはそのリアルな感触・感覚により、目を覚ますことも。 後日、ルーはドライブ旅行に出かけるためにドナとアンジーのアパートを訪ねました。 そのとき、3人がいるのとは別の部屋から奇妙なカサカサいう音が聞こえてきたそうです。 様子を見に行ったルーが見つけたものは、 部屋の隅に置かれた アナベル人形。 ルーはアナベル人形に近づきました。 しかし彼は人形に近づくにつれ、胸に激しい痛みを感じて七転八倒したそうです。 彼のシャツには血液がにじんでおりました。 決死の思いで、部屋を出たルーがシャツをめくると、その胸には獣のものと思われる爪痕が7つ残されていたそうです。 超常現象研究家 彼らのアナベル人形に対する恐怖心は最高潮に。 「確実にこの人形には呪われている」 事態をより深刻に捉えた3人は、当時著名だった超常現象研究家である エド&ロレイン・ウォーレン夫妻に助けを求めました。 夫妻は、先の霊媒師の霊視を否定。 アナベル人形に取り憑いているのは 善良な少女の霊ではなく、 悪霊であると結論づけました。 ウォーレン夫妻はクック神父というエクソシストに、アナベル人形とドナの部屋の悪魔払いを依頼しました。 そして、悪魔祓いは無事終了したように思えました。 やったか? 悪魔祓いがなされたとはいえ、ドナ達のアナベル人形への恐怖心は消えませんでした。 そこでアナベル人形をウォーレン夫妻に託すことに。 ウォーレン夫妻は喜んでアナベル人形を自分たちの家に持ち帰りました。 しかし、悪魔祓いが済んだはずの アナベル人形はウォーレン家の中でも勝手にあちらこちらと場所を変えたそうです。 これにはウォーレン夫妻もお手上げ。 ついに夫妻は特製のガラスケースを用意。 アナベル人形をそのケースに格納した後、自宅敷地内にあるオカルト博物館に納めたそうです。 今でも危険 夫のエド・ウォーレン氏は2006年にお亡くなりになってしまいましたが、それは呪いのせいではなく寿命だったとのこと。 現在は妻のロレイン・ウォーレン氏は現在もアナベル人形の調査と保管を続けているそうです。 ウォーレン氏の運営しているオカルト博物館には誰でも入館することができますが、アナベル人形に触れることはできません。 なぜならば、未だに先のガラスケース内に厳重に保管されているからです。 そのガラスケースには 「決して開けるな!」「触るな!」と大きく注意書きが。 この注意書きを敢えて無視し、アナベル人形のガラスケースを叩きながら 「やれるもんなら、やってみろ!」 と挑発した男性は、博物館からの帰り道に乗っていたバイクが木に衝突。 そのまま帰らぬ人になってしまったといいます。 まとめ アナベル人形をモチーフにした人形が登場するホラー映画『死霊館』が2013年に公開され、その後、その人形にスポットをあてた『アナベル 死霊館の人形』という映画も公開されました。 最後までお読みくださいましてありがとうございました。

次の

呪いの種類と呪術のかけ方・リスク

呪いの人形 海外

今回は、人形に関する怖い話のまとめと考察の記事です。 人形とオカルトは、昔から切っても切り離せない関係ですよね。 あなたも1つや2つ、人形に関する怖い噂を聞いたことがあるのではないでしょうか? 呪いの人形 「呪いの人形」は日本だけではなく、海外でも有名です。 まずは、呪いの人形に纏わる怖い話をまとめていきます。 ・市松人形 日本の「呪いの人形」と言えば、この市松人形でしょう。 ・よく聞く話• 髪の毛が伸びる。 捨てても戻ってくる。 勝手に動く。 戦争で死んでしまった女の子の霊が憑いている。 僕が知っている話はこのくらいですかね。 市松人形の見た目は、現代の子供から見れば かなり不気味です。 怖い噂が出てくるのも仕方ないのかもしれません。 しかし、特筆すべきは、「髪の毛が伸びる」という話です。 メディアでも多くの報告が挙がっているように、実際に髪の毛が伸びているように見える人形が存在します。 それも1体や2体ではなく、日本各地に存在すると言っても過言ではないほどに。 果たして、本当に呪いの人形は存在するのでしょうか・・・? 考察する前に、次は海外の怖い話をまとめていきます。 ・海外の呪いの人形 ・人形 かつて大ヒットした映画にも登場した、人形と呼ばれる呪いの人形がいます。 作り話と思いきや、元ネタとなる人形は 今も実在しているのです。 7歳で亡くなった少女、が人形に取り憑いているらしく、今でも博物館に保管されているようです。 人形に向かって挑発した男性は帰りに事故で亡くなったとか・・・。 参考 その他にも、海外では多くの呪いの人形が存在しています。 そのほとんどが、「悪霊が取り憑いている」、「関わった者はがある」という話でした。 日本の話とは少し違い、主役は「悪霊」という見方もできますね。 髪の毛が伸びるといった類の話はあまり見かけませんでした。 なぜ、こんなにも人形に関する怖い話が絶えないのでしょうか? 人形は 人間の魂が宿りやすいという話はよく聞きます。 次は、なぜ呪いの人形は生まれたのか、について考察していきます。 いかにして人形は恐怖の対象へ変わったのか? 人々にとって、人形はいつから不気味だと感じるようになったのか考えていきましょう。 少なくとも、人々は、18世紀から人形が「不気味」だと感じるようになった。 それを説明するためには、「不気味な谷」について考えなければならない。 参考 上記のサイトでは、18世紀から人形は「恐怖の対象」へと変わっていったと書かれています。 その根拠として、という現象を出していますね。 とは、心理現象です。 描写された人間像の精度を上げていく。 精度を上げていくと、ある1点において、描写された人間像を見た観察者に、好感とは正反対の感情(恐怖や嫌悪感)が唐突に強く現れるという現象。 参考 例えば、こんな感じのいかにもロボットだという見た目のロボットがいます。 このロボットを、より人間らしく見えるように以下の画像のように改造したとしましょう。 引用元 この2つのロボットを比べてみると、女性のロボットを不気味だと感じる人が多いと思います。 これがと呼ばれる現象です。 見た目が、より人間に近づくと、見た人は負の感情を感じてしまうのです。 話を戻しましょう。 なぜこの現象が関係あるのかというと、18世紀頃から人形は「人間」へと近づいていきます。 18世紀と19世紀以前は、人形は怖いというものではなかった。 しかし、人形がより人間らしくなり、我々が負の感情を抱くようになり始め、心理学として研究され始めた。 人形メーカーは、よりリアルに見せるために、人形に様々なメズムを開発した。 1900年代に「眠り目」が開発されている。 人形を水平に置くと、勝手に目が閉じるというものだ。 このように、人形はよりリアルになっていく。 参考 このように、人形がより人間へ近づいていくことで現象が生まれます。 人々は人形を「怖い」と感じるようになってくるのです。 そして、作家やアーティストによって「怖い話」が創造されていきます。 ドイツの作家、は恐ろしい「、人形」のジャンルの始まりだと言われている。 1816年には、「THE Sandman」という人形を題材にした怖い話が出版されている。 そして20世紀になると、1936年「悪魔の人形」や、「チャッキー」などの殺人人形が生まれる。 参考 このようにして、人形の怪談が世へ広まっていきます。 呪いの人形の起源は明らかになりましたが、まだ解決できていない問題があります。 それは、 髪の毛が伸びる人形です。 世界に多く存在する怪談は、ほとんどが創造である可能性が高いです。 しかし、髪の毛が伸びる人形は映像や画像に残されています。 最後に、髪の毛が伸びる現象について考察していきます。 なぜ人形の髪の毛は伸びるのか? 人形の髪の毛が伸びることはない。 伸びているように見えるだけである。 ほとんどの人形の髪は、長い毛を2つに折って頭に付けられる。 人形が古くなると、髪の毛がずれる場合もある。 そうなると、片方だけ伸びているように見えるだろう。 また、本物の髪の毛を使っている場合、湿度によっても伸び縮みする。 毛髪湿度計があるように、髪の毛が湿度によって変化するのは科学的にも明らかだ。 参考 調べてみると、ほとんどのサイトで上記のように説明されています。 どうやら、実際に伸びているのではなく、そのように見えるだけのようですね。 髪の毛が伸びたように見える現象によって、呪いの人形が信憑性を持つようになり、こんなにも有名になってしまったのでしょう。 まとめ 僕たちが人形を不気味だと感じるのは、「」という現象の可能性が高いです。 不気味だと感じるようになったことで、呪いの人形という怪談が創作され、現在のような怪談が広まったのだと考えられます。

次の