ウーバーイーツ ナビゲーションアプリ。 【副業】Uber Eats (ウーバーイーツ)必須アイテム3選|ゲーム会社員の副業雑記

ウーバーイーツのアプリ使い方を写真付きで解説!お得なクーポンも!

ウーバーイーツ ナビゲーションアプリ

東京、大阪など大都市圏で展開する飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」。 配達員はアプリ経由で好きな時間に仕事ができるという最先端の働き方だが、「個人事業主」という立場で契約しているため、労災や雇用保険の対象にならないという問題が浮上している。 労働組合結成に向けた動きも出るなか、自由と権利のバランスに揺れる配達員のホンネを聞いてみた。 大都市圏では、緑や黒のかばんを乗せた自転車が走る姿を目にすることも増えてきた。 ウーバーイーツは配車アプリ世界最大手、米ウーバー・テクノロジーズのサービスで、日本では首都圏や名古屋、関西圏など全国10都市で展開している。 簡単にいうと、飲食店の代わりに食事を出前してくれるサービスだ。 専用アプリで飲食店に注文すると、近くにいるウーバーの配達員が自転車やバイクで店に出向いて食事を受け取り、注文者のところまで届ける仕組みだ。 全国で1万5000人以上に達するとされる配達員の報酬は、基本料金と特別料金からなり、東京の場合、基本料金は飲食店での食事の受け取りが300円、引き渡しが170円。 加えて移動距離1キロごとに150円を得られる。 特定のエリアや時間帯での配達には料金が上乗せされたり、特定の期間で一定数の配達をこなすと報酬が上乗せされるといった仕組みも用意されているという。 好きな時間に配達員用のアプリを立ち上げて働くことができるという利便性があるが、配達員は従業員ではなく個人事業主という契約による問題も生じているという。 12日には都内で労組結成に向けた説明会が開かれた。 参加した配達員からは「配達中の対人・対物事故の相手に対する保険は用意されているが、配達員自身のけがに対して保険が用意されていない」という不満の声が出た。 個人的に自転車保険に加入していても、配達中の事故の場合、業務とみなされて保険の対象外になるという。 説明会では「ウーバー側による賃金支払いの計算が不透明」との声もあった。 労組結成を呼びかけた弁護士らが「配達員が団結して声を上げることでウーバー側が待遇について検討し直すきっかけになる」と主張した。 都内で活動する40代の配達員は、説明会について「ウーバーイーツは、配達員が労働時間を決められる自由な働き方が魅力。 労災に対する保険の適用など身を守る権利を訴えることは重要だが、あまり権利を主張しすぎると、ウーバー側が配達員の働き方に規制をかける可能性もある」と話した。 その上で「労組の説明会では、権利の主張と自由を守るバランスについて話し合われると思っていたが、弁護士らは権利を主張することに重きを置いた上で参加者を説得しているようにも感じられた」と違和感も示す。 労組結成の動きについて、ウーバー日本法人の広報担当者は「コメントは差し控える」とした一方で、「個人事業主という働き方の質と安全性を高めるために、日々取り組んでいる。 (労働の)柔軟性を提供しつつ、安全に配達いただくことを最優先に、アプリへの安全機能強化など取り組みを進めていく」と強調した。

次の

ウーバーイーツの配達料金はいくら?無料や値下げはできる?

ウーバーイーツ ナビゲーションアプリ

アプリをオンラインにする 好きな配達エリアに行ってアプリをオンラインにしましょう。 青い出発のボタンを押すと、配達の依頼が入ってきます。 2や1. 3はブーストといって時間帯・エリアによって倍率が変わってきます。 忙しい時間帯・曜日は倍率が高くなって稼ぎやすいです。 基本の報酬にブーストの倍率をかけてウーバーイーツによる手数料を引いた値が配達の報酬になります。 報酬について詳しく知りたい方は、記事がありますので参考にしてください。 配達の依頼が入る 配達の依頼を受ける時は、バックのマークを周りにある 白い枠がなくなるまでに押します。 20秒ぐらい時間があるので、その間に受けるかどうか決めてください。 (配達が入るとピコンと音が鳴るので、 マナーモードを解除して音量はマックスにしておきましょう。 ) 拒否することもできます。 白い枠がなくなるまで待つか、左上の拒否するを押してください。 配達を終わりにしようと考えていたり、 あまりにも料理を取りに行くお店が遠い場合は、遠慮なく拒否しましょう。 料理を取りに行くまでの距離は、報酬に入らないので遠いと効率が悪いです。 お店に料理を取りに行く 配達の依頼を受けると、お店とその住所が表示されます。 地図に従ってお店まで行ってください。 右下の地図のマークを押すと、 グーグルマップと連動してナビゲーションをしてくれます。 (地図を見るのが苦手な方でも、ナビ通りに行けば大丈夫です。 ) お店に行くまでに気をつけること 注意事項欄を見る 地図の下をタップすると、お店の詳しい情報が出てきます。 レストランの注意事項には、必ず目を通しましょう。 お店の入り方や自転車を停める場所などお店からのリクエストが載ってます。 これを見ずに無視して行くと、 クレームを受けて怒られるかもしれません。 また、どうしてもお店の位置がわからない時は、電話のマークを押すとお店につながります。 (極力電話は使わないように地図を見て行きましょう。 ) お店で料理を受け取る お店に到着すると、店員さんに「ウーバーイーツです」と伝えます。 その時に 配達番号も一緒に伝えてください。 この場合だと86E03(これは配達によって全て異なります。 ) 料理を受け取ると、お店の評価をして四角い欄をタップしてチェックし、配達を開始するをスワイプします。 料理を待っている時は、 他のお客様の邪魔にならないように待ちましょう。 スポンサーリンク 料理の配達をする 料理の受け取りが完了すると、配達先の地図と住所が表示されます。 お店に行くときと同じ要領で配達先まで行きましょう。 配達には評価があります。 あまりにも低すぎると、 アカウント停止になったりします。 汁物を配達する時は、特に慎重に配達しましょう。 をまとめた記事がありますのでご覧ください。 配達先に行くまでに気をつけること 注意事項欄を見る お店の時と同じく、 配達先のお客様からの注意事項欄があります。 ここに目を通してから出発します。 リクエストに漏れがないように、配達しましょう。 マンション名や部屋番号がわからない時 マンション名と部屋番号が表示されないことがあります。 その場合は電話のマークを押すとチャット機能が使えるので、早めに聞くようにしましょう。 相手が気づかない場合は、右上の電話ボタンを押すと相手に通じます。 (電話代は自腹です。 ) 配達先がわからない時も電話で聞きましょう。 配達先で料理を渡す 地図で配達先の近くまで行ったらマンション名を見て、マンションを探します。 ピンの位置がずれている時があるので、そのピンの道沿い100〜300メートルぐらいで探します。 どうしてもわからない時は、電話マークを押すと電話もできます。 玄関先に着くと、 できるだけ笑顔で料理を渡しましょう。 現金支払いを受け付けている場合は、 現金を受け取って必要ならお釣りを渡してください。 現金支払いの配達は、アプリにクレジットカードを登録すると対応することができます。 記事がありますので詳しくはこちらを参考にしてください。 クレジット決済は、料理を渡して配達済みをスワイプするだけで 配達終了になります。 まとめ ウーバーイーツの配達の手順はこれで終わりです。 初めは要領が分からないかもしれませんが、 3回ほど配達したら慣れてきます。 とりあえず配達してみて、慣れたら効率のいい配達方法を探してみるのも面白いです。 配達を受けてしまって、どうしても止むを得ずキャンセルしたい時があると思います。 配達を受けた後でのキャンセルはデメリットもあります。 についてまとめた記事がありますので参考にしてください。

次の

100回くらいウーバーイーツを頼んでみてわかったここだけは気をつけておくべきこと

ウーバーイーツ ナビゲーションアプリ

本記事の内容• 2018年9月頃から、ウーバーイーツの配達員用のアプリが大型アップデートされました。 今までにない大きなアップデートとされています。 ただ、僕が使ってみた感じでは、大筋は今までのアプリの流れを引き継いでいると思いました。 (1、2回使ってみれば慣れるレベル) デザイン、見た目、ボタンの場所などが、結構変わったと思います。 あとはすごく細かい機能の部分が変わっていると思います。 僕も使いながら、日々研究しています。 わかった範囲で解説していきますね。 (大事だと思う順番に並んでます) 僕は2017年4月からウーバーイーツの配達を続けています。 そんな僕が解説していきます。 1.アップデートして最初の起動時に、ポップアップで新機能のガイド説明が出る アップデートして最初の起動時には、ポップアップで新機能のガイド説明が出ます。 これを読んでおけば、大体わかると思います。 なので、時間を無駄にしたくない方は、アップデート後、 配達前の時間がある時に起動して読んでおくのがオススメです。 (意外と説明はたくさんあります…20枚くらい?) 2.「オンラインにする」ボタンは「出発」ボタンに変更 オンラインにするには「出発」ボタンを押します。 以前は、左上のボタンをスライドしていました。 新しく大きく目立つ青い「出発」ボタンになっています。 (1)オンライン中の表示がアニメーションになった オンライン中の表示がアニメーションになりました。 動くバーアニメーションがあり、「探しています…」の文字などが順に表示されます。 これを見ると、 「今、アプリがきちんと動いていて、必死に注文を探してくれてるんだな…」 っていう気持ちになれます。 前はオンラインにしても、青く変わるだけだったので 「本当にオンラインになってるぅ?注文全然来ないんだけど」 って思うことがたまにありました。 それが5ミリくらい緩和されたと思います。 (2)オフラインにするには、下部分メニューのボタン オフラインは下のメニューから赤い手のボタンを押してオフラインにします。 オフライン予約も同じ場所で行えるので、わかりやすいです。 画面が切り替わってすぐは、今まで通り「ナビ」のカタカナのボタンが存在します。 時間が経ってくると、 「ナビ」の文字が消えて「丸いコンパスのマーク」のみになるので注意してください。 そのボタンを押すと、再びグーグルマップを呼び出せます。 それと引き換えに、GoogleMAPに移った時のピンの位置の精度が落ちた気がします。 精度が落ちたというより、新しいアプリになってから、 GoogleMAPの方では全然違う場所にピンが落ちていることがかなり多い気がします。 みなさんはどうでしょうか。 もし…これが本当なら困りますね GoogleMAPを使えないと、わりと困ります。 (GoogleMAPが優れている機能) ・目的地へのルートが何通りも出てくる ・道を変更した時に自動で代替ルート提案してくれる ・敷地がかなり広いタワーマンションでも「入り口」の場所を示してくれている ・超拡大すれば、建物名が書かれていなくても、ピンの位置で建物が判別できる もしGoogleMAPの方でピンずれしていると、これらの機能が使えないことになってしまいます。 今までGoogleMAPのピンの位置で素早く建物を特定できていいたので、少しでもズレていると、スピードがめっちゃ落ちます。 ピンは、今まで通り、正確にど真ん中に立っていて欲しいです。 次のアップデートですぐに直ればいいんですが…期待してます。 地図関連の機能はかなり重要な問題なので、少し気に留めておくと、対応がしやすいかもしれません。 対策方法 現時点では、「アプリ内の地図のピンの位置」の方が正確なことが多いです。 (古いアプリでは、GoogleMAPが絶対的に正確だったので、僕も混乱しています) なので、対策としては… もし、アプリ内地図だけで場所がわからない場合は、 「建物名」が書いてあるなら、自分で建物名を打ち込んでGoogleMAP検索した方がいいかもしれないです。 「住所」しか書いてないなら、自分で住所を打ち込んでGoogleMAPを超拡大してピンの位置を確認してみるといいかもしれないです。 アップデート来るまでは、この「手打ちGoogleMAP」が対抗策かもしれません。 めんどいですが… (追記 2018. 21) Twitterを見ると、みなさんも同じことをつぶやかれています。 やはりピンずれ多いようです。 これが直るまでは、アプリをアップデートしない方がマシかもしれません。 4.メッセージ画面で定型文機能がついた お客様とメッセージでやりとりできる画面で、定型文機能がつきました。 「了解しました。 」 「そちらに向かっています。 」 「渋滞に巻き込まれています。 」 などをタップで送信できます。 これはいいですね。 ぶっちゃけ、 「運転中にメッセージなんてできないし、止まってメッセージしてたら余計に配達遅れるじゃん」 って前から思ってました。 電話ボタンも、メッセージ機能の画面と同じ場所にまとめられたのでわかりやすいです。 5.お客様を待つカウントダウンタイマー機能が見当たらない 先日、導入されたばかりのお客様を待つ時のカウントダウンタイマー機能。 その時間表示が、今のところ、僕の目では見当たりませんでした。 実際、あまり使うことはなかったです。 ただ、あると非常に精神的に意義があると思うので、もしなくなったとしたら残念です。 6.ダブル配達の操作 (1)2件目の住所表示が見つからない 2件同時に配達する通称「ダブル配達」というものがあります。 僕は今までダブル配達の時は、受注した時に2件目の住所を軽くチェックするようにしていました。 (1件目と2件目がどれくらい離れているか把握するためチェックしたい) (僕はダブル自体あまりやらないです) 今現在、僕が操作した感じだと、受注時に2件目の住所が見あたりません。 今まで瞬時に、住所を2件同時把握できていたので、要注意だと思います。 (どこかにボタンがあるのかもしれないので研究中です) (2)2件目をキャンセルするボタンがすぐに見つからない 同様に、ダブル配達の2件目をキャンセルするボタンが見つけられてないです。 ダブル配達は連続で通知が来ます。 僕はよく、1件目受諾をちゃんと押せてなかったのかと思って、連続でタップして、意図せずにダブルを受けてしまっていることがあります。 ただ、そうやって押し間違えても今までは2件目をキャンセル操作すればよかったと思います。 そのキャンセル方法がすぐに見つかりませんでした。 (どこかにボタンがあると思うので研究中です) 7.配達を受ける画面はほぼ同じ 配達を受ける時の画面はほぼ今までと同じです。 同じですけど、大事だと思うので、あえて書きますね。 配達を受ける時は、「地図、レストランまで何分か、ブースト」が出ます。 レストラン名は押してからハッキリわかる感じです。 (レストランの住所に関しては、今までは押す前にポップアップでは表示されていましたが、新アプリでは出ないっぽいです(研究中)) 左上には「拒否」のボタンが今まで通り表示されます。 その他 その他、気づいたことをまとめました。 8.注文者の誰に渡したか選ぶ欄が消えた 今まで、料理をお渡しした後に、誰に渡したのか選ぶ画面が必ずありました。 (本人、ドアマン、コンシェルジュなど) 新しいアプリでは、その画面は見当たりません。 時間短縮できますね。 9.レストランについたらスライドしていくと、注文番号が見れる レストランに着いたら、「下の画面をスライド」して開くようになりました。 レストランの注意事項、注文番号、受領ボタン、評価ボタンなど全部下に続いています。 読みやすくなった気がします。 10.自分への評価の件数が表示されるようになった 自分への評価の「件数」が表示されるようになったようです。 今までは%表示と、悪い評価の方の数しか出ていなかったと思います。 現在は、高評価の件数、悪い評価の件数、そのパーセンテージが表示されるようになっています。 (これでようやく、評価%がどう計算されているかわかった気がします。 ) 11.売り上げ表示が常に上の目立つ位置に表示 その日の売り上げが、一番上の見やすい場所に固定表示されるようになりました。 やる気が出ますね。 その部分をタップしていけば、週の売り上げや、過去の売り上げもみれるようになっています。 プライバシーモード 眼のマークで「プライバシーモード」のようなものがあり、金額を隠すこともできるようです。 売り上げ反映のタイムラグ 売り上げの表示は、基本的に即時反映ですが、やはり依然としてタイムラグがあることもあるようです。 配達が終わってもずっと0円表示で心配になる方もいると思いますが、しばらく待つと反映されると思います。 12.音が変わった 受注の時の音が「ピロロン」って感じのかわいい音に変わりました。 主張が弱いので、若干注意かもしれません。 13.テーマカラーが青色に アプリのテーマカラーが赤から青に変わりました。 青い画面から始まれば、きちんとアップデートできていると思います。 14.運営からのお知らせが読みやすくなった 運営からのお知らせなどの通知があると、右上の顔写真の部分にバッジがつくようになりました。 障害のお知らせや、アプリの使い方のヒントなど、1ボタン移動で読みやすくなったと思います。 15.ブーストが出ている地点へのナビ 現在、ブーストが出ている地域へ行くためのナビを起動できるようになりました。 ブースト地域の中心へ行くルートが自動で出せるようです。 ただ…個人的には、そんなに使わない機能だろうなと思います。 例えば、港区から渋谷区に移動するなら、自分で考えて移動した方が…よくないですか (日本はそんなに広くないですしね。 アメリカとかの自動車ドライバーの状況に合わせた機能なのかもしれません。 ) 16.たまにフリーズする (追記 2018. 20) フリーズすることが多くなりました。 僕のiPhoneが重いからなのかもしれないです。 青い画面のまま止まる、料金の確認をしようとすると止まる、などです。 フリーズしたら、アプリを再起動するのがおすすめです。 (ホームボタンをダブルタップして、アプリをスライドして終了させて、再起動) というわけで今回は以上です。 総合すると、大筋は変わっていないので、そこまで違和感はないと思います。 見た目やデザインの部分の変更が大きいのかなと感じます。 iPhoneもすごく進化していますからね、それに合わせてアプリもどんどん進化していきそうです。

次の