郵便局窓口何時まで。 速達で当日に届く範囲は?何時までに出せば間に合う?

速達で当日に届く範囲は?何時までに出せば間に合う?

郵便局窓口何時まで

・期日内に郵便物が届いていれば、有効 当日消印有効は、期間までに郵便物が届かなくとも、 消印が期日内に押されていれば、受け取ってもらえる制度になります。 反対に、 当日必着は、消印が期日内でも、 期日までに郵便物が手元に届かないと、受け取ってもらえないのです。 では、それぞれについて、簡単な例から理解していきましょう。 当日消印有効の例 「3月31日当日消印有効」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「有効」になります。 今回は、3月31日に当日消印有効の郵便物ですので、消印を押してもらった日にちが重要になりますよね。 3月31日に消印を押してもらっているため、この郵便物は 4月2日に届いていたとしても、有効です。 必着の例 「3月31日必着」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「無効」となります。 必着の場合、消印を押してもらったとしても、3月31日までに郵便物が届いていなければ、その郵便物は無効となってしまうのです。 ここまでで、当日消印有効の意味合いを理解していただけたかと思います。 続いては、当日消印有効の注意点として、何時までにポストや窓口で投函すればよいのか?という知識を細かく紹介します。 ただ、当日消印有効の注意点として、ポストに投函した場合がポイントです。 ポストから投函する場合、 消印が押されるタイミングは、 「投函するポストごとに違う」ことを知っておきましょう。 ・ポストに投函したとしても、消印がその日に押されるとは限らない 何時までにポストに投函すればよいのか?という問いに、具体的な時間を答えることはできません。 なぜなら、ポストによって集荷の時間が違っていて、 どのタイミングで消印が押されるかわからないからです。 例えば、3月31日当日消印有効のハガキがあるとして、そのハガキを3月31日の19:00にポストに投函したとします。 そのハガキは、 高確率で翌日4月1日に消印が押されることになります。 ポストに投函した時点で消印が押されるわけではなく、郵便局員が集荷し、その後機械で消印を押すことになるのです。 つまり、3月31日にポストに投函しただけでは、 その日に消印が押されるとは限らないということになります。 この部分をきちんと知っておかないと、ポストに投函したはずの当日消印有効のハガキも、無効になってしまう可能性があるわけですね。 重要な書類ほど「窓口」で出しましょう。 当日消印有効の期限が迫っている場合や、願書などの重要な書類を出す場合、 なるべく窓口で消印を押してもらいましょう。 先程、ポストではいつ集荷され、いつ消印が押されるかわからないとお話していきました。 窓口の場合、営業時間内であれば、 郵便物を窓口に提出した時点で消印を押してもらうことができます。 つまり、窓口の営業時間内であれば、当日に持っていっても、 確実に消印を押してもらえるのです。 地域によって営業時間は違いますので、 当日消印有効のハガキは早めに持っていくべきでしょう。 郵便窓口が営業していない!営業時間外の場合はどうする? 当日消印有効の期日当日、郵便局が営業していない!という場合はどうすればよいでしょうか? この場合、 営業している郵便窓口を探す以外の方法がありません。 一般的な郵便局だと、窓口業務は16時〜17時までという場合が多いですよね。 この時間を過ぎて、当日消印有効の郵便物を出す場合は、 「ゆうゆう窓口」を探してみましょう。 ゆうゆう窓口は、一般の窓口業務と時間をずらして営業している窓口のこと。 東京都内などではゆうゆう窓口で 「24時間営業」をしているところもあります。 また、地方の多くの都市部では、 21時〜22時までゆうゆう窓口が開いているようです。 もし、当日消印有効の期限日であるなら、こういったオプションがあることを知っておきましょう。

次の

郵便の配達時間は朝何時から何時まで?土日や配達時間の変更方法まで徹底解説

郵便局窓口何時まで

・期日内に郵便物が届いていれば、有効 当日消印有効は、期間までに郵便物が届かなくとも、 消印が期日内に押されていれば、受け取ってもらえる制度になります。 反対に、 当日必着は、消印が期日内でも、 期日までに郵便物が手元に届かないと、受け取ってもらえないのです。 では、それぞれについて、簡単な例から理解していきましょう。 当日消印有効の例 「3月31日当日消印有効」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「有効」になります。 今回は、3月31日に当日消印有効の郵便物ですので、消印を押してもらった日にちが重要になりますよね。 3月31日に消印を押してもらっているため、この郵便物は 4月2日に届いていたとしても、有効です。 必着の例 「3月31日必着」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「無効」となります。 必着の場合、消印を押してもらったとしても、3月31日までに郵便物が届いていなければ、その郵便物は無効となってしまうのです。 ここまでで、当日消印有効の意味合いを理解していただけたかと思います。 続いては、当日消印有効の注意点として、何時までにポストや窓口で投函すればよいのか?という知識を細かく紹介します。 ただ、当日消印有効の注意点として、ポストに投函した場合がポイントです。 ポストから投函する場合、 消印が押されるタイミングは、 「投函するポストごとに違う」ことを知っておきましょう。 ・ポストに投函したとしても、消印がその日に押されるとは限らない 何時までにポストに投函すればよいのか?という問いに、具体的な時間を答えることはできません。 なぜなら、ポストによって集荷の時間が違っていて、 どのタイミングで消印が押されるかわからないからです。 例えば、3月31日当日消印有効のハガキがあるとして、そのハガキを3月31日の19:00にポストに投函したとします。 そのハガキは、 高確率で翌日4月1日に消印が押されることになります。 ポストに投函した時点で消印が押されるわけではなく、郵便局員が集荷し、その後機械で消印を押すことになるのです。 つまり、3月31日にポストに投函しただけでは、 その日に消印が押されるとは限らないということになります。 この部分をきちんと知っておかないと、ポストに投函したはずの当日消印有効のハガキも、無効になってしまう可能性があるわけですね。 重要な書類ほど「窓口」で出しましょう。 当日消印有効の期限が迫っている場合や、願書などの重要な書類を出す場合、 なるべく窓口で消印を押してもらいましょう。 先程、ポストではいつ集荷され、いつ消印が押されるかわからないとお話していきました。 窓口の場合、営業時間内であれば、 郵便物を窓口に提出した時点で消印を押してもらうことができます。 つまり、窓口の営業時間内であれば、当日に持っていっても、 確実に消印を押してもらえるのです。 地域によって営業時間は違いますので、 当日消印有効のハガキは早めに持っていくべきでしょう。 郵便窓口が営業していない!営業時間外の場合はどうする? 当日消印有効の期日当日、郵便局が営業していない!という場合はどうすればよいでしょうか? この場合、 営業している郵便窓口を探す以外の方法がありません。 一般的な郵便局だと、窓口業務は16時〜17時までという場合が多いですよね。 この時間を過ぎて、当日消印有効の郵便物を出す場合は、 「ゆうゆう窓口」を探してみましょう。 ゆうゆう窓口は、一般の窓口業務と時間をずらして営業している窓口のこと。 東京都内などではゆうゆう窓口で 「24時間営業」をしているところもあります。 また、地方の多くの都市部では、 21時〜22時までゆうゆう窓口が開いているようです。 もし、当日消印有効の期限日であるなら、こういったオプションがあることを知っておきましょう。

次の

郵便局留や、不在時に受け取れなかった郵便物・荷物を郵便局の窓口で受け取る際に必要なものは何ですか?

郵便局窓口何時まで

郵便局の受付時間「土曜日・日曜日・祝日」 郵便局 土曜日 日曜日・祝日 一般的な郵便局 受付していない 受付していない 大きな郵便局 9:00~15:00、9:00~17:00 受付していない 一部の大きな郵便局 9:00~19:00 9:00~19:00 郵便局の受付時間や土日・祝日も受付している郵便局は、日本郵政グループのサイトから日本地図を使って自宅近くの郵便局の受付時間を調べられます。 土日・祝日に郵便局を利用したいときには下記リンクで調べてから出かけましょう。 郵便局には切手一体型になっている厚紙封筒で、速達並みの速さで配達されるレターパックというものがあります。 レターパックは2種類あり「レターパックプラス」と「レターパックライト」の受け取り方法が違います。 それぞれの受け取り方法を紹介した記事もあわせてご覧ください。 郵便局に速達を出して配達されるまでの日数は?料金やポスト投函の方法も 郵便局に速達を出して配達されるまでの日数|基本的に1日 郵便局に速達を出して配達されるまでの日数は基本的に1日です。 都内から都内へ出した場合には翌日の午前には配達され、都内から県外へ出した場合には翌日の午後には配達されます。 例外として島しょの配達は日数が1日ではなく翌々日になります。 郵便物が配達されるまでの日数を、差出元の郵便番号とあて先の郵便番号を入れるだけで調べられる郵便局のサイトがあります。 郵便物の種類によって、午前に差し出したときと午後に差し出したときのお届け日数がわかります。 詳しく知りたい方は下記リンクから検索してみましょう。 郵便局に速達を出して配達されるまでの日数|ゆうパックは当日配達サービス 郵便局に速達を出して配達されるまでの日数としてゆうパックなら当日配達サービスがあります。 以前はゆうパックにも速達を付けられましたが平成22年6月30日に終了して、「当日配達ゆうパック」のサービスを利用すると当日中に配達されます。 午前中に差し出しすれば当日中にゆうパックの基本料金のみで配達されます。 当日配達の対象になるエリアは東京都「〒10~15、〒16~18、〒19~20の地域(島しょを除く)」と大阪府の集荷と配達を受け持つ郵便局で引き受け、その地域に配達されるゆうパックです。 詳しくは下記サイトをご覧ください。 また全国の集荷と配達を受け持つ郵便局でも引き受けた郵便局で自ら配達をするエリア内あてのゆうパック、地域区分局が受け持つ地域内で集荷と配達を受け持つ郵便局の配達エリア内のゆうパックを午前に集荷してもらえば当日午後に配達されます。 郵便局に速達を出したときの料金は基本料金にプラスされる 郵便局に速達を出したときの料金は基本料金にプラスされます。 郵便物が250gまでの場合は+280円、1kgまでは+380円、4kgまでは+650円が基本料金に加算されます。 またゆうメールは+320円が加算されます。 定型郵便物は重さ50g以内で(23. ゆうメールは冊子やCDやDVDなどを対象としたものです。 速達料金 郵便物(はがき・手紙) 基本料金に加算される金額 250gまで 280円 1kgまで 380円 4kgまで 650円 ゆうメール 320円 速達をポスト投函するには赤い線を表示する 速達をポスト投函するには赤い線を表示することです。 縦長の郵便物やゆうメールには表面の右上部に、横長の郵便物には右側部に赤い線を表示してポストに投函すると、集荷された郵便局で速達として取り扱ってもらえます。 郵便局の受付時間外や土日に郵便を出したい!どうすれば良い? 郵便局の受付時間外や土日に郵便を出したいときはゆうゆう窓口を利用する 郵便局の受付時間外や土日に郵便を出したいときはゆうゆう窓口を利用することです。 すべての郵便局にあるわけではなく大きな郵便局にあることが多くなります。 基本的に郵便窓口が平日は19時まで受付しているところや土曜日も受付している郵便局などにゆうゆう窓口があることが多いようです。 ゆうゆう窓口とは郵便局の受付時間外にも郵便業務を受け付けている窓口 ゆうゆう窓口とは郵便局の受付時間外にも郵便業務の受付をしています。 郵便局の受付時間が過ぎてしまっても、ゆうゆう窓口がある郵便局なら郵便物や荷物を送ったり受け取ったりできる窓口です。 ゆうゆう窓口は一部の郵便局に限られます。 郵便局は受付時間外!ゆうゆう窓口の営業日・営業時間は? ゆうゆう窓口の営業日は土日・祝日も休みなし ゆうゆう窓口の営業日は土日・祝日も休みの日はありません。 土日・祝日のほかにもゴールデンウィークや年末年始もゆうゆう窓口は営業していますので、平日は郵便局に行けないという場合でも土日の仕事の休みにゆうゆう窓口で手続きできます。 ゆうゆう窓口の営業時間は大きな郵便局は24時間対応 ゆうゆう窓口の営業時間は大きな郵便局は24時間対応しています。 ゆうゆう窓口は8時から21時までという郵便局が多いのですが、窓口によって営業時間に違いがあり7時から始まったり18時で終わったりするところもあります。 一部の大きな郵便局では休みなく24時間営業しているゆうゆう窓口もあります。 またゆうゆう窓口は郵便局が受付している時間もが営業している場合と、郵便局の受付時間外のみが営業している場合もあります。 ゆうゆう窓口がある郵便局や24時間営業しているゆうゆう窓口を調べるのには「ゆうゆう窓口の連絡先検索」を郵便局のサイトから調べられます。 近所のゆうゆう窓口の営業時間を調べてみましょう。 はがきや封筒などはもちろんですが、速達や現金書留や簡易書留、国際郵便物やレタックスなどを含む郵便物の受付ができます。 また保管郵便物や不在時預かりの郵便物を受け取れます。 ゆうゆう窓口で取り扱っているサービス「郵便物の受付」• ・はがき・封筒• ・定型外郵便• ・速達• ・簡易書留・一般書留・現金書留• ・レタックス• ・国際郵便物• ゆうパック・レターパック・クリックポスト・ゆうパケットなどの荷物を発送できます。 またゆうピリタッチ設置の郵便局ではゆうゆうメルカリ便などの発送もできます。 荷物や郵便物が不在で受け取れなかったときにゆうゆう窓口に受け取りに行くときに必要なものが3点あります。 「ご不在連絡票」などの不在通知書と「本人確認書類(健康保険証・運転免許証・パスポート・マイナンバーカード)」と「ハンコ」を忘れないようにしましょう。 ゆうゆう窓口で取り扱っているサービス「荷物の発送・受け取り」• ・ゆうパックの発送• ・レターパックの発送• ・クリックポストの発送• ・ゆうパケットの発送• ・不在時預かりの荷物の受け取り ゆうゆうメルカリ便とはメルカリで売れた商品の発送方法を、商品が売れる前にゆうゆうメルカリ便を指定しておくことで、ゆうパケットを匿名配送してくれたり追跡・補償サービスもついていたりする安心して取引ができるサービスです。 ゆうゆうメルカリ便でゆうパケットを送る方法を紹介した記事を参考にしてください。 郵便物の重さによって料金が変わるため、コンビニなどでは買えない切手の購入ができます。 またゆうパックの箱やクッション袋・レターパック・現金書留用の封筒・収入印紙なども購入できます。 ゆうゆう窓口で取り扱っているサービス「はがき・切手・その他の購入」• ・はがきの購入• ・切手の購入• ・ゆうパックの箱・クッション袋の購入• ・レターパックの購入• ・現金書留用の封筒の購入• 引越をして住所が変わったときには郵便局に転送の手続きをする必要があります。 郵便局の受付時間外でもゆうゆう窓口で住所変更の届け出をすることが可能です。 ゆうゆう窓口で取り扱っているサービス「住所変更の届け出」• ・住所変更の届け出(転送手続き) ゆうゆう窓口で取り扱っていないサービスは貯金や保険業務 ゆうゆう窓口で取り扱っていないサービスは貯金や保険業務です。 ゆうゆう窓口は郵便局の郵便業務を受け付けていますので、貯金や保険の業務は取り扱っていません。 またはがきの書き損じによる交換や切手やお年玉付き年賀はがきやの交換もできません。 ゆうゆう窓口で取り扱っていないサービス• ・保険業務• ・貯金業務• ・はがきや切手の交換• ・年賀はがきの交換 ゆうゆう窓口では保険や貯金に関する業務は行われていないので、郵便局の受付時間内に出向いて手続きをする必要がありますが、郵便局留めというサービスは時間外のゆうゆう窓口でも受け取れます。 郵便局留めの詳しい利用方法を紹介した記事もあわせてご覧ください。 郵便局の時間外にはゆうゆう窓口を利用しよう 郵便局の受付時間はすべての郵便局で同じ時間ではなく郵便局によって違いがあることや、時間外に郵便業務の受付をしているゆうゆう窓口はとても便利なのですが、営業している郵便局に限りがあるということを理解して、時間外に利用したいときは近所のゆうゆう窓口の受付時間を調べてから郵便局に向かいましょう。 ゆうゆう窓口では郵便局の時間外でも住所変更の届出を受付していますが、ゆうちょ銀行の住所変更は貯金業務なのでゆうちょ銀行の営業時間に行く必要があります。 ゆうちょ銀行に手続きに行く時間が取れないときにはネットで手続きする方法もありますので、住所変更する方法など紹介した記事を参考にしましょう。

次の