ここ から 近い ドトール。 顧客満足度No.1!ドトールの魅力に迫る

スタバ行ってる場合じゃねえッ! ドトールが本気出した「ドトール珈琲農園」のパンケーキが激ウマ!!

ここ から 近い ドトール

コーヒーチェーンというと、ほとんどの人が「スターバックスコーヒー」を思い浮かべるに違いない。 たしかにスタバは美味しいコーヒーを提供するお店として、日本全国に出店している。 では、「ドトールコーヒー」はと言うと、どうしてもスタバに比べて格下感が否めない……が、実はそうではない! 2019年5月現在、 全国にわずか4店舗しかない「ドトール珈琲農園」をご存じだろうか? ここは、他のチェーン店とは一線を画す上級店であり、ドトールの本気がうかがえるお店だ。 なかでも スキレットで提供するパンケーキは激ウマである。 スタバに行ってる場合じゃねえッ!! ・関東に4店舗 珈琲農園は、2017年10月に世田谷区に多摩堤通り店(1号店)が誕生した後に、学芸大学店・江戸川店・大宮駅東口店の計4店舗がオープンしている。 今回訪問したのは、2号店の学芸大学店だ。 東急東横線の学芸大学駅西口を出ると、すぐのところにお店はある。 サッとコーヒーを飲んで、サッと店を出るようなファストコーヒーの印象はほとんどなく、むしろ「」や「」のように、椅子に深く腰掛けてコーヒーを嗜(たしな)む感じ。 高級イタリアンレストランといってもおかしくない雰囲気だ。 卓上のスタッフ呼び出しボタンもテーブルに埋め込まれており、邪魔にならない。 「会計時にレジにお出しください」と言われて、テーブルに置かれたのはチェスの駒らしきものだ。 おいおい、ここは本当にドトールか? いちいちオシャレじゃないか。 メニューブックだって小ジャレたカフェのようだ……、ドトールなのに。 ・メニューも充実 しつこいようだが、メニュー内容ももちろんオシャレ。 ブレンドコーヒーは、「ザ・ドトール」「ザ・モダン」「ザ・クラシック」(各税別500円)から選ぶことができる。 食べ物はスイーツ・軽食だけでなく、しっかりとしたパスタやプレートなどのメニューも充実。 そして、11時までのモーニングは4種類。 ドリンクメニューにプラス0~100円の名古屋式を採用している。 どうやら、スタバをライバル視しているというよりも、コメダを意識していると見た方がいいかもしれない。 ・20分かかる美しきパンケーキ さて、今回紹介したいのは、モーニング終了後、つまり11時からオーダーできるパンケーキである。 注文すると、 焼き上がるまで約20分かかるという代物。 10時半に入店して私(佐藤)は11時にオーダーして、実物を目にしたのは11時30分。 ムダに早く入店してしまったために、1時間も待つことになった。 しかし、パンケーキを目にした私は、1時間待った甲斐があったと感じている。 これは時間がかかるのも頷ける。 そして、待つだけの価値があることを、その見た目が証明している。 これに別添えのメイプルシロップをとろ~りとかける。 カットするのが惜しいほど、美しいドーム型をしているのだが、切らないことには食えない。 思い切ってナイフを入れると、サクッ! とした感触jがナイフを通して伝わってくるようだ。 食べてみると、食感はパンケーキというよりもカステラに近い印象を受ける。 表面はサクっと焼き上がっており、中の水分は控えめ。 ゆるふわのパンケーキではなく、どちらかといえば固めの仕上げとなっている。 半分くらい食べたところで気が付いた。 これは、 メイプルシロップでベチャベチャにした方がウマい。 豪快にシロップをかけて、その水分をパンケーキに吸わせることで、美味しさは2倍にも3倍にも膨れ上がるだろう。 たかがドトールと侮るなかれ! ここは本気のドトールだッ!!

次の

ドトールコーヒー

ここ から 近い ドトール

秋の食べ物で好きなのは「おさつスナック」です。 あれは軽く1袋いけます。 みなさんこんにちは!さぬきです。 すっかり肌寒くなりましたね~。 (今年雨降りすぎ・・!)寒くなってきたらあったかいものが飲みたくなりますよね!(今あったかいと入力したら「あったかいんだからぁ」が出てきました。 懐かしい) 今回は、ドトールといえばハニーカフェオレ!顧客満足度3年連続1位に輝いているドトールの魅力に迫りたいと思います。 顧客満足度とは? まず、顧客満足度とは何か、もう一度確認してみます!顧客満足度とは、「人が物品を購入するとき、その物品に感じる何らかの満足感のこと」(出典:)と定義され、満足度が高い顧客は繰り返し購入したり、他人に推奨する可能性が高いとされています。 (出典:) 2017年の6月にサービス産業生産性協議会が発表した「2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)」におけるカフェ部門の顧客満足度は、ドトールが3年連続1位となっています。 ちなみに2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)とは? この調査は、統計的な手法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種・業態(以下業種)横断での比較・分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングをチェックすることが可能です。 本年度は年6回に分け、年間約30業種、約400の企業・ブランドの調査を予定しています。 「顧客の評価を起点とした業種を超えた競争」を促すことで、付加価値や顧客満足を高める経営が日本全体に広がり、企業の成長と国際競争力の強化に役立つことを狙いとし、2009年度から発表を行っています。 「」より一部抜粋 ちなみに2位はミスタードーナツ、3位はコメダ珈琲店、4位はカフェ・ベローチェでした! あくまでも顧客満足度という点 この調査では、顧客満足度のほかにも、「顧客維持」やお客様が製品に対して認識する品質のことを指す「知覚品質」、ロイヤルティなど、合計6指標あります。 なお知覚品質には、信頼性やサービス、雰囲気などの価値も含まれているそうです!私も初めて知りました・・・。 ドトールは他の項目でも「顧客期待」・「知覚品質」で4位、「知覚価値」・「ロイヤルティ」で2位、「推奨意向」で4位など、すべての項目で上位にランクインしていており、総合的に見ると評価が高いですね! 「サービス産業生産性協議会 2017年度第1回 JCSI調査結果」より引用 「カフェで代表的とされるスターバックスはどうなの?顧客満足度の上位には登場しないし、ちょっと低下気味なのかな…」と思われる方もいるかもしれません。 しかしスターバックスは「顧客期待」と「知覚品質」・「推奨意向」で1位を獲得しています。 6項目中3項目がトップなので、スタバへの期待値が低下したとは言えなさそうです。 ドトールとスタバのビジョン ではここから、ドトールとスターバックスの2社の特徴を比較していきたいと思います。 ここでお伝えしておきたいのは、両社それぞれ良いところがあるということです。 決してどちらかを否定したいなどと思っているわけではありません。 (学生時代3年半をドトール店員として過ごしたということもあり、私のドトールへの愛がやや強すぎる点は目をつむってください!) まずは企業理念から見ていきましょう~。 は「一杯のおいしいコーヒーを通じて、お客様にやすらぎと活力を提供する」としています。 は「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を、OUR MISSIONとして掲げています。 どちらもコーヒーを軸としているのはもちろんのこと、ドトールはやすらぎへのこだわり、スターバックスは体験へのこだわりを大事にしているようです。 人々の生活に馴染むという魅力 次に、それぞれの特徴を見ていきましょう。 店員としての視点も交えながらお話していきたいと思います。 ドトールの店舗数は国内だけで1,121店舗、海外にも7店舗を展開しています()。 お客様は高校生から親子連れ、ご年配の方までとても幅広く利用されています。 価格帯もコーヒー1杯220円からとお手頃です。 店内は明るく清潔感があり、入りやすい印象があります。 接客レベルが一定に保たれているのも人気の一つなのかもしれません。 また、喫煙者の方には朗報ですが、ドトールには喫煙席があります!私がアルバイトをしていた店舗では完全分煙で喫煙席だけでも22席あるので、非喫煙者も安心してカフェの時間を楽しめますね! メニューも季節限定メニューはあるものの、それ以外はほぼ固定なのでレジ前で悩むこともありません。 ミラノサンドも注文が入ってから調理するため、カリカリのパンを食べることができます! 店舗に 行くたびに新しい発見がある スターバックスは一利用者としての視点で見ていきたいと思います。 国内の店舗数は1,302店舗()、海外店舗数は22,519店舗()です。 店舗数では他社を圧倒するほどですね。 スターバックスは新作メニューでいつも楽しませてくれるイメージです。 フラペチーノやプリンの発売など、商品開発に力を注いでいてお店に足を運ぶたびに新しい発見があります。 また、特徴的なのは接客です。 スターバックスの接客は丁寧な印象があります。 そのうえ、カップにメッセージやイラストを描くなどお客様 一人ひとりにより近い距離でコーヒーを提供しています。 スターバックスの店舗はその地域に合わせて外観や内観が変わるのもポイントです。 (私の地元である青森県には西洋を感じさせる外観の店舗もあります!) 人々の生活にマッチした総合力 スターバックスは新作の発表に力を入れるなど、人々の目を引く話題性が感じられます。 ドトールも新作を出しているものの、スターバックスと比較するとそれほど話題量は大きくはありません。 (ものすごい個人的な意見としては、復刻版として復活するミラノサンドのチョイスが惜しい気がしています。 ドトールのひと~~!) また、カフェで過ごすうえでのWi-Fi問題。 スターバックスでは早くからWi-Fi環境が整備され、一時期はMacで作業している風景をSNSに投稿するなど、自分自身をブランディングするような行動が話題になりました。 しかし最近ではドトールでも無料Wi-Fiを利用できる店舗も増えていて、より快適な空間に変化しつつあります。 値段やカフェでの過ごし方など総合的にドトールは手軽に利用しやすく、それがより多くの人々の満足度にマッチしているのかもしれません。

次の

ドトールのフリーWi

ここ から 近い ドトール

A ベストアンサー #1です。 いろいろ調べてみました。 結論から言えば「JR四国のサービスの特徴を維持するため」のようです。 JR四国のワンマン運転は必ず「後ろ乗り・前降り」「必ず整理券を取る」で、有人駅でも混雑していてもこの方式を取っています。 ですから、2両目を解放するとこの方式に問題が生じると思われます。 ・2両という長さで、「後ろ乗り・前降り」を徹底したら、時間がかかるし、客の評判が悪くなる ・整理券の発行機の目視・管理などがしにくくなる(2両目だと運転席からまず見えない) などのことです。 昔は2両編成でのワンマンもあったようなのですが、様々な問題点があって「ワンマンは1両限定」にしたようです。 また1回の運航で一部の混雑区間だけ車掌が乗って2両開放することなどもあるようです。 どのような仕事でもそうですが、一番コストがかかるのは「人件費」です。 車両切り離しは専属の有資格者が必要なのでコスト増「だったら、2両つなげたまま走るほうがよい」ということでしょうし、車掌も乗らないほうがコストがやすくなるわけです。 そのかわり運賃はきっちり徴収したい(なにせ貧乏ですから)ので、「後ろ乗り・前降り」などのルールを徹底したのでしょう。 ルールを細かくするとそれだけ乗務員の負担は増えます。 だから1両限定にしてワンマン運転(コスト削減)ということなのだと思います。 #1です。 いろいろ調べてみました。 結論から言えば「JR四国のサービスの特徴を維持するため」のようです。 JR四国のワンマン運転は必ず「後ろ乗り・前降り」「必ず整理券を取る」で、有人駅でも混雑していてもこの方式を取っています。 ですから、2両目を解放するとこの方式に問題が生じると思われます。 ・2両という長さで、「後ろ乗り・前降り」を徹底したら、時間がかかるし、客の評判が悪くなる ・整理券の発行機の目視・管理などがしにくくなる(2両目だと運転席からまず見えない) などのことです... Q こんにちは 私は以前、鉄道に関する質問を、させていただきました。 特に、関西人には全く馴染みのない「連絡改札口」について、首都圏と関西圏では、鉄道の成り行きが異なるなど、貴重なご回答をいただき、ありがとうございました。 さて、今回も、首都圏のJR線を利用していての疑問です。 これは、決してわかりづらい、不便だというものではなく、これも関西圏ではほとんど無いことなので、疑問に思った次第です。 これを関西圏に例えると、京都駅から、神戸方面に行く電車に乗車する際 「JR神戸線直通、神戸行き」 ということになりますが、そのようなアナウンスは、聞いたことがありません。 逆に、なぜ関西圏では、このようなアナウンスは無いのでしょうか。 鉄道に詳しい方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー >(京都駅から大阪駅までは、JR京都線、大阪駅から神戸駅までは、JR神戸線)… それは愛称に過ぎず、正式な線路名称は東京駅から神戸駅までが「東海道本線」です。 JR 西の区間に限っても、米原から神戸までが東海道線で、他線に乗り入れているわけではありません。 しかも、京都~神戸間は大昔から、昭和も戦前から通しの電車が走っていて、今に始まったことではないので、あえて「直通」なんて言い方はしません。 西日本管内でも、東海道線の京都から環状線経由関空方面への直通など、国鉄時代にはなかった運転方法もありますが、東日本と西日本、会社が違うので乗客への案内方法も違ってきて当然とも言えます。 A ベストアンサー 都市輸送におけるゴムタイヤ鉄道は、新交通システム(ゆりかもめetc)やモノレールまで含めると特殊な存在ではありません。 地下鉄に限っても、札幌を初に仙台・横浜でも採用されています。 ゴムタイヤ鉄道のメリット ・スムーズな乗り心地で騒音が少ない。 ・急曲線、急こう配に強い。 ・高加速で制動距離が短い事から高密度運転が可能。 ・自動運転化し易い デメリット ・ゴムタイヤゆえに維持費が嵩む。 ・鉄輪に比べ転がり抵抗大きく、エネルギー効率が悪い。 ・鉄輪鉄道事業者との相互乗り入れが出来ない。 なお、札幌地下鉄の場合、雪の影響を避けるため、車両基地への回送線も含め、地上区間もシェルターで覆われています。 ただ、これから建設される地下鉄は、多分リニア地下鉄(大江戸線・鶴見緑地線etc)になると思われます。 何故なら、ゴムタイヤ鉄道のメリットを兼ねデメリットが少ないからです。

次の