分かっ た。 障害物検知センサー

ランサムウエアの「身代金」は払うべきか、26カ国の被害調査で分かった意外な実態

分かっ た

第163回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞は馳星周さん(55)の「少年と犬」(文芸春秋)に決まった。 馳さんは、初めて同賞候補となった96年のデビュー作「不夜城」から7度目の挑戦で初受賞。 出身地の北海道浦河町の居酒屋で受賞の連絡を受けて「大変ありがたい。 書けるだけ書き続けたい」と喜びと抱負を語った。 都内で開かれた受賞者会見にはテレビ電話で出演した。 受賞作「少年と犬」は東日本大震災後に東北から九州を目指し旅する犬を軸にした連作短編集。 馳さんは「動物を出すのはズルいと分かっていたが書きたかった」と苦笑い。 「不夜城」などアウトローが活躍するノワール(暗黒小説)の印象が強いことについて「若い頃はノワールしか書かないと思ったが、そんなこだわりもなくなり書きたいものを書いている。 それを評価されたのがうれしい」と喜んだ。 7度目の挑戦が実ったことに「直木賞を目標にしてきたのではない。 二十何年間、小説に向かい合ってきたことが評価された。 『不夜城』で獲れていたらとは考えないし、そういう考えの人が小説を書いてはいけない」と作家の矜持(きょうじ)を示した。 長野県在住。 横浜市立大卒。 書評家などを経て96年「不夜城」でデビュー。 同作はベストセラーとなり、映画化もされた。 「夜光虫」「M」「生誕祭」「約束の地で」「アンタッチャブル」などが直木賞候補に。 プロレスやゲームの評論も手掛ける。 ペンネームはファンである香港の映画監督・俳優の周星馳から命名。

次の

マスクできない理由分かって 感覚過敏の娘、「『着けろ』と怒鳴られないか…」母の不安な日々|社会|地域のニュース|京都新聞

分かっ た

日本農業新聞が、糖質制限で老化顕著にという報道をしてから、糖質制限ダイエットの弊害が注目を集めています。 東北大学大学院 都築毅准教授らが行ったマウス実験で、糖質制限食が老化を早めていたと言います。 果たしてこの指摘は妥当なんでしょうか?糖質制限ダイエット、リスクは分かっているのでしょうか?そんな疑問を解消すべく調べてみると実は、もうほぼ決着がついていることが分かりました。 実は、本格的な糖質制限ダイエットを継続すると、少なくとも糖尿病でない人については寿命が短くなっているようです。 また推奨される糖質制限の具体像も見えてきました。 私は、医学とか栄養学の専門家ではありませんが、多様な意見をまとめた記事があまり世にないため、総合的な判断の材料ともなるべくまとめをご紹介します。 日本農業新聞記事の元論文は、マウス実験で、江部氏はマウスとヒトは違うと反論 日本の糖質制限ダイエットを主導する江部 康二 高雄病院理事長は、このポイント、マウス実験ではヒトの健康への影響は分からないと糖質制限「老化説」に大問題があると否定しています。 実は、ヒトでの大規模調査論文2本でほぼ判明、本格的な糖質制限を続けた人たちのの、寿命は短かった マウス実験以外で、糖質制限の健康影響が分かってないのかと思い調べると、実は、もう論文が二つでており、医学ジャーナリストの大西惇子氏の記事が日経Goodayに掲載されていました。 1つ目は発表済みの論文データを解析したもので、国立国際医療研究センターの能登洋氏らによる解析によると 糖質の摂取割合が低い低糖質群(総摂取熱量の30~40%)と高糖質群(60~70%)を比較したところ、 総死亡のリスクは低糖質群の方が31%高く 、低糖質・高たんぱく質の集団と高糖質・低たんぱく質の集団を比較した場合も、 低糖質・高たんぱく質群の死亡リスクが30%高くなりました。 と、低糖質食が死亡リスクを上げるという解析がされています。 分析対象のほとんどは糖尿病でも冠動脈疾患でもほぼなかった人々でした。 また、 米ハーバード公衆衛生大学院のTeresa Fung氏らが 心臓病、がん、糖尿病ではない女性を26年間、男性を20年間追跡した結果に基づく論文では 高糖質食(総摂取熱量の60%程度)の人々と、低糖質食(35~37%)の人々を比較したところ、 総死亡リスクは低糖質食の方が12%高く、さらに低糖質+動物性食品群では23%高くなりました。 低糖質+動物性食品群では、循環器疾患による死亡のリスクが14%、がん死亡のリスクも28%高くなっていました。 一方、低糖質+植物性食品群では、高糖質群より総死亡のリスクが20%、循環器疾死亡のリスクも23%低くなりました。 というデータがでています。 低糖質、高タンパク質でも動物性タンパク質を多くとった群の死亡リスクが上がるようです。 これらを元に大西淳子氏は 糖尿病ではない一般人にとって、糖質制限食は、余命短縮に結びつく可能性が示唆されました。 特に、 糖質を極端に制限し、肉をたくさん食べ、バターやマヨネーズを好んで摂取する食生活では、リスクが大きくなると考えられます。 とまとめています。 無難なのは、「ゆる糖質制限」食 一般的な食事の半分に糖質を抑える、本格的な糖質制限ダイエットのリスクが見えてきましたが、かと言って、糖質をじゃんじゃん取ったほうが長生きできるということではありません。 特に、現代の日本人は体をあまり動かさなくなっており、日本人の 糖尿病有病者と 糖尿病予備群 はそれぞれ1,000万人、合計で2,000万人といわれるほどです。 糖質摂取を減らさねばならない人はかなりの割合いることでしょう。 糖尿病学会理事長で東大教授の門脇孝医師は、しており 門脇医師が推奨するのは、平均的な体格の男性で1日の糖質量を150g以下(=白米茶碗2. 7膳分)のゆるやかな糖質制限。 だそうです。 これは、短期間でやせる糖質制限ダイエットで行われる厳しい糖質制限の 1日30~60g程度や、スタンダードな制限という 80~120gと比べると多くなっています。 ただ、だそうなのでかなり抑えているともいえます。 門脇医師の勧める食事は、で2016年に紹介された ガッテンおすすめ!糖質制限ダイエット メニュー に近そうです。 一食あたりご飯半膳という食事は、外食でも定食にサラダか何か一品足して、ご飯を減らすことで達成できそうな分量です。 肉と脂肪ならどんどん取っていいという糖質制限の魅力は薄れますが、ハンバーガーのパンを肉にするという方向ではなく、ポテトでなくサラダをつけてゆっくり食べるのがいいという方向で徐々に胃袋と脳を慣らしていく。 そんな少しの変化に食事のあるべき姿がありそうです。 海外の論文ではcarbohydrate(炭水化物)と言っていて、野菜まで含めて制限していることがある。 そりゃあ、肉類多めで野菜少なけりゃ、健康を損なうよ。 で、そういう論文を和訳する時にcarbohydrateを思慮なしに糖質と訳すから、事実と異なる内容になる。 注意が必要。 あと、疫学的調査で食品の健康に対する影響を評価するのは信用できない。 何十年も追跡調査したら信憑性が高そうだが、実は何十年もかけると逆に他の要因が絡んでくるんで信憑性が低下する。 それにもし「糖質制限が健康を害する」のがはっきりしてるなら、もっと分かりやすい対照実験を行なって証明すればいい。 でも、そんな研究はない。 逆に糖質制限による良い影響を証明した研究は多い。 それが全てだよ。 データに基づいて社会を斬る。 ですか。 この記事のデータの薄さ、笑えます。 糖質制限実行中ですが、長年悩まされた片頭痛及び随伴症状 嘔気、嘔吐、目眩、視野欠損、上肢の震戦、うつ がすっかり消失しました。 それだけでなく、本当に体が軽くなり、疲れなくなり、肩こりも消失しました。 毎週整体で施術してもらうほど酷かったのに、びっくりです。 砂糖業界の力は強いので、糖質制限は揉み消されがちですが、良いか悪いかは経験すればハッキリとわかります。 1000歩譲って糖質制限で短命になるとしても、片頭痛で2週に1度死にたいほど辛い思いをしながら長生きするより、スッキリ元気で短命の方が人生のクオリティは上がりまーす! 糖質制限の効果は生理学的に証明されておりますので、こういった薄い記事に騙されず、糖質制限を推奨している医師達の著書を読むべきです。 よっぽどのおバカでない限り、糖質がいかに恐ろしいものか容易に理解できると思います。

次の

「分かる」「解る」「判る」

分かっ た

第163回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞は馳星周さん(55)の「少年と犬」(文芸春秋)に決まった。 馳さんは、初めて同賞候補となった96年のデビュー作「不夜城」から7度目の挑戦で初受賞。 出身地の北海道浦河町の居酒屋で受賞の連絡を受けて「大変ありがたい。 書けるだけ書き続けたい」と喜びと抱負を語った。 都内で開かれた受賞者会見にはテレビ電話で出演した。 受賞作「少年と犬」は東日本大震災後に東北から九州を目指し旅する犬を軸にした連作短編集。 馳さんは「動物を出すのはズルいと分かっていたが書きたかった」と苦笑い。 「不夜城」などアウトローが活躍するノワール(暗黒小説)の印象が強いことについて「若い頃はノワールしか書かないと思ったが、そんなこだわりもなくなり書きたいものを書いている。 それを評価されたのがうれしい」と喜んだ。 7度目の挑戦が実ったことに「直木賞を目標にしてきたのではない。 二十何年間、小説に向かい合ってきたことが評価された。 『不夜城』で獲れていたらとは考えないし、そういう考えの人が小説を書いてはいけない」と作家の矜持(きょうじ)を示した。 長野県在住。 横浜市立大卒。 書評家などを経て96年「不夜城」でデビュー。 同作はベストセラーとなり、映画化もされた。 「夜光虫」「M」「生誕祭」「約束の地で」「アンタッチャブル」などが直木賞候補に。 プロレスやゲームの評論も手掛ける。 ペンネームはファンである香港の映画監督・俳優の周星馳から命名。

次の