無線 ルーター 中継 器。 無線LAN中継器の役割と選び方

無線LAN中継器を使うと(条件によっては)通信速度が半分になる

無線 ルーター 中継 器

最近、5GHzの電波の速度があまりでない 最近どうも、パソコンの無線LANの調子が悪いんですよ。 無線全般が悪いという訳ではなくて、2. 4GHzの電波はまあ以前と変わりないんですが、5GHzの電波のほうが速度が全然出ない。 ルーターがダメではないみたいなんですよ。 パソコンの無線LANアダプター(USB接続のヤツ)付近にスマホを置くと、5GHzで高速通信しているので。 これはどうもパソコン側の無線LANアダプター(子機)に原因があるように思えます。 この無線LANアダプター、BuffaloのWI-U3-866Dってヤツで、買った当初はいい感じだったんですが、Windows Updateの直後とかちょいちょい動作が不安定になったりしてたんで、今回もその辺が原因なのかもしれません。 この中継機とパソコンをLANケーブルで繋いだら、不調の無線LANアダプターを使わずにインターネットができるはずですよね。 「TP-LinkのRE450+LANケーブル」VS「BuffaloのWI-U3-866D(絶不調)」という訳です。 WI-U3-866Dはいい時もあったんですけどねえ。 試しに速度を比較してみた ただ、中継機の有線LANポートは1つだけなので、TVチューナーだけでなくPCにもつなぐとしたらネットワークハブを買ってポートを増やさないといけません。 2000円前後ではありますが、大して速度が変わらなかったら無駄遣いになってしまうので、試しに実際に繋いでみて、速度を計測してみることにしました。 まずは 現状の5GHzがこれ。 論外です。 ADSLかよ。 上りは立派なんですが、それがまたこのアダプターのイカれっぷりをよく表してますね。 次が 2. 4GHz。 まあ使える速さです。 そして 中継機と有線LANで接続したのがこちら。 下り120倍くらい出てますw一択ですね。 ちなみに、インターネット回線はです。 スイッチングハブを買って、無線LANアダプターが不要に というわけで、買ったのがこちらのハブ。 今は新しいバージョンのが出てるかもしれません。 金属筐体にしたのは、廃熱性能を重視してです。 これから夏だし、熱は大抵のトラブルに関わってますからね。 強力な磁石がついているので、机の足(金属)に張り付かせる感じで設置しました。 熱がうまく逃げてくれればいいのですが。 テレビチューナーをパソコンから操作する時、無線でつながっていた頃は若干もっさりしていたんですが、反応が少し改善されました。 例のADSLみたいな速度の時は、録画番組を見るときにプチプチ止まったりもしてたんですが、それも皆無です。 いいことだらけですね。 この無線LANアダプタも買った時は5000円くらいしたんですが、3年くらい活躍してくれたのでもう充分でしょう。 中継機6000円+スイッチングハブ2000円の8000円。 中継機をテレビチューナーにも利用していることや電波の届く範囲が拡大していることを鑑みれば、3000円余計に出す価値は充分にありましたね。

次の

ルーターを2台設置するメリット・デメリットとは?中継機モードやルータモードは親機と子機で使い分けが重要

無線 ルーター 中継 器

ソフトバンク光のWi-Fiは別の部屋だと弱い ソフトバンク光でWi-Fi接続する場合、光BBユニットをレンタルしている人は光BBユニットのWi-Fi機能を利用してインターネットに接続していると思います。 ソフトバンク光の光BBユニットはリビングに設置しているご家庭が多いようです。 Wi-Fiが強いのは設置した部屋のみ 例えば、光BBユニットをリビングに設置している場合、上記イラストのようにリビング内ではWi-Fiが強く快適にインターネット接続が出来ます。 しかし、光BBユニットが設置されているリビングから 違う部屋に移動するとWi-Fiが弱くなります。 Wi-Fiが弱いとスマホのWi-Fiマークもレベル1に…。 Wi-Fiが弱いとインターネットに接続しにくくなり、ホームページの表示や動画の視聴などに時間がかかりイライラする原因です。 光BBユニット自体に中継機能がないのでWi-Fiが届く範囲で中継器を設置すると良いでしょう。 中継器を置くと広範囲でWi-Fiが使える 例えば、上記イラストのようにソフトバンク光の光BBユニットを設置したリビング以外の部屋ではWi-Fiが弱い場合、廊下などに 中継器を設置する事で広範囲にWi-Fiが利用できるようになります。 その為、 Wi-Fiが弱かった部屋でも強いWi-Fiの電波でWi-Fi接続できるようになります。 3階でWi-Fiが弱いなら2階に中継器 また、2階建てや3階建ての建物でも同じ事が言えます。 例えば、1階にソフトバンク光の光BBユニットを設置したとすると、3階ではWi-Fiが弱いか繋がりません。 その為、 Wi-Fiが届く2階に中継器を設置しておくと、Wi-Fiが弱かった・繋がらなかった3階でも快適にWi-Fi接続できるようになる大変便利な機器が中継器なんです。 このようにソフトバンク光の光BBユニットや無線LANルーターを設置した部屋以外で利用する場合にWi-Fiが弱く繋がりにくい時には中継機を設置する事をおすすめします。 ソフトバンク光のおすすめ中継器をご紹介 上記ではソフトバンク光の光BBユニットを設置した部屋以外でWi-Fiが弱い場合には中継器を置くと良いとご紹介しました。 しかし、ソフトバンク光におすすめの中継器はあるのでしょうか? 中継器を発売しているメーカーはNECなど大手もありますが、私が個人的におすすめするのは「バッファロー」と「TP-Link」の2社の中継器です。 もちろん、ソフトバンク光でも利用できる中継器なので検討してみてくださいね。 バッファロー社の中継機「WEX-733D」 ソフトバンク光の利用者におすすめする中継機の1つ目は、 BUFFALO(バッファロー)社の「WEX-733DHP」という中継器です。 コンセントなら廊下や階段、部屋に必ずあるものですから、どこでも手軽に設置できる中継器です。 手のひらサイズでコンパクト 上記の写真は実際に購入してみた中継器ですが、手のひらに収まる程度でコンパクトなので「サイズが大きいのでは?」と心配されている人でも安心です。 写真にもあるように横にスイッチが付いていますよね。 たまに使うのであれば電気代がもったいないのでスイッチをOFFにしておけば節電にもなります。 Wi-Fiを使う時だけスイッチをONにすればいいので簡単で経済的です。 ・ TP-Link社の中継機「RE200」 続いてソフトバンク光の中継器としておすすめなのが TP-Link社の「RE200」です。 この中継器も上記でご紹介したバッファロー社の中継器と同様に コンセントに挿して利用するタイプです。 大丈夫なのと心配する声も聞こえてきそうですが安心してください。 以下はAmazonの販売ページの画像です。 Amazonでは中継器で一番売れているんです。 レビューもたくさん書かれてお り評価も星4つ。 さらに 価格は3,000円を切る安さです。 ・ まず、ソフトバンク光の中継器を試してみたいという人は、このTP-Link社の「RE200」を使ってみてはいかがでしょうか? まとめ この記事ではソフトバンク光で光BBユニットや無線LANルーターでWi-Fi接続する際、別の部屋でWi-Fiが弱い時に中継器を設置するとWi-Fiが快適になる方法をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? ソフトバンク光のWi-Fiを飛ばす光BBユニットを設置している部屋から離れた寝室や書斎、子供部屋などではWi-Fiが弱い場合が多く繋がりにくくなります。 そんな時に中継器を設置するとWi-Fiの範囲がグンと広がる事がご理解頂けたと思います。 ソフトバンク光でおすすめの中継器はバッファロー社かTP-Link社のコンセントに挿して使うタイプです。 私が実際に購入して使用しているのはバッファロー製の中継器です。 価格も安いのでソフトバンク光のWi-Fiが弱くなる部屋の中間に中継器を置いてみてくださいね。

次の

ルーターを2台設置するメリット・デメリットとは?中継機モードやルータモードは親機と子機で使い分けが重要

無線 ルーター 中継 器

無線LAN中継器の選び方 無線LAN中継器を選ぶときは、使用しているWi-Fiルーターの規格を確認しておきましょう。 Wi-FiルーターがIEEE 802. 11acに対応しているにもかかわらず、IEEE 802. 11nの中継器を導入してしまえば、せっかくの高速通信性能をうまく活かすことができません。 Wi-Fiルーターが11ac対応であれば、無線LAN中継器も11ac対応の物を選びましょう。 また、使用できる周波数帯についても確認が必要です。 Wi-Fi(無線LAN)の規格では、2. 4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数の電波が使われていますが、これら2つの電波を使い分ける無線LAN中継器も増えています。 なお、エレコムの無線LAN中継器は、下記のように使用環境に応じて選択できる「中継モード」が用意されています。 ・オプティマイズモード(標準モード):2. 4GHz帯/5GHz帯のうち、どちらか接続状態のいい電波を重点的に使用して中継する• ・シングルモード:2. 4GHz帯/5GHz帯のうち、どちらか片方のみの電波を使用して中継する• ・デュアルモード:2. 4GHz帯/5GHz帯のうち、両方の電波を同時に使用して中継する• ・クロスバンドモード:2. 4GHzと5GHz、一方の帯域の電波をもう一方の帯域の電波に変換して中継する 詳しくはこちらをご確認ください。 PDF形式 エレコムの無線LAN中継器 エレコムでは、広範囲に電波を届けることができる上位機種から、マンション1部屋分ぐらいを広げるものまで、さまざまなタイプの無線LAN中継器を用意しています。 ここでは、人気の無線LAN中継器を4点ご紹介します。 ・WTC-1167USシリーズ 最新のWi-Fi(無線LAN)規格であるIEEE 802. 11acに対応し、通信最高速度867Mbpsの高速通信が可能な無線LAN中継器。 一戸建てなら2フロア、マンションなら2部屋分くらいまでWi-Fiルーターの電波を広げることができます。 また、老舗アンテナメーカーのDXアンテナのノウハウをアンテナ設計に活かし、全方向に対して効率的な通信を実現しています。 ・WTC-1167HWH 最新のWi-Fi(無線LAN)規格であるIEEE 802. 11acに対応し、通信最高速度867Mbpsの高速通信が可能な無線LAN中継器。 一戸建てなら2フロア、マンションなら2部屋分くらいまでWi-Fiルーターの電波を広げることができます。 また、2. 4GHzと5GHzの電波を同時中継させることができ、標準モードやクロスバンドモードなど4つの中継モードを搭載しています。 コンセントに直接挿すタイプなので、設置するために場所を取らない点もメリットです。 本体の前面には「お知らせランプ」がついています。 ランプの点灯状態で親機との電波接続状況がわかるため、中継器の最適な設置場所を簡単に探すことができます。 ・WTC-733HWH2 最新のWi-Fi(無線LAN)規格であるIEEE 802. 11acに対応し、通信最高速度433Mbpsの高速通信が可能な無線LAN中継器。 一戸建てなら1フロア、マンションなら2部屋分くらいまでWi-Fiルーターの電波を広げることができます。 「WTC-1167HWH」と同様に、2. 4GHzと5GHzの電波を同時中継させることができ、本体の前面には「お知らせランプ」がついているため中継器の最適な設置場所を簡単に探すことができます。 ・WTC-300Hシリーズ 普及型のWi-Fi(無線LAN)規格であるIEEE 802. 11nに対応し、通信最高速度300Mbpsの高速通信が可能な無線LAN中継器。 一戸建てなら1フロア、マンションなら1部屋分くらいまでWi-Fiルーターの電波を広げることができます。 コンセントに直接挿すタイプなので、設置するために場所を取らない点もメリットです。 業界最小のスリムサイズで、厚みは22mm。 ・WRC-300FEBK-R 普及型のWi-Fi(無線LAN)規格であるIEEE 802. 11nに対応し、通信最高速度300Mbpsの高速通信が可能な無線LAN中継器。 一戸建てなら1フロア、マンションなら1部屋分くらいまでWi-Fiルーターの電波を広げることができます。 専用のACアダプターによる電源供給となりますので、本体を自由に場所することができます。 また、本製品を有線LANポートしかないネットワーク機器に接続することで、対象機器を無線化することができる「Wi-Fi(無線LAN)子機」としても使用することができます。

次の