名古屋 大学 教育 学部 附属 中学校。 藤井聡太が通う名古屋大学教育学部附属高等学校を簡単にまとめてみた

名古屋大学教育学部附属中学校(愛知県名古屋市千種区)

名古屋 大学 教育 学部 附属 中学校

沿革 に附属小学校の延長として愛知第一師範学校男子部附属中学校・女子部附属中学校が発足。 翌年4月に男子部と女子部が合併し、女子部の所在地であったにとして創設された。 - 愛知第一師範学校男子部附属中学校・女子部附属中学校が開校• - 男子部と女子部の合併、愛知第一師範学校附属中学校となる• - 名古屋市北押切町に移転。 この日を創立記念日とする• - 愛知学芸大学附属名古屋中学校に改称• - 名古屋市東区大幸町に移転• - 大鴻館竣工• - 愛知教育大学附属名古屋中学校に改称• - 帰国生徒学級が開設• - 50周年記念大会がで行われる• - による法人化• - 70周年記念、記念講演にを招く。 特徴 クラス編成• A組からE組までの5クラス。 学級(E組)を設置している。 A組とE組は交流学級となっており、学校行事などは、AE組として合同で行うことが多い。 授業ではプリントが配布され、ノートを取る習慣がないのが特徴である。 教科書はあまり使われず、宿題などもほとんどない。 として、FW(フィールドワーク)、CT(コーラスタイム)がある。 教育大学附属学校であるためが多い。 研究発表会 毎年9月の終わり~10月の始めに研究発表会が行われる。 全国からたくさんの参観者が来られ附中の中で一、二を争う行事となっている。 3年生は当日大鴻館アリーナにて合唱を披露する。 全国の方に披露するため研究発表会が近くなってくると合唱練習が増える。 研究発表会に合わせるため授業の進度、内容が変わることがある。 合唱に力を入れているのも、本校の特徴である。 はで、一人で歌うことはできない。 また、(伝・作曲)は「第二の校歌」と呼ばれている。 部活動 8つの運動部と3つの文化部がある。 部活動は活動時間が短いため、あまり積極的ではない。 また、朝や土休日の練習はない。 本格的にスポーツをやっている人は、スポーツクラブやチームに入っていることが多い。 男子は冬服が紺色の、夏服が開襟シャツに灰色のズボンで、指定の物以外は不可になっている。 女子は冬服が紺色の、夏服が白のセーラー服で、スカーフはそれぞれ白と紺色の三角タイ。 また、夏服が長袖になったスタイルの合服がある。 長期休業中は私服登校が可能である。 その他• がないため、生徒は弁当を持参するか、パン購買を利用する。 生徒手帳の代わりに、校則や教育目標が載った「生活ノート」が毎年配布される。 は4月に発行される。 学校行事 宿泊行事• 1年生の6月にの生活(2泊3日)、2年生の6月にの生活(2泊3日)、3年生の5月にの生活(2泊3日)がFWの一環として行われる。 特に、小豆島での宿泊行事は長い歴史を持つ。 度はの流行により宿泊場所の変更があった。 クラスマッチ• クラスマッチとして大縄が行われる。 までは、大鴻館で学年ごとに行なっていた。 からは、運動場で全校一斉に行われるようになった。 以前はミニバスケであった。 からは再び学年ごとで行われるようになった。 素人名人会• 9月に行われ、参加希望者が特技などの発表をする。 から廃止となったが、学校祭2日目に「アリーナ発表」という代わりのイベントが用意された。 学校祭• 度から、体育祭と文化祭がなくなり、学校祭となった。 10月の第4金曜日と土曜日の2日間で、1日目は体育系、2日目は文化系の企画が主に行われる。 からは、縦割りTシャツを製作 育友会協力 している。 合唱祭• 合唱祭は、2月にで行われる。 1,2年生は自由曲と課題曲をクラスごとに歌い、3年生は自由曲をクラスごと、「思い出の合唱」を学年全体で歌う。 合唱コンクールではないため、順位はつかない。 度から合唱祭の模様はCDに収録され生徒に配布された。 それ以前はLPレコードで、卒業アルバムに付いていた。 また、度からはDVDに収録され、CDは自由購入となっている。 現在は、DVDのみとなり、全生徒にDVDが配られる 施設・設備 教科ごとの研究室(教官室)がある。 そのため、職員会議は会議室で行われる。 校内への連絡などは、F-netと呼ばれるを通して各教室のパソコンとやり取りされる。 最近では、パソコンが約60台、iPadが約120台、iPod touchが約20台ほど導入されている。 の夏から電子黒板が各教室に設置され、授業で導入されている。 大鴻館• アリーナと武道場のある。 教育研究協議会の特別講師として招いたによって、大鴻館と命名された。 その他• 全教室にエアコンが設置されている。 のロケに使用されることがある。 古井戸がある。 各フロア・下駄箱・大鴻館にウォータークーラーが設置してあり生徒たちは自由に飲むことができる。 大鴻館が竣工する以前に体育館があった場所には、現在、野外のバスケットコートがある。

次の

「名古屋大学教育学部附属中学校」に関するQ&A

名古屋 大学 教育 学部 附属 中学校

名古屋大学教育学部附属中学校 名古屋大学教育学部附属中・高等学校の実践事例 住 所 名古屋市千種区不老町 郵便番号 464-0814 電 話 052-789-2680 FAX 052-789-2696 総合学習を表すタイトル 新教科「総合人間科」 キーワード,分類 中高一貫,学校行事,講演会,文化祭,卒業式,平和学習,生きる力,生命,環境,平和,人権, 性,国際理解,核,食糧 総合学習に対する考え方 ・現在の生徒と学校の実態を,「学びからの逃避」「学校・生徒の内なる鎖国化」「自己認識の喪失,あきらめ」ととらえ,「総合人間科」を軸として学校像を再構築する。 ・総合とは合科・統合ではなく,教科の枠を超えた現代の課題を学習すること,ととらえる。 ・新教科「総合人間科」は,現代の課題を学ぶ総合的な学習である。 ・クロスカリキュラム的総合学習ではなく,新しい概念として「脱教科」の教科として創設した。 総合学習の目標(目指すもの) 21世紀に向けての課題を解決していく力と意欲を,未来の主権者になる目の前の生徒につけてやること。 平和を目指す力,すなわち生きる力をもった生徒を育てること。 目指す生徒像 1現代の課題をさまざまな体験を通して自らの問題とし,主体的に学びながら問題解決について表現したり・討論しながら,共に学び合うことができる生徒。 2自分の人生と生き方を社会の在り方と重ね合わせて選択し,未来に向けて自覚的に行動していく力を持った生徒。 総合学習の実践形態 学年テーマ 中1:生き方を探る1 高1:生命と環境2 中2:生命と環境1 高2:国際理解と平和2 中3:国際理解と平和1 高3:生き方を探る2 推進組織 養護教員を含む全教員が担当する。 学年担任団を中心に実践する。 指導教官制として,少人数,個人指導を行う。 文献 名古屋大学教育学部附属中高等学校紀要第 43集 安彦忠彦・名古屋大学教育学部附属中学・高校著『中・高「総合的学習」のカリキュラム開発』,明治図書, 1997 コメント(実践から参考になること) 中・高一貫教育の中で,真に総合的な総合学習を新しく創ろうとした意欲的な実践である。 従来の教科の枠,学校の枠を取り払って,学校が一体となって新しい時代の学校を創造しようというところに実践の特徴がある。 総合的な学習の時間と学校行事とのリンクなど,総合的な学習を展開していく上で避けて通れない問題についての合理的な解答の一つが示された実践だと言える。 大学で学ぶ 総合的能力 中学校評価観点例 高等学校評価観点例 1 知的関心の形成と 問題解決能力 ・課題決定力 ・課題追究力 ・課題解決力 1 課題に向けての知的関心の形成 2 その中から課題を発見する力 3 課題を追究していく意欲 自ら調べる力 1 課題を設定し探究していく力 2 創造的に問題解決していくため の企画力と問題解決能力 2 体験・コミュニケ ーション能力 ・体験学習への意欲 ・協同,連帯 ・討論,主張 ・相互認識 1 様々な人から学ぶ意欲 2 体験への積極的参加態度 3 協同,協調,コミュニケーショ ンへの意欲 4 話し合い,討論できる力 1 ディスカッション ディベート スピーチ 等の能力 2 積極的な対話力 討論能力 3 創造的表現能力 ・自己表現力 ・発表能力 1 多様な表現能力 まとめる力と発表能力) 1 問題解決へ向けての表現力 4 総合的思考力と実 践能力 ・行動力 ・社会的態度 ・自らの生活と関 わる力 1 課題解決の中での感動,困難克 服,充実感の体験を学校生活に生 かしていく態度 2 各教科に関わる学力を総合的 に働かせる意欲 1 学んだことを総合的に働かせる力 2 社会への参加,発言等の行動力 地域社会への積極的参加) 3 自己と他者を理解し自己実現に向 けての実行力 人生の自覚的選択.

次の

名古屋大学教育学部附属中学校の評判ってどう?【名古屋市千種区の中学校口コミ】

名古屋 大学 教育 学部 附属 中学校

名古屋大学教育学部附属中学校 名古屋大学教育学部附属中・高等学校の実践事例 住 所 名古屋市千種区不老町 郵便番号 464-0814 電 話 052-789-2680 FAX 052-789-2696 総合学習を表すタイトル 新教科「総合人間科」 キーワード,分類 中高一貫,学校行事,講演会,文化祭,卒業式,平和学習,生きる力,生命,環境,平和,人権, 性,国際理解,核,食糧 総合学習に対する考え方 ・現在の生徒と学校の実態を,「学びからの逃避」「学校・生徒の内なる鎖国化」「自己認識の喪失,あきらめ」ととらえ,「総合人間科」を軸として学校像を再構築する。 ・総合とは合科・統合ではなく,教科の枠を超えた現代の課題を学習すること,ととらえる。 ・新教科「総合人間科」は,現代の課題を学ぶ総合的な学習である。 ・クロスカリキュラム的総合学習ではなく,新しい概念として「脱教科」の教科として創設した。 総合学習の目標(目指すもの) 21世紀に向けての課題を解決していく力と意欲を,未来の主権者になる目の前の生徒につけてやること。 平和を目指す力,すなわち生きる力をもった生徒を育てること。 目指す生徒像 1現代の課題をさまざまな体験を通して自らの問題とし,主体的に学びながら問題解決について表現したり・討論しながら,共に学び合うことができる生徒。 2自分の人生と生き方を社会の在り方と重ね合わせて選択し,未来に向けて自覚的に行動していく力を持った生徒。 総合学習の実践形態 学年テーマ 中1:生き方を探る1 高1:生命と環境2 中2:生命と環境1 高2:国際理解と平和2 中3:国際理解と平和1 高3:生き方を探る2 推進組織 養護教員を含む全教員が担当する。 学年担任団を中心に実践する。 指導教官制として,少人数,個人指導を行う。 文献 名古屋大学教育学部附属中高等学校紀要第 43集 安彦忠彦・名古屋大学教育学部附属中学・高校著『中・高「総合的学習」のカリキュラム開発』,明治図書, 1997 コメント(実践から参考になること) 中・高一貫教育の中で,真に総合的な総合学習を新しく創ろうとした意欲的な実践である。 従来の教科の枠,学校の枠を取り払って,学校が一体となって新しい時代の学校を創造しようというところに実践の特徴がある。 総合的な学習の時間と学校行事とのリンクなど,総合的な学習を展開していく上で避けて通れない問題についての合理的な解答の一つが示された実践だと言える。 大学で学ぶ 総合的能力 中学校評価観点例 高等学校評価観点例 1 知的関心の形成と 問題解決能力 ・課題決定力 ・課題追究力 ・課題解決力 1 課題に向けての知的関心の形成 2 その中から課題を発見する力 3 課題を追究していく意欲 自ら調べる力 1 課題を設定し探究していく力 2 創造的に問題解決していくため の企画力と問題解決能力 2 体験・コミュニケ ーション能力 ・体験学習への意欲 ・協同,連帯 ・討論,主張 ・相互認識 1 様々な人から学ぶ意欲 2 体験への積極的参加態度 3 協同,協調,コミュニケーショ ンへの意欲 4 話し合い,討論できる力 1 ディスカッション ディベート スピーチ 等の能力 2 積極的な対話力 討論能力 3 創造的表現能力 ・自己表現力 ・発表能力 1 多様な表現能力 まとめる力と発表能力) 1 問題解決へ向けての表現力 4 総合的思考力と実 践能力 ・行動力 ・社会的態度 ・自らの生活と関 わる力 1 課題解決の中での感動,困難克 服,充実感の体験を学校生活に生 かしていく態度 2 各教科に関わる学力を総合的 に働かせる意欲 1 学んだことを総合的に働かせる力 2 社会への参加,発言等の行動力 地域社会への積極的参加) 3 自己と他者を理解し自己実現に向 けての実行力 人生の自覚的選択.

次の