南 鳥島。 よくある質問

中国は南鳥島の領土を主張していますが監視船が南鳥島に現れますか?

南 鳥島

沖ノ鳥島の位置と島の詳細 都心部から1,740キロ、から720キロ、のほぼ中央、上に位置する、太平洋の絶海に孤立して形成された南北約1. 7キロ、東西約4. 5キロ、周囲約11キロほどの米粒形をしたである。 の南に位置するために属する。 干潮時には環礁の大部分が海面上に姿を現しているが、満潮時には内の東小島(旧称・東露岩)と北小島(旧称・北露岩)を除いて海面下となる。 沖ノ鳥島は過去100年あたり1センチという、が極めて小さいことでも知られ、に伴う海面の水位変化を調べるのに役立っている。 島周辺は海面と海底の海水の温度差が年間を通じて20ほどあり、にふさわしい条件が揃っている。 なお、「沖ノ鳥島」として公式に記載されたのは(昭和4年)のことであるが、沖ノ鳥島という名前自体の由来は不明である。 地理 [ ] 北小島 [ ] 沖ノ鳥島1番地。 旧称は北露岩。 に位置する。 面積7. 86平方メートル。 海抜は第二次世界大戦以前のでは2. 8メートルと記載されていたが、2008年3月時点で約1メートル。 高潮(満潮)時も約16センチが海面上に現れる。 三等「北小島」が設置されている。 東小島 [ ] 東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地。 旧称は東露岩。 に位置する。 面積1. 58平方メートル。 海抜は第二次世界大戦以前の海図では1. 4メートルと記載されていたが、2008年3月時点で約0. 9メートル。 高潮(満潮)時も約6センチが海面上に現れる。 一等三角点「沖ノ鳥島」が設置されている。 建造物 [ ] 観測施設(作業架台)で、金属、塗装、コンクリートなどの耐久性を試験している様子(2010年6月撮影) 日本はから北小島および東小島に鉄製の設置と護岸工事を施し、東小島には製防護ネットを被せて保護している (詳細はを参照)。 前の1940年(昭和15年)7月中旬、は北露岩に無人灯台建設を計画した。 その他、船舶が沖ノ鳥島にすることを防止するため、によって領海内に「」が設置されている。 この無人灯台の灯火は海面上から26メートルの位置にあり、の光を沖合い12まで届けるものでによって稼働している。 東小島には一等三角点「沖ノ鳥島」、北小島には三等三角点「北小島」、観測所基盤にはが設けられている。 また、2005年には「沖ノ鳥島」が東小島に設置されている。 消失した露岩 [ ] の前のの調査記録では、最大2. 8メートルの北露岩、1. 4メートルの東露岩、さらに北露岩の南側に海抜2. 25メートルの「南露岩」があり、それ以外に0. 9 - 0. 6メートルの露岩があり、合計6つの露岩が満潮時にも姿を現していたことが記されている。 これらのうち、南露岩は1938年に消失が確認された。 1968年にされたあとの1982年以前は露岩の数は4つとされていたため、1987年までに、現在の北小島、東小島を除いたものはやにより消え失せたと見られている。 歴史 [ ] 沿革 [ ] ウィキソースに の原文があります。 - 船が発見、アブレオホス(: Abre Ojos)と命名される(異説あり)。 1565年 - スペイン船が発見、パレセベラ(: Parece Vela)と命名される。 1639年 - 船が発見、エンヘルスドローフテ(: Engelsdroogte)と命名される。 1789年 - のが発見、ダグラス礁(: Douglas Reef)と命名される。 1922年(大正11年) - 日本の「」が測量を行う。 1929年(昭和4年) - 発行の海図第800号に「沖ノ鳥島」の名称で記載される。 1931年(昭和6年)7月6日 - 第163号により「沖ノ鳥島」と命名され、に編入される。 1939年(昭和14年) - 島に気象観測所や灯台を建設しようと調査・工事が始まる。 しかし、に突入し、戦局が悪化すると工事は中断。 2014年現在はサンゴ礁を爆破した水路跡と灯台の基礎を改築した観測所基盤が残っている。 この灯台の基礎工事を発見した米艦艇が砲撃を加えたという記録もある。 1943年(昭和18年)7月1日 - 施行、東京府廃止。 1952年(昭和27年)4月28日 - 第3条により、小笠原諸島と共にのに置かれる。 1968年(昭和43年)6月26日 - に基づき、小笠原諸島とともに日本に返還される。 1976年(昭和51年) - 創立50年を記念して、5月30日から6月2日まで、の移動運用(沖ノ鳥島DXペディション)を行う。 1977年(昭和52年)7月1日 - 、漁業水域に関する暫定措置法により、12海里、漁業水域200海里を設置。 1987年(昭和62年)10月14日 - 東京都により海岸保全区域に指定。 1987年(昭和62年)11月1日 - (現・)による直轄工事を開始。 波の侵食による島の消失を防ぐため、2つの島の周りに護岸工事を行う。 1999年(平成11年)6月23日 - 建設省による直轄管理区域に指定。 維持管理については京浜河川事務所が所管。 2004年(平成16年)4月22日 - 日中間外交当局者協議で、が沖ノ鳥島を「 」だと主張。 日本に無断で周辺の海洋調査を進める。 2005年(平成17年)6月25日 - が、電子基準点「沖ノ鳥島」を設置。 2007年(平成19年)3月16日 - が、「沖ノ鳥島灯台」を設置して運用開始。 2010年(平成22年)6月24日 - 沖ノ鳥島などの離島の保全を目的とした(沖ノ鳥島保全法)を施行。 指定区域内の海底の掘削は国土交通大臣の許可が必要とし、違反した場合の罰則規定が設けられた。 2011年(平成23年)6月1日 - 低潮線保全区域を設定。 2012年(平成24年)4月28日 - が日本国最南端の沖ノ鳥島の北方など太平洋の4海域約31万平方キロメートルを日本の大陸棚として新たに認める勧告を採択。 ただし、沖ノ鳥島南方の九州・パラオ海嶺南部海域の大陸棚拡張については判断を先送りした。 2014年(平成26年)3月30日 - 港湾整備事業によりが設置作業中の桟橋が転覆、作業員7人がする事故が発生。 詳細は「 」を参照。 2015年(平成27年)5月1日 - 港湾工事を再開し、桟橋の据付を開始。 行政区分 [ ] 日本ではの一部として東京都小笠原村に属し、住所は郵便番号「100-2100」、東京都小笠原村沖ノ鳥島 1番地(北小島)および、2番地(東小島)となっているが、のための一覧には掲載されていない。 1987年10月に東京都によって海岸保全区域に指定されたが、東京都だけでは保守費用を負担しきれないことから、1999年6月以降は、全額国費による直轄管理(所管は国土交通省)となっている。 2011年6月、一部が低潮線保全区域に指定されている。 過去に東京市にとともに所属していたという説があるが 、これは誤りである。 電話のは小笠原村の 04998だが、現状では無人島であることから加入者は存在していない。 地位に関する論争 [ ] 沖ノ鳥島が日本国の領土であり、その周囲に日本国の領海を持つことはどこの国からも異論が出ていない。 ただし下記のように、沖ノ鳥島周辺の(Exclusive Economic Zone、略称:EEZ)の存在について、日本国と(中国)、(台湾)および(韓国)、(北朝鮮)の間で主張が異なっている。 11月16日に発効した、国際海洋法の基礎となっている(国連海洋法条約)では、「島」と「岩」について以下のように定義されている。 第121条 第1項:島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。 第121条 第3項:人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。 日本国はこの第121条 1項の定義に従って沖ノ鳥島は「 」であるとし、「」(国連海洋法条約)発効に併せて制定した「」(8年法律第74号)によって、沖ノ鳥島を中心とする排他的経済水域を設定した。 しかし、沖ノ鳥島が同3項の「岩」にあてはまるとすれば、沖ノ鳥島は領海は有するものの、排他的経済水域や大陸棚を有しないということになる。 ダイクは同様の主張を繰り返し、その意見は2005年2月16日ので「日本の立場は、がにEEZの主張を諦めた、のの例に酷似している」「沖ノ鳥島のEEZをもっともらしく主張することはできない」として紹介されている。 こうした意見に対しては、「 岩」の定義が同条約上に存在しないことを根拠に、沖ノ鳥島の排他的経済水域を主張している。 2003年以降には、中華人民共和国および大韓民国の2か国が日本の主張に対する異議を申し立てるようになった。 両国は、沖ノ鳥島が日本の領土であることは認めるものの、それは国連海洋法条約第121条第1項の「島」ではなく、同条第3項の「岩」であり、沖ノ鳥島周辺に日本国が排他的経済水域を設定することはできないと主張している。 なお同条約には、島に関する以下のような条文も定められている。 沖ノ鳥島に設置された鉄製消波ブロックとコンクリート製護岸、チタン製防護ネットはこの条文に記された人工の「構築物」に該当する。 ただし、沖ノ鳥島の本体は自然に形成されたものであるため、この条文には該当しない。 第60条 第8項:人工島、施設及び構築物は、島の地位を有しない。 これらのものは、それ自体の領海を有せず、また、その存在は、領海、排他的経済水域又は大陸棚の境界画定に影響を及ぼすものではない。 サンフランシスコ平和条約の中での沖ノ鳥島 [ ] 日本がアメリカ合衆国やイギリスをはじめとする48か国と締結した条約第3条では、日本は「北緯二十九度以南の(及びを含む。 )、の南の南方諸島(、及びを含む。 )並びに 沖の鳥島及び」を、アメリカ合衆国を施政権者とするのの下に置くことを承認し、さらには国際連合がこの信託統治制度を可決するまでの間は、アメリカがこれらの島々に対する施政権を持つことを承認した。 実際にはアメリカは国際連合に対してこれらの島を信託統治する提案をしなかったため、沖ノ鳥島は小笠原諸島とともにアメリカの施政下に置かれたものの、領土主権は日本に残された。 1968年(昭和43年)に日本国とアメリカ合衆国が結んだが発効したことにより、小笠原諸島および沖ノ鳥島の施政権は日本に返還された。 中華人民共和国の主張 [ ]• 2001年(平成13年)ごろから、中華人民共和国のによる調査が沖ノ鳥島の排他的経済水域内で多く行われ、この件について日本は2004年(平成16年)に事務レベル協議で抗議した。 これに対し同年4月22日、中国側は、沖ノ鳥島は「島」ではなく「岩」であり、日本の領土とは認めるが、排他的経済水域は設定できないと主張。 2009年(平成21年)8月24日には国連大陸棚限界委員会において、沖ノ鳥島を「人の居住または経済的生活を維持できない岩」であると認定するよう意見書を提出した。 一方で、中華人民共和国はのの(赤瓜礁)の領有権を主張しており、その周囲に排他的経済水域を設定している。 しかし、ジョンソン南礁は沖ノ鳥島と同様、満潮時に水面上に出ている部分は小面積であるとされており、中国の主張はダブルスタンダードであるという批判がある。 中華民国の主張 [ ]• 2016年(平成28年)4月、の政権は、を設定できない岩との認識を示していたが、翌5月に発足した政権は、国会議員らとの対話後、5月23日に「法律上の特定の立場を取らない」として扱いを修正した。 2018年現在は地位が確定するまで漁業権を認めるよう主張している。 一方で、中国国民党や民主進歩党の一部の議員や、小政党のひとつである「」は、沖ノ鳥島は島ではなく「岩」であるとの立場を示している。 大韓民国の主張 [ ] サンフランシスコ平和条約においては沖ノ鳥島の存在について明記されており、ではサンフランシスコ平和条約の関係規定を想起し条約を締結することに決定と定められており、大韓民国も沖ノ鳥島が日本の領土であることは承認している。 しかし、同国は沖ノ鳥島は排他的経済水域を設定できない「岩」だと主張している。 朝鮮民主主義人民共和国の主張 [ ] 沖ノ鳥島は日本領土から数百キロも離れた太平洋の上に位置した岩であり、国連海洋法協約で規定された島の範疇に属してもおらず、自らの経済水域を持つことができないと主張している。 日本の対抗措置 [ ] 2005年1月31日、(当時)はで首相(当時)と会談、経済活動の実証のため、沖ノ鳥島周辺でのと表層水の温度差を利用する実験的発電所の建設計画や漁業活動の計画があると明らかにした。 沖ノ鳥島周辺は深海底からせり上がる地形のため、海洋温度差発電に適している。 2005年5月20日、石原都知事は沖ノ鳥島の視察を行い、周辺海域への稚魚を放流した。 同年6月17日には国土交通省が縦1メートル、横1. 5メートルのチタン製銘板を設置した。 「東京都小笠原村沖ノ鳥島一番地」「日本国最南端の島」のほか、沖ノ鳥島の緯度・経度が刻まれている。 2005年8月24日、海上保安庁は経済活動実証のため沖ノ鳥島に灯台を設置することを決定し 、2007年3月16日に、周辺海域を航行する船舶や操業漁船の安全と運航能率の増進を図ることを目的として「沖ノ鳥島灯台」を設置して運用開始した を参照)。 また、同灯台を海図に記載した。 2009年11月6日、環礁部分に船舶が接岸できるような港湾施設を建設する方針を決めたと報道され 、2013年に建設を開始した(を参照)。 中国の「『経済的生活の維持』ができない」とする主張に対抗する意図があるとされる。 2010年7月23日には「排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する基本計画」を閣議決定し 、沖ノ鳥島における特定離島港湾施設の建設に着手している。 国連大陸棚限界委員会への申請 [ ] 2008年11月12日、日本は大陸棚限界委員会( Commission on the Limits of the Continental Shelf、略称: CLCS)に対して、沖ノ鳥島を基点とする海域を含む7つの海域を「大陸棚の延長」として申請を提出した。 その申請に対してアメリカ合衆国、中国、韓国およびパラオがそれぞれ、自国の見解を示す文書を提出している。 米国とパラオは日本に異議を唱えなかったが、中国と韓国は「沖ノ鳥島は、島に該当せず岩に当たる」という抗弁を2009年2月に提出した。 2011年8月に開催された第28回大陸棚限界委員会において中国と韓国は改めて異議を提出し、委員会の議論は紛糾して日本に対する勧告案は採決されず、継続審議となった。 その後、沖ノ鳥島事案は審査 ののち、2012年4月27日に島北側の海域は認められたが、南側(九州パラオ海嶺南部海域)は結論が先送りにされた。 南側に関しては大陸棚限界委員会の勧告(20項)によると「口上書に言及された事項が解決される時まで、CLCSとしては勧告を出すための行動をとる立場にない」とされた。 口上書とは中国と韓国による異議のことで、採択には委員の3分の2位以上の賛成が必要だが、結果は賛成5、反対8、棄権3で日本に必要な支持を得られなかった。 浸食防止策 [ ] コンクリートの護岸に生じた割れ目を補修している様子(2010年3月撮影) 沖ノ鳥島にある2つの小島が風化や海食などで浸食され、満潮時に海面下に隠れてしまうと、定義上の「島」と認められなくなり、その場合、日本の国土面積(約38万平方キロメートル)を上回る排他的経済水域が失われてしまうため、1987年から「災害復旧工事」として2つの島の周りに製によるを設置し、内部に直径50メートルのコンクリート製護岸を設置した。 ところが、護岸コンクリートの破片が東小島を傷つけるという事故が起こったため、東小島の上は製の防護ネットで覆っている。 これらの工事費用は約285億円かかった。 自然による造成策 [ ] 地球温暖化にともなうにより、島そのものが将来水面下に没することが予想されている。 そこで、自然の力により島を高くしようとの構想がある。 具体的には、島の周囲の珊瑚礁を活性化して大規模な珊瑚礁を生成させる。 これが砕けて砂となり堆積や波による集積を行うことにより、自然の力により島の高さを上げてしまうという構想である。 この構想の調査のために、は実施期間を2006年度から2年間とする「生育環境が厳しい条件下における増養殖技術開発調査事業」を創設、業務取りまとめ機関として「サンゴ増養殖技術検討委員会」を設置し、初年度に3億円のを充てている。 有人島化計画 [ ] 2010年、政権下において国土交通省が750億円を投じ、沖ノ鳥島の西側に設備、、、などを建設し、やが可能な活動拠点を作ることを決定した。 経済的な活動拠点が完成すれば、事実上の有人島となり「同島では経済的生活の維持ができない」とする島の地位に関する批判(前出の「」を参照)を退けることができることから、計画されたものである。 この計画に従って、2011年度に国土交通省が特定離島港湾の建設に着手した。 長さ160メートルの岸壁を作る工事で、130メートル級の大型海底調査船も停泊可能な岸壁となる。 港湾整備は2016年度に完成する予定。 国土交通省は「輸入頼みの資源を自前で開発する拠点。 経済的なにつながる」と説明している。 参考文献 [ ]• 外交防衛委員会調査室・加地良太「」 - 『立法と調査』321号(平成23年10月3日)、127 - 144頁、事務局企画調整室 脚注 [ ] []• 一等『沖ノ鳥島』の座標。 2014年7月13日閲覧。 「」 Ref. C12070389200 『 別紙 沖ノ鳥島北露岩側面略圖』• 2014年7月13日閲覧。 1月23日付で三等三角点「北露岩」から名称変更された。 2002年1月23日付けで一等三角点「東露岩」から名称変更された。 、株式会社アロイ• 「」 Ref. C12070389200 『軍務二機密第五九九號ノ三 昭和十五年七月十九日 海軍省軍務局長 關係廰長殿 沖ノ鳥島假燈標ノ件通知 目下中央氣象臺ニ於テ沖ノ鳥島ニ氣象観測所建設工事中ノトコロ同臺ヲシテ今年度同工事終了後 七月下旬 ヨリ昭和十五年十月下旬迄同島北露岩頂ニ別紙略圖ノ如キ假燈標ヲ殘置セシムルコトニ取計置候ニ付了知相成度 追テ右燈標ハ勿論無看守ナルニ付消燈其ノ他故障ヲ發見セル場合ハ機ヲ失セズ當方ニ通報ノコトニ取計相成度 別紙添 』• 、海上保安庁• 、国土地理院、2006年3月23日• 2014年7月13日閲覧。 「」 Ref. B02031163800• 週刊BEACON、株式会社. 2013年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2008年11月4日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 、内宮運輸機工• 経済水域保全の新法成立 沖ノ鳥島、南鳥島を想定 産経新聞、2010年5月26日• 、日本経済新聞、2012年4月28日• - 、2012年4月28日• 朝日新聞 2014年3月30日• NHK NEWS WEB. 2014年4月3日. の2014年4月13日時点におけるアーカイブ。 2014年4月13日閲覧。 - 2014年4月22日• Jcastニュース - 2014年9月閲覧• 須田皖次「沖の鳥島夢物語」• 2019年1月15日閲覧。 , January 21, 1988• 沖ノ鳥島補強しても経済水域保てない/米学者が主張、読売新聞、1988年1月22日附夕刊 2面• "A Reef or a Rock? Question Puts Japan In a Hard Place To Claim Disputed Waters, Charity Tries to Find Use For Okinotori Shima". , February 16, 2005• 中国の主張正当と米専門家 沖ノ鳥島問題で米紙、、• 、、1999年4月16日• 、ニュース、2009年11月10日• 朝日新聞 2016年5月23日• 時事通信 2016年5月23日• 読売新聞 2016年5月24日• 2019年1月15日閲覧。 フォーカス台湾. 2016年5月24日. 2016年5月24日閲覧。 [日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 ]• 、47NEWS、2005年6月20日• 、2005年8月26日• 沖ノ鳥島に「港」建設へ 中国の「岩」主張に対抗、産経新聞、2009年11月6日• 、首相官邸• 、海洋政策研究財団• 、朝日新聞、2012年4月28日• 、2012年8月20日• 、一般社団法人• 、国土交通省 関東地方整備局 東京港湾事務所• 、朝日新聞、2013年3月21日• 、、2013年3月22日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 西部のに浮かぶ海食柱。 イギリスの領土でありかつてEEZの設定を試みたが周辺国の反対にあい諦めた。 - との間 にあるの無人島。 (黄岩島) - の無人島で、と、が領有を主張している。 2015年に中国が一方的に埋め立てた。 - 時においても海面下に没しており、島の定義に当てはまらないが、は「韓国のEEZ内にある海中暗礁」と主張している。 外部リンク [ ] - - -.

次の

中国は南鳥島の領土を主張していますが監視船が南鳥島に現れますか?

南 鳥島

南鳥島気象観測所 南鳥島気象観測所では• 地上気象観測• 高層気象観測• 大気バックグランド汚染観測• 日射放射観測• 遠地津波観測 などの観測を行っています。 観測所での業務を運営するため、本土から2~3ヶ月交替で職員を派遣しています。 南鳥島案内 南鳥島は東京より南東へ約1860km、珊瑚礁でできた小さな島です。 北緯24度17分、東経153度59分に位置するこの島は日本の最東端として知られています。 島はほぼ正三角形に近い形で、その一辺の長さはおよそ2km、標高は最高地点でも約9mほどしかありません。 島に常駐しているのは、気象庁職員と海上自衛隊南鳥島航空派遣隊及び関東地方整備局特定離島港湾事務所南鳥島港湾保全管理所です。

次の

中ノ鳥島

南 鳥島

南鳥島について 南鳥島について ・ ・ ・ ・ ・ はじめに 皆さんは日本の最東端であり、最南東端である小さな島の名をご存じですか。 (アメリカ等では別名マーカスと呼ばれています。 ) 島の情報は一般的に少なく、伊豆諸島の鳥島、日本の最南端の沖ノ鳥島と間違えられることが多く、その 知名度は低く、一般の人々が立ち入ることが出来ないため、その存在もあまり知られていません。 しかし、台風時期には、新聞・ラジオの天気予報等で「南鳥島の南の台風・」と報道されると、南鳥島は何処 にあるの?、どんな島なんだろう?、とインターネットで検索される方が多く見られます。 実際にインターネットで「南鳥島」検索すると、数多くの関係するホームページを見つけることができます。 そんなホームページを見ていて、私が仕事で過去4回 1回の出張期間は3ヶ月間 島を訪れたときの経験、 島の情報、写真などを公開することで、少しでも皆さんの役に立てるのではないかと、ホームページを作成し ました。 位置 南鳥島は、東京から南東に約1950Kmの洋上、北緯24度17分、東経153度58分に位置し、東京都 小笠原村に所属しています。 また、あまり知られていませんが、経度は北海道の根室よりも東に位置し、日本の最東端にもなります。 詳しくは、太平洋地域が載っている地図で位置を確認して下さい。 歴史 1.発見時代 欧米で島の存在が話題に上がり始めたのは、1800年頃からである。 その頃は伝説的な存在であって、太 平洋の捕鯨船による2〜3の報告物にそれらしい物が見られるが、その位置や名称は非常に曖昧であった。 記録上はっきりしているのは、1864年にハワイの MISSION SHIP "MorningStar" Captain Gelett による訪 問で、「白い砂浜で、樹木と灌木が密生している」事を報じたものが初めてであった。 次いで1868年5月には 、Captain Kilton が "David Hoadley 号" で島を訪れ、「樹木と藪で覆われた低い 砂浜の島である」と抽象的に言及している。 次いで1880年には、フランスの軍艦 "Eclai-Ieu 号" の艦長 Folny が測量して、東経153度57分、北緯 24度30分と報告しているが、この2者が初めての科学的な発表であった。 また、 Weeks 島とも言われていたものも南鳥島の事である。 島の存在は、19世紀後半頃には欧米人の間でも相当知られるようになったが、絶海の小孤島である上に 上陸も容易でなかったため、長い間無人島として放置されていた。 日本人として南鳥島を訪れた記録は、1883年(明治16年)11月高知県人、信崎常太郎らが横浜のコンシ ロ会社のイギリス船 "エター号" に乗船して、上陸したのが始めてとされている。 なお不確実であるが、1879 年(明治12年)に静岡県人、斉藤清左衛門が、この島を発見または上陸したとも言われている。 (明治35年7 月26日東京新聞) 1889年(明治22年)には、米国帆船の船長 A. Rosehill は6月に島を発見、上陸し、無人島であることを知り 島の初めての発見者であると誤信し、椰子の樹に星条旗を掲げ、ホノルルに帰港後、同地駐在米国公使を経 て、米国国務省に発見の報告書と同時に、同島のGuano採取権を要請した。 しかし、それは公式の手続きとし て取り扱われず、国務省の記録に留められたに過ぎず、13年間放置されていた。 2.日本民営時代 1896年(明治29年)に、水谷新六が南洋方面の開拓を志し、当時日本にも分りかけいてたマーカス島 および疑存島のグランパス島を探索する目的で、帆船天祐丸を仕立てて出帆したが、グランパス島は不明 で(この島は後に存在しないことが明らかになった。 )、多くの苦労の末、暴風雨に遭って南鳥島に同年12月 3日に漂着した。 彼は島に上陸し、事業開拓に有望な島であることを確認して、急ぎ帰国の上、12月28日には小笠原より 人夫23名を移住させる一方、日本政府に対して、北緯24度25分、東経152度35分の位置にあるとして 地図を附して、同島の借下げ方を願い出た。 このときの地図は日本人による、最初の実測図で、東京朝日 新聞明治35年7月29日に掲載された。 その後、前記の信崎は、小笠原および八丈島の人夫を移住させ、横浜の貿易商、上滝七五郎と共同して 信天翁の羽毛を採取して輸出したとも言われているが、不確実な点が多い。 しかし、上滝七五郎が南鳥島の 事業主として活躍したことは事実である。 次いで日本政府は同年12月6日附で10年間、同島を水谷新六に貸与する事にした。 しかし、水谷の南鳥島における事業は必ずしも順調とは言えず、明治33年9月には、前記上滝七五郎に 1年間事業を譲り、上滝は独自のアイデアで事業を振興して、一時は在島者は70名にもなった。 水谷は上滝との契約の切れるのをまって、上滝の企画力と水谷の実行力とを合わせることを考え、度々船 を出したが、島に達し得ず、非常な苦労の末、1902年5月に辛うじて、小笠原より49名を移住させること に成功し、事業も盛大となり、島の南側中央部に「水谷村」を作った。 この間において、前記 Rosehill はマーカス島の領有と運営の準備をし、1902年7月に米国政府より Guano採取の許可を得て、帆船 Julia E. Whalen 号を仕立て、同年7月11日にホノルルを出帆し、マーカス 島に向かった。 日本政府はこの報に接し、日本領の南鳥島水谷村に居る日本人と Rosehill との間に紛争が起こることを 恐れ、外務省電信課長石井菊次郎を軍艦笠置で急行させ、7月27日に到着したが Rosehill 一行は未着で あったため、海軍中尉秋元秀太郎と陸戦隊員16名を3ヶ月の食料を持たせ上陸させ、笠置は帰国した。 皮肉にも次の日の7月30日に Rosehill が来島し、秋元中尉等と小さなゴタゴタが生じたが、彼らも事情を 承諾して、島の調査の許可を得て、専門家が調査を行い米国に引き揚げた。 南鳥島で気象観測が始まったのは、昭和10年(1935)10月海軍水路部気象班による観測である。 3.戦後 昭和20年(1945) 9月 米国極東軍進駐、米軍の占領軍政下となる 昭和22年(1947) 台風・高潮により全ての米軍引き上げ、無人島となる 昭和26年(1951) 2月 米軍委託により中央気象台が観測開始 昭和38年(1963) 7月 ロランC局完成に伴い、米国気象局へ観測業務移管 昭和43年(1968) 6月 小笠原諸島の日本返還に伴い、気象庁が南鳥島気象観測所を設置し、米国 気象局より気象観測業務を引き継ぐ 昭和44年(1969) 6月 庁隊舎完成(気象庁、海上自衛隊との一体運営) 平成 5年(1993) 3月 大気バックグランド汚染観測所を設置し、観測開始 平成 8年(1996) 4月 遠地津波の観測開始 平成15年(2003) 3月 気象観測所新庁舎完成 平成18年(2006) 9月1日 台風12号による、一時全島避難 のため、気象観測業務を中止 平成18年(2006) 9月30日 気象観測再開 自然 南鳥島の自然は、戦前のリン鉱石の採取、太平洋戦争によるトーチカ等の造営、その後のアメリカ軍統治下 の飛行場の開設により、自然は破壊されました。 しかし、今はモンパが生い茂り、椰子の木の移植などにより 徐々に回復している。 また、島の周りには珊瑚礁があり、珊瑚礁の外ではカンパチ、サワラ、キハダマグロ等 の釣りが楽しめます。 島の様子は、写真集に掲載していますので、ご覧ください。 ・植物 椰子、パパイヤ、モンパ、ガジュマル、竜舌蘭等 ・海中 熱帯魚、ウツボ、鮫、エビ等 ・生物 アカオネッタイチョウ、アジサシ、小アホウドリ、アメリカシギ等 生活 1.島民 南鳥島には、仕事で出張している人以外は住むことが出来ません。 現在の在島者は、海上自衛隊、海上 保安庁、気象庁の職員、およびその関連工事の作業者です。 海上保安庁が来るまでは、アメリカの沿岸警備隊コーストガード(CG)の職員が13名ほどロランCを運用 するために在島していました。 その頃、コーストガードは日本時間より早い、ウェーク時間を使っていたため、 小さな島の中で時差が2時間存在していました。 2.生活水 南鳥島には川はなく、飲み水を含めて生活用水は天水を利用していました。 天水を集める方法としては、 滑走路に降った雨を集めて貯水槽に溜める方法と、建物の屋上に降った雨を集めて貯水槽に溜める方法 がありました。 毎年、4月から5月は渇水期で雨が降らないため、貯水槽の残りが少なくなったときには、シロップと言う地 下水を洗濯などに使用したこともありました。 しかし、このシロップが紅茶を薄めたような茶色の水で、白い Tシャツなどを洗濯すると大変なことになりました。 しかし、数年前に海水から真水を作る、淡水化装置が整備さ れたため、現在では水には苦労していないようです。 3.食料 南鳥島で採取できるものとしては、陸上ではパパイヤ、からし菜、椰子の実、海からは魚が取れるだけで 普段必要な食料は、毎週、神奈川県の綾瀬から飛来する海上自衛隊のYS-11で、食料を含む生活物資が 送られてきます。 また、気象庁の交代時には埼玉県の入間からC130またはC1により、生活物資が届きま す。 しかし、台風時期などには航空機が欠航になり、食料が不足した経験もありました。 また、補給船による 補給もあります。 4.給油 南鳥島で使用する車両の燃料、航空機に補給する燃料は、年に2回来るタンカーから補給されます。 島には港がないため沖合いに停泊し、フローティングホースと呼ばれるホースを伸ばして行われます。 作業は勤務者以外が総出で行われ、結構大変な作業でした。 5.補給船 航空機に搭載出来ない、水素ガスボンベ、プロパンガスボンベ、その他の物資は、年に2回来る補給船に より運ばれてきました。 給油でも書いたように、港がないので物資の陸揚げは、補給船から小さな船に乗せ代 えて行われます。 (この補給船に乗船して南鳥島にやってきたのが、作家の池澤夏樹さんです。 この時、私も 在島していましたが、作家とは知りませんでした。 詳しくは「南鳥島特別航路」に載っています。 ) 6.その他 昔は自衛隊、コーストガード、気象庁の間で、土日に優勝旗を賭けてソフトボールの試合をしていました。 グランドなどは無いため、エプロン 航空機の駐機所 で行っていましたが、アスハァルトのため滑り込みで怪 我をする人もいました。 休みの日は、のんびりと日光浴をする人、魚釣りをする人、マージャンで懇親を深める人、アマチュア無線等 島の外にはいけないので、それぞれ自分にあったものを探して時間をつぶしていました。 以上のように、国内では体験できない生活でした。 写真集 南鳥島で撮影した写真をスキャナで読み込んでを作成しました。 南鳥島の風景、天然記念物のアカオネッタイチョウなどの動植物、マーカス国際空港? に飛来した航空機、 機上から見た西之島新島等を掲載しています。 この他の写真も整理しながら公開していきます。

次の