ごま油 鍋 レシピ。 ブロッコリーとごま油を使った人気レシピ!副菜の作り置きに便利!

「そうめん+ごま油」は最強の組み合わせ!美味しいアレンジを4つご紹介 [みんなの投稿レシピ] All About

ごま油 鍋 レシピ

ごま豆乳鍋の具材 ごま豆乳鍋に必須の食材は 豆乳(無調整)と白すりごまの2つです。 具材は好みのものでOKですが、今回は 豚しゃぶ肉、鶏もも肉、白菜、水菜、にんじん、えのき茸、木綿豆腐、長ねぎ、椎茸を合わせました。 白菜はキャベツに置き換えても美味しいです。 また、白すりごまにプラスして、家にあれば白ねりごまを加えるとよいです。 スープのコクがアップします。 まず、野菜を切る前に、 土鍋に水800mlと昆布2枚を合わせておきます。 30分くらい水に浸けておくことで、昆布だしがスムーズに出るためです。 野菜は、ねぎは斜め切り、きのこ類は食べやすい大きさに、にんじんは少し食べ応えがある短冊切り(5~6㎜厚くらい)に切ります。 水菜はため水の中で土を洗い落してから、根元を切り落として4~5㎝長さに、白菜は3~4㎝幅に切ります。 豆腐も食べやすい大きさに切り分けておき、水洗いした水菜や白菜はざる上げして水気を切っておきます。 まず 白菜の茎の部分、ねぎ、にんじん、鶏もも肉を鍋に入れ、中火にかけます。 沸いたら火を弱め、きのこ類、豆腐、白菜の葉を入れ、蓋をして火を通します。 ただ、アクなどではないので、特にすくい取らず、ふきこぼれないような火加減にだけ調整し、火の通りやすい残りの具材に火を通してください。 水菜と豚しゃぶ肉以外の、すべての具材に火が通れば、最後にこの2つの食材を入れます。 水菜や豚肉はさっと沸いた鍋つゆの中で火を通していただきます。 好みで、お餅やうどんを入れて、最後の〆まで楽しんでください。

次の

話題の鍋レシピ「無限ごま油鍋」は簡単に作れる必食レベルのおいしさだった

ごま油 鍋 レシピ

作り方• 白菜は一口大に切ります。 ニンニクは薄切りにします。 フライパンに「かどや 純正ごま油濃口」を入れ中火で熱し、1のニンニクを入れ、香りが出るまで炒めます。 鍋に1の白菜を入れ、その上に豚バラ肉をのせます。 ビール、白だし、2を入れて蓋をします。 弱火で白菜がくたっとするまで煮ます。 お好みで小ねぎと白いりごまをちらし、ポン酢または塩を添えて完成です。 料理のコツ・ポイント ・今回は1人前用の土鍋(6号サイズ)を使用しています。 1人前用の土鍋がない場合は自宅にある小さな蓋つきのお鍋でも作れますよ。 ・初めて使う土鍋を使用する場合は付属の説明書に沿った目止めの処理を行ってからご使用ください。 ・土鍋は多量の油を使用すると油が染み込み、表面から滲み出て引火する恐れがあります。 手順2では必ずフライパンを使ってニンニクを加熱してください。 ・手順3では鍋が焦げ付かないように注意して加熱してください。 ・白だしは種類によって風味や味の濃さが異なるので、パッケージに記載されている分量を目安にし、お好みに合わせてご使用ください。 ・仕上げに「かどや 純正ごま油濃口」をかけて食べるとよりごま油の香ばしい香りがしておいしいですよ。 ・締めにはうどんと卵を入れて食べるのもおすすめです。 汁が少ない場合は水を足してからお作りくださいね。 ・こちらのレシピはビールを使用しております。 加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。 ・運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。

次の

「濃口」がガツンと香る!豚肉ダブル使いのごま油鍋

ごま油 鍋 レシピ

ごま豆乳鍋の具材 ごま豆乳鍋に必須の食材は 豆乳(無調整)と白すりごまの2つです。 具材は好みのものでOKですが、今回は 豚しゃぶ肉、鶏もも肉、白菜、水菜、にんじん、えのき茸、木綿豆腐、長ねぎ、椎茸を合わせました。 白菜はキャベツに置き換えても美味しいです。 また、白すりごまにプラスして、家にあれば白ねりごまを加えるとよいです。 スープのコクがアップします。 まず、野菜を切る前に、 土鍋に水800mlと昆布2枚を合わせておきます。 30分くらい水に浸けておくことで、昆布だしがスムーズに出るためです。 野菜は、ねぎは斜め切り、きのこ類は食べやすい大きさに、にんじんは少し食べ応えがある短冊切り(5~6㎜厚くらい)に切ります。 水菜はため水の中で土を洗い落してから、根元を切り落として4~5㎝長さに、白菜は3~4㎝幅に切ります。 豆腐も食べやすい大きさに切り分けておき、水洗いした水菜や白菜はざる上げして水気を切っておきます。 まず 白菜の茎の部分、ねぎ、にんじん、鶏もも肉を鍋に入れ、中火にかけます。 沸いたら火を弱め、きのこ類、豆腐、白菜の葉を入れ、蓋をして火を通します。 ただ、アクなどではないので、特にすくい取らず、ふきこぼれないような火加減にだけ調整し、火の通りやすい残りの具材に火を通してください。 水菜と豚しゃぶ肉以外の、すべての具材に火が通れば、最後にこの2つの食材を入れます。 水菜や豚肉はさっと沸いた鍋つゆの中で火を通していただきます。 好みで、お餅やうどんを入れて、最後の〆まで楽しんでください。

次の