近藤真彦 中森明菜。 過去に、近藤の母の遺骨盗まれる騒動も|ニフティニュース

近藤真彦と中森明菜の謎の緊急会見

近藤真彦 中森明菜

1989年12月31日に行われた中森明菜の謝罪会見は、会場に金屏風が用意され、当時、中森と付き合っていた近藤真彦が同席したことから、マスコミ各社は〝結婚報告会見〟と見ていた。 しかし、実際に行われたのは、中森が近藤の自宅で起こした自殺未遂の謝罪会見だったことから、ジャニーズ事務所が中森に嘘をついて、メディアの前に引きずり出した疑惑が持たれている。 「会見の真相についてはさまざまな憶測が流れましたが、偽装会見を画策したのはジャニーズ事務所のX氏といわれています。 当時、中森は近藤との結婚をエサに、近藤とそのマネジャーに1億円近い金を渡していました。 しかし、近藤と松田聖子とのアメリカでのキス写真が流失したことでショックを受け、近藤の自宅で自殺を図ったのです。 中森はその後、所属していた研音を辞め、X氏と個人事務所を設立しましたが、本格的に活動を再開する前にX氏は事務所を去ってしまい、ハシゴを外された中森は完全に芸能界で居場所を失ってしまったのです。 すべては中森を芸能界から〝干す〟計画だったといわれています」(芸能記者) 金屏風前の会見で、メリー喜多川氏から「近藤さんとは関係なかったと言いなさい」と指示された中森は、涙ながらに近藤との関係を否定。 近藤も白々しく中森の身体を心配する様子を見せたのだった。 失われた平成の歌姫 この会見の様子は今でも動画配信サイトなどで視聴することができるが、動画を見たネット民からは、 《マッチっていいおじさんだと思ってたけど最低だな!》 《こうやって昭和の歌姫が闇に葬られたのか》 《マッチじゃなくて滝沢がジャニーズの後継者に選ばれたのも分かるな。 本当に顔も見たくないわ》 《マッチの態度に虫酸が走る。 明菜ちゃん本当にかわいそう》 など、近藤に対する怒りの声は今でも消えることはないようだ。 「熱烈なジャニーズファンの中には近藤を擁護する声も根強くありますが、ネットで一瞬にして情報が拡散してしまう現代では、そのような声も下火になりつつあります。 あのような事件がなければ、中森は今でも一線で活躍する大歌手だったのは間違いありません。 本当に残念です」(同・記者) 事件の後、中森は事務所とレコード会社を転々とし、2010年から13年には芸能活動休止にまで追い込まれるが、14年、『第65回NHK紅白歌合戦』にサプライズゲストとして登場し、ファンを安堵させた。 しかし、往年の歌声を響かせることはできず、一転、ファンからは心配の声が上がった。 先日、中森はファンクラブ向けの会報でファンに当ててメッセージを送っている。 あたしは…あまり…そういうのには…心…動かないので…んん…なんとも…とぉっ!! いっても…なんだか…さみしいですぅ! 」 16年から2年連続で開催していたディナーショーは、昨年は行われることはなかった。 現在、中森がどこに住んでいて何をしているのか、一部の関係者以外、誰も知らないという。 中森の元気な姿を令和の時代に見たいと、ファンは願っていることだろう。

次の

近藤真彦と中森明菜の間に隠された衝撃の真相がついに明らかに!?松田聖子との密会の驚きの真相とは!?

近藤真彦 中森明菜

あなたの記憶をくすぐる「懐かしい」から厳選した記事をお届けします。 今回のテーマは、「中森明菜と近藤真彦の金屏風記者会見」。 30年前の大みそかにテレビ朝日の特番が急遽さしかえられて放送された伝説的な生中継と、そこに至るまでの経緯を振り返っていきます。 マッチのマンションで、血まみれの明菜が発見される 1989年7月11日の午後4時49分。 六本木の自宅に帰宅した近藤真彦(当時25歳)は、当時交際していた中森明菜(当時23歳)が浴室で血を流して倒れているのを発見し、119番通報をしました。 明菜の傷は、左肘内側に深さ2センチ、長さ8センチの神経に達するほどの重傷。 ただちに救急車で慈恵医大病院に運ばれ、6時間に及ぶ緊急手術が行われます。 幸い命に別状はありませんでしたが、明菜は2週間の入院生活を余儀なくされることに。 もちろん、当時人気絶頂だったアイドル同士に起こったスキャンダルとあって、マスコミは大騒ぎ。 明菜の姿をキャッチしようと、入院先の病院には連日、テレビの中継車や記者が殺到しました。 歌番組、バラエティ、雑誌などで幾度となく共演しており、その関係はもはや公然の秘密状態でした。 極めつきが、1985年1月公開の映画『愛・旅立ち』(東宝)。 親友を失い、生きる意味をなくした青年役のマッチと、不治の病に侵された少女役の明菜が運命的な恋に落ちるという同作は、当時、大きな話題を呼んだものです。 それにしても、なぜ明菜は自殺を図ったのでしょうか? 後述する金屏風会見にて明菜はその理由を「仕事上の人間関係」としていましたが、それ以外にもさまざまな原因が臆測として語られました。 まずは、マッチと明菜の結婚観の違い。 すぐにでも結婚したいと願っていた明菜と、結婚は30歳を過ぎてからと考えていたマッチの間には少なからず温度差が存在していたといいます。 もうひとつは、89年2月に雑誌「フライデー」(講談社)で報じられたマッチと松田聖子との密会報道が明菜にショックを与えたとも。 そして行われた大みそかの「金屏風会見」 謎が謎を呼ぶ自殺未遂事件から、約半年後の89年12月31日の午後10時、新高輪プリンスホテルで急きょ明菜の復帰会見が行われることになりました。 約200名を超える記者の前に現れた明菜は、トレードマークだったロングヘアをバッサリと切り落としたショートヘア姿で登場。 涙ながらに「皆さんにご迷惑をおかけし、そしてご心配をおかけしたことを本当に深くお詫び申し上げます……」と、か細い声で騒動について謝罪しました。 会見の途中からはマッチも同席。 その態度はどこか他人行儀で、しまいには「僕も歌手として10年を迎えるわけで、歌に、ドラマに、レースに、そして『NHK紅白歌合戦』に出れるように頑張っていきたいと思います」と自身の決意表明をする始末。 明菜との結婚に関しての質問に対しても「そういうことはまったくありません」とキッパリ否定していました。 こうした発言以上に物議を醸したのが、2人の背後にあった金屏風。 この連載では次回以降も皆さまの脳裏に「懐かしい」が蘇りそうな記事を提供して参ります。 「こんな記事は?」「あのネタは?」なんてお声も、お待ちしておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

次の

中森明菜の命運――今だから語れる近藤真彦との“本当の”関係と破局会見の真相|サイゾーpremium

近藤真彦 中森明菜

インターネットでついさっき見ました。 中森明菜の長めのウルフカットみたいな髪型から察して、 おそらく十戒がヒットした頃かな?? もしかしたらミ・アモーレの頃かも知れませんが。 マッチがとても若くてカワイイですね。 まだ半分少年みたいに見える。 中森明菜は役の通りの薄幸な印象をうまく演じているものの、 医師や看護婦にヒステリーを起こして激昂するシーン、 この時の声の激しさを聞く分には、 非常に長生きしそうな生命力に溢れ返っているように見えます 笑 昔、番組で、この明菜の激昂シーンをモノマネした高校生の素人の男の子がいましたが、 このちょっとオカマがかった男の子のモノマネが非常に上手でした。 ちょっと作品のレビューから脱線してますね。 なんていうのか、純粋に映画として批評すると、 芸術としての完成度はとても低めだと思います。 単にセンチメンタルなだけのストーリー。 あの世とかいう概念も盛り込んだりしていて、 ある意味でそれも面白いんですが、 これがかえってこの映画のチープさを増してるようにも思える。 この映画はマッチや明菜が全盛の時のいわゆるアイドル映画ですから、 松田聖子の映画もやはりそうだったように、 映画自体は大したことはありません。 こういうのはきっとマッチや中森明菜のファンだけが見て満足してればいいんです。 ちなみに霊界やあの世といえば昔は丹波さんでしたが、 その丹波哲郎がホームレス役で出演してます。 ホームレスですがあの世には詳しいホームレスのようです 笑 ちなみに個人的な感想を述べるなら、 中森明菜の演技はある種の真実味があると思います。 明菜は演技の時はちょっと大竹しのぶが入りますから。 自身の感情がもう役柄に憑依されています。 ライバルの松田聖子より演技は何枚も上手ですね。 ただ、とかく不幸な歌ばかり歌い、 その上にこの映画もラストは不幸な感じの終わり方で、 これだけ不幸色尽くしなのはちょっと残念な気がしてきますね。 実際のマッチとの終焉があんなだったのだから、 少なくとも映画だけはハッピーエンドにしといてあげたいもんです。 はっきり言って中森明菜ファンでもなければ、 見る価値もほとんど無いような映画と言えます 笑 しかしコアな明菜のファンにはきっと捨て難い映画でしょう。 なんだか誉めてるのか貶してるのかよく分かりません 笑 この映画は高校1年の時にマッチファンの子 に誘われて4人で見に行きました。 最後に映画館で 「カレーにシチュー餃子…なに…か…な…。 」って明菜ちゃん のセリフの後に号泣したのを覚えています。 映画次代はビデオも何回も観てコロッケさんの 「アップルタイザー」も観なれるほど観ましたが ストーリーは壮大に作ろうとしすぎたのかやや トンチンカンです。 見ごたえはマッチの初々しさと明菜ちゃんの演技と 可愛さです。 」って叫ぶ明菜ちゃんはマジ可愛いのです。 DVD化希望。。 LD版を入手して、20数年ぶりにみました。 この作品もDVD化されていないんですよね。 この作品は、名作になれた資質が十分備わっていると思うだけに とても惜しい作品だと思います。 監督が舛田利雄で、脚本が「零戦燃ゆ」の柳田邦男でしょ? なのに、なぜこんな怪しい展開の作品になったのか意味不明です。 やっぱりあの御仁の力がねじ込まれたんでしょうかね?? つかみは、中森明菜演じる、両親がいない中、定時制高校に通い健気に生きている、 捨てられたぬいぐるみを可愛そうと思って拾うような心優しい薄倖の少女・ユキ の病気発覚までのエピソードで、中々いい感じなんですよね。 中森明菜さん、薄倖の少女役がはまり役ですね。 ところが、ストーリーの大事な中核が、まさに『大霊界』状態 丹波さん〜もおって感じです。 でも、舞台が徳之島?に移ってからの終盤は、とってもいい感じです。 近藤真彦と中森明菜両名とも本当にハートフルないい演技をされています。 終盤は、観て損がない名シーンだと思いますよ。 ああっ、本当に惜しい幻の名作です。 でも、決して嫌いじゃない作品ですよ。

次の