伊東 旅館 ランキング。 伊豆の高級旅館ランキング|チョット贅沢に伊豆の高級旅館を満喫♪

伊東の温泉宿 人気旅館ランキング厳選10

伊東 旅館 ランキング

くつろぎ日和 伊東遊季亭 昭和3年開業の伝統ある温泉宿が、2008年に「くつろぎ日和 伊東遊季亭」としてリニューアルオープン。 春には桜の名所として有名な、松川の緑が溢れる静かな景観を背後に控えており、数々の文学碑を巡る松川遊歩道を散策しながら温泉情緒を満喫していただけるお宿です。 客室は、和室・洋室のコーナーツイン・和洋室のプレミアルーム・和モダンルームと4タイプあり、お客様の旅のスタイルやお好みに合わせて選ぶことができます。 どのお部屋も落ち着いた色調でまとめられ、ゆったりと寛げる雰囲気です。 ベッドは全てシモンズ社製、高級羽毛のデュベの掛布団を使用しており、心地よい眠りにつくことができます。 自慢のとろみがあるお湯が楽しめる大浴場は、ほんのりと香る檜に心癒される内湯と、あたかも洞窟のような雰囲気の露天の岩風呂があります。 どちらも汗の蒸発を防ぐ、保温効果が抜群の熱の湯と呼ばれる自家源泉を掛け流しにしており、朝晩で男女入れ替え制ですので、両方のお風呂を楽しんでいただくことができます。 また、無料で入れる貸切露天風呂も檜薫の湯と陶雅の湯の2つをご用意。 目の前に広がる情緒豊かな庭園を眺めながら、プライベートな空間でほっと一息つけば、日頃の疲れが溶けていきそうですね。 こちらの貸切風呂は予約制ですので、是非予約して自慢のお湯を独り占めしてくださいね。 お食事は、全室個室のプライベートダイニングで、料理長自慢の創作懐石料理をいただきます。 長年関西で京懐石を手がけてきた料理長が、旬の地元の食材にこだわったバラエティー豊かなお料理の数々は、色彩が豊かで舌だけでなく目でも楽しんでいただけます。 地元の銘酒や厳選したワインも揃っていますので、旅の話に花が咲きそうですね。 LUXURY和HOTEL 風の薫 相模灘に面した「LUXURY和HOTEL 風の薫」は、全室オーシャンビューで角部屋、パノラマの絶景を見渡せる客室露天風呂が付いたラグジュアリーな和風温泉ホテルです。 晴れた日には、遠く水平線に浮かぶ初島や房総半島が一望できますので、時間とともに移り変わる海や空の様々な表情をお楽しみいただけます。 全19室の客室は、全て和洋室のスイートルームになっており、60平米を超える広々とした空間が確保されています。 マッサージチェアで疲れをほぐしたり、琉球畳で足を伸ばして寛いだりと、お客様にリラックスしていただきたいという気持ちが随所に感じられます。 シモンズ社製のベッドマットも快適な眠りを約束してくれそうです。 バルコニーに設置された眺望抜群の温泉露天風呂は、もちろん24時間入浴可能。 夜には満天の星空を眺めながら湯に浸かれば、空と海を独り占めした気分を味わえます。 このほかにも、部屋ごとに檜の内湯、屋上には無料で利用できる展望温泉貸切寝湯がありますので、ご家族やカップル、お友達と、誰にも気兼ねすることなく温泉を満喫できます。 お食事は、伊豆の新鮮な食材を堪能できる、四季を感じる会席料理をいただきます。 お食事処は、海の表情を間近に感じられる2階のレストラン&バーと、相模灘を一望できる最上階の和風レストランがあり、どちらも絶好のロケーション!5種類の食前酒から始まり最後のデザートまで、料理長が吟味した地元の食材を余すところなく味わうことができます。 滞在中は、ゆったりとしたソファがうれしいラウンジでコーヒーを無料でいただくことができます。 この他にも、地上30mで潮風を感じながら相模灘を見渡せる空中庭園や、海を眺めながら足湯に疲れる足湯バー、お2人での施術も可能なエステルームなど、思い思いの上質な時間を過ごせる仕掛けが盛りだくさんです。 伊東 緑涌 「伊東 緑涌」は、伊豆に数ある温泉地の中でも、湯量が豊富なことで知られる伊東のお湯を存分に満喫できる1日7組限定のお宿です。 2016年の3月にリニューアルされ、昭和の趣が漂い、心安らぐ寛ぎの空間に生まれ変わっています。 伊豆七島の名を冠した客室はすべて間取りが異なりますので、また次回は別のお部屋に泊まりたい…とリピートしてしまいそうですね。 全てのお部屋は、内湯と源泉掛け流しの露天風呂付き。 緑が美しい庭園を眺めながら静寂な時間の流れを感じると、都会の喧噪を忘れてプライベート空間を満喫できます。 露天風呂には屋根がなくとても開放的な造りになっていますので、夜には星空を眺めながらの湯浴みもお楽しみいただけます。 お食事は、腕利きの料理人が四季折々の食材を丁寧に料理した伊豆の海の幸をメインに、お部屋でゆっくりといただきます。 伊東で水揚げされた朝獲れ魚介の活造りや、地元の漁師に味付けを教わった金目鯛の煮付けが人気ですので、一品一品の素材の味を生かした料理に舌鼓を打つ、至福の時間を堪能しましょう。 ロビーには、けやきの1枚板を使用した巨大なテーブルとソファー席が並べられ、宿に入った瞬間から、和の趣ある寛げる空間が広がります。 ソファーでウエルカムドリンクをいただきながらチェックインすれば、リラックスタイムの始まりです。 かわいい色浴衣と下駄に着替えたら、大切な方を非日常の贅沢な時間をお過ごしください。 温泉で温まった後は、心身ともに癒されるアロマテラピーエステはいかがでしょうか。 こちらのお宿は、エステティシャンにお部屋で施術してもらえるので、エステルームまで出かけていく必要がないのがうれしいですね。 施術後も人目を気にせずお部屋でそのまま寛げるなんて本当に贅沢ですよね。 オーベルジュ 花季 伊東温泉の市街地から少し離れた松川沿いにある「オーベルジュ 花季」は、オーナーの女性シェフが腕を振るう、1日2組限定の隠れ家のような小さなオーベルジュです。 和と洋が融合するジャパニーズ・モダンな空間で、心の芯からほっこりと安らぐひとときを過ごしていただけます。 渓流と季節ごとに表情を変える伊豆の山々の景色が見渡せるお部屋は、落ち着いたしつらえの広々とした和室。 畳の上でのんびりと足を伸ばしていただけます。 天然温泉の古代檜の内風呂が備えられていますので、24時間いつでも何度でも、湯量豊富な伊東のお湯を楽しむことができます。 新感覚の創作懐石料理は、へりの無い琉球畳と漆喰の壁、明治時代の和ダンスなどが置かれた、モダンな雰囲気の個室ダイニングでいただきます。 シンプルなインテリアに季節の草花がの彩りが添えられた空間は、より一層お食事を引き立てるために華美な装飾がわざと控えられています。 お食事に自信があることが感じられますね。 丁寧にだしをとりしっかりと下ごしらえをする。 手間を惜しまないおばあちゃんの味をベースに生み出されたお料理の数々は、彩りが豊かで斬新な素材の組み合わせが光ります。 自由な発想で選んだ器や繊細なあしらいにも遊び心が溢れており、先付からデザートまでワクワクしながらお食事を楽しんでいただけます。 鯛の子と真丈のお椀や金目鯛の和風カルパッチョなど、地元の新鮮なお魚とともにこちらで食していただきたいのが、おばあちゃんの胡麻豆腐です。 胡麻と吉野葛だけを使った創業当時からの変わらぬ味で、クリームのようなしっとりなめらかな食感と濃厚な風味が自慢の逸品です。 贈り物にも喜ばれますよ。 伊東遊季亭 川奈別邸 「伊東遊季亭 川奈別邸」は、相模灘の絶景を見下ろす川奈の丘に、ひっそりと佇む離れ5室のみの温泉宿です。 竹林から続く長い黒塀、箱庭を配した渡り廊下を歩いて離れへと進むと、これから待っている非日常の世界への期待が否が応でも高まってきます。 客室には、檜の内風呂、伊豆の景色と海を見渡せるデッキに、それぞれ趣の異なる露天風呂が備えられています。 漆喰の質感を残した民芸調のお部屋は、どこか懐かしい雰囲気でほっこりと安らげますね。 ベッドはシモンズ社製を採用しており、加湿器や空気清浄機が置かれている心配りもうれしいポイントです。 さらに、特別室2部屋には、内風呂、デッキテラスの露天風呂に加えて、広々とした庭園露天風呂まで!3つのお風呂を贅沢にお楽しみいただけます。 星を眺めながら、深い眠りから覚めたらまずは朝日を浴びながら、いつでも好きなときに心ゆくまで温泉を満喫していただけます。 夕食は、完全個室のプライベートダイニングで創作懐石料理をいただきます。 旬の食材、地元ならではの素材にこだわった料理の数々は、四季を感じられる彩りが随所に溢れ、料理長のおもてなしの心が感じられます。 伊勢エビの具足煮や蒸しアワビ、金目鯛のしゃぶしゃぶに川奈流のステーキなど、贅沢な美食の数々を堪能してくださいね。

次の

伊東温泉人気の宿ランキングトップ10!今注目のホテル&旅館!

伊東 旅館 ランキング

くつろぎ日和 伊東遊季亭 昭和3年開業の伝統ある温泉宿が、2008年に「くつろぎ日和 伊東遊季亭」としてリニューアルオープン。 春には桜の名所として有名な、松川の緑が溢れる静かな景観を背後に控えており、数々の文学碑を巡る松川遊歩道を散策しながら温泉情緒を満喫していただけるお宿です。 客室は、和室・洋室のコーナーツイン・和洋室のプレミアルーム・和モダンルームと4タイプあり、お客様の旅のスタイルやお好みに合わせて選ぶことができます。 どのお部屋も落ち着いた色調でまとめられ、ゆったりと寛げる雰囲気です。 ベッドは全てシモンズ社製、高級羽毛のデュベの掛布団を使用しており、心地よい眠りにつくことができます。 自慢のとろみがあるお湯が楽しめる大浴場は、ほんのりと香る檜に心癒される内湯と、あたかも洞窟のような雰囲気の露天の岩風呂があります。 どちらも汗の蒸発を防ぐ、保温効果が抜群の熱の湯と呼ばれる自家源泉を掛け流しにしており、朝晩で男女入れ替え制ですので、両方のお風呂を楽しんでいただくことができます。 また、無料で入れる貸切露天風呂も檜薫の湯と陶雅の湯の2つをご用意。 目の前に広がる情緒豊かな庭園を眺めながら、プライベートな空間でほっと一息つけば、日頃の疲れが溶けていきそうですね。 こちらの貸切風呂は予約制ですので、是非予約して自慢のお湯を独り占めしてくださいね。 お食事は、全室個室のプライベートダイニングで、料理長自慢の創作懐石料理をいただきます。 長年関西で京懐石を手がけてきた料理長が、旬の地元の食材にこだわったバラエティー豊かなお料理の数々は、色彩が豊かで舌だけでなく目でも楽しんでいただけます。 地元の銘酒や厳選したワインも揃っていますので、旅の話に花が咲きそうですね。 LUXURY和HOTEL 風の薫 相模灘に面した「LUXURY和HOTEL 風の薫」は、全室オーシャンビューで角部屋、パノラマの絶景を見渡せる客室露天風呂が付いたラグジュアリーな和風温泉ホテルです。 晴れた日には、遠く水平線に浮かぶ初島や房総半島が一望できますので、時間とともに移り変わる海や空の様々な表情をお楽しみいただけます。 全19室の客室は、全て和洋室のスイートルームになっており、60平米を超える広々とした空間が確保されています。 マッサージチェアで疲れをほぐしたり、琉球畳で足を伸ばして寛いだりと、お客様にリラックスしていただきたいという気持ちが随所に感じられます。 シモンズ社製のベッドマットも快適な眠りを約束してくれそうです。 バルコニーに設置された眺望抜群の温泉露天風呂は、もちろん24時間入浴可能。 夜には満天の星空を眺めながら湯に浸かれば、空と海を独り占めした気分を味わえます。 このほかにも、部屋ごとに檜の内湯、屋上には無料で利用できる展望温泉貸切寝湯がありますので、ご家族やカップル、お友達と、誰にも気兼ねすることなく温泉を満喫できます。 お食事は、伊豆の新鮮な食材を堪能できる、四季を感じる会席料理をいただきます。 お食事処は、海の表情を間近に感じられる2階のレストラン&バーと、相模灘を一望できる最上階の和風レストランがあり、どちらも絶好のロケーション!5種類の食前酒から始まり最後のデザートまで、料理長が吟味した地元の食材を余すところなく味わうことができます。 滞在中は、ゆったりとしたソファがうれしいラウンジでコーヒーを無料でいただくことができます。 この他にも、地上30mで潮風を感じながら相模灘を見渡せる空中庭園や、海を眺めながら足湯に疲れる足湯バー、お2人での施術も可能なエステルームなど、思い思いの上質な時間を過ごせる仕掛けが盛りだくさんです。 伊東 緑涌 「伊東 緑涌」は、伊豆に数ある温泉地の中でも、湯量が豊富なことで知られる伊東のお湯を存分に満喫できる1日7組限定のお宿です。 2016年の3月にリニューアルされ、昭和の趣が漂い、心安らぐ寛ぎの空間に生まれ変わっています。 伊豆七島の名を冠した客室はすべて間取りが異なりますので、また次回は別のお部屋に泊まりたい…とリピートしてしまいそうですね。 全てのお部屋は、内湯と源泉掛け流しの露天風呂付き。 緑が美しい庭園を眺めながら静寂な時間の流れを感じると、都会の喧噪を忘れてプライベート空間を満喫できます。 露天風呂には屋根がなくとても開放的な造りになっていますので、夜には星空を眺めながらの湯浴みもお楽しみいただけます。 お食事は、腕利きの料理人が四季折々の食材を丁寧に料理した伊豆の海の幸をメインに、お部屋でゆっくりといただきます。 伊東で水揚げされた朝獲れ魚介の活造りや、地元の漁師に味付けを教わった金目鯛の煮付けが人気ですので、一品一品の素材の味を生かした料理に舌鼓を打つ、至福の時間を堪能しましょう。 ロビーには、けやきの1枚板を使用した巨大なテーブルとソファー席が並べられ、宿に入った瞬間から、和の趣ある寛げる空間が広がります。 ソファーでウエルカムドリンクをいただきながらチェックインすれば、リラックスタイムの始まりです。 かわいい色浴衣と下駄に着替えたら、大切な方を非日常の贅沢な時間をお過ごしください。 温泉で温まった後は、心身ともに癒されるアロマテラピーエステはいかがでしょうか。 こちらのお宿は、エステティシャンにお部屋で施術してもらえるので、エステルームまで出かけていく必要がないのがうれしいですね。 施術後も人目を気にせずお部屋でそのまま寛げるなんて本当に贅沢ですよね。 オーベルジュ 花季 伊東温泉の市街地から少し離れた松川沿いにある「オーベルジュ 花季」は、オーナーの女性シェフが腕を振るう、1日2組限定の隠れ家のような小さなオーベルジュです。 和と洋が融合するジャパニーズ・モダンな空間で、心の芯からほっこりと安らぐひとときを過ごしていただけます。 渓流と季節ごとに表情を変える伊豆の山々の景色が見渡せるお部屋は、落ち着いたしつらえの広々とした和室。 畳の上でのんびりと足を伸ばしていただけます。 天然温泉の古代檜の内風呂が備えられていますので、24時間いつでも何度でも、湯量豊富な伊東のお湯を楽しむことができます。 新感覚の創作懐石料理は、へりの無い琉球畳と漆喰の壁、明治時代の和ダンスなどが置かれた、モダンな雰囲気の個室ダイニングでいただきます。 シンプルなインテリアに季節の草花がの彩りが添えられた空間は、より一層お食事を引き立てるために華美な装飾がわざと控えられています。 お食事に自信があることが感じられますね。 丁寧にだしをとりしっかりと下ごしらえをする。 手間を惜しまないおばあちゃんの味をベースに生み出されたお料理の数々は、彩りが豊かで斬新な素材の組み合わせが光ります。 自由な発想で選んだ器や繊細なあしらいにも遊び心が溢れており、先付からデザートまでワクワクしながらお食事を楽しんでいただけます。 鯛の子と真丈のお椀や金目鯛の和風カルパッチョなど、地元の新鮮なお魚とともにこちらで食していただきたいのが、おばあちゃんの胡麻豆腐です。 胡麻と吉野葛だけを使った創業当時からの変わらぬ味で、クリームのようなしっとりなめらかな食感と濃厚な風味が自慢の逸品です。 贈り物にも喜ばれますよ。 伊東遊季亭 川奈別邸 「伊東遊季亭 川奈別邸」は、相模灘の絶景を見下ろす川奈の丘に、ひっそりと佇む離れ5室のみの温泉宿です。 竹林から続く長い黒塀、箱庭を配した渡り廊下を歩いて離れへと進むと、これから待っている非日常の世界への期待が否が応でも高まってきます。 客室には、檜の内風呂、伊豆の景色と海を見渡せるデッキに、それぞれ趣の異なる露天風呂が備えられています。 漆喰の質感を残した民芸調のお部屋は、どこか懐かしい雰囲気でほっこりと安らげますね。 ベッドはシモンズ社製を採用しており、加湿器や空気清浄機が置かれている心配りもうれしいポイントです。 さらに、特別室2部屋には、内風呂、デッキテラスの露天風呂に加えて、広々とした庭園露天風呂まで!3つのお風呂を贅沢にお楽しみいただけます。 星を眺めながら、深い眠りから覚めたらまずは朝日を浴びながら、いつでも好きなときに心ゆくまで温泉を満喫していただけます。 夕食は、完全個室のプライベートダイニングで創作懐石料理をいただきます。 旬の食材、地元ならではの素材にこだわった料理の数々は、四季を感じられる彩りが随所に溢れ、料理長のおもてなしの心が感じられます。 伊勢エビの具足煮や蒸しアワビ、金目鯛のしゃぶしゃぶに川奈流のステーキなど、贅沢な美食の数々を堪能してくださいね。

次の

伊豆温泉の一度は泊まりたいおすすめ高級旅館ランキングTOP5【最新版】

伊東 旅館 ランキング

桂川沿いに温泉旅館が建ち並び、"小京都"と呼ばれ最も伊豆らしい温泉情緒たっぷりの温泉地となっているのが 修善寺温泉だ。 伊豆を代表する温泉地であり、中でも「」「」は、旅のプロ達が選ぶ観光経済新聞の『小規模旅館10選』にて、過去に全国2位・3位に輝くほどで、「」とともに"御三家"と言われる名旅館だ。 また古くから文豪に愛されてきた、渓流沿いに広がる 湯ヶ島温泉もまた趣のある宿が多く、「」「」「」などがその代表格だ。 この他、 嵯峨沢温泉の「」や、 吉奈温泉の「」も、常宿にしている著名人が多い老舗旅館である。 一方、日本で数少ない芸鼓学校があり、昔から団体客で賑わうのが、世界遺産であるに程近い 伊豆長岡温泉で、今もその伝統は変わらず息づいている。 熱海とともに、伊豆では数少ない昔懐かしい歓楽街の名残を感じる温泉地だ。 西伊豆エリア 西伊豆を代表する温泉地と言えば、「」や「」を抱える 堂ヶ島温泉だ。 駿河湾に沈む夕陽と堂ヶ島の奇勝が楽しめる絶景の宿だが、同じ堂ヶ島でも「」のような穴場の宿も人気が高い。 同じように夕陽が美しい「」がある 土肥温泉や、海上に浮かぶ富士山の絶景が楽しめる「」がある 戸田温泉も人気の高い温泉地だ。 一方、アットホームな雰囲気と、期待を越える鮮度抜群の海の幸でもてなしてくれる、漁師が営む民宿も人気が高く、その代表格が「」がある 雲見温泉だ。 家族連れを中心にリピーターも多く、特に夏の海水浴シーズンは最高だ! そして泉質にこだわる方におすすめなのが、「」のある 桜田温泉。 もともと近くの 大沢温泉とともに泉質自慢の宿であったが、ここにきて温泉旅館としての評価もうなぎのぼりのようだ。 東伊豆エリア 伊豆の東海岸の温泉地と言うと、 熱海温泉や 伊東温泉のようなビーチリゾートとしてのホテル中心の温泉地のイメージが強いが、古くから文人墨客に愛された 湯河原温泉をはじめ、「」のある 城ヶ崎温泉や、「」や「」がある 川奈温泉、「」のある 浮山温泉など、隠れ家的な離れのある温泉旅館も数多く存在する。 都会の喧噪を忘れ、ゆっくりとしたくつろぎの空間で時を過ごすには最適であり、記念日やお忍びで利用する宿泊客も少なくない。 一方、毎年『プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選』にランクインする「」や「」がある 稲取温泉をはじめ、 熱川温泉・ 北川温泉などがある東伊豆町の温泉地は、おもてなしや料理自慢の宿が多い。 隠れ家とはまた違った至福のひとときが、ここでは味わえる。 南伊豆エリア 南国ムードが漂う南伊豆の温泉地。 ここでの人気の中心は、やはり伊豆急下田駅からのアクセスの良さや周囲に観光地が目白押しの 下田温泉だ。 中でも他には無い上質な自家源泉が魅力の「」が人気のようだ。 また 湯ヶ野温泉や 峰温泉などの河津町の温泉地も、地味ながら昔ながらのホッとする温泉宿として、年配客を中心にがウケているようだ。 一方、温泉ツウに人気なのが、眼前に伊豆三大美浜が広がる「」のある 弓ヶ浜温泉と、「」のある 大滝温泉、そして近年pH9. 5強で超軟水という、そのズバ抜けた泉質の魅力から爆発的な人気となっている「」だ。 観音温泉の評価は年々うなぎのぼりで、泉質にうるさい温泉マニアをも黙らせる特筆ものの温泉だ。

次の