作業用 レインウェア。 作業用レインウェア ランキングTOP20

作業用レインウェア ランキングTOP20

作業用 レインウェア

このページの目次• 作業用合羽選びのポイント まずは、作業用合羽を選ぶときには、どういった点に注意して選べばよいか、について、ご紹介します。 合羽を着て仕事をしたことがある方なら、すでにご存知なことも多いでしょうが、あらためて知っておくと、失敗しない合羽選びに繋がります。 雨が当たっても水をはじいて濡れないことです。 合羽の濡れにくさは、耐水圧という数値で確認することができるようになっていて、 耐水圧の数値が高いものほど、防水性が高く、雨に強い合羽であるということが分かります。 耐水圧の目安は、以下の通り。 耐水圧の目安• 20,000mm:嵐でも水が染み込まないレベル• 10,000mm:大雨でも水が染み込まないレベル• 2,000mm:中雨なら水が染み込まないレベル• 300mm:小雨なら水が染み込まないレベル 長時間、外で作業することを考えると、作業用合羽の耐水圧としては、 10,000mm以上を目安にすると良いでしょう。 いくら防水性が高くても、中の湿気が一切外に出なければ、すぐに蒸れてしまい、不快でたまりません。 合羽の蒸れにくさは、 透湿性という数字で確認することができるようになっていて、透湿性の数値が高いものほど、中の湿気を外に多く出してくれる、蒸れにくい合羽であるということが分かります。 商品によっては、透湿性を公開していないものもありますが、透湿性の目安は、以下の通りです。 透湿性(24時間で外に出す水分の量)の目安• 5,000g:まあまあ蒸れにくい合羽• 8,000g:蒸れにくい合羽• 10,000g:かなり蒸れにくい合羽• 15,000g以上:すごく蒸れにくく快適な合羽 合羽を着ていても、蒸れずに快適に作業することができるかどうかは、透湿性がカギです。 雨の中、長時間着続けることも考えられる作業用合羽は、なるべく 透湿性の高いものを選ぶのが良いでしょう。 擦れたり、何かに引っかかっただけで、簡単に破れてしまったりする耐久性の低い合羽では、現場では役に立ちません。 生地自体の耐久性もそうですし、よりハードな使い方をされる場合には、肩や肘、膝など、よく擦れる部分が、補強されている合羽を選ぶのが良いでしょう。 作業用合羽は、基本的には、作業服や作業ズボンの上から着るものですので、サイズやシルエットはある程度ゆとりのあるデザインのものが主流ですが、中には、 ストレッチ性があり、スッキリとしたシルエットのものもあります。 動きやすさとともに、見た目やデザインにもこだわりたいという方は、そういったストレッチ性のある作業用合羽を選ぶと良いでしょう。 反射材は1箇所だけではなく、前面、背面、腕、足などに大きく配置され、360度どの方向からでも反射して、暗闇で見てもすぐに分かるようなものが理想です。 これまで紹介してきた、防水性や透湿性、耐久性などは、ある程度価格に比例する部分があります。 ただし、仕事で使う作業用合羽の中には、 安くても機能が優れた良い商品があるということは、あまり知られていません。 アウトドアブランドで数万円する合羽と性能は同等なのに、価格は半分以下、なんて商品もあったりします。 どうせなら、価格が安くて機能に優れた合羽を選びたいですよね。

次の

レインウェア・ヤッケ 【通販モノタロウ】作業服:安全保護具・作業服・安全靴

作業用 レインウェア

今さら聞けないヤッケとレインウェアの違い こんにちは。 佐藤です。 皆さんはヤッケとレインウェアの違いをご存知ですか? お恥ずかしい話ではありますが…実は、私は最近まで知らなかったです。 今回はヤッケとレインウェアの違いを説明し、いざ購入しようとするときに間違えない。 買わなきゃよかったとならないことを祈って気合を入れて説明致します。 ヤッケとは? 元々、ドイツ語の【Jacket】をヤッケ(上着)と呼ばれていたのが語源と言われています。 作業着として使われているヤッケは汚れが落ちやすく、通気性が良いナイロン生地を使用する事が多いです。 最近では「一枚上に着て寒さを防ぐ」事が主流になりつつもあります。 撥水加工をされているものが多く、水を弾き雨風を凌ぐことができるので、アウトドア、バイクや自転車に乗る人にも人気です! 風よけや汚れ防止に、撥水加工をしてるので水をはじき、中の衣類を汚しません。 作業服だけでなくアウトドアやちょっとした防寒にも使えます。 レインウェアとは? アウトドアなどで寒いときや悪天候時に着用する衣類です。 生地はナイロンを撥水・防水処理したものが多く、登山用品では必須なアイテムです。 最近では、スノーボーダーがオシャレに着たことをきっかけにストリートファッションとしても人気です! 「ヤッケとレインウェアって一緒じゃないの?」なんて声をよく聞きますが一緒じゃないんです。 レインウェアは防水機能があるが、ヤッケには防水機能はありません。 防水は内部に水が入るのを防ぐのに対して撥水は表面の水を弾きます。 なのでヤッケを着て長い間雨の中にいると中はビチョビチョになります。 これはナイロンの通気性を優先させている為、水分も一緒に生地を浸透させてしまいます。

次の

ヤッケとレインウェアの違いって?ヤッケとレインウェアの選び方

作業用 レインウェア

商品情報 ITEM INFORMATION 商品説明 仕事に必要な機能を盛り込んだ仕事カッパの最上級モデル。 外仕事に使用するカッパで重要なのは耐久性と運動性ですよね。 この合羽は全体に引き裂きに強い生地を使用し、さらに負荷がかかりやすい肩・肘・膝部分を別の素材で二重補強しているのでハードな環境の現場で耐久性を発揮します。 ジャケット、パンツはともに立体裁断になっていて、肘や膝を曲げる動作もスムーズに行えます。 パンツは後ろ股上を長めにとっているので、ずり下がりやかがんだ時に背中が見える心配もありません。 フードはかぶりの深さを調節できフィット感を高めて作業に集中できます。 袖と裾に配置した大型のベルクロもこの商品の特長です。 袖部分はベルクロ+幅広ゴムのダブル仕様で、フィット感はありながらも窮屈さを感じさせません。 ズボンの裾はふくらはぎ部分に配置した大型タブで大幅に絞ることができ、余分なバタつきを抑えることができます。 さらに上下両方にポケットがあるのも何かと便利です。 単体で使用した時も収納に困りません。 防水性はもちろんのこと耐久性・運動性など、仕事用に便利な機能を詰め込んだ一着!サイズもM〜5Lまで揃えているので大きいサイズをお探しの方にもオススメです。 中に着る物にもよりますが、比較的ゆったりした作りなので、通常の適応サイズをおすすめします。 ブランド DOQMENT ドキュメント カラー オーロラレッド/チャコール/オリーブ/ネイビー サイズ M/L/LL/3L/4L/5L 素材 表地:ナイロン100%(PVCラミネート) 裏地:ポリエステル100%(ジャケット・パンツ総裏メッシュ) 注意点 商品の色がお客様の環境等により違って見える場合がございます。 外仕事に使用するカッパで重要なのは耐久性と運動性ですよね。 この合羽は全体に引き裂きに強い生地を使用し、さらに負荷がかかりやすい肩・肘・膝部分を別の素材で二重補強しているのでハードな環境の現場で耐久性を発揮します。 ジャケット、パンツはともに立体裁断になっていて、肘や膝を曲げる動作もスムーズに行えます。 パンツは後ろ股上を長めにとっているので、ずり下がりやかがんだ時に背中が見える心配もありません。 フードはかぶりの深さを調節できフィット感を高めて作業に集中できます。 袖と裾に配置した大型のベルクロもこの商品の特長です。 袖部分はベルクロ+幅広ゴムのダブル仕様で、フィット感はありながらも窮屈さを感じさせません。 ズボンの裾はふくらはぎ部分に配置した大型タブで大幅に絞ることができ、余分なバタつきを抑えることができます。 さらに上下両方にポケットがあるのも何かと便利です。 単体で使用した時も収納に困りません。 防水性はもちろんのこと耐久性・運動性など、仕事用に便利な機能を詰め込んだ一着!サイズもM〜5Lまで揃えているので大きいサイズをお探しの方にもオススメです。 中に着る物にもよりますが、比較的ゆったりした作りなので、通常の適応サイズをおすすめします。

次の