国民 共済 と 県民 共済 の 違い。 「こくみん共済」と都道府県共済や民間の保険との違いは?メリット・デメリットを解説

全国共済・県民共済どっちがいい? 賢い保険の選び方5つのポイント

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

商品の詳細や比較は、それぞれのページで紹介するので、ここでは簡単に整理します。 生命共済、火災共済がある。 居住地あるいは勤務先のある都道府県の共済に加入する形になる。 東京都は「都民共済」、京都府と大阪府は「府民共済」、北海道は「道民共済」、 神奈川県は「全国共済」(後述の「神奈川県民共済」が存在するため)の名称となっている。 なお、2007年11月現在、山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県では県民共済が行われていない。 前述8県に転居した場合、共済が継続できない可能性もある。 支払額が安い代わりに保険料も格安、支払いが早い、交渉がもめないなどの長所があり、 2006年に行われた保険業界満足度アンケート 日経ビジネス06年6月26日号 「アフターサービス満足度ランキング」 では1位にランク付けされている。 【2】JA共済 JA共済連を頂点とし、JA共済連の各都道府県の支部を通じ各地の JAで構成される。 「仲間づくり(新規契約者の加入促進)」から「絆の強化(生活総合保障の確立)」につながる 保障提供活動を目的としている。 加入方法は、JAの組合員が所属するJAでの加入が基本だが、 組合員以外でも加入可能。 員外加入 主力商品として、 終身共済、医療共済、建物更生共済、自動車共済、確定拠出年金共済などがある。 【3】全労済 都道府県毎の共済生協の他、職域の共済生協、生協連合会等を傘下に構成されています。 労働組合員・勤労者の福利厚生を目的としています。 加入方法は、所属する労働組合経由の加入が基本だが、 各都道府県の共済生協の本支部でも加入可能。 近年は共済ショップが全国各地に展開されている。 主力商品として、 団体生命共済・こくみん共済・火災共済・交通災害共済・慶弔共済・マイカー共済・個人長期生命共済である。 【4】COOP共済 日本コープ共済生活協同組合連合会(コープ共済連)が元受となっており、 取り扱いの生協店舗で申し込み、あるいは生協組合員への加入が必要となる。 生命共済、火災共済がある。 全労済の商品を組み合わせたものがある。 同共済の手続きについてはり、利用の各生協で取り扱う。 「保険」はあなたの家計で一番見落としがちな一番痛〜い落とし穴! 私の願い。 このサイトが皆さんの家計にゆとりをもたらしますように…!! 【1】 ・・・複雑そうに感じる生命保険。 実はたったの3種類よ! 【2】 ・・・あなたは、すでにカナリ充実した生命保険に入っている!? 以前は、自分で興味をもった保険会社のセールスレディの話を聞き、保険契約をすることが多かったと思いますが、「あなたのFP」では保険会社社員ではない独立系FPが、希望と家計に最適な保険の加入・見直しの相談にのってくれます。 相談場所はご自宅でも、近くの喫茶店でもOK。 数ある無料保険相談の中でも、「あなたのFP」をお勧めするのには沢山の理由がありますが、一番の理由は取扱の保険種類が豊富であり、最安値の保険を紹介してもらえること。 「希望の条件で最安値は?」と伝えて下さいね。

次の

国民共済と県民共済の違い?

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

今回の台風で屋根が飛ばされて、工務店で見積書を取り保険金の請求をしました。 下から屋根を見上げて写真を撮っただけの調査で、工務店の見積書59万に対して、調査員の 回答は10万以下の損害と言う事で、お見舞金しか出せないかもしれないと言われました。 もし見積書が通っても、補償金額は20万が上限との事で、実際の修理代の半分にも足りません。 同等の被害の近所のお宅は損保ジャパンで、修理代60万円全額補償にプラスして10月に入ってからの工事なので、 消費税の値上がり分も見てくれるとの事。 しかもうちより掛け金が安く、電話応対もとてもいいと言っていました。 工務店の話では、全労済は支払いが悪い事で有名だそうで、補償内容をしっかり確認せずに 掛け続けた自分の責任もありますが、この度の支払いが確定したら解約して、他社に変えるつもりです。 いざという時にまともに補償を受けられないのは、損害保険として意味をなしていないと思います。 近所6軒中、全額出なかったのは、全労済のみです。 もし加入を考えておられる方がいらしたら、他社とよく比較して考え直されることをお勧めします。 県民共済は払いませんよ。 上の人みたいに見舞金なと、少額なら支払って貰えるみたいだけど、全焼火災など大きな額になると加入者を放火犯に仕立て上げて支払い拒否する。 少額支払って貰えて満足してる人の言葉を鵜呑みにして県民共済に加入すると、火災が起きた時、酷い目に遭います。 実際、火災被害に遭って県民共済に支払って貰えたと言う人は一人もいません。 このスレを遡ってみても、支払って貰えたと言う人はどこにも存在しません。 火災共済なのに、自然災害で見舞金を支払って貰えた人はいても、火災被害では一円も支払って貰えた人がいない。 しかも、全員が放火犯にされている。 ちなみに、県民共済に放火犯に仕立て上げられた人達、誰一人として警察には捕まっていません。 そもそも、県民共済に加入していて火災に遭った人全員が放火犯て、明らかにおかしいですよね。 おかしいと言えば、県民共済 全国生協連 が契約している法律事務所の弁護士、「自分達が調査し直した火災の8割は放火」だと宣ってるらしいですよ。 有り得ないにも程がある。 こんな共済を信じる人は余程のお人好し。 どんなにお金がなくても、掛け金が安いからと県民共済に加入するのは安易としか言えない。 火災で何もかも失った時に、更なる追い討ちをかけられたくなければ県民共済はやめた方が良い。 火災は運が悪かった…と言えるけど、不払い被害は明らかな人災 と言うか詐欺。 未然に防ぐ事が出来るのに、敢えて茨の道に足を踏み入れる必要はない。

次の

全労済がこくみん共済coopに愛称変更!コープ共済とどう違うの?

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

こくみん共済coopは、各地域の生協や労済など、58の会員によって成り立っている連合会です。 民間の生命保険会社や損害保険会社のような業務も行っています。 保障の内容という面から見た場合、病気やケガ、死亡などでお金が受け取れるという点は、こくみん共済も民間の保険も同一です。 しかし、保険の掛け方という点ではいくつか違いがあります。 ・保険料(掛金) こくみん共済は、何口共済を掛けるかによって保険料が決まります。 年齢や性別によって左右されることはありません。 掛ける口数が増えれば、保険料が上がりますが、保障も手厚くなります。 民間の保険会社の場合は、年齢や性別などによって細かく保険料が決まっています。 そのため、年齢が若いうちは民間の保険会社の保険のほうが割安で、年齢が高くなるにつれて共済のほうが割安と感じられるはずです。 ・割戻金 こくみん共済coopでは、1年を通して会員から集めた掛金のうち、余った金額を返金してくれる制度があります。 いくら返金されるかはその年によって変わりますが、割戻金の分、割安で保障を受けることができます。 こくみん共済coopの保険料は、実質的には月々支払う掛金よりも安いということです。 ・保障期間 民間の保険会社の保険には、終身保険と呼ばれる保障が一生涯続くタイプの保険がありますが、こくみん共済coopでは、最高で満85歳までしか保障されません。 こくみん共済coopには、病気やケガ、死亡などに備えられる「こくみん共済」だけでなく、車のトラブルに備える「マイカー共済」や家のトラブルに備える「住まいる共済」もあります。 それぞれどのような共済なのか、簡単に特徴をまとめました。 ・こくみん共済 子どもの保障、医療保障、総合保障、シニア保障、障害保障の5種類があります。 幅広くさまざまなトラブルに備えられる「総合保障」タイプの場合、月々の掛金は900円からです。 仮に、毎月1,800円の掛金を掛けた場合、交通事故死亡で1,200万円、病気死亡で400万円、交通事故入院で1日5,000円、病気入院で1日2,000円などの保障が受けられます。 こくみん共済には、掛け金がコース別に一定額であるという特徴があります。 年齢や性別によって掛金が左右されることがないので、再度見積もりを取る必要がありません。 ・マイカー共済 人身傷害補償や車両補償といった一般的な自動車任意保険の補償内容をカバーできる共済です。 掛金は車の乗り方や等級によって変わるため、見積もりを取ることになります。 ・住まいる共済 火災、台風、地震などに備えることができる共済制度です。 掛金は家の構造や広さ、住所、保障内容等によって変わります。 最後に、改めてこくみん共済のメリットとデメリットを箇条書きで確認してみましょう。 【メリット】 ・年齢や性別にかかわらず掛金が一定(年齢が高くなるほど割安) ・掛金が比較的安い ・割戻金があるため割安 ・総合タイプに入れば幅広い内容をカバーできる ・内容がわかりやすい 【デメリット】 ・満85歳までしか保障されない ・若い人にとっては割高な場合がある ・貯蓄型の保険はない ・保障内容のカスタマイズができない ・住んでいる地域によっては都道府県民共済のほうが割安 こくみん共済は、わかりやすく、割安な掛金で総合的にトラブルをカバーしたいという人に向いているといえるでしょう。 ただし、デメリットもありますから、都道府県民共済や、民間の保険と比較した上で選ぶことをおすすめします。 では、保障に使用していない保険金が返ってくる「スーパー医療保険戻るんです」や、手頃な保険料で一生涯の保障が受けられる「スーパー医療保険」など、さまざまな保険を用意しています。 医療保険を検討する際は、楽天スーパーポイントも貯められる楽天生命についても、ぜひチェックしてみてください。

次の