009 新台 219。 Pサイボーグ009 HI

サイボーグ009 CALL OF JUSTICE 219ライトミドルverスペック詳細‼ 継続率約90%の転落確変タイプ‼ 前作RE:CYBORGとの性能徹底比較も‼

009 新台 219

6のV確変機。 3の転落抽選を引くと通常時へ移行する可能性を有するが、その分確変割合と大当りラウンドが大幅に優遇されているため、まとまった出玉獲得にも十分期待が持てる。 「加速RUSH」中は 赤図柄テンパイでチャンスルート、 青図柄でピンチルートとわかりやすい演出構成。 電サポが100回を超えても継続した場合は、確変の非転落が確定し、大当りか転落抽選を引くまでは電サポが継続する。 5 3. 5円 20. 4 3. 3円 20. 9 3. 0円 21. 7 2. 5円 23. 暁ゾーンからの昇格に期待! 【ジョー保留】 盤面右下部分の巨大保留にジョーの顔が出現すれば期待度大幅アップ! 【ストーリーリーチ】 「星に願いを」 本機における最強リーチ! 先読み演出:CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 先読み演出 【保留変化先読み演出】 色と形状で期待度を示唆。 【009合流先読み演出】 サブ液晶に009が登場すれば!? 連続演出:CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 連続するほど期待度アップ! 連続演出 【加速連続演出】 【正義の声連続演出】 【ダブルアップZONE演出】 ヴィジョン演出:CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 発光色や出現タイミングで期待度が変動! ヴィジョン演出 【ジョーフェイス】 【スコープ】 【ロゴ】 リーチ前演出:CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 表示される文字の種類やステップアップ数などで期待度を示唆。 また下記演出の発生タイミングで、超暁ゾーンなど高期待度演出に派生する可能性がある。 演出成功でリーチに発展する。 アシストアタック 演出成功で確変大当り濃厚!? 00ナンバーリーチ 各00ナンバーにはそれぞれ専用のリーチが存在する。 いずれもリーチ後の発展に期待だ! ストーリーリーチ:CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 最強リーチ「星に願いを」に発展なら大チャンス! 「光の彼方へ」は発展時点で大当り濃厚となる。 0 【光の彼方へ】 大当り濃厚 大当り中演出 通常時 :CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE OVER DRIVE BONUS 9R確変大当り。 消化後は 「加速RUSH」に突入する。 ACCEL BONUS 9R確変or通常大当り。 消化中に加速装置が発動すれば 「加速RUSH」に突入、失敗時は通常大当りとなり 「バカンスモード」へ移行する。 電サポが100回を超えても継続した場合は、確変の非転落が確定し、大当り当選か転落抽選を引くまでは電サポが継続する。 【チャンス目ルート】 パトランプ点灯でRUSH継続!? ピンチルート 偶数図柄や END図柄テンパイでRUSH終了のピンチ! テンパイ時は RUSH継続演出or 逆転演出の発生を祈ろう。 演出 【セーバータンク撃破】 撃破できればRUSH継続!? 【SHOOTING DRIVEアイコン停止】 ランクアップボーナス 「SHOOTING DRIVE」に当選!? 【ジョー導光板出現】 偶数図柄が 奇数図柄に変化!? CHANCE TIME 加速RUSH中の4R通常大当り後に移行する電サポ100回の時短状態。 大当り中演出 電サポ中 :CR CYBORG 009 CALL OF JUSTICE 奇数図柄揃い 4~16Rの確変大当り。 消化後は 「加速RUSH」に突入する。 シューティングドライブ 4~16Rのランクアップボーナス。 確変 消化後は 「加速RUSH」に突入する。 偶数図柄揃い 16R確変or4R通常大当り。

次の

P CYBORG 009 CALL OF JUSTICE HI

009 新台 219

石ノ森章太郎原作の「サイボーグ009」をベースに、新たなストーリーが描かれた大ヒットアニメ映画「009 RE:CYBORG」(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)とのタイアップ機。 スペックは大当り確率約215分の1、確変突入率はヘソ:0. 5%で電チュー:100%・100回転まで継続するミドルタイプのST機。 初当り後に突入するのは主に100回転の時短・チャンスタイムで、この電サポ中に大当たりすれば連チャン率約90%のST・加速RUSHに突入する仕組みだ。 電サポ中の大当りは3〜16Rの14種類に分かれており、16R大当リなら約2000個もの出玉を獲得できる。 演出ではメインの液晶画面の他に可動式の大型サブ液晶、そしてメインとサブの手前に巨大なイルミネーションパネルのジョーVISIONを搭載。 この3つの映像によるトリプルアクションが最大の特徴となっている。 また大当りへと導く激アツ演出として加速装置演出、超絆ZONE、ストーリーリーチなどといった9大演出も見どころだ。 57分の1 確変時大当り確率 43. 00円 18. 5 3. 85円 19. 1 3. 57円 20. 2 3. 33円 21. 1 3. 03円 22. 4 2. 85円 23. 2 2. 50円 24. 9 2. 38円 25. 4 2. 22円 26. 2 2. 00円 27. 3 【2円パチンコ】 2. 00円 37. 1 1. 92円 38. 2 1. 79円 40. 3 1. 67円 42. 2 1. 52円 44. 9 1. 43円 46. 4 1. 25円 49. 7 1. 19円 50. 9 1. 11円 52. 4 1. 00円 54. 5 【1円パチンコ】 1. 00円 74. 2 0. 96円 76. 4 0. 89円 80. 6 0. 83円 84. 5 0. 76円 89. 7 0. 71円 92. 8 0. 63円 99. 5 0. 60円 101. 8 0. 56円 104. 8 0. 50円 109. 0 【0. 5円パチンコ】 0. 50円 148. 3 0. 48円 152. 8 0. 45円 161. 2 0. 42円 169. 0 0. 38円 179. 4 0. 36円 185. 6 0. 31円 199. 0 0. 30円 203. 5 0. 28円 209. 6 0. 25円 218. 本機は大当り中の出玉アップ打法が効果絶大。 連チャン性が高い加速RUSH中はその効果がまさに加速度的アップするぞ。 本機はワープを通過しないと玉がヘソに寄りにくい構造。 ワープ周辺の釘チェックは他機種よりも丹念に行いたい。 5 等価ボーダーは千円あたり18. 5回転とやや辛め。 ワープの通過率がよく、ヘソに寄りやすい台を選びたい。 5回 2円パチンコ……37. 1回 1円パチンコ……74. 2回 0. 5円パチンコ…148. また、電サポ当選時の出玉が3〜16Rまで1R刻みの細かな振り分けとなっている。 ただ当りやすいだけでなく、出玉の加速度的な伸びにも期待できる作りになっているぞ。 初当りの確変突入率はわずか0. ほとんどが5R通常や突通を経由して電サポ100回転の「チャンスタイム」に突入する。 大当り確率が215. 6分の1のため、時短中の引き戻し率は約37. 本機の激アツポイントは機種名に合わせて9つ。 009の代名詞ともいえる加速装置演出をはじめ、ニューギンの激アツ柄である蝶柄や群予告、カットインなどいろいろな場面で加速ポイントは出現するぞ。 00円交換 【約5時間実戦】 17. 0……-4900円 18. 0……-1600円 19. 0……-9700円 18. 0……-3200円 19. 57円交換 【約5時間実戦】 18. 0……-4600円 19. 0……-1800円 20. 0……-8200円 19. 0……-2700円 20. 33円交換 【約5時間実戦】 19. 0……-3600円 20. 0……-1200円 21. 0……-5700円 20. 0……-900円 21. 03円交換 【約5時間実戦】 20. 0……-3500円 21. 0……-1400円 22. 0……-4900円 21. 0……-800円 22. 50円交換 【約5時間実戦】 23. 0……-2200円 24. 0……-700円 25. 0……-1600円 24. またリーチから唯一選ばれているストーリーリーチ「世界の正義を貫け」も4回に3回は大当りに繋がる圧倒的信頼度を誇る。 金色や激熱パターンが出現すれば期待してヨシ! 」…約11. 」…約22. 」…約82. ATTACKゾーンはリーチに発展すれば連チャンの期待度が増す。 一方のスカルとのバトルがメインで展開するDEFENCEゾーンは敵の体調や攻撃が弱いと大当りの大チャンスとなるぞ。 出玉の振り分けは3Rから16Rまで1R刻みになっている。 図柄が揃うと先乗せ演出が発動。 上乗せ演出のキャラにも注目しよう。 001登場ならマックスCOMBO獲得の期待が大いに高まるぞ。 また、奇数揃いなら4R以上獲得の可能性がアップ。 ラウンド中に後乗せ演出やバトル乗せ演出が発動するとチャンス。 演出に成功すえば上乗せ発生となり、その分のラウンドが継続される。 なお、電サポ当選時は2R目がV入賞ラウンドとなるので必ずV入賞させよう。

次の

【新台】Pサイボーグ009ハイスピード219全財産5万円で8時間勝負#406【パチンコザリアル】諭吉実践さらば養分先行導入コールCALLのOFのJUSTICEのHIのSPEED ってどうなの

009 新台 219

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。 ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。 解説 スペックの型はベース機と同じ転落抽選タイプだが、性能としては前作RE:CYBORG同様の超高継続タイプになっている。 5%しかなく、完全な時短100回での突破型だったが、今作はかなりRUSHに突入しやすくなっている。 出玉は4R(400個)で固定。 初当たり時の50%の確変大当たり時はそのままRUSHへ直行。 残りの50%でも時短が100回ついてくるので、引き戻しの期待は充分持てる。 時短引き戻しを込みにしたトータルでのRUSH突入率は、• 約68. 3% 2連以上する期待値は、• 約63. 15% となる。 前作のRUSH突入率は約42. 2%だったので、大幅にRUSH突入率は上がっている形になるな。 50回転消化時に通常に転落していればそこで終わりだが、確変状態の場合は大当りor転落まで時短が継続する。 オーソドックスな転落抽選タイプだな。 継続率は• 約89. 7% と前作に遜色ない数字。 細かいラウンド振り分けのある少出玉タイプという点も前作同様だ。 前作RE:CYBORGとの比較 やはり気になるのは超長期稼働した前作との比較だろう。 以下のようになる。 57 初当たり時平均出玉 400個 約508個 初当たり時RUSH突入率 約68. 3% 約42. 2% RUSH中平均出玉 約420個程度? 約767個 RUSH中継続率 約89. 7% 約90. 0% 初当り確率はほぼ同じ。 初当たり時の平均出玉も100個程度の差があるとはいえ、どちらも少ないので遊技感覚としてはほぼ差はないだろう。 RUSH継続率も約90%とほぼ同等。 大きな差があるのが、• 初当たり時RUSH突入率• RUSH中平均出玉 この2点だ。 初当たり時RUSH突入率は、前述したように、確変割合が50%ある今作が圧倒的に高い。 ただ、その分、RUSH中平均出玉は前作が大きく上回る。 今作は4R確変~7R確変12. 5%の内訳が現段階では不明なので、上の表の数字は各Rに平均的に%を割り振った仮の数字だが、もし7R確変割合が12. 5%中11%と考えうるほぼ最大割合だったと仮定しても、平均出玉は、• 434個 程度にしかならないので、性能面に与える影響はほぼない。 前作は、RUSH中大当り時の28%程度は1000個以上の大当りで、MAXの16R(7. 5%)の場合は2080個大当りだったので、ここの性能差は歴然とはしているな。 規則が違うのでこれはどうしようもないが、単純に比較すると、• RUSH突入率が高いので、初当たり時の安心感・期待感は今作がはるかに上• その代わりRUSHの出玉性能は、前作の半分程度 このようなスペックになる。 RUSH消化スピード もう1つの注目ポイントであるRUSHのスピードに関しては、• SA32 とのことなので、超高速消化といっていい。 約1分強 で次回の大当りに当選することが出来ると思われる。 サイボーグ009のイメージ通りの、気持ちよいスピード感のあるRUSHに仕上がっていると思っていいだろう。 まとめ 規則が変わっているのでRUSHの出玉性能が落ちた分を初当たり時のRUSH突入率に回した、非常にバランスのよいスペックだといえる。 RUSH中の平均出玉を抑えたからこそ、SA32という超高速消化を実現できている面もあるので、これは仕方のないところだろう。 総じて、新規則の枠内で前作のイメージをうまく再現できているので、俺はかなり打ってみたいスペックだな。 ホールへの導入が非常に楽しみだ。 過去の「新台スペック情報」の記事はこちら!.

次の