お 体 に 気 を つけ て 年賀状。 年賀状の一言で親戚に健康や病気を気遣うコメント紹介!

年賀状の一言 親戚へ健康を気遣う例文5選 疎遠な人にも書きやすい一言

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「お体に気を付けて」という言葉を誰かに言ったり、掛けたりされたことありますか?この言葉には、相手の体調を心配して気遣う気持ちが込められていますね。 誰かの健康を思いやる優しさにあふれた言葉です。 誰かにこの言葉を使うのは少し気恥しいかもしれませんが、自分がこの言葉をかけられるとうれしいですよね。 でも上司、先生などの目上の方に対して「お体に気をつけて!」というのは本当に正しい日本語なのでしょうか?相手を気遣ってかけた言葉なのに、「年下のくせに生意気な言葉づかいだ」と思われてしまっては大変。 口語だけでなく文面に表したときにどのように使うのが正解なのか、気をつけて覚えておきましょう。 「お体に気をつけて」なのか「お身体に気をつけて」なのか…。 この差っていったいなんなんでしょう? 使い分けのポイントは、『常用漢字かどうか』。 さらに細かく言うなら、漢字が意味する範囲にも違いがあります。 少し複雑な表記分けですが、文字に起こす際は「お体に気をつけて」としてくださいね!返答は以下の記事を参考にどうぞ。 毎年欠かせない年賀状でも「お体に気をつけて」の文言はよく使いますね。 季節ごとの手紙などでも、そのシーズンごとの挨拶に合わせて「寒い日が続きますので、どうぞお体に気をつけて…」というように締めくくりの一文としてよく用いられます。 ここでも「ご自愛ください」は大活躍。 年上・年下・男性・女性問わずオールラウンドに使える敬語なので、押さえておくとよいでしょう。 ただ、病気療養中や入院中の方には不適切な言葉ですので、くれぐれも気をつけておきましょう。 またシンプルに「健康に気をつけて良いお年をお迎えください!」のような言葉もいいですね。 口頭・メール・年賀状・手紙などでの使い方や文例• いつも親切にしていただき、ありがとうございます。 お体に気をつけてますますお元気でいてください。 久しぶりに会えるのを楽しみにしております。 健康に留意し、良い毎日をお過ごしくださいね。 ご無沙汰しております。 寒くなりましたので、お風邪など召されぬよう気をつけてくださいませ。 夏の疲れが出る時期ですので、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。 昨年は大変お世話になりました。 皆さまのますますのご発展とご健康をお祈りしています。 【手紙】暑中お見舞い申し上げます。 暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 【手紙】末筆ながら、何卒お気を付けて年末をお過ごし下さいませ。 「お大事になさってください」と逆のパターンが「お体を大切に」の言葉。 こちらは主語ではなく術語を略しており、詳しく言うなら「お体を大切にして元気でいてくださいね」です。 目上の人に対しては最初から最後まできちんと文章にして伝えるのが良いですが、わかりやすく、簡潔に伝えるならこの言葉を使っても大丈夫です。 後輩や部下に対しても別れのシーンなどでは「体を大切にして、元気で過ごしてください」というように丁寧にあいさつするとき、とてもわかりやすくていいですね。 二人きりで話すときも、たくさんの人の前で話すときもどちらでも使える万能フレーズのひとつです。 「お体に気を付けて」と同じ意味の違った言い方• お大事になさってくださいね。 お体を大切になさってください。 くれぐれもお体にはご留意ください。 くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 ご健康にお気をつけください。 お風邪など召されないよう、お気をつけください。 体調などお気をつけください。 「お体に気をつけて」という言葉は、相手を気遣うフレーズであるということがよくわかりましたが、英語でも言葉に込められている想いは同じです。 また、英語には日本語のような敬語や謙譲語などの使い分けがあまりないので、幅広くひとつの言葉を使うことができますよ。 もちろん状況や相手により使う言葉は変わってきます。 例えばくしゃみをした時。 日本ではくしゃみをした人に「大丈夫?風邪ですか?」なんて声をかけますよね。 英語でも同じ。 くしゃみした人には「Bless you!」と言葉を使うのが通常です。 もしもそう言ってもらったときには「Thank you」と返しましょう。 他にも病人に対しては労りの言葉として「Get well. 」これは「良くなってね」という表現です。 別れのシーンでは「Mind yourself. 」「体に気をつけて」というように使います。 英語でも多くの表現の仕方があるので、その時に合わせて使えるフレーズをいくつか覚えておきましょう。 英語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その1……「Take care of yourself. 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その2……「Look after yourself. 手紙やメールで使える「お体に気をつけて」……「May you keep in good health. 親しい友人に使えるフラットな「お体に気をつけて」……「Take care. 風邪の人に使える「お体に気をつけて」……「Take care of that cold. 病人を励ます時に使える「お体に気をつけて」……「We'll get through this together. くしゃみをした人に使う「お大事に」……「Bless you! 」「Gesundheit! 」 韓国語でも日本語とおなじように気遣いの言葉として使われている! 韓国語での意味も日本とあまり変わらず労りや心遣いの言葉として口にされている「お体に気をつけて」というフレーズ。 韓国語には「健康でいてね!」という意味合いが含まれています。 また「ご飯をきちんと食べてね~」の言葉も、韓国では「お体に気をつけてね」といいう意味として広く使われています。 韓国では挨拶がわりに「ごはん食べた?」と聞かれる方も多くいるので、もし「まだなんだ」なんていうと「だから元気ないんだよ~」という感じでおいしいごはんを食べたら健康になるよ!という想いが込められているようです。 韓国語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 「健康でいてね」という意味で使える…「건강 하세요. 」読み方は コンガン ハセヨ. 「お元気でね」という意味で使える…「잘 계세요. 」読み方は チャル ケセヨ. 「お体に気をつけて」という意味で使える「몸에 조심하세요. 」読み方は モメ チョシマセヨ. 「ごはん食べました?」という意味で使える「식사 했어요?」読み方はシクサ ヘッソヨ?• 「風邪に気をつけてください」という意味で使える「감기 조심하세요. 」読み方は カムギ チョシマセヨ.

次の

年賀状の一言メッセージ文例集 友人や親や親戚あてに添える言葉

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「お気をつけて」の意味について まず初めに「お気をつけて」という言葉の意味について紹介します。 改めて問われると正しい意味や使い方って、説明するのが難しいですよね。 なんとなく理解しているとは思いますが詳しく意味についてまとめていきます。 「お気をつけて」の意味 「お気をつけて」は「気をつける」に「お」をつけて敬語表現にして、さらに助詞の「て」をつけた言葉です。 相手に対して「気をつけるように・注意をするように」と注意喚起する、注意を促す言葉となります。 「気付け」という言葉ではよりその意味が明確になり、元気をつけるという意味と断定できます。 「お体お気をつけてください」の意味 先述した通り、気をつけるには元気をつけるという意味と、注意を促すという二つの意味があります。 これが「お体お気をつけください」となると、病気や健康に気をつけるとともに、体を元気にしてくださいね。 といういたわりの気持ちや労いの気持ちも込められた意味が強くなります。 前後につく言葉で意味がより強調される言葉だということを知っておきましょう。 お気をつけては失礼? 上司や目上の人に対して「お気をつけて」とお辞儀をしながらいうシーンが目に浮かびますが、これは失礼な言動に値するのでしょうか? 答えは明確に失礼ではないがモヤっとしたものが残るというところが実際の印象でしょう。 また「お体お気をつけて」と言ってもこちらもなんだか失礼ではないけどモヤモヤした気持ちが残ります。 なんだか、社会人としてふさわしい言葉遣いのようには感じられません。 ではどのような言葉が正しいのでしょうか? スポンサーリンク 「お気をつけて」の正しい使い方 「お気をつけて」を上司や目上の人に使用する場合の正しい使い方について紹介します。 それぞれの使用シーンごとの正しい使い方や言い回しについて確認しましょう。 オーソドックスな表現 いつでも使用できるオーソドックスな表現としては「お気をつけください」という表現がもっとも普通で当たり障りのない表現でしょう。 お気をつけてという表現をもっと丁寧にした表現が「お気をつけください」になります。 これであれば相手にとっても失礼に感じることなく耳に届くでしょう。 もっと表現を丁寧にしたい時や念押しをしたい時はくれぐれもお気をつけください。 と頭にくれぐれもをつけるといいでしょう。 しかしあまり念押しをしすぎると、くどくなってしまうこともありますので注意しましょう。 お見送りをするときの表現 上司や目上の人を見送る時は「お気をつけていってらっしゃいませ」や「お気をつけておかえりください」と表現するといいでしょう。 お気をつけてという言葉だけでなく、そのあとに気の聞いた言葉をつけることがポイントです。 お気をつけて!と深々とお辞儀をして威勢良く言うだけだとヤクザっぽくなるだけですので注意です。 上司を見送る言葉としては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」がもっとも誠実感があり、丁寧な言い方でしょう。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。 特に「ご自愛ください」という言葉は手紙やビジネスメールなどでの文書でのやり取りのときに適している言葉でしょう。 言葉での労いの言葉をかける時も「お気をつけて」と言うよりも「お気をつけください」と表現した方が適切でしょう。 スポンサーリンク お気をつけての誤用 頻繁に使用するシーンの多い「お気をつけください」ですが、これを誤用してしまうことがあります。 誤った使用方法や間違った言葉の使い方について、その使用例を紹介します。 誤った敬語表現 お気をつけてと言う言葉の誤った敬語表現について紹介していきます。 目上の人には使用しないよう注意しましょう。 語尾に注意しましょう。 であればお気をつけください。 とシンプルに表現した方がいいでしょう。 その他の表現としてお気をつけなさいませを紹介しました。 〜なさいませ、は尊敬表現になるのですが、「お気をつけなさい(ませ)」という言葉に若干角が立って聞こえてしまうかもしれません。 」 お気をつけて、まではいいのですが「来てください」という言葉が尊敬語や丁寧な言葉になっていないのでNGとしました。 より丁寧な言い回しにするのであれば「来る」の尊敬語に当たる「お越しになる」と表現した方がいいでしょう。 スポンサーリンク メールでの例文 お気をつけてを含むあらゆるシーンでのメールの文面について紹介します。 これから帰ってくる上司に向けて送る文面 出張をする上司や、これから外出先から帰って来る上司に対して「お気をつけて」の意味を含むメールを送ることって結構ありますよね。 そんなときに失礼の内容に上司を労うメールの文面いについて紹介します。 ご無事なお帰りをお待ちしております お気をつけてお帰りください。 と同様の意味での言葉です。 「道中長旅とは存じますが、ご無事なお帰りをお待ちしております。 」と表現すれば失礼に当たることはないでしょう。 道中お気をつけてお帰りくださいませ 「道中気をつけてお帰りくださいませ」 これもこれから帰ってくるはずの上司に送るメールに適している文末です。 お世話になった人を労うときの文面 社会人にもなると恩師やお世話になった人も増えて、お礼や感謝の気持ちを伝えることも多くなります。 そんなときに使う文章を紹介します。 お体にお気をつけてくださいませ 「本日はありがとうございました。 どうぞお体にお気をつけてくださいませ。 」 丁寧語の表現も交えつつ、大きく背伸びもしすぎないちょうどいい表現です。 「お体に気をつけて」だけですと、ちょっと親しすぎる間柄になってしまいますので、その辺はご自分の感覚で判断してみてください。 お体ご自愛ください 上記でも紹介したご自愛くださいと置き換えたときの文面です。 「季節柄猛暑の日々が続いておりますが、体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 」 「くれぐれもお気をつけください」と文末を締めくくることもできますが、よりかしこまった表現をすることができます。

次の

年賀状に心を込めた一言を!添え書きの文例あつめました【決定版】

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「お気をつけて」の意味について まず初めに「お気をつけて」という言葉の意味について紹介します。 改めて問われると正しい意味や使い方って、説明するのが難しいですよね。 なんとなく理解しているとは思いますが詳しく意味についてまとめていきます。 「お気をつけて」の意味 「お気をつけて」は「気をつける」に「お」をつけて敬語表現にして、さらに助詞の「て」をつけた言葉です。 相手に対して「気をつけるように・注意をするように」と注意喚起する、注意を促す言葉となります。 「気付け」という言葉ではよりその意味が明確になり、元気をつけるという意味と断定できます。 「お体お気をつけてください」の意味 先述した通り、気をつけるには元気をつけるという意味と、注意を促すという二つの意味があります。 これが「お体お気をつけください」となると、病気や健康に気をつけるとともに、体を元気にしてくださいね。 といういたわりの気持ちや労いの気持ちも込められた意味が強くなります。 前後につく言葉で意味がより強調される言葉だということを知っておきましょう。 お気をつけては失礼? 上司や目上の人に対して「お気をつけて」とお辞儀をしながらいうシーンが目に浮かびますが、これは失礼な言動に値するのでしょうか? 答えは明確に失礼ではないがモヤっとしたものが残るというところが実際の印象でしょう。 また「お体お気をつけて」と言ってもこちらもなんだか失礼ではないけどモヤモヤした気持ちが残ります。 なんだか、社会人としてふさわしい言葉遣いのようには感じられません。 ではどのような言葉が正しいのでしょうか? スポンサーリンク 「お気をつけて」の正しい使い方 「お気をつけて」を上司や目上の人に使用する場合の正しい使い方について紹介します。 それぞれの使用シーンごとの正しい使い方や言い回しについて確認しましょう。 オーソドックスな表現 いつでも使用できるオーソドックスな表現としては「お気をつけください」という表現がもっとも普通で当たり障りのない表現でしょう。 お気をつけてという表現をもっと丁寧にした表現が「お気をつけください」になります。 これであれば相手にとっても失礼に感じることなく耳に届くでしょう。 もっと表現を丁寧にしたい時や念押しをしたい時はくれぐれもお気をつけください。 と頭にくれぐれもをつけるといいでしょう。 しかしあまり念押しをしすぎると、くどくなってしまうこともありますので注意しましょう。 お見送りをするときの表現 上司や目上の人を見送る時は「お気をつけていってらっしゃいませ」や「お気をつけておかえりください」と表現するといいでしょう。 お気をつけてという言葉だけでなく、そのあとに気の聞いた言葉をつけることがポイントです。 お気をつけて!と深々とお辞儀をして威勢良く言うだけだとヤクザっぽくなるだけですので注意です。 上司を見送る言葉としては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」がもっとも誠実感があり、丁寧な言い方でしょう。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。 特に「ご自愛ください」という言葉は手紙やビジネスメールなどでの文書でのやり取りのときに適している言葉でしょう。 言葉での労いの言葉をかける時も「お気をつけて」と言うよりも「お気をつけください」と表現した方が適切でしょう。 スポンサーリンク お気をつけての誤用 頻繁に使用するシーンの多い「お気をつけください」ですが、これを誤用してしまうことがあります。 誤った使用方法や間違った言葉の使い方について、その使用例を紹介します。 誤った敬語表現 お気をつけてと言う言葉の誤った敬語表現について紹介していきます。 目上の人には使用しないよう注意しましょう。 語尾に注意しましょう。 であればお気をつけください。 とシンプルに表現した方がいいでしょう。 その他の表現としてお気をつけなさいませを紹介しました。 〜なさいませ、は尊敬表現になるのですが、「お気をつけなさい(ませ)」という言葉に若干角が立って聞こえてしまうかもしれません。 」 お気をつけて、まではいいのですが「来てください」という言葉が尊敬語や丁寧な言葉になっていないのでNGとしました。 より丁寧な言い回しにするのであれば「来る」の尊敬語に当たる「お越しになる」と表現した方がいいでしょう。 スポンサーリンク メールでの例文 お気をつけてを含むあらゆるシーンでのメールの文面について紹介します。 これから帰ってくる上司に向けて送る文面 出張をする上司や、これから外出先から帰って来る上司に対して「お気をつけて」の意味を含むメールを送ることって結構ありますよね。 そんなときに失礼の内容に上司を労うメールの文面いについて紹介します。 ご無事なお帰りをお待ちしております お気をつけてお帰りください。 と同様の意味での言葉です。 「道中長旅とは存じますが、ご無事なお帰りをお待ちしております。 」と表現すれば失礼に当たることはないでしょう。 道中お気をつけてお帰りくださいませ 「道中気をつけてお帰りくださいませ」 これもこれから帰ってくるはずの上司に送るメールに適している文末です。 お世話になった人を労うときの文面 社会人にもなると恩師やお世話になった人も増えて、お礼や感謝の気持ちを伝えることも多くなります。 そんなときに使う文章を紹介します。 お体にお気をつけてくださいませ 「本日はありがとうございました。 どうぞお体にお気をつけてくださいませ。 」 丁寧語の表現も交えつつ、大きく背伸びもしすぎないちょうどいい表現です。 「お体に気をつけて」だけですと、ちょっと親しすぎる間柄になってしまいますので、その辺はご自分の感覚で判断してみてください。 お体ご自愛ください 上記でも紹介したご自愛くださいと置き換えたときの文面です。 「季節柄猛暑の日々が続いておりますが、体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 」 「くれぐれもお気をつけください」と文末を締めくくることもできますが、よりかしこまった表現をすることができます。

次の