パニック 障害 薬。 【少しでも不安を抑える】薬局で手に入るパニック障害薬3選!

パニック障害の人が飛行機を克服する対策

パニック 障害 薬

鬱と不安障害を再発した者です。 お世話になります。 以前初めて症状が出た際は、抗不安薬レキソタンと抗鬱剤デプロメールで回復しました。 デプロメールの効果は実感できましたが、同時に副作用(悪夢、体重変動等)もひどかったです。 今回また症状が再発してしまい、同じくssriとレキソタンを処方されました。 副作用がきつかった抗鬱剤はもう飲まず、抗不安薬だけで治したい旨を伝え、一応了承頂きました。 前回はデプロメールを飲んでいたからか、レキソタンは1日4mg程度で済んでいましたが、今回は15mg飲まないと正常でいられません。 このまま治るのかどうかもわかりません。 やはり副作用がきつくてもssriを飲む方がいいのでしょうか? パニック障害などは抗不安薬だけで治ったという声もよく見かけるのですが、鬱や全般性不安障害でも抗不安薬のみ(あとは生活改善など)で治ることはあるのでしょうか。 主治医は無理にssriを飲ませることはしない、私の意見を尊重してくださるそうで、皆様の体験や知識をお借りしたいと思い、質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。 デプロメールの悪夢などが辛かったのですね。 以前に罹患されていた時は、ジェイゾロフトは試したことがありますか? ジェイゾロフトは、体重があまり増加しないというか減少する方もあるようです。 あるいは、古いタイプのお薬ですが3環系や4環系も試すことを主治医の先生と相談されてみてはいかがでしょうか? 「喉の渇き」というようなわかりやすい副作用が出やすいかもしれませんが、効く方では良く効くそうです。 抗うつ剤なしで治るかたも、中にはあると思います。 しかし、多くの場合には適切な服薬をする方が、よりスムーズに回復することを期待できるからこそ、医師は服薬を勧めるわけですよね? もしかしたら、抗うつ剤を少量でも服用すると、レキソタンを飲む量を少し減らすことができるかもしれませんね。 抗不安剤も多めの量を長期間服用され、減量に苦労する方もあるようです。 抗不安剤の減量時に悪夢に悩まされる方もあるとか・・・・・・。 作用も副作用も個人差が大きいので、試してみるしかないと思います。 抗うつ剤を変えた途端に劇的に元気になる、という話を聞くことも珍しくありません。 (一方で、いろいろ試しても、なかなか良くならないという話も聞きますが) 抗うつ剤をいくつか試してみて、副作用が少なそうなものを探してみてはいかがでしょうか? ご回答ありがとうございます。 夜中悪夢で目覚めた後は、怖くて起きている日々でした。 眠いのに顔を洗って起きていました。 >しかし、多くの場合には適切な服薬をする方が、よりスムーズに回復することを期待できるからこそ、医師は服薬を勧めるわけですよね? 本当に仰る通りです。 現在は抗不安薬だけですが、治る気配はなく、たまに悪化している感すらあり、限界を感じ始めております。 主治医も、今回ssriを使う場合はジェイゾロフトにしてはどうか?と仰っていました。 デプロメールよりは作用、副作用とも「マイルド」だからと。 その時はssriと聞いただけで拒否してしまいましたが、今度試す順番としてはジェイゾロフトになりそうです。 また、ssri以外の薬という選択肢もあるのですね。 ありがとうございます。 ジェイゾロフトも痩せそうで怖いですが、いくつか試してみて、自分に合った抗鬱剤をみつけられればと思います。 本当にありがとうございました。 こればかりは個人差があるので何とも言えません。 試行錯誤して結論を出すしかないですね。 ちなみに私はうつ病、パニック障害ともに抗うつ剤は初めて精神科にかかった最初のひと月位しか飲みませんでした。 副作用があった訳ではないのですが、効果が感じられなかったので医師に言って止めました。 抗不安剤で不安や緊張を緩めつつ、心理学など独学でやり、物事の捉え方を変える事で寛解してます。 後から考えると認知行動療法みたいな事を自分でやっていたような感じです。 薬はあくまでも対症療法、補助に過ぎないと思います。 だからと言って薬は否定しませんが・・ ストレスが原因ならストレス発散を考えるのではなく、なぜ、それがストレスになるのか?自分のどういう考え方がストレスに感じてしまうのか?掘り下げていけば、見えてくるものがあると思います。 Q 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲んでいて、効いていました。 やる気は出ませんが、穏やかではいられます。 ただ、強い不安の時には効かないので、もっと強い抗不安薬が欲しいなと思っていました。 よく話を聞いてくれて、良いお医者さんだとは思いましたが、SSRIは少し不安になってしまいました。 その時もっと詳しく聞けば良かったと思ってます。 出された薬を3日飲んで見た感じですが、発疹が足に少し出ました。 あと、少しカッカする感じがします。 私は、穏やかな飲みごこちのものが好きなのですが、どちらかというとイライラ系です。 できれば、レキソタンなど、評判がいい抗不安薬などを試してみたいと思ってたのですが、やはりSSRIで治療していくべきでしょうか? 薬に関してよく知らないので、教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲... A ベストアンサー 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点をひた隠しにしています。 ですのでどうやったら根本治療できるかを考えたほうがいいです。 もちろん、病気の急性期には安定剤は必要だと思いますし、 頓服して飲むのも依存のリスクを減らしますので大丈夫だと思います。 提案ですが、 漢方はいかがでしょうか。 体質によりますが、イライラや不安に効くものを私は服用してますが、 よく効いてますよ。 即効性はありませんが、穏やかな気持ちが長続きします。 なにより、体質を改善しますので、根本治療の期待が持てることがメリットです。 漢方はほかの薬の邪魔はしませんので安定剤との併用も可能です。 いろいろ書きましたが、 私はこうした薬を何種類も飲んでいたからあまりすすめたくありません。 長期的に脳をコントロールする薬はリスクがありますよ。 私は離脱症状で苦しんでいます。 この苦しみは人格が破壊されます。 よく考えて服用してくださいね。 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点を... A ベストアンサー 心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。 もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。 抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。 うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。 ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰となると吐き気や性機能障害がでやすくなります。 うつ病だと、セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下しているため抗うつ薬を飲んでも過活動になりにくいため副作用がでにくい(それでも出る人はでます)のに対して、普通の人が服薬すると過活動になるため副作用がでやすくなります。 また、パキシルという抗うつ薬は、副作用は少ないのですが服薬をやめたあとにめまい、吐き気、発熱、いらいらなどの退薬症状がでるので、うつ病でない人は絶対に飲んではだめです。 html 心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。 もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。 抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。 うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。 ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰... A ベストアンサー 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。 下記のサイトにいろいろと情報が出ております。 うつ病のかたが 実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。 効果はいろいろみたいですが。 lighttherapy. lighttherapy. html でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、 散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを 整えることができたと実感しています。 調子が良い時に 使用するとさらに調子が良くなる感じでした。 少しでも参考になれば。 lighttherapy. lighttherapy. html 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試し... デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうしても増える。 そうなると飲む量も多くなる。 長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。 私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。 あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。 デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので 切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。 精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。 作用時間が12~14時間位です。 等価換算表ではデパス1. デパスに比べると効きがマイルドな感じで 効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。 余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で 確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。 海外ではサプリ並みという事はないと思います。 デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうして... A ベストアンサー 精神科医です。 ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。 あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。 さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。 抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。 書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。 まず、本人の意識というのは非常に難しく医師でもどのように感じているかは正確に判断できません。 うつ病になる前の状態とうつ病になったときの状態を比較して、気分変化が具体的にあるかどうかを鑑別します。 これでは、あなたの回答には程遠いので少し噛み砕いてご説明いたします。 抗うつ剤を処方してから、効果の発現は早い場合には1週間から二週間で出ます。 この効果とは、憂鬱と自覚する時間帯がどのように変化したかを観察してみるとわかりやすいと思います。 そして、病職がもてるようになったということは、うつ状態から改善の方向に向かっている尺度になります。 すなわち、抗うつ剤の効果は劇的におこるものではなくて、徐々に気分が楽になる、億劫や面倒だということがなくなってくる、行動意欲が湧いてくる、不安感がなくなる、将来に希望がでる・・といった自覚症状を認識できれば効果が出ているということになるでしょう。 あくまでも、これは単極性のうつ病の場合で躁うつ病(双極性障害)の場合とは考え方が異なりますので注意をしておいてください。 抗うつ剤は、ご存知の通り血中濃度がある程度一定の濃度を満たしていなければ効果が期待できません。 単剤で、十分量の適した(患者さんにあった)処方であれば、先に記述したことは顕著に認識できるようになります。 さらに、感情や気分変化と同時に行動特性を観察するとわかりやすいです。 うつ状態にあるときは、一日中寝ていてばかりということもありますが、抗うつ剤の効果によって、規則的な日常生活が行えるようになってきたかどうかということです。 大うつ状態に陥っているときは、重篤でこのようなネットの書き込みさえできないことがあります。 その意味では、あなたは理路整然と文章を書いていることから、文面からだけみれば、うつ症状は改善の方向にあるのではないかと予想しています。 ただ、患者さんには例外のケースもありまして、仕事などはうつで行けないけども、自分の趣味だけは平然とできる、といったタイプのうつ症状も最近診てきています。 ですから、あくまでも推測だと判断してください。 そして、抗うつ剤を飲んでいるときと飲んでいないときの差ですが先に記載しましたが、補足すると経験上では画期的な(劇的な)効果を感じることはないと思います。 自然に、普通の状態になっていくという経路をたどっていきます。 例外として、双極性障害の患者さんに、抗うつ剤が作用して躁転させてしまうことがあります。 うつ病だと思っていて、抗うつ剤を処方したがゆえに躁転してあっというまにハイテンションになるケースがあるのです。 これは、医師の問題でもあり、双極性障害のうつ症状は治療が異なりますので注意が必要です。 単極性のうつ病の患者さんであれば抗うつ剤がぴたりとあえば、気分や感情が自然に昂揚していき行動的になります。 そして、病職をもつことができ、自制心(病気をコントロールする力)が芽生えてきます。 医師との診断でも、顕著に症状が改善されたことがわかり、寛解、完治へと向かいます。 医師もこの時点で、病気が改善されていることを確認して治療方針、戦略を考えていきます。 想像ではありますが、あなたの場合、「抗うつ剤がご自分に合っているかどうか」ご心配されているのではないかと思います。 これは、どの方々でも同じ疑問であり悩みであって、専門医でも難しい課題です。 色々な抗うつ剤を各種試したけど効果がでない、と主訴してくる方は多いのです。 医師の技量にもよりますが、多剤処方をしてしまい治療方針が混乱する結果となることがあります。 どの薬剤が効果を成していて副作用を出しているのか全く判別できなくなるのです。 どの抗うつ剤があうかは、実際に診察してみなければ分からないし同時に、服用して見なければわかりません。 当たり前のことですが、効果の発現に時間を要するために治療が長引くのは現在のうつ病治療の壁でもあります。 蛇足的になりますが、SNRIやSSRIだから良いとか3環形だから副作用が強くてダメということもありません。 しかし、うつは辛い症状です。 患者さんとしては早くこの辛さから脱出したいと思っておられます。 そのため、補強として抗精神病薬や気分安定剤、抗不安薬を併用処方していくこともあります。 同じ患者さんでも医師によってまるで処方が違ってしまうのも事実です。 このような現実は、まだまだうつ病治療の課題だといえます。 まとめますと、抗うつ剤は劇的に効果をなす、すなわち劇的に気分が晴れるとか気分爽快になるという作用の仕方はありません。 マイルドに、効果を成していき憂鬱な気分は晴れていきます。 ただし、健常者でも憂鬱な気分はあるように、抗うつ剤を飲んでいるからといって全く憂鬱な状態(抑うつ状態)が消えるわけではありません。 それは、むしろ自然な現象です。 2、3週間以上経過しても連続して憂鬱な状態が継続し続けるようであればそれは病的な憂鬱です。 抗うつ剤を投与していても変化なしならば、やはり抗うつ剤が合わないという結果になります。 簡単な回答ですが、文面から推定してお答えさせていただきました。 あくまでも、いち専門家の意見としてお答えさせていただきます。 詳しいことは、必ず最初に書きましたが専門医の実際の診察を受けて治療を受けてください。 精神科医です。 ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。 あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。 さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。 抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。 書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。 まず、本人の意識というの... Q こんばんは。 パニック障害で通院して1年半が経ちます。 ずっと抗不安薬(ソラナックスとレキソタン)を服用していましたが、先日パキシルという抗うつ薬を処方されました。 数ヶ月前に一度、抗うつ薬を処方したいが副作用の関係で逆効果になるかもしれない・・と言われました。 通院当初は、発作への不安が強く生活に支障がありましたが、最近では家にいる分には大きな不安は無くなりました。 ただ、微熱やほてりなどはなかなか治まらず、いつも主治医に訴えていました。 このような身体状態に抗うつ薬は効くのでしょうか?抗不安薬では駄目なのでしょうか? 服用して3週間。 まだ効果はわかりませんが、主治医いわく「今後はパキシルをメインとし、不安薬は頓服として・・」と、言われました。 抗うつ薬と抗不安薬。 大きな違いは何でしょうか? 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 専門家でないので薬の詳しいことは分かりませんが、成分や効き方に違いがあります。 お薬辞典より。 パキシル 「憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。 うつ病やうつ状態、またパニック障害の治療に用います。 interq. html ソラナックス 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html レキソタン 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html 私もパキシル+ソラナックスを飲んでいたことがあります。 私の場合はそのうちパキシルだけになりました。 私はとても重宝しました。 よく効くので。 ただ、中には体質に合わない人もいるようです。 一般的には、飲んでいる人の多い有名な薬ではあります。 パキシル(SSRIの一種)はよく説明がありますね。 これはメーカーの説明。 html 「抗うつ剤」にもいろいろあります。 私もドグマチール、アモキサンなど飲んだ頃がありました。 mh-net. html どれが一番いい薬、というんでなくて、人それぞれに合うお薬が選ばれます。 また、治療経過を見ながら途中で薬を変えたり量を変えることは一般的に行われていることです。 専門家でないので薬の詳しいことは分かりませんが、成分や効き方に違いがあります。 お薬辞典より。 パキシル 「憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。 うつ病やうつ状態、またパニック障害の治療に用います。 interq. html ソラナックス 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html レキソタン 「気分をリラックスさせるお薬です。 Q 20代、女性です。 一年程前に精神科で、不安神経症と診断されました。 一ヶ月ほどセルシンとパキシルを飲んでいたのですが、常に眠いという副作用が嫌で飲むのを止めました。 ちょうど抱えていたストレスが解消されたということもあって、服用せずとも、日常生活を送れるようになっていました。 しかし、この頃また当時の症状が出てくるようになりました。 (特にストレスを感じるわけでもないのですが。 )車を運転するのが怖い、一人行動が怖い、慣れない場所や人ごみを避けたがるなど、これらの行動をとると、気分が悪くなり、意識を失いそうになります。 治すにはやはり、通院することがベストなのでしょうか。 また治療により、元気に活動していた発症前の生活を取り戻すことは可能なのでしょうか? A ベストアンサー かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態になったりしました。 病院へ行くか行かないかというのは、つまり、薬を飲むか飲まないか、ということだと思います。 私の場合は、もともとが体質が弱く臆病な性格なため、一人で行動すると「途中で気分が悪くなったらどうしよう」という心配が常につきまとうので、がんがん行動できないのは子供の頃からのことなので気にしていないのですが、質問者様は、本来はがんがん行動できるタイプなようなので、症状が落ち着くように薬を飲むのが妥当かと思います。 医者が判断することですけれどもね。 完治するのが一番良いのですが、精神的なものは時間がかかる場合が多いように思います。 少しの薬で日常生活がまあまあ遅れるのであれば、あまり深刻に考えずに、ちょっと風邪をひいた、くらいの気持ちで、具合の悪い期間は薬を飲んでやりすごすような人生でもまあいいか、とラクにとらえてみてください。 この病気はがんばればがんばるほどストレスが増幅し症状が進行します。 それに、不安神経症でなくても、更年期障害でも車の運転はできなくなりますので、あれができないこれができないということをあまり深刻に考え込まないほうが、症状がラクになると思います。 アテにならない回答だったかもしれません。 お大事にされてください。 かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態にな... goo. html で御相談させて頂いた者です。 今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ 日々を過ごしておりますが、、、 やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。 会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、 なんとか頑張っています。 夜はちゃんと寝れています。 というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい 眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいます。 朝は目覚ましが鳴る1時間前に一度目が覚め、この時点で動悸・不安感があり、 今日もなんとか乗り越えないと・・・と考えながら、寝てるのか起きているのか分からない 状態で1時間程目覚ましが鳴るまで横になっています。 動悸・不安感は、出勤後に徐々に落ち着いて来る日もあれば、午前中ずっと酷い日もあります。 考え過ぎて動悸・不安感が酷くなるのか、動悸・不安感から考え過ぎてしまうのか・・・ よくわからなくなりました。。。 でも、前向きに、この苦難を乗り越えたいという気持ちに変わりはありません! 病院に行った方が良いのか、少し悩んでいます。 経済的にも、通院すると少々きついのでは? と不安もあり、、、また、病院で貰う薬に少し抵抗があります。 薬のせいで、眠くなったり、判断力が低下したりすると、仕事に支障が出るのでは? という心配があるのと、飲み始めてしまったら、、、薬に頼ってしまいそうです。 このような状態なのですが、病院へ行くとしたら、心療内科でしょうか?とりあえず 内科で良いのでしょうか?? また、薬についてもなにかアドバイス等を頂けるととても助かります。 何卒宜しくお願い致します。 goo. html で御相談させて頂いた者です。 今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ 日々を過ごしておりますが、、、 やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。 会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、 なんとか頑張っています。 夜はちゃんと寝れています。 というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい 眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいま... A ベストアンサー こんにちは。 昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。 直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。 心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、 1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。 寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。 このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。 医師との話で、軽いパニック障害の症状(動悸)もあるので、SSRIにしましょうとのことで、 パキシルの処方となりました。 ここで医師に言われたことは、「思い切って薬に頼って下さい」でした。 薬を服用したくない、すると怖いなどがまたストレスになるそうです。 もちろん体質にもよると思いますが、パキシルを飲み始めて2週間後、動悸が全く無くなりました。 現在は、一日に一回パキシルを20m飲んでおりますが、とても快調です。 今後は減薬をしていくことになりますが、そこにまたひと波乱あるかどうかは分かりません。 私は少なくとも医師のもとで適切な治療をして頂き、動悸で寝たきりから回復して、 再就職までして、元気にやっています。 適切な治療を受けられて、回復されることを切に願います。 こんにちは。 昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。 直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。 心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、 1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。 寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。 このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。 医師との話で、軽いパニック障害の症状... Q 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのですが 怖いです。 質問は 一度不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか? 私の場合はまだ完治したとは思っていませんが 回復に向かっていると思っていたので 異常な不安に苦しんだ感覚を忘れかけていた今 戻ってきたあの嫌な感覚に理解できません。 不安障害について調べて、私なりに勉強して、理解して納得して... と克復してきたので 今回の自分の症状にも納得したいです。 こちらでもとてもお世話になりました。 どなたかまたご教授お願いできないでしょうか? 何卒 宜しくお願い致します。 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのです... Q 当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため 2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回 夜 飲んでいました。 デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。 デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。 今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。 本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので 不安障害も若干気になるが毎日不安があるわけでもないので大分良くなった方と言われました。 、メイラックスを今日から断薬してくださいといきなり言われました。 正直びっくりしています。 減薬ならまだしも1mgからいきなり断薬なんて… 主治医・薬剤師に離脱症状のことを尋ねると、服用期間が約1年なのと量も1mgなのでいきなり断薬でも大丈夫と言われました。 いろいろ調べるとメイラックスは比較的離脱は出ないという意見と高い確率できつい離脱症状がでるという意見の真っ二つに分かれているので困惑しています。 またよく減薬や断薬の際に長期連用の人には…と続く文章がありますが、長期連用の基準が分かりません。 私の1年は長期連用にあたるのでしょうか? デパスは継続で頓服出されました。 親が6年メイラックス飲んでいきなり断薬していましたが離脱症状は出ていませんでした。 4月から社会人として、新しい環境になります。 自分も確かにメイラックスは辞めたいなと思っていましたが前質問の抜歯や卒業論文、就職先で絶対必要な資格試験などすこし大きなイベントがたくさんあってタイミングを見逃していました…。 正直現在の主治医の態度にすごく不信感です。 すいません。 長くなりますのでここは割愛させてください。 明後日違う心療内科に行こうと思っています。 長文・乱文申し訳ありませんが ・メイラックス1mgからいきなりの断薬をしても大丈夫なのか ・離脱症状は高い確率で起こり、きついのか ・それとも離脱症状は少ないのか ・長期連用はどのくらいの期間からそう示されるのか。 ・減薬の方がいいのであればどのように減薬していくのが一番安全か 隔日か量を減らすかとかありますが… ・経験談 よろしくお願いいたします。 いきなり言われてパニックになっている部分があり申し訳ありません。 当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため 2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回 夜 飲んでいました。 デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。 デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。 今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。 本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので 不安障害も若干気になるが毎日不安が... A ベストアンサー いきなりの断薬は不安ですよね。 私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。 やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。 減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、 やはり多少離脱症状がでました。 ちなみに服用は一年くらいでした。 離脱症状は個人差がありますが、断薬はゆっくり行えば我慢できない程の事態はないと思います。 ちなみに、睡眠薬、抗鬱薬、安定薬いずれも配合が違うだけで成分は似ていて、離脱症状の原因となるのはベンゾジアゼピンという物質だそうです。 日本は患者数が多いのに、欧米に比べ、知識、研究が遅れているそうです。 薬に頼り過ぎ、カウンセラーやセラピストが少ないのも問題視されています。 研究が進んでいるイギリスの大学教授の本ですと、2週間以上の服用で依存がみられ、長期といえるとしています。 この教授は、断薬マニュアルを発表していて、ネットでも閲覧可能ですから、ぜひ読んで見て下さい。 アシュトンマニュアルといいます。 断薬するのは質問者様ですから、自分の体と相談しながら自分のペースで断薬するのも選択だと思います。 まだ服用されて一年とのことで、長年服用するともっと離脱が難しくなります。 頑張って下さい。 長文、失礼しました。 いきなりの断薬は不安ですよね。 私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。 やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。 減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、 やはり多少離脱症状がでました。 ちなみに服用は一年くらいでした。

次の

パニック障害に使う薬ー パニック障害 3

パニック 障害 薬

旅客機が墜落する確率について引用: まず、米国の国家安全運輸委員会(NTSB)の調査によると、飛行機に乗った時に墜落する確率は 0. しかし、これはあくまで全世界の航空会社総合の平均値。 米国国内の航空会社のみを考えた場合、確率は 0. つまり、 墜落事故に遭遇する確率は宝くじの一等に当選する以上に非現実的な天文学的に低い数字です。 このような統計の理解もパニック障害の人が飛行機に無事乗れることができるようになるために役立つ知識だと思います。 要するに、 パニック障害の人が飛行機を恐れる理由の一つは杞憂であると頭で理解することができるようになるということができます。 飛行機に乗る1時間前に抗不安薬を服薬しておく また、ここまでの話は、精神論が多かったので、それと真逆の具体的な方法を、ここで書きますと、 (ただし、車の運転のような自分で行う乗り物の操作の場合においては、十分に注意してください。 抗不安薬は一般に注意力を散漫にするからです。 ) パニック障害の人は飛行機に単独で乗るのを避ける これも対策になります。 パニック発作が仮にもし起きても、同伴してくれる人がいるとそれが大きな安心につながりますので、発作は起こりづらくなります。 しかし、 サラリーマンのような仕事をされており、単独で遠方への出張を命ぜられた場合、現実的にこれは難しいと思います。 したがって、 あまりにも症状が酷いのであれば、抗不安薬を事前に飲んでおくことが一番です。 カフェインは避ける 飛行機の搭乗ロビーや機内において、飲み物としてコーヒーが販売されていたり、あるいは機内で出されることが少なくありません。 カフェインは興奮物質ですので、一般にパニック障害を悪化させます。 そのため、空港内外でのカフェインの摂取は中止した方がよく、アルコールの方が遥かに良いのです。 逆に、アルコールを飲むとリラックスします。 (もちろん、職務中の飲酒は日本国内ではまず、できませんが、イタリアですとかフランスですとか、海外では普通に昼間からビールを飲んでも一切問題お咎めなしという国は結構あります・・・・・・。 ) 座席予約はなるべくトイレに近い席にしておく パニック発作が起きたり、吐き気が催してきた場合、トイレに駆け込むことが必要です。 そのような場合、トイレに近い座席を予約しておいた方が、もしものときに便利です。 飛行機搭乗中にパニック障害で吐き気が急に出た場合でも、すぐにトイレに駆け込むことが可能で、その場で吐いてしまうことなどもまずなくなります。 (関連:) ・ 今回はパニック障害の人の飛行機を克服する・・・・・・そういった趣旨の記事を書かせていただきましたが、パニック障害の人は飛行機に限らず、閉所で一定時間拘束される環境を苦手とすると言われています。 しかしながら、 同じ環境、状況を何度も繰り返すことで、ある程度その苦手な対象へ慣れることは可能です。 それでもどうしても乗り越えられないような予期不安が生じるのであれば、薬を事前に飲まれておくことも一法で有効です。 そして、好きな音楽でも聴いてリラックスして寝てしまえばいいのです。 過去の私ですが、飛行機は大丈夫だったのですが、さすがに、10数時間という長時間に及ぶ飛行機のフライトを余儀なくされる海外便にはうんざりさせられ続けました。 そんな時は、好きな音楽をひたすら聴いていましたね。。。 また、機内で無料で出されるワインを何度も飲んでリラックスしていました。 少しでもこの記事がパニック障害で苦しむ人の助けになれば幸いです。

次の

パニック障害者が妊娠・出産するために知っておくべきポイント

パニック 障害 薬

鬱と不安障害を再発した者です。 お世話になります。 以前初めて症状が出た際は、抗不安薬レキソタンと抗鬱剤デプロメールで回復しました。 デプロメールの効果は実感できましたが、同時に副作用(悪夢、体重変動等)もひどかったです。 今回また症状が再発してしまい、同じくssriとレキソタンを処方されました。 副作用がきつかった抗鬱剤はもう飲まず、抗不安薬だけで治したい旨を伝え、一応了承頂きました。 前回はデプロメールを飲んでいたからか、レキソタンは1日4mg程度で済んでいましたが、今回は15mg飲まないと正常でいられません。 このまま治るのかどうかもわかりません。 やはり副作用がきつくてもssriを飲む方がいいのでしょうか? パニック障害などは抗不安薬だけで治ったという声もよく見かけるのですが、鬱や全般性不安障害でも抗不安薬のみ(あとは生活改善など)で治ることはあるのでしょうか。 主治医は無理にssriを飲ませることはしない、私の意見を尊重してくださるそうで、皆様の体験や知識をお借りしたいと思い、質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。 デプロメールの悪夢などが辛かったのですね。 以前に罹患されていた時は、ジェイゾロフトは試したことがありますか? ジェイゾロフトは、体重があまり増加しないというか減少する方もあるようです。 あるいは、古いタイプのお薬ですが3環系や4環系も試すことを主治医の先生と相談されてみてはいかがでしょうか? 「喉の渇き」というようなわかりやすい副作用が出やすいかもしれませんが、効く方では良く効くそうです。 抗うつ剤なしで治るかたも、中にはあると思います。 しかし、多くの場合には適切な服薬をする方が、よりスムーズに回復することを期待できるからこそ、医師は服薬を勧めるわけですよね? もしかしたら、抗うつ剤を少量でも服用すると、レキソタンを飲む量を少し減らすことができるかもしれませんね。 抗不安剤も多めの量を長期間服用され、減量に苦労する方もあるようです。 抗不安剤の減量時に悪夢に悩まされる方もあるとか・・・・・・。 作用も副作用も個人差が大きいので、試してみるしかないと思います。 抗うつ剤を変えた途端に劇的に元気になる、という話を聞くことも珍しくありません。 (一方で、いろいろ試しても、なかなか良くならないという話も聞きますが) 抗うつ剤をいくつか試してみて、副作用が少なそうなものを探してみてはいかがでしょうか? ご回答ありがとうございます。 夜中悪夢で目覚めた後は、怖くて起きている日々でした。 眠いのに顔を洗って起きていました。 >しかし、多くの場合には適切な服薬をする方が、よりスムーズに回復することを期待できるからこそ、医師は服薬を勧めるわけですよね? 本当に仰る通りです。 現在は抗不安薬だけですが、治る気配はなく、たまに悪化している感すらあり、限界を感じ始めております。 主治医も、今回ssriを使う場合はジェイゾロフトにしてはどうか?と仰っていました。 デプロメールよりは作用、副作用とも「マイルド」だからと。 その時はssriと聞いただけで拒否してしまいましたが、今度試す順番としてはジェイゾロフトになりそうです。 また、ssri以外の薬という選択肢もあるのですね。 ありがとうございます。 ジェイゾロフトも痩せそうで怖いですが、いくつか試してみて、自分に合った抗鬱剤をみつけられればと思います。 本当にありがとうございました。 こればかりは個人差があるので何とも言えません。 試行錯誤して結論を出すしかないですね。 ちなみに私はうつ病、パニック障害ともに抗うつ剤は初めて精神科にかかった最初のひと月位しか飲みませんでした。 副作用があった訳ではないのですが、効果が感じられなかったので医師に言って止めました。 抗不安剤で不安や緊張を緩めつつ、心理学など独学でやり、物事の捉え方を変える事で寛解してます。 後から考えると認知行動療法みたいな事を自分でやっていたような感じです。 薬はあくまでも対症療法、補助に過ぎないと思います。 だからと言って薬は否定しませんが・・ ストレスが原因ならストレス発散を考えるのではなく、なぜ、それがストレスになるのか?自分のどういう考え方がストレスに感じてしまうのか?掘り下げていけば、見えてくるものがあると思います。 Q 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲んでいて、効いていました。 やる気は出ませんが、穏やかではいられます。 ただ、強い不安の時には効かないので、もっと強い抗不安薬が欲しいなと思っていました。 よく話を聞いてくれて、良いお医者さんだとは思いましたが、SSRIは少し不安になってしまいました。 その時もっと詳しく聞けば良かったと思ってます。 出された薬を3日飲んで見た感じですが、発疹が足に少し出ました。 あと、少しカッカする感じがします。 私は、穏やかな飲みごこちのものが好きなのですが、どちらかというとイライラ系です。 できれば、レキソタンなど、評判がいい抗不安薬などを試してみたいと思ってたのですが、やはりSSRIで治療していくべきでしょうか? 薬に関してよく知らないので、教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲... A ベストアンサー 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点をひた隠しにしています。 ですのでどうやったら根本治療できるかを考えたほうがいいです。 もちろん、病気の急性期には安定剤は必要だと思いますし、 頓服して飲むのも依存のリスクを減らしますので大丈夫だと思います。 提案ですが、 漢方はいかがでしょうか。 体質によりますが、イライラや不安に効くものを私は服用してますが、 よく効いてますよ。 即効性はありませんが、穏やかな気持ちが長続きします。 なにより、体質を改善しますので、根本治療の期待が持てることがメリットです。 漢方はほかの薬の邪魔はしませんので安定剤との併用も可能です。 いろいろ書きましたが、 私はこうした薬を何種類も飲んでいたからあまりすすめたくありません。 長期的に脳をコントロールする薬はリスクがありますよ。 私は離脱症状で苦しんでいます。 この苦しみは人格が破壊されます。 よく考えて服用してくださいね。 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点を... A ベストアンサー 心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。 もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。 抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。 うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。 ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰となると吐き気や性機能障害がでやすくなります。 うつ病だと、セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下しているため抗うつ薬を飲んでも過活動になりにくいため副作用がでにくい(それでも出る人はでます)のに対して、普通の人が服薬すると過活動になるため副作用がでやすくなります。 また、パキシルという抗うつ薬は、副作用は少ないのですが服薬をやめたあとにめまい、吐き気、発熱、いらいらなどの退薬症状がでるので、うつ病でない人は絶対に飲んではだめです。 html 心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。 もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。 抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。 うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。 ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰... A ベストアンサー 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。 下記のサイトにいろいろと情報が出ております。 うつ病のかたが 実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。 効果はいろいろみたいですが。 lighttherapy. lighttherapy. html でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、 散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを 整えることができたと実感しています。 調子が良い時に 使用するとさらに調子が良くなる感じでした。 少しでも参考になれば。 lighttherapy. lighttherapy. html 私は、とにかく休息しました。 ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は 散歩をしました。 そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって いくのを感じました。 正直、抗うつ剤などは全く効いて いませんでした。 夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても 半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に 悶え苦しんでいました。 睡眠剤は半年で効かなくなり、 あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、 睡眠障害には特に苦しみました。 いろいろ試し... デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうしても増える。 そうなると飲む量も多くなる。 長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。 私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。 あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。 デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので 切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。 精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。 作用時間が12~14時間位です。 等価換算表ではデパス1. デパスに比べると効きがマイルドな感じで 効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。 余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で 確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。 海外ではサプリ並みという事はないと思います。 デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうして... A ベストアンサー 精神科医です。 ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。 あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。 さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。 抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。 書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。 まず、本人の意識というのは非常に難しく医師でもどのように感じているかは正確に判断できません。 うつ病になる前の状態とうつ病になったときの状態を比較して、気分変化が具体的にあるかどうかを鑑別します。 これでは、あなたの回答には程遠いので少し噛み砕いてご説明いたします。 抗うつ剤を処方してから、効果の発現は早い場合には1週間から二週間で出ます。 この効果とは、憂鬱と自覚する時間帯がどのように変化したかを観察してみるとわかりやすいと思います。 そして、病職がもてるようになったということは、うつ状態から改善の方向に向かっている尺度になります。 すなわち、抗うつ剤の効果は劇的におこるものではなくて、徐々に気分が楽になる、億劫や面倒だということがなくなってくる、行動意欲が湧いてくる、不安感がなくなる、将来に希望がでる・・といった自覚症状を認識できれば効果が出ているということになるでしょう。 あくまでも、これは単極性のうつ病の場合で躁うつ病(双極性障害)の場合とは考え方が異なりますので注意をしておいてください。 抗うつ剤は、ご存知の通り血中濃度がある程度一定の濃度を満たしていなければ効果が期待できません。 単剤で、十分量の適した(患者さんにあった)処方であれば、先に記述したことは顕著に認識できるようになります。 さらに、感情や気分変化と同時に行動特性を観察するとわかりやすいです。 うつ状態にあるときは、一日中寝ていてばかりということもありますが、抗うつ剤の効果によって、規則的な日常生活が行えるようになってきたかどうかということです。 大うつ状態に陥っているときは、重篤でこのようなネットの書き込みさえできないことがあります。 その意味では、あなたは理路整然と文章を書いていることから、文面からだけみれば、うつ症状は改善の方向にあるのではないかと予想しています。 ただ、患者さんには例外のケースもありまして、仕事などはうつで行けないけども、自分の趣味だけは平然とできる、といったタイプのうつ症状も最近診てきています。 ですから、あくまでも推測だと判断してください。 そして、抗うつ剤を飲んでいるときと飲んでいないときの差ですが先に記載しましたが、補足すると経験上では画期的な(劇的な)効果を感じることはないと思います。 自然に、普通の状態になっていくという経路をたどっていきます。 例外として、双極性障害の患者さんに、抗うつ剤が作用して躁転させてしまうことがあります。 うつ病だと思っていて、抗うつ剤を処方したがゆえに躁転してあっというまにハイテンションになるケースがあるのです。 これは、医師の問題でもあり、双極性障害のうつ症状は治療が異なりますので注意が必要です。 単極性のうつ病の患者さんであれば抗うつ剤がぴたりとあえば、気分や感情が自然に昂揚していき行動的になります。 そして、病職をもつことができ、自制心(病気をコントロールする力)が芽生えてきます。 医師との診断でも、顕著に症状が改善されたことがわかり、寛解、完治へと向かいます。 医師もこの時点で、病気が改善されていることを確認して治療方針、戦略を考えていきます。 想像ではありますが、あなたの場合、「抗うつ剤がご自分に合っているかどうか」ご心配されているのではないかと思います。 これは、どの方々でも同じ疑問であり悩みであって、専門医でも難しい課題です。 色々な抗うつ剤を各種試したけど効果がでない、と主訴してくる方は多いのです。 医師の技量にもよりますが、多剤処方をしてしまい治療方針が混乱する結果となることがあります。 どの薬剤が効果を成していて副作用を出しているのか全く判別できなくなるのです。 どの抗うつ剤があうかは、実際に診察してみなければ分からないし同時に、服用して見なければわかりません。 当たり前のことですが、効果の発現に時間を要するために治療が長引くのは現在のうつ病治療の壁でもあります。 蛇足的になりますが、SNRIやSSRIだから良いとか3環形だから副作用が強くてダメということもありません。 しかし、うつは辛い症状です。 患者さんとしては早くこの辛さから脱出したいと思っておられます。 そのため、補強として抗精神病薬や気分安定剤、抗不安薬を併用処方していくこともあります。 同じ患者さんでも医師によってまるで処方が違ってしまうのも事実です。 このような現実は、まだまだうつ病治療の課題だといえます。 まとめますと、抗うつ剤は劇的に効果をなす、すなわち劇的に気分が晴れるとか気分爽快になるという作用の仕方はありません。 マイルドに、効果を成していき憂鬱な気分は晴れていきます。 ただし、健常者でも憂鬱な気分はあるように、抗うつ剤を飲んでいるからといって全く憂鬱な状態(抑うつ状態)が消えるわけではありません。 それは、むしろ自然な現象です。 2、3週間以上経過しても連続して憂鬱な状態が継続し続けるようであればそれは病的な憂鬱です。 抗うつ剤を投与していても変化なしならば、やはり抗うつ剤が合わないという結果になります。 簡単な回答ですが、文面から推定してお答えさせていただきました。 あくまでも、いち専門家の意見としてお答えさせていただきます。 詳しいことは、必ず最初に書きましたが専門医の実際の診察を受けて治療を受けてください。 精神科医です。 ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。 あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。 さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。 抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。 書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。 まず、本人の意識というの... Q こんばんは。 パニック障害で通院して1年半が経ちます。 ずっと抗不安薬(ソラナックスとレキソタン)を服用していましたが、先日パキシルという抗うつ薬を処方されました。 数ヶ月前に一度、抗うつ薬を処方したいが副作用の関係で逆効果になるかもしれない・・と言われました。 通院当初は、発作への不安が強く生活に支障がありましたが、最近では家にいる分には大きな不安は無くなりました。 ただ、微熱やほてりなどはなかなか治まらず、いつも主治医に訴えていました。 このような身体状態に抗うつ薬は効くのでしょうか?抗不安薬では駄目なのでしょうか? 服用して3週間。 まだ効果はわかりませんが、主治医いわく「今後はパキシルをメインとし、不安薬は頓服として・・」と、言われました。 抗うつ薬と抗不安薬。 大きな違いは何でしょうか? 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 専門家でないので薬の詳しいことは分かりませんが、成分や効き方に違いがあります。 お薬辞典より。 パキシル 「憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。 うつ病やうつ状態、またパニック障害の治療に用います。 interq. html ソラナックス 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html レキソタン 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html 私もパキシル+ソラナックスを飲んでいたことがあります。 私の場合はそのうちパキシルだけになりました。 私はとても重宝しました。 よく効くので。 ただ、中には体質に合わない人もいるようです。 一般的には、飲んでいる人の多い有名な薬ではあります。 パキシル(SSRIの一種)はよく説明がありますね。 これはメーカーの説明。 html 「抗うつ剤」にもいろいろあります。 私もドグマチール、アモキサンなど飲んだ頃がありました。 mh-net. html どれが一番いい薬、というんでなくて、人それぞれに合うお薬が選ばれます。 また、治療経過を見ながら途中で薬を変えたり量を変えることは一般的に行われていることです。 専門家でないので薬の詳しいことは分かりませんが、成分や効き方に違いがあります。 お薬辞典より。 パキシル 「憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。 うつ病やうつ状態、またパニック障害の治療に用います。 interq. html ソラナックス 「気分をリラックスさせるお薬です。 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 interq. html レキソタン 「気分をリラックスさせるお薬です。 Q 20代、女性です。 一年程前に精神科で、不安神経症と診断されました。 一ヶ月ほどセルシンとパキシルを飲んでいたのですが、常に眠いという副作用が嫌で飲むのを止めました。 ちょうど抱えていたストレスが解消されたということもあって、服用せずとも、日常生活を送れるようになっていました。 しかし、この頃また当時の症状が出てくるようになりました。 (特にストレスを感じるわけでもないのですが。 )車を運転するのが怖い、一人行動が怖い、慣れない場所や人ごみを避けたがるなど、これらの行動をとると、気分が悪くなり、意識を失いそうになります。 治すにはやはり、通院することがベストなのでしょうか。 また治療により、元気に活動していた発症前の生活を取り戻すことは可能なのでしょうか? A ベストアンサー かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態になったりしました。 病院へ行くか行かないかというのは、つまり、薬を飲むか飲まないか、ということだと思います。 私の場合は、もともとが体質が弱く臆病な性格なため、一人で行動すると「途中で気分が悪くなったらどうしよう」という心配が常につきまとうので、がんがん行動できないのは子供の頃からのことなので気にしていないのですが、質問者様は、本来はがんがん行動できるタイプなようなので、症状が落ち着くように薬を飲むのが妥当かと思います。 医者が判断することですけれどもね。 完治するのが一番良いのですが、精神的なものは時間がかかる場合が多いように思います。 少しの薬で日常生活がまあまあ遅れるのであれば、あまり深刻に考えずに、ちょっと風邪をひいた、くらいの気持ちで、具合の悪い期間は薬を飲んでやりすごすような人生でもまあいいか、とラクにとらえてみてください。 この病気はがんばればがんばるほどストレスが増幅し症状が進行します。 それに、不安神経症でなくても、更年期障害でも車の運転はできなくなりますので、あれができないこれができないということをあまり深刻に考え込まないほうが、症状がラクになると思います。 アテにならない回答だったかもしれません。 お大事にされてください。 かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態にな... goo. html で御相談させて頂いた者です。 今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ 日々を過ごしておりますが、、、 やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。 会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、 なんとか頑張っています。 夜はちゃんと寝れています。 というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい 眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいます。 朝は目覚ましが鳴る1時間前に一度目が覚め、この時点で動悸・不安感があり、 今日もなんとか乗り越えないと・・・と考えながら、寝てるのか起きているのか分からない 状態で1時間程目覚ましが鳴るまで横になっています。 動悸・不安感は、出勤後に徐々に落ち着いて来る日もあれば、午前中ずっと酷い日もあります。 考え過ぎて動悸・不安感が酷くなるのか、動悸・不安感から考え過ぎてしまうのか・・・ よくわからなくなりました。。。 でも、前向きに、この苦難を乗り越えたいという気持ちに変わりはありません! 病院に行った方が良いのか、少し悩んでいます。 経済的にも、通院すると少々きついのでは? と不安もあり、、、また、病院で貰う薬に少し抵抗があります。 薬のせいで、眠くなったり、判断力が低下したりすると、仕事に支障が出るのでは? という心配があるのと、飲み始めてしまったら、、、薬に頼ってしまいそうです。 このような状態なのですが、病院へ行くとしたら、心療内科でしょうか?とりあえず 内科で良いのでしょうか?? また、薬についてもなにかアドバイス等を頂けるととても助かります。 何卒宜しくお願い致します。 goo. html で御相談させて頂いた者です。 今も最大の問題が解決せず、なんとか、『大丈夫!なんとかなる!』と自分に言い聞かせ 日々を過ごしておりますが、、、 やはり波があり、特に朝起きた時の動悸・不安感が酷く、けっこう辛いです。。。 会社を休もうか・・・と思ってしまうのですが、今休んだら駄目だ、、、と思い、 なんとか頑張っています。 夜はちゃんと寝れています。 というより、ここの所夕食後に起きているのが辛いくらい 眠気があり、就寝時はすぐに眠ってしまいま... A ベストアンサー こんにちは。 昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。 直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。 心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、 1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。 寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。 このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。 医師との話で、軽いパニック障害の症状(動悸)もあるので、SSRIにしましょうとのことで、 パキシルの処方となりました。 ここで医師に言われたことは、「思い切って薬に頼って下さい」でした。 薬を服用したくない、すると怖いなどがまたストレスになるそうです。 もちろん体質にもよると思いますが、パキシルを飲み始めて2週間後、動悸が全く無くなりました。 現在は、一日に一回パキシルを20m飲んでおりますが、とても快調です。 今後は減薬をしていくことになりますが、そこにまたひと波乱あるかどうかは分かりません。 私は少なくとも医師のもとで適切な治療をして頂き、動悸で寝たきりから回復して、 再就職までして、元気にやっています。 適切な治療を受けられて、回復されることを切に願います。 こんにちは。 昨年のちょうど今頃、全く同じ症状で、3か月間ほぼ寝てばかりいました。 直接の原因は、仕事上でのストレスで、全く眠れないところから始まりました。 心療内科に行き自律神経失調症との話で、軽い睡眠薬と精神安定剤を処方されて、 1か月くらい経ったところで、不安と動悸が始まりました。 寝ている時を除き動悸で不安になり、精神安定剤を限度まで飲み、ほぼ寝ていました。 このタイミングで仕事も退職しましたが、その後も全く症状は改善しない状態でした。 医師との話で、軽いパニック障害の症状... Q 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのですが 怖いです。 質問は 一度不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか? 私の場合はまだ完治したとは思っていませんが 回復に向かっていると思っていたので 異常な不安に苦しんだ感覚を忘れかけていた今 戻ってきたあの嫌な感覚に理解できません。 不安障害について調べて、私なりに勉強して、理解して納得して... と克復してきたので 今回の自分の症状にも納得したいです。 こちらでもとてもお世話になりました。 どなたかまたご教授お願いできないでしょうか? 何卒 宜しくお願い致します。 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのです... Q 当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため 2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回 夜 飲んでいました。 デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。 デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。 今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。 本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので 不安障害も若干気になるが毎日不安があるわけでもないので大分良くなった方と言われました。 、メイラックスを今日から断薬してくださいといきなり言われました。 正直びっくりしています。 減薬ならまだしも1mgからいきなり断薬なんて… 主治医・薬剤師に離脱症状のことを尋ねると、服用期間が約1年なのと量も1mgなのでいきなり断薬でも大丈夫と言われました。 いろいろ調べるとメイラックスは比較的離脱は出ないという意見と高い確率できつい離脱症状がでるという意見の真っ二つに分かれているので困惑しています。 またよく減薬や断薬の際に長期連用の人には…と続く文章がありますが、長期連用の基準が分かりません。 私の1年は長期連用にあたるのでしょうか? デパスは継続で頓服出されました。 親が6年メイラックス飲んでいきなり断薬していましたが離脱症状は出ていませんでした。 4月から社会人として、新しい環境になります。 自分も確かにメイラックスは辞めたいなと思っていましたが前質問の抜歯や卒業論文、就職先で絶対必要な資格試験などすこし大きなイベントがたくさんあってタイミングを見逃していました…。 正直現在の主治医の態度にすごく不信感です。 すいません。 長くなりますのでここは割愛させてください。 明後日違う心療内科に行こうと思っています。 長文・乱文申し訳ありませんが ・メイラックス1mgからいきなりの断薬をしても大丈夫なのか ・離脱症状は高い確率で起こり、きついのか ・それとも離脱症状は少ないのか ・長期連用はどのくらいの期間からそう示されるのか。 ・減薬の方がいいのであればどのように減薬していくのが一番安全か 隔日か量を減らすかとかありますが… ・経験談 よろしくお願いいたします。 いきなり言われてパニックになっている部分があり申し訳ありません。 当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため 2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回 夜 飲んでいました。 デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。 デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。 今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。 本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので 不安障害も若干気になるが毎日不安が... A ベストアンサー いきなりの断薬は不安ですよね。 私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。 やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。 減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、 やはり多少離脱症状がでました。 ちなみに服用は一年くらいでした。 離脱症状は個人差がありますが、断薬はゆっくり行えば我慢できない程の事態はないと思います。 ちなみに、睡眠薬、抗鬱薬、安定薬いずれも配合が違うだけで成分は似ていて、離脱症状の原因となるのはベンゾジアゼピンという物質だそうです。 日本は患者数が多いのに、欧米に比べ、知識、研究が遅れているそうです。 薬に頼り過ぎ、カウンセラーやセラピストが少ないのも問題視されています。 研究が進んでいるイギリスの大学教授の本ですと、2週間以上の服用で依存がみられ、長期といえるとしています。 この教授は、断薬マニュアルを発表していて、ネットでも閲覧可能ですから、ぜひ読んで見て下さい。 アシュトンマニュアルといいます。 断薬するのは質問者様ですから、自分の体と相談しながら自分のペースで断薬するのも選択だと思います。 まだ服用されて一年とのことで、長年服用するともっと離脱が難しくなります。 頑張って下さい。 長文、失礼しました。 いきなりの断薬は不安ですよね。 私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。 やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。 減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、 やはり多少離脱症状がでました。 ちなみに服用は一年くらいでした。

次の