ニキビ 場所 原因。 ニキビが出来る場所には意味がある?「ニキビの恋占い」とは?

あなたのニキビはどのタイプ?できる位置でわかるニキビの原因

ニキビ 場所 原因

【原因】 ・皮脂線が多く、皮脂分泌が過剰 ・ストレスによる男性ホルモンの増加 ・シャンプーやトリートメントのすすぎ残し ・前髪や整髪料の刺激 ・おでこ…腸などの消化器官に負担がかかっている ・生え際…肝機能の低下 髪の生え際やおでこは皮脂量が多いので、ニキビができやすい場所の一つ。 特に思春期のときにできることが多いですね。 大人になってからも、おでこにニキビができることが多い場合は、 シャンプーのすすぎ残しや腸に負担をかけるような暴飲暴食、便秘などが原因になっている場合もあります。 【対策】 生え際やおでこニキビをできにくくするには、生え際にシャンプーが残らないようにしっかりすすぎ、前髪がおでこに当たらないような髪型をするようにしましょう。 また、胃腸や肝機能に不調がある可能性もあるので、 【原因】 ・毛穴が大きく、深い ・皮脂腺が大きいので、皮脂の分泌も多い ・紫外線やファンデーションなどの刺激 ・胃や肝臓、腎臓の不調 鼻は毛穴が大きいうえに、深いので皮脂や汚れが詰まりやすい場所。 おでこと鼻を含めたTゾーンは思春期ニキビができやすい場所ですが、大人になってからも ファンデーションに詰まりや、紫外線・触ったりすることによる刺激でニキビができます。 また、鼻の先端や小鼻にニキビができやすい場合は、塩分やたんぱく質の取り過ぎによって胃や腎臓に負担がかかって血流が悪くなっている可能性もありますね。 【対策】 鼻ニキビを治すのには洗顔をキチンと行うことが大切。 毛穴に皮脂や汚れが残らないように、 化粧を落としたあとにモチモチの泡を作って毛穴の奥の汚れもしっかりと取るようにしましょう。 鼻を触らないようにしたり、刺激の少ないファンデーションに変えるとさらにいいですね。 あと、塩分やたんぱく質の摂取が多い、食事量が多いと感じるなら、それらを制限することも意識してみてください。 【原因】 ・バリア機能の低下、乾燥 ・胃腸の荒れや便秘 ・糖分や脂質の摂り過ぎ ・枕や布団の汚れ 頬は顔の中でも面積が広いため、刺激を受けやすいし、乾燥しやすい部分。 また、両頬にニキビができてるのか、片方の頬にできているのかでも違いがあります。 両頬の場合は、肌の乾燥や便秘、糖分・脂質による肝機能の低下が原因になってきますが、右頬か左頬のどちらか一方にできる場合は、• 右頬…鼻炎、気管支炎• 左頬…ストレス、寝不足、生理不順 などの体の不調、もしくは寝具の汚れが考えられます。 保湿成分とニキビに有効な成分が含まれている化粧水でしっかり保湿してあげましょう。 また、ゴシゴシと洗顔すると肌のバリア機能が低下して乾燥の原因になるので注意。 他には、脂っこいものやお菓子、アルコールの摂取が多いと肝機能が低下して、老廃物を蓄積しやすくなるので控えたり、枕や布団は定期的に洗うようにしてくださいね。 ホルモンバランスが乱れる原因は• 食生活の乱れ…外食やコンビニ食、偏った食事など• 睡眠不足…寝る時間が短い、寝る時間が不規則、質が悪い• ストレス…仕事・人間関係、環境の変化• 生理前~生理中…黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加 といったものが関係してきます。 これらのことによって、男性ホルモンが増加して、男性の髭が生えるフェイスライン・顎にニキビが発生しやすくなるわけです。 奥歯のあたりにニキビができやすいなら虫歯の可能性も考えられますね。 【対策】 フェイスラインのニキビはホルモンバランスを調節することが大切。 ホルモンバランスを整えるには、原因になっていることの逆をやりましょう。 バランスの取れた食事や睡眠時間の確保、ストレスを溜めないようにすることですね。 規則正しい生活を送ることで、 生理前~生理中に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)にも良い影響を与えてくれますよ。 【原因】 ・生理によるホルモンバランスの乱れ ・男性ホルモンの増加 ・口角の上…暴飲暴食やお酒によって胃腸が弱ってる ・口角の下…虫歯によるもの 口周りのニキビはフェイスライン同様、男性ホルモンの影響を受けやすい場所。 基本的な原因はフェイスラインと一緒ですが、 口周りは食生活の影響を強く受けます。 例えば、以下のような食生活が続いていませんか?• 飲み会が続いて、お酒を飲んだり、脂っぽいものをよく食べる• 辛い物or甘いものをよく食べる• 間食が多くて、空腹状態になることがない このような食生活が続くと、 胃が疲れてしまうせいで消化機能が低下してしまいます。 また、飲み会の疲れが溜まったり、風邪による体力低下によってできることもありますね。 【対策】 口周りニキビの対策も基本はフェイスラインと同じで、ホルモンバランスを整えることです。 それ以外にやってもらいたいことが、 胃を休ませることとビタミンB群の摂取。 消化が良いお粥ややわらかいうどんを食べるようにしたり、肌の生まれ変わりを助けるビタミンBを摂取するようにしてください。 【原因】 ・ストレスによる男性ホルモンの増加 ・汚れや摩擦によるもの ・首~肩の血行不良 首ニキビはフェイスラインや顎のすぐ下に当たる場所なので、ストレスや生理前のホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンが増加していることが原因。 それだけでなく、 シャツの襟やネックレスによる摩擦やマフラーなどの汚れ、シャンプーのすすぎ残し、汗の放置なども関係してきます。 また、同じ姿勢でいることが多い場合は、首~肩の血行不良によって、老廃物が溜まっている可能性もありますね。 【対策】 首ニキビは顔にできる大人ニキビと同じように、 生活習慣の改善と保湿してケアすると同時に、汚れや刺激になるようなものを避けることで治していきます。 【原因】 ・男性ホルモンの影響 ・皮脂の過剰分泌 ・下着による摩擦や汚れ ・マラセチア菌 胸を含む、Vゾーン(鎖骨からみぞおち)はもともと、皮脂腺が発達しているので、 他の部分よりも2~3倍も皮脂や汗がでやすく、毛穴に皮脂が詰まりやすい場所。 そのため、下着の摩擦やシャンプーなどのすすぎ残しがあるとニキビができやすいんです。 また、男性であれば胸毛が生える場所でもあるので、男性ホルモンの影響も受けます。 マラセチア毛包炎は、マラセチア菌という真菌(カビ)が原因なので、ニキビケアでは治らず、抗真菌剤などを使った皮膚科での治療が必要になります。 ニキビの原因であるアクネ菌も、マラセチア毛包炎の原因であるマラセチア菌も皮脂が多くて、ジメジメしたところが大好きです。 だから、なるべく胸元に湿気を溜めないように通気性の良い下着を着用しましょう。

次の

ニキビができる場所別で教える原因と対策!体の不調も分かる!

ニキビ 場所 原因

ニキビの場所別!原因と予防方法 ニキビの場所別!原因と予防方法 額・おでこは皮脂の分泌量が多いためニキビができやすい場所のひとつです。 とくに思春期ニキビができやすいといわれていますが、大人になっても悩まされている方は少なくありません。 額・おでこのニキビの原因 額・おでこのニキビは思春期にできやすいもので、ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることが原因です。 一方、大人になって額・おでこにニキビができるのは、前髪の刺激やシャンプーのすすぎ残し、さらに、生活習慣の乱れや間違った洗顔方法などが原因として考えられます。 額・おでこのニキビからわかる体の不調 額・おでこのニキビは体調に関係なく、前髪が触れることで刺激を受けたり、シャンプーや整髪料が残っていたりしてでできるケースが多くみられます。 それらに注意しているにも関わらず頻繁にニキビができる場合は、ストレスによってホルモンバランスが乱れている可能性があります。 額・おでこのニキビの予防方法 額・おでこは、顔の中で皮脂の分泌がもっとも多いため、正しい洗顔によって余分な皮脂を取り除く必要があります。 洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因になるので、しっかりと流すことを意識してください。 また、普段の生活では、野菜を中心とした食事を摂り、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。 額・おでこのニキビの治療方法•  眉間・眉毛のニキビ 眉間はTゾーンにあたり、額・おでこと同じように皮脂の分泌量が多く、思春期ニキビができやすい場所です。 また、顔の中央付近なので、鏡に向かった時に目につきやすく、思わず触れてしまうこともあると思いますが、むやみに触れるとニキビを悪化させてしまいます。 眉間・眉毛のニキビの原因 眉間・眉毛のニキビは、皮脂の過剰分泌によって生じることが多く、それを手で触ってしまうと炎症につながります。 また、額・おでこのニキビと同様に、前髪が触れて刺激を与えてしまうこともあります。 目につく場所だけに前髪で隠したくなる気持ちはわかりますが、悪化の原因になるので注意しましょう。 眉間・眉毛のニキビからわかる体の不調 肝機能が低下していると眉間・眉毛にニキビができやすいといわれます。 日頃からアルコールや油っぽい食事の量が多い方は食生活を見直し、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んだバランスのよい食事を心がけてください。 眉間・眉毛のニキビの予防方法 目につきやすいだけに思わず触ってしまう方が多いようですが、むやみに触ったり、つぶしてしたりすると悪化するので、絶対に触らないようにしましょう。 同時に正しい洗顔、規則正しい生活を心がけてください。 眉間・眉毛のニキビの治療方法•  鼻のニキビ 鼻や小鼻は、どちらかといえば思春期ニキビができやすい場所といわれますが、大人になっても悩んでいる方は少なくありません。 一度ニキビができると炎症を起こしやすく、また、ニキビ跡が残ると目立つ場所でもあるので、早期の治療をおすすめします。 鼻のニキビの原因 鼻や小鼻は皮脂の分泌量が多く、さらに鼻の毛穴は深さがあって皮脂が溜まりやすいため、ニキビの多発部位といえます。 手で触れたり、紫外線を浴びたりすると症状が悪化してしまうので注意が必要です。 さらに、花粉症の時期は鼻をかむ回数が増え、必要以上に鼻の皮脂を拭きとってしまうため、鼻のニキビができやすくなります。 鼻のニキビからわかる体の不調 大人になって鼻にニキビができる場合、疲労やストレスの蓄積が心配されます。 また、内臓が弱っていると鼻の下にニキビができるといわれます。 暴飲暴食、便秘などが原因となることもあるので、食生活を見直し、アルコールや油っぽい食事は控えるようにしましょう。 鼻のニキビの予防方法 鼻のニキビは、皮脂の分泌量を減らすことで予防できます。 皮脂の量はホルモンバランスに影響されるので、まずはホルモンバランスを整えること。 日頃の生活習慣を見直し、とくに睡眠をしっかりとるようにしてください。 鼻のニキビの治療方法•  頬(ほほ・ほお)のニキビ 頬(ほほ・ほお)は大人になってからニキビができやすい場所です。 しかも、炎症を起こしやすく、放置しているとどんどん悪化し、ニキビ跡になってしまうこともあります。 そうならないためにも、早い段階での適切な治療が望ましいといえるでしょう。 頬(ほほ・ほお)のニキビの原因 頬(ほほ・ほお)は、顔の中で皮脂の分泌量が少ない場所です。 そのため、毛穴詰まりが少なく、ニキビができにくいイメージですが、実際は頬(ほほ・ほお)のニキビに悩んでいる方は少なくありません。 主な原因は、ホルモンバランスの乱れや、乾燥による皮膚のバリア機能の低下など内的要因です。 加えて、枕や布団などが触れる、メイクが合わないなどの外的要因もあります。 頬(ほほ・ほお)のニキビからわかる体の不調 頬(ほほ・ほお)のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響していますので、日頃からストレスや疲労を溜めないようにしましょう。 また、胃腸をはじめとする消化器系や肝臓などの内蔵が悪い時もできやすいといわれています。 頬(ほほ・ほお)のニキビの予防方法 頬(ほほ・ほお)のニキビを防ぐには、生活習慣を見直して胃腸や肝臓に負担をかけないこと、さらに、ストレスケアも重要です。 また、女性の場合、メイク道具の雑菌が頬に触れてニキビを発生させるケースもありますので、日頃からメイク道具を清潔に保つようにしましょう。 頬(ほほ・ほお)のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  口周り・唇のニキビ 口周りにできるニキビは再発しやすく、治りにくいという特徴があります。 一度できると炎症から化膿へと悪化し、痛みを伴うケースも少なくありません。 そのまま放置するとニキビ跡が残ってしまうので、早期の治療をおすすめします。 口周り・唇のニキビの原因 口周り・唇のニキビは胃腸が弱っている時やストレスが溜まっている時にできやすく、ほかの場所に比べ、この2つの原因の割合が高いとされています。 また、ホルモンバランスの影響も大きいので、女性の場合、婦人科系の病気や冷え性の症状がある方にも多くみられます。 一方、男性の場合は、髭剃りによる刺激や傷からできることもあるので、髭を剃る時に負担をかけ過ぎないよう気をつけるとともに、清潔な刃を使うことも大切です。 口周り・唇のニキビからわかる体の不調 体調が思わしくない時に出やすいのが口周り・唇のニキビです。 疲労やストレスが溜まって胃腸の調子が悪くなっていたり、熱があって抵抗力が落ちていたりすると出やすくなります。 また、ホルモンのバランスが乱れているサインともいわれます。 口周り・唇のニキビの予防方法 女性の場合、体が冷えるとホルモンバランスを崩しやすいので、食べ物や服装に気を配り、体を冷やさないように注意しましょう。 また、胃腸の働きが低下すると、体内に老廃物が溜まったり、免疫力や抵抗力が低下したりして口周り・唇にニキビができることもあります。 頭痛薬や鎮痛剤が胃の負担になる場合もあるので、常用している方は注意が必要です。 口周り・唇のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  顎(あご)のニキビ 典型的な大人ニキビである顎(あご)のニキビは、同じところに何度もできて治りにくいのが特徴です。 それは複数の要因が絡み合っているためで、適切なケアや治療を行わないと再発を繰り返し、炎症や化膿の恐れもあります。 顎(あご)のニキビの原因 顎(あご)は髭が生える場所なので、男性ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスの乱れによってニキビが出やすい場所です。 男性の場合は、髭を剃った時に肌を傷つけてしまい、そこから雑菌が入ってニキビができることもあります。 また、紫外線にさらされやすい場所でもあるため、紫外線対策が十分でないためにニキビができるケースもあります。 顎(あご)のニキビからわかる体の不調 顎(あご)のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響しています。 日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 顎(あご)のニキビの予防方法 ホルモンバランスを整えるために生活習慣を見直し、ストレスや睡眠不足などを避けるようにしましょう。 男性の場合、髭剃り後の保湿が不十分なために、肌が乾燥してニキビができることもありますから、スキンケアを丁寧に行いましょう。 それでもニキビができてしまった時は、紫外線の影響も考えられるので、いつもより入念に紫外線対策をしてください。 顎(あご)のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  フェイスラインのニキビ 顎(あご)のニキビと同様に、大人ニキビができやすいのがフェイスラインです。 再発しやすい、治りにくい、悪化しやすいという特徴があり、加えて、フェイスラインは肌のターンオーバーが遅いため、ニキビ跡が残りやすい場所でもあります。 それだけに、初期段階での正しいケアや治療が重要です。 フェイスラインのニキビの原因 フェイスラインのニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れと乾燥です。 ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの量が増え過ぎたり、免疫力が低下したりして、ニキビができやすくなります。 さらに、フェイスラインはとても乾燥しやすい場所なので、バリア機能の低下にも注意しなければなりません。 また、男性の場合は、髭剃りの刺激が原因となることもあります。 加えて、フェイスラインは睡眠時に枕や布団があたるので、それらの摩擦という外的要因もあります。 フェイスラインのニキビからわかる体の不調 フェイスラインのニキビは、顎(あご)のニキビと同様に、ホルモンバランスが大きく影響しています。 日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけましょう。 フェイスラインのニキビの予防方法 フェイスラインのニキビは、髪が触れることでも起こるので、日頃からヘアスタイルに注意するとともに、スタイリング剤も避けるようにしたいものです。 さらに、女性はメイク、クレンジングや洗顔料のすすぎ残しなどにも注意してください。 一方、男性は、髭剃り時に肌へ負担をかけ過ぎないこと。 それらに注意していてもフェイスラインにニキビがきてしまう場合は、ホルモンバランスの乱れや胃腸の機能低下が考えられるので、生活習慣・食事を見直しましょう。 フェイスラインのニキビ・ニキビ跡の治療方法•  背中のニキビ 背中、とくに肩甲骨周りは全身の中でも皮脂腺が多く、皮脂の分泌も活発なため、ニキビができやすい場所のひとつです。 自分では見えないだけに、ニキビに気づくのが遅れて重症化しやすく、さらに、顔に比べて皮膚が厚く硬いので、一度ニキビができると治りにくいという特徴があります。 背中のニキビの原因 背中は皮脂腺が多いだけに、毛穴に皮脂が詰まり、菌が増殖しやすい場所といえます。 しかも衣類でこすれたり、蒸れたりするのもニキビが多発する原因のひとつです。 また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなりますので、日頃から過度なストレスや睡眠不足を避けるようにしたいものです。 背中のニキビからわかる体の不調 正しいケアや生活習慣の見直しをしても背中ニキビが治まらない場合は、マラセチア毛包炎や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)などの皮膚疾患の可能性があります。 症状が続く場合は、医療機関を受診するようにしてください。 背中のニキビの予防方法 ホルモンバランスが崩れないよう生活習慣・食事を見直し、ストレスや睡眠不足のない生活を心がけるのが第一です。 その上で注意したいのが、背中を清潔に保つこと。 入浴時にきちんと洗っているつもりでも、皮脂や汚れが残っていることもあるので、隅々まで丁寧に洗い、すすぎ残しのないようにしてください。 また、乾燥すると皮脂の分泌量が増えてしまうので、保湿もしっかりと。 なにより、背中のニキビは気づきにくいので定期的にチェックして、気になる症状があったらすぐに治療するようにしましょう。 背中のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  ニキビの進行段階にも要注意 ニキビを適切にケアするためには、ニキビの段階にも注意が必要です。 こちらでは、ニキビの種類の見分け方や、対処法・治療方法をご紹介いたします。 ニキビができる場所に合わせた治療 東京の美容皮膚科・銀座肌クリニックでは、ニキビができる場所や一人ひとりの肌質によって治療を組み合わせて、ニキビで悩んでいたこと自体を忘れるような、体質改善を目指すニキビ治療を行っています。 繰り返し同じ場所にできるニキビにお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

次の

ニキビの場所別の原因&改善方法|大人ニキビは部位ごとでケアが違う

ニキビ 場所 原因

大人ニキビができやすい場所とその原因 思春期からずっと、わたしたちを悩ませ続けているニキビ。 できる場所によって、できる原因は異なります。 大人のニキビは、必ずしも皮脂が多いからできるわけではありません。 大人ニキビができやすい場所と原因を確認してみましょう。 一方、大人のニキビは、 髪の毛や整髪料による刺激、シャンプーやトリートメントの洗い残しなどの外的要因によるものがほとんどです。 また、 不潔な寝具やバスタオルに繁殖した雑菌も原因となる場合があります。 ストレス、冷え、生理前のホルモンバランスの乱れなど、いくつかの要因が絡み合って起こることが多く、容易に原因を特定することが難しいニキビです。 ニキビの種類 気づかないうちにでき始め、炎症を起こしたニキビは状態が進行します。 悪化を防ぐためにも、ニキビの進行を理解しておきましょう。 毛穴のまわりの角質が厚くなり、毛穴の出口がふさがれたようになって、毛穴に皮脂が詰まります。 詰まった皮脂や老廃物が、毛穴の内側からプクッと盛り上がって見える状態です。 炎症はまだ起きていません。 顔の中でも、額や口まわり、あごに多く現れます。 この状態で放置すると、 皮脂が空気に触れて酸化し、黒くボツボツと目立ってきます。 炎症が毛穴のまわりにまで及ぶこともあります。 肌の表面が赤黒くボコボコと、硬いシコリのように盛り上がります。 ニキビがいくつかの毛穴をまたがったようになることもあります。 赤みが残る、シミのように色素沈着する、クレーターのように皮膚が陥没するなど、痕(あと)が残る場合があります。 痕が残るかどうかは、ニキビの進行程度や体質などによって個人差があります。 ニキビが深い場所にある場合は、膿が出ず、中でゆっくりと吸収されていくこともあります。 思春期ニキビと大人ニキビのちがい 10代のニキビのほとんどは、余分な皮脂が原因ですが、 20代以降の大人ニキビは、ストレスや不規則な生活、バランスの悪い食事などによるホルモンバランスの乱れや免疫力の低下が原因だと考えられています。 そのため、オイリー肌の人でなくてもできてしまいます。 額などの皮脂の多い部分よりも、あごなどの乾燥する部分に多くできるのが特徴です。 思春期ニキビと大人ニキビを同じものと考えてケアすると、悪化させてしまう危険があるので注意が必要です。 オイリー肌の人に多い• 額から鼻にかけてのTゾーンにできやすい• 白ニキビが多くでき、膿む場合もある• オイリー肌だけでなく、乾燥肌などあらゆる肌タイプの人にできる• あごや口まわり、フェイスラインなどのUゾーンにできやすい• 大きな黄ニキビがポツポツとでき、色素沈着を残しやすい• ストレスや生活習慣の影響が大きな原因となり、生理前に悪化する傾向がある 大人ニキビの治し方 大人ニキビは、様々な要因が複合的に合わさって発生します。 中でも、ストレスや不規則な生活による影響が大きく関係していると言われているので、 肌だけなく心身の調子も整えることが完治への近道になります。 生活習慣を根本的に見直してみることが大切です。 バランスのよい食事を心がける• 寝不足を解消する• 便秘を改善する• ストレスをためないようにする また、ニキビができてしまった肌をゴシゴシと洗いすぎると、必要以上にうるおいを洗い流してしまい、ニキビを悪化させることもあるので注意が必要です。 ニキビができた時のスキンケアは、いつも以上に肌への刺激を抑えつつ、油分を控えて、しっかりと保湿することが大切です。 肌を清潔に保ちつつも、洗いすぎに注意する• 油分を抑えて、保湿成分をたっぷりと補給する 塗り薬が効果を発揮する場合もあります。 しかし、 大人のニキビは体内のバランスの乱れが大きな原因であることがほとんどなので、塗り薬だけで完治することは難しく、飲み薬も必要になることが多くあります。 ビタミン剤、抗生物質、漢方薬などは、副作用の心配がある場合もあるので、医師に相談してから使用するようにしましょう。

次の